無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/31

10/31「天使たちの課外活動」

友達から借りた天使たちの課外活動』(茅田砂胡著 中央公論新社)を読みました。
51tvvhct4vl__sl500_aa300_


新しいシリーズの始まり! 主演は金・銀天使たち。この子らにルウそして新しく加わったのがライジャというトゥルークという星の僧侶。
今回はこのライジャに不正を見抜かれた男の逆恨みでストーカーに仕立てられたり、挙句にリィやシェラの命まで狙われたり・・・
でもさ、総管理脳とかのかどわかし方なら何でダイアナに聞かないの?ってずーーっと思っていたよ。彼女に聞けば一発じゃん! リィたちは知らなかったっけ?
まぁそれでも解決できたから良かったけどね。
私個人的にはシェラが始めた編み物の課外活動に興味があるなーミセス・ラムとの付き合いを今後いつか物語でもっと深く取り上げてほしいな!
bk1の内容説明では「リィとシェラは進級して中等部の2年になった。ちょっぴり大人びたふたりは、一緒に課外活動を始めることに。どうやったってその存在だけで目立つのに、「一般市民」を目指して果敢に努力する、金銀黒天使が始めることとは?」となっていました。

とうとう10月も終わりです。
最後の日に散歩、サボっちゃった! 明日は頑張って歩こ~っと。

じゃあね

2011/10/30

10/30「天地明察」

天地明察』(冲方 丁著 角川書店)を読みました。
51w0pvfa3l__bo2204203200_pisitbstic


うぇーーん、よかったよぉ。
何度も何度も泣いてしまったよ。最後は幸せな気持ちで泣けてしまった。
江戸時代、大和暦を作り上げた渋川春海(安井算哲・保井算哲)の話で2010年の本屋大賞受賞作です。 前から読みたかったけどなんとなく読み損ねていたのですが、図書館で見かけて借りてきました。
読み出すと面白くて止まらない! 体さえもてば間違いなくノンストップで読み続けていたと思います。 我慢して2日に分けて読みました。
主人公は徳川将軍の前で碁を打ったりする職の人。面白い職務が江戸時代にはあったんだねー 算術好きなその春海が神社の絵馬で難問をすらすらと解いていた関孝和と出会い(実際出会うのは14年も後!)それから幕府の命で北極出地で全国を回り・・・・とにかく20年以上のときをかけ、色々な人々に出会い、何度も挫折を味わいながらも決して諦めず、人間として成長していった春海の話。本当に面白かったです。
この人って実在の人物だよね? やった功績も実際あったことだよね? 関の和算にしても、この大和暦にしても今の日本では忘れられてる感があるけどもったいないねぇ。
でもグローバルな世の中、いかに日本の風土に合った暦であってもそれを使うわけにはいかないんだろうなぁ。もったいないね。
でも春海が長生きして、えんと結ばれ最後一緒に天に召したってのがとってもよかったよーーー
映画化もされるらしいね。 今キャスト見てへーへーへーと声上げてしまったよ!
bk1の内容説明では「江戸時代、「日本独自の暦」を作ることに生涯を賭けた男がいた。碁打ちにして数学者の20年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋?。太陰暦を作り上げる計画を、個の成長物語として重厚に描く。『野性時代』掲載を単行本化。」となっていました。

じゃあね


2011/10/29

10/29「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」

毎年恒例の友達からのプレゼントで映画&食事に行ってきました。
映画は『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』です。
338942view012


ってこの写真をチョイスするところが(笑)
でも友達と二人して彼が一番気に入ったんだよ、この映画でさ!
私今まで「三銃士」って読んだことも見たこともなくて、最初はダルタニアンって三銃士の一人だと思っていたけど、そうではないことだけはえっといつ頃?大人になる寸前頃知ったのでした。
今回のストーリーは多分従来の「三銃士」とは大分違うんだろうなぁってのは薄々思ったのですが、まぁ元を知らないからねぇ。 十分楽しめました。
ミラ・ジョヴォヴッチの悪女ぶりもよかったし、あのドレスは好き~ 彼女のドレスだけでなく王様やバッキンガム公の服や王妃、侍女の服とかもいいなぁ~と思ってみておりました。ただ朝の番組であの衣装が13キロ以上あってそれを着てのアクションはとてもきつかったとミラちゃんが言ってたので、着たいなーという気にはなりませんでしたけどね。
しかしあの飛行船、1年で作れるもの? ま、いいか。それ言い出すときりがないか。
とにかくエンターテイメントとして見て楽しめました。
ただダルタニアンはちーっとばかし私の好みではなく、三銃士の一人アラミスがなんとなくオーランド・ブルームに似ていて最初からバッキンガム公爵役をオーランドがやるって知ってなかったら混乱しただろうなぁなんて思ったけど、私だけかな?

映画の後は毎年恒例のカプリチョーザでランチ。このランチに合わせたため見たくもない3Dで見たのでした。2Dの時間帯は完全にランチタイムと重なっていたもんでねー
今日はシーザーサラダと期間限定のパスタとピザ(きのこと焼いた長ネギのアラビアータ、ナスとボロネーゼのピザ)そしてデザートにカボチャのタルトと映画の半券でもらえるドルチェを食べてきました。
お腹いっぱいになったよーーーーー
美味しかったです。 でもピザにたまねぎがいっぱい入っていて、子供みたいによけて食べたのにもかかわらず、後に口の中がタマネギタマネギして辛かったです。 しょーのない奴。

楽しい一日でした。
次は1月の彼女の誕生日に合わせてまた映画&カプリチョーザだーーー

じゃあね

2011/10/28

10/28 午後の眠気

最近午後になるととても眠い。 今日も欠伸ばっかりしてました。
原因はわかっているけど、まぁなんとか慣れていくしかないなぁ。
明日は休みなので昼寝も出来るはず。
映画に行くけど多分夕方より早くは帰ってくると思うから。
でも今週はイベント?があったせいかとても早く過ぎてったよ。
この調子で10月もあっという間なんだろうなぁ。もう来週は11月だよね。
とにかく早いわ、日々が過ぎていくのが!

じゃあね

2011/10/27

10/27「県庁おもてなし課」

県庁おもてなし課』(有川浩著 角川書店)を読みました。
51jyclnxygl__sl500_aa300_


いやー面白かった。本屋で見かけて読みたいと思っていたけどなかなかチャンスがなくてやっと図書館にリクエストして借りてきました。期待以上に面白かったよ。 「だけんお役所仕事ち言わるっとたーーい」という様子、お役所の固くて新しいもの変化を良しとしない体質みたいなのが前半本当ににじみ出てたよねー
高知が舞台ってのもいいたい。高知市の日曜市、見た見た。馬路村のゆずジュース、飲んだ飲んだってね。
高知って本当に便利なもんが何もない、こっちよりずっとずっと田舎で僻地じゃーって思っていたけど、それは間違ってなかったみたい(笑)ただそうだよねー自然だけはたっぷりだよね。それも極上の。
でもその何もないところがよかよねーって思ってしまう私って「超」単純~(笑)熊本だって結構な田舎だけどさ。
高知には一度行ったからもう行くことはなかろうって思っていたけど、なんか観光に行きたくなったー 馬路村やら四万十川やら、そーそー海洋堂の記念館とかもさ。ついつい高知県庁のホームページ、よさこいネットを見ちゃったよ!
高知旅行を旅行会社や旅行サイトのHPで探してまともなのなーーーい!って思っていたけど、高知までの足さえ確保したらあとはよさこいネットの方が色々と情報多くていいのが見つかるみたいだね。今後参考にしよう。
bk1の内容説明では「とある県庁に突如生まれた新部署「おもてなし課」。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するのだが…。巻末には高知県庁に実在する「おもてなし課」職員と著者の鼎談を収録。」となっていました。

今日は夕方あんがい暖かかった。でも暗くなるのが早い。6時で真暗。やだねぇ。

じゃあね

2011/10/26

10/26「カウボーイ&エイリアン」

今日は誕生日なのだー
だから映画に行きます! 『カウボーイ&エイリアン』
ただ今朝は早起き(4時頃?)したので眠くって! 映画中に寝ませんように!!
339354_100x100_004

ジェームズ・ボンドとインディ・ジョーンズの組み合わせ。面白くないはずないよなーと思って見に行きました。
行くまでものすごいあくびの連発だったので心配だったけど、映画が始まったら全く睡魔が襲ってこなかったということは面白い映画だったんだと思います。
西部開拓時代にエイリアンが襲ってきて人をさらったり金を採集したり・・・
しかしアメリカの映画のエイリアンってなんであんなでろでろドロドロねっちゃねちゃってのが多いのかしら?「エイリアン」のイメージが強すぎる?
ボンドもインディージョーンズもなんとなく最初は悪い人っぽいの。記憶をなくしている主人公だけど、町に行ってみたらお尋ね者だったり、金持ちで町の権力者なんだけどどーしようもない息子がいて町の人に疎まれたり・・・
それでも映画の最後に捕まった人を助け出し、エイリアンと戦うことによってネイティブ・アメリカンの人たちとも固い絆で結ばれていい関係になっていく・・・ってのがよかったねー
バカ息子のお目付け役だったネイティブアメリカンの青年のラストシーンには涙だったよ。
カウボーイの腕についていたブレスレッドの武器がもっとすごいものだと思っていたけど、まぁあれぐらいでもいいのかー

じゃあね

2011/10/25

10/25 涼しくなってきたー

夕方歩く時、今日からパンツに着替えたの。昨日まではスカートのままだったのです。
着替えて正解。今日は寒かったよ。(私には) 上も半袖のTシャツから七分袖に変えたのでした。もちろんかシャツの上にはパーカーを着ていたけどね。そいでもってニットキャップも。おかげで耳が痛くならずに済みました(笑)
公園の温度計、17度となっていました。
やっぱ私、20度を下回ると途端に寒さが身に染みるというか、まともに動けなくなるみたいです。
タイトルでは「涼しく」と書いてるけど本音は「寒く」だよなー
でも今の時期で「寒い」なんて言ったらみんなになんと言われるか・・・ねぇ。

じゃあね

2011/10/24

10/24「社員心得帖」

社員心得帖』(松下幸之助著 PHP研究社)を読みました。
51n54x9363l__bo2204203200_pisitbsti


会社の能力シートを書くために読んだのだけど、さすが経営の神様。いいことを書いてますねー
昭和56年のものですが、古くない今でも全然読めます。ただ会社はどうよ?松下さんが生きていたらリストラなんてことで会社だけを生かし、社員を見捨てるってことはなかった気がするなぁ。
派遣ばっかり雇わずきちんとした雇用をして、メイドイン派遣なんて陰口叩かれないリッパなパナソニックがまだあったかも。つい夢見てしまうよ。
社員の心得を新入社員、中堅社員そして幹部社員に分けて書いてあるの。1つ1つの文章は長くなくとても読みやすくわかりやすいです。知り合いが就職したときぜひ買って渡してやりたい本だと思いました。 私はいわゆる中堅社員に入ると思うのですが、松下さんから見たらこんなやつ、私の会社にはいらん!って言われること間違い無しの志無しの社員だけん あかんんねー
10万もらうときには30万分の仕事をしなさいって書いてあったけど、私の今の場合は10万もらって3万円分の仕事しかしていない気がするよ。 でもこんなにだらだらで仕事が出来るのも今の職場にいる間だけだよね。異動になったら絶対こんな楽ではいれない筈だから。だからいいさ、今はこの環境を愉しむのだ!と開き直ってる私。読んだことが全く役に立ってないなぁ(笑)

じゃあね

2011/10/23

10/23 おっと危ない

すき焼きを作ろうと思ったの。 おっと醤油が少なくなってる、そろそろ買わないとやばいべ、と思いつつ肉をいれ醤油や酒、砂糖を入れたところで味見をしたのさ。
そしたらまぁ~しょっぺいしょっぺい! はっ、さっき入れた粉は白かった! 今うちで使っている砂糖は茶色かったはず!! そーなんだよ、塩と砂糖間違えて入れちゃったんだよーーーー
慌てて鍋をざるにあげたのであった。 うー、残り少ない醤油が~~
でも味見しなかったらどうなっていたか。 全て食べられなくなってたよ。
全くアホやなぁ。
初期で気付いてよかったー
なんとか無事に食べられるものが出来たよ。
でも明日は醤油買ってこないとやばいなぁ・・・・

じゃあね

2011/10/22

10/22 靴を買う

夕方に散歩、続けられそうなので思い切ってウォーキングシューズを買いました。
ナイキので訳ありで安くなっていた奴、7390円を4980円で。
5年は履くぞ(笑)っていうか頑張って歩かなきゃなぁ。

今日は11時近くまで寝てました。というか寝たのが6時だったので。
すごーーーく肩が凝っていたので温泉に行き、ほぐしや本舗で30分もんでもらってきました。
あー気持ちよかった!

じゃあね

2011/10/21

10/21 雷

天気予報では午前・午後ともに降水確率100%だった。
でも実際振り出したのは夕方近く。
しかし5時過ぎ頃から雷が鳴ってる。
まだ今も。
パソコンやられたらたなのでとっとと切っちゃお!
明日は休み。ゆっくり寝るぞー

じゃあね

2011/10/20

10/20 散歩の時間を変えてみた

今までは晩ごはんを食べた後歩きに行ってたのですが、昨日から会社帰りに歩くことにしました。
まぁ距離は大したことないのだけど都会と違って車からドアへの生活。ほぼ歩くことないからさ、気持ちね。
なるべく長く続けようと思ってます。

じゃあね

2011/10/19

10/19「オン・ザ・ライン」

オン・ザ・ライン』(朽木 祥著 小学館)を読みました。
51qf4echdkl__sl500_aa300_


じーんとくるいい話だった。
高校の公式庭球部が舞台。となると思い出すのは「しゃにむにGO!」主人公 侃は実は活字中毒者なんだけど人に知られたくなくてテニス部に入りテニスにのめりこんで行く。そしてそのテニス部に誘い親友になるのが貴之。 男子2人の話ってますますもって「しゃにむにGO!」 でも当たり前だけど全く違う。
読んでいながら朽木さんの本というより佐藤多佳子さんが書いている本を読んでいる錯覚に囚われちゃった。
いかに強くなりインターハイを勝ち抜いて行けるのか、侃は活躍できるのか?に焦点を当てた話と思って読み進めていったら、ガ~ン!
すごい事件が起こってしまいその原因を作った侃はテニスをやめ、学校にも行かなくなってしまうの。でもその時の侃のかーちゃんはすごかった。偉い! 私には難しいな、あんな態度。侃が言っていたように夫に対してもあの姿勢だったんだろうね。でも分かれた父親に会って少々認知症気味の祖父の住む瀬戸内海の小島で夏を過ごすことになり、そこで子供たちと出会って少しずつ侃は元気を取り戻していくの。
ラスト、いい終わり方だったーーー
貴之もがんばれ!! 侃も負けるな! そんな風にエールを送りたくなる終わりでした。
bk1の内容説明では「体育会系だが活字中毒の少年・侃は、仲よくなった友だちに誘われてテニス部に入ることになった。テニス三昧の明るく脳天気な高校生活が、いつまでも続くように思えたが…。少年たちのあつい友情、そして明日への希望の物語。」となっていました。

じゃあね


2011/10/18

10/18 壊れた?

ものすごーーーく酷使しているビエラとディーガ。
ブルーレイの方のディーガのDVDが壊れちゃったみたい。
今まで見たりダビングしたりしていたのに急にDVDを認識しなくなっちゃったーー
あーあー残念だねぇ。
修理が必要だろうか? ひょんなことで直ることを祈っているよ。

そーそー、今日は事務研修&試験だった。メンタルなんとか。ははは、何だったかも知らないで受けてきたよ。
ギリギリでいい、合格してますよーーーに!

じゃあね

2011/10/17

10/17「牡丹さんの不思議な毎日」

牡丹さんの不思議な毎日』(柏葉幸子著 あかね書房)を読みました。
51reyf6ytwl__sl500_aa300_


この前の柏葉さんの本よりずっと子供向けの本でした。
でもパワフルな牡丹さんとおませな娘の菫さん、そして立場がよわーーいご主人と結構自己主張のあるブルテリアのフレディが家を引っ越すのだけどなんと越してきたのは元ホテル。そしてなんとそこには幽霊が住んでいたの!
でも悪い幽霊ではないのよ。家族風呂にいたのだけど、風呂掃除はしてくれるし後では食事の準備とかもさ。
とにかくその幽霊に始まって木の精のお父さんとかお稲荷さんとかも出て来て不思議なことがいっぱい、でもなんとなくそれを受け入れて生活するたくましさがあるの、この家族。いいねぇ。
bk1の内容説明では「ひなびた温泉街の、小さなホテルに引っ越してきた牡丹さん一家。そこには、家付き幽霊が住みついていた! 牡丹さん一家と幽霊のゆきやなぎさんと温泉街の人たちとの、不思議で人情味あふれるファンタジー。」となっていました。

じゃあね


2011/10/16

10/16 ヘモグロビンの月

夕方、といってももう真暗だったけど散歩に行った。今日はガソリンを入れなきゃなんなかったので、小川のイオンに行ったのだけど歩いていてふと空を見るといびつに歪んだ月が見えてびっくりした。まるでヘモグロビンのようだった。
でもよーーーく見ると月ではなくアドバルーンだった。 一度正体がわかると月に見えたこと自体信じられなくなったけど、でもそう見えたんだよー ぎくっとしたんだよー(笑)

昼間、我慢できなくなってHUNTERXHUNTERを読み返し始めました。アニメが始まってから読み返したかったけど、それすると集中しちゃってまた肩凝りがひどくなるーーって我慢してたんですが・・・・我慢できんくなっちったー
まぁいいか。かるーくかるーく読んでこっと!

じゃあね

2011/10/15

10/15「聖なる森」

聖なる森 ウェクスフォード警部シリーズ』(ルース・レンデル著 早川書房)を読みました。
51b8z2harxl__bo2204203200_pisitbsti

いつも借りている図書館のハヤカワ・ポケットミステリは全部読んでいたつもりなのに、このウェクスフォード警部のシリーズは初めてだと思う。 バイパス工事に反対する活動家たちが人質を取って中止を訴える、の人質の中に警部の奥さんも含まれてしまったって話しだった。
しかしいつも思うけど活動家たちが木に釘を打ちつけたりするのってめちゃめちゃ自然破壊やっかー いいのか? ツリーハウスとかもさ、木にはよくないよねー
ただホント、自然を取るか生活の便利性を取るか・・・今の世の中では難しいよね。自然はずっとそのままにしておきたいけど、やっぱ人間は身勝手なので便利な方に流れてしまい、多分利権とかもあって一度決まった工事を止めさせるのって無理だよねー
しかし警部の奥さんが見た青いもの、これが事件をとく鍵になると思ったけど、まさかあんなものだったとは。
日本ではちっとも珍しくないと思うのだけど、イギリスでは珍しいのかなぁ。
しかし犯人は意外だったー
ちょっと名前が混乱して判りにくくなっちゃったこともあったけど、面白かったよ。
bk1の内容説明では「風光明媚な田舎町に持ち込まれたバイパス道路建設計画。住民の反対運動で、町は騒然としていた。ある日、ウェクスフォードの妻をも巻き込んだ誘拐事件が発生。犯行グループは建設計画の白紙撤回を求めてきた。」となっていました。

じゃあね

2011/10/13

10/13 予約録画

全く番組改変ってのはうざいなぁ。
今日は予約を全部消してまた予約を全部入れなおしました。
でもまだ特番とかあるので来週もやり直さなくっちゃなんないみたい。
面倒。 今、録画にはディーガを使っているけど、こいつがなかなかバカ。
番組名が違ってもそのまーんま録っちゃうし、番組欄も番組名が隠れまくってる。困る~
WOOはそんなことなかったのにさ。
どこの機械も一長一短だねぇ。
しかしテレビの番組もさ、早すぎるよね。
ドラマとかさ、1クールって24話でよかろーもん。最近は10話完結? なんだかなぁ。
今回の改変はバラエティとかの時間や曜日も変わりまくってるみたいだし・・・
これを機会にテレビを離れればいいのだけど、ダメなんよねー(笑)
そーそー、夕方散歩中に気付いた。昨日の怒り新党、録画漏れしてたよーーー
頭にくるなぁ!
まあとにかく、なんやかんや言ってもしばらくはまだテレビっ子のまんまな私なのでした。

じゃあね

2011/10/12

10/12 金木犀

秋なんだねー 金木犀の香りかふわふわと漂ってるよ
金木犀の香り、大好き。
昔はさ、小学校の便所の隣に植えられる木って相場が決まってて、キンモクセイの香りイコールトイレだったけど、
最近は水洗トイレが普通になっちゃったんでトイレの周りに金木犀を植えるってこと、なくなったのかな?
なのでただただいい香り!になってきたよねー
嬉しいことよ。
リデル読み返したい・・・

じゃあね

2011/10/11

10/11 今期のドラマ

今、テレビは特番だらけ。
ふぅ~って感じ。
今期の見る予定のドラマは4つかな?今のところ。
「ハンター」「謎解きはディナーのあとで」「妖怪人間べム」「私はシャドウ」
ベムは見てあまりにトホホだったら見るのやめると思う。
「謎解き」は原作の本を読みたーーい!と思っていたけど図書館でいつも貸し出し中だったのでまだ未読。
こうなったらドラマが終わるまでは読まないつもり。やっぱ原作知ってたら「えー違うよー」ってなりそうじゃん。
しかしバラエティーではさ、「ぷっすま」が2週遅れになっちゃったり、「やりたガーリー」が終ったり、「怒り新党」が23時に降りてきたり「ほこXたて」が7時からになったりでちょっと恐いのよねー つまらーーん番組に成り下がりそうで。 よくないなぁと思ってます。 まぁ「ぷっすま」は見れるだけでもまし、「怒り新党」はなんとか深夜の雰囲気を保って欲しい、そう思います。

じゃあね

2011/10/10

10/10「幸福の黄色いハンカチ」

昔あった映画『幸福の黄色いハンカチ』が阿部ちゃん主演でテレビでやってました。
Imgtoptitle

最近このオリジナルの映画を見直したいなぁと思っていたのですがなかなか見るチャンスがなくて・・・
まぁなかなかよかったです。
完全に現在に設定していたのですね。となると炭鉱だとダメだし、車での旅ではなくなって・・・
わかっていてもあの黄色いハンカチがびらびらと風に揺れているシーンを見ると涙出るよねー
でもほんと、阿部ちゃんいい俳優さんになったねー
最初はまぁイモ役者もいいとこだったのにー(笑)
それをいうなら武田鉄矢もかー この映画で人生変わったってラジオでよく言ってるけどその通りだね。

ところでオリジナルで主演を務めた健さん、6年ぶりに映画が! 絶対に見に行くぞーーー
今からとても楽しみなのだ。

今日はテレビばっかり見て過ごしたので目と頭が痛いです。
夕方散歩はしたけれど、食べる量と運動の量が全く釣りあっていないのでしっかり体重増えました。
明日から仕事とだねぇ。 ふぅ

じゃあね

2011/10/09

10/9 高千穂峡

急に思いついて高千穂へ行ってきました。
場所がどこだかよくわからなかったのでネットで調べたら何故か高千穂峰を調べていて危なく全く別の方向に行くところでした。
車に乗ってNAVIをセットして初めて気付いて事なきを得ました(笑)
途中、お昼を食べたり道の駅でトイレに行ったりしてのんびりと。
道に立ってた看板で気になった「うのこの滝」ってところにも寄ってみました。車停めた後7分くらい歩くって書いてあったけど、いやー階段に坂道にひーひー言うくらい疲れてしまったよ。
でも滝はとっても良かった!
P10603391


帰りの道ははいつくばる様に登ってきたのですが、人がいなくてよかったー(笑)
でも明日が怖い。筋肉痛になってそうで。

高千穂の道の駅に着いて観光案内所で観光マップみたいなのを数枚もらって、そこにいた案内の人にボート乗り場までの行き方を聞いたら「今日は1時20分に締め切りました」ですって。あーら、残念。
で、行き方としては車を停めて高千穂神社から100円のシャトルバスに乗っていった方がいいとのこと。
なので神社まで歩いていきました。 神社ももちろん見学(?) ただお参りもせず、夫婦杉の周りを回ることもなく(笑)素通りしてバスに乗っていきました。
高千穂峡ってこんなとこだったかー パワースポットとかには全く興味がないのでどーでもいいのだけど、なんか行ったことあったようななかったようなはっきりとした記憶がなかったので、今日やっと「行った」と言える様になったですよ。 ボートには乗れなかったけどいいか。
綺麗なところでしたが、薄曇の天気になってしまったので光が足りずちょっと残念。
P10603621


遊歩道を歩いて歩いて帰りはとうとうシャトルバスを使わず歩いて道の駅まで戻ってきました。
疲れたけど、毎日頑張って歩いてた成果が出た感じです。
帰りは玉名まで足を伸ばし、家族風呂温泉竹乃香へ寄ってきました。きもちよかったーー
今日使ったお金は4000円くらい。
まぁ2人で1日遊べたのでよかったなーと思います。

じゃあね

2011/10/08

10/8「猿の惑星 創世記」

『猿の惑星創世記』を見に行ってきました。
339967view002


すごくよかったです。
まだDVDが流行る前にビデオで『猿の惑星』のシリーズをまとめて借りてきて見たことがあり、ついこないだティム・バートン版の『猿の惑星』を見に行った・・・・と思っていたのですが、10年も前だったのか!!
とにかく『猿の惑星』のオリジナルを子供の頃テレビで見て、ラストのシーンにすごい衝撃を受けたのですが、この映画、ちゃんと繋がってたなぁ・・・と思いました。とは言え私の記憶力。おぼろげなんだけどね。でもシーザーって猿やコーデリアス(ちがったっけ?)ってメスの猿って出てきたよね? となるとこの物語から何年後に人類は衰退しきったの? あの最後の黄色いラインがまぁ不気味。
「あ、あ、日本にも~」と思いながら見てましたよ。
しかし、もともとはとっても思いやりのあるいい奴だったのに、人間の傲慢さで人間と敵対することを選んでしまったんだよね、シーザー。
あの顔の表情がものすごくよかったよ。あれってどうやって撮ってるの? 特殊メイクなの?CGIって何?
とにかくさ、何か本当にありえそうで恐くなるね。
あの113の威力、人間は防げなかったんだろうな。
でも、もしシーザーが虐待されることなくずっとウィルの所にいたとしたらどうだろう? 猿と人間は共存できたのだろうか? うーん、やっぱそれも無理だったかな? 人間って傲慢だからさ。
でももし、うまくいったとしたら・・・・全く違う未来がまっていたろうにね。
それはそれで素敵だと思うのだが・・・・

じゃあね

2011/10/07

10/7「帰命寺横丁の夏」

帰命寺横丁の夏』(柏葉幸子著 講談社)を読みました。
51umtq9a7xl__sl500_aa300_


柏葉さんの新作は挿絵が佐竹さん。
それだけでもなんか得した気分なのにその上2つもお話しが読めてものすごーーーく得した気分です。というか「月は左にある」ってお話が最後まで読めてよかったーー ゆるいと言われてもみのがしてくれたラスト、よかったー でもあとから出来たあの話には水上のばあさんの帰ってきた幽霊に対する気持ちがしっかり入っているなぁと思ったよ。作者が本を書くと思ってる気持ちがああ言う風になるのかなぁなんて思いながら読んだのでした。
地になる物語の方も面白かった。水上のばあさんってちょっと憧れるな。年取ってもあんな若さを保ってたいよ。
信夫(しのぶ)あかり、カナダで元気に幸せに過ごしてほしいなぁ。医者になれたらいいなぁ。
でもこの帰命寺の発想、面白いねぇ。なかなか気に入りました。
bk1の内容説明では「帰命寺横丁からあらわれた幽霊の女の子。気がつけばクラスの一員だった! 祈れば生き返ることができるという「帰命寺様」をめぐって、くりひろげられるファンタジー。」となっていました。

明日からまた3連休!
まずは貯まったポイントで映画だ~

じゃあね


2011/10/06

10/6 秋の果物

昨日の晩、お隣からいただいた荒尾梨を食べました。でっかい梨、本当は4分の1食べるつもりだったのについ半分食べてしまった。そのためなのか? 夜中に3回くらいトイレにいっちゃっよ。
栗の渋皮煮ももらって毎朝ヨーグルトと一緒に食べてる。んで今日はりんごジャムもらったの。指ですくって食べてみたらおいしかったーーー 明日のヨーグルトはどっちで食べよう? 悩む~(笑)
あー秋だよね。美味しい美味しい。

じゃあね

2011/10/05

10/5「四日間の不思議」

四日間の不思議 』(A・A・ミルン著 原書房)を読みました。
41p9b53pn2l__sl500_aa300_


うーん 私にはこのゆるーーい殺人事件もどきの話は合わん立ったなぁー。
主人公のジェニー、18歳?なんとまぁ幼稚な!! びっくりするほどぼんくらだなぁと思ってしまいました。殺人事件をごっこ遊びにすんなよー!って感じ。まるで中学生くらいの反応だよね。というか今日日の子供ならもーちっとましかも。イギリスのちょっと前の時代ってこんなもんなのか?なんだか読んでいてがっかりです。これが殺人事件とかでなければいいんだろうけどね。
作者はクマのプーさんで有名なA.A.ミルン。最近の本に慣れてしまうとこのほのぼの感を味わえる余裕が私にないのかもね。
だいたい殺人現場で凶器を素手で拾い、それについてる血をハンカチで拭くってこと自体信じらんない!!ホンにアホたんだー その後の逃亡劇にしたってアホらしーって感じでさ。事件を扱う警察にしても冴えないんだよね。
やっぱりリンカーン・ライムの捜査やダンジールたちの捜査を読んじゃうと昔のミステリがすごーくお粗末に思えてきちゃうんだよ。
特にライムの現場保持に関する考え方や科学的な捜査を一度知ると現場に土足で入っていくのさえ「ひゃ~」って思っちゃうんもんね。
こりゃいかんなぁ、もっと純粋に物語を楽しまなくっちゃ。
デリクが出て来て少しはまともになりかけたしナンシーはまだでも頭がきれた娘だったけどジェニーのアホさ加減はやっぱ無理。
大変な場面なのに着ている服のことし考えられなかったり男と会ってよく知りもしないのに結婚決めたりってバカとしか思えないなぁ。
ミルンの時代の女ってみんなこうだったの?それともミルンから見た若い女ってこれくらいの脳みそしか持ってないって思われとったと?
まぁアーチボルトという作家も脳みそ藁で出来てるようなアホだったけんあきれ果てちゃうよ。
「癒し系ミステリ」とあとがきに書いてあったし英国のユーモアって書いてもあったけどダメだなぁ。私には合わないや。癒しどころかイライラしてきちゃう。ストレス要因となる本だったね。まぁ私の心にユーモアを愉しむ余裕がないせいかな?残念です。
bk1の内容説明では「事故死した叔母の死体に妙な細工をしてしまったために、殺人犯として追われるジェニー。ところが捜査はとんでもない方向へ迷走し、誰も彼も事件に巻き込まれ…。ミルンが遺していた幻の長編ミステリ。」となっていました。

じゃあね

2011/10/04

10/4 ゼブラーマン2のラスト

たまたま昨日の晩、『ゼブラーマン2』のラスト部分をちらっと見たのですがいやーーあれでいいとですか?
びっくりするような終わり方でしたばい。
まともに見てないからストーリーとかわかんないんだけど あれでいいとは・・・
ま、いいかー

そうそう、テレビで言ってた。今日の熊本の日の入りは5時59分。とうとう5時台に入っちゃったってー
はぁ、暗くなるのが早いはずだ。
散歩も懐中電灯なくては無理じゃなぁ・・・・

じゃあね

2011/10/03

10/3「バウンティー・ハンター」

先日見たDVDに予告というかCMで入っていて面白そうだと思った『バウンティー・ハンター』を借りてきて見ました。
51dw2ybbil__sl500_aa300_


元警官の賞金稼ぎが次に目をつけたのが元妻。捕まえて警察に連行すれば5000ドルもらえるんで頑張るんだけどねー 結局は元の鞘に収まるのかな?
最初に捕まえた元妻を車のトランクに入れて連行していたため発炎筒を炊かれてトランクを開けたら逃げられるってシーンから始まったのだけど、そのシーンから始める必要あったのかなぁ? 別に時間軸通りでいいような・・・
元妻は新聞記者で事件を追ってて、その事件の黒幕が友達の刑事だった・・・・って私も思っちゃったよ。
でもさ、賞金稼ぎの元亭主が元妻の家に入ってカーペットを汚したり、録画していた番組を1つ1つ消去したり、ベッドの上にポテチ広げて脂ぎった手や口を枕で拭くってシーンは笑ったーー 歯ブラシをトイレに落としたりしてさ。そこまで嫌ってたのかねー
元の鞘に戻った風に見えたラストだったけど、家に戻ってあの惨状を見たら・・と想像すると笑えるねー
歯ブラシとかどーすんだ?
あと、自分を連行すると5000ドルもらえると知って500ドルでカジノに誘うってとこもダメ亭主っぶりがなかなか笑えたよ。 あと、プチホテル・キューピットも。オーナーに借りた服が笑えた~
まぁ一流の映画とは言えないけどそこそ笑えて面白かったです。


「ぷっすま」、引越しするってのは知っていたけど、まさか全国放送でなくなるとは!! 熊本は2週ちょい遅れで放送があるだけマシ? でもなんでかなー あのゆるゆるさはとってもよかったのにさ。あのよさがわからんのかねぇ、テレビ局は。 まぁゴールデンに降りて来て番組がなくなっちゃうよりマシだけどさ。 あの番組は絶対ゴールデン向きではないし、ゴールデンに降りてくる番組ではないもんな。ゴールデンになったらよさが消されまくっちゃうよ。 でもいつかはまた23時15分に戻って欲しいねぇ。
「怒り新党」は23時15分になったけど、今の深夜の雰囲気が無くならないで欲しいなぁ。6%取れたからって23時台にならなくてもいいんだけどなぁ。 フラメンコショーとグッズ販売だけでいいじゃん(笑)
あ、テレビ番組でもうひとつ。 WOWOWが無料放送した時ランジェリー・リーグを見たの。アメリカの女子のアメフト。 まともに頑張ってアメフトしてるんだけどさ、やっぱ観客呼ばなきゃ商売にならないからかなぁ? 肩パットとヘルメットいがいはブラジャとパンツ、ガーターベルト。 素肌の部分がとっても多いの。かわいそうだなぁと思いました。だってあの姿でタックルとかしたらさ、擦り傷に火傷、できちゃうでしょう。 まともにユニフォーム着て戦いたいだろうなぁ・・と思いました。別にポロリがあるわけでもなくさ、一生懸命試合してるんだから、肌の露出なくても十分楽しめるじゃん。せめて全身タイツの上にブラジャとパンツ。 それでも十分色っぽくていいと思うけどなぁ。アメリカ人にはチラリズムってないのか?
って何熱くなってる私(笑)

じゃあね

2011/10/02

10/2 山へ

今日は米を買おう、去年と違うところで買ってみようってことで山へ出かけてみた。
気付いたら五木まで行ってたけど、その途中は生姜畑は山のようにあるが、残念ながら米を作ってるところは見つからなかった。
道の駅があったので寄ってみた。
お土産を買って車の中で山に入る前のコンビニで買った弁当を食べ下ってきました。
山ん中はやっぱり涼しかった。 流れている川の水がとても綺麗だった。

で、結局いつも買うあたりの山へ行ってみたけどまだちょっと早かったかな?
米は購入せず帰ってきたのでした。

まぁいいドライブになりました。

じゃあね

2011/10/01

10/1「ひとりっ子」

ひとりっ子』(グレッグ・イーガン著 早川書房)を読みました。
41lzwostjsl__sl500_aa300_


イーガンの短編集。
『順列都市』はどうも受け付けなかったけどこっちはまだ楽しめたかも。 架空空間の話って私に想像力が欠如しているためか苦手なんだけどね。
ナノマシーンで脳に入り感情なんかを操作するようにする未来、来るのかな? 医学の発展だけでは無理でもそれが娯楽のためだとすると広まり発展していく要素は増える気がするね。
数学的なこととかちんぷんかんぷんだけど、訳者あとがきにあったようにドラマや雰囲気では楽しめました。
でもさ、表題の「ひとりっ子」の主人公の男が多世界解釈の憂鬱を抱えてクァプスを発明したようだけど、多世界に憂鬱を覚えることが私にはわかんないなぁ。 いいじゃん無数に分かれた無数の時間の流れと世界があったって!そっちの方が面白いし、失敗した時の慰めにもなるし(なるのか?)まぁ そういう考えの人だから、私って。
最後、奥泉光さんの解説を読んで「順列都市」ってそんな話しだったかーと改めて思ったのでした。あとへレンについてもあとがき読むまでピンとこなかったのさ。いつもながらおめでたい奴だね、私って(笑)


10月に入り朝からとてもいい天気だったのに、昼過ぎたら曇ってきたよ。
明日は、隣は運動会みたい。 うるさくなる前にどっか避難しとこーかなぁ・・・

じゃあね

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »