« 10/7「帰命寺横丁の夏」 | トップページ | 10/9 高千穂峡 »

2011/10/08

10/8「猿の惑星 創世記」

『猿の惑星創世記』を見に行ってきました。
339967view002


すごくよかったです。
まだDVDが流行る前にビデオで『猿の惑星』のシリーズをまとめて借りてきて見たことがあり、ついこないだティム・バートン版の『猿の惑星』を見に行った・・・・と思っていたのですが、10年も前だったのか!!
とにかく『猿の惑星』のオリジナルを子供の頃テレビで見て、ラストのシーンにすごい衝撃を受けたのですが、この映画、ちゃんと繋がってたなぁ・・・と思いました。とは言え私の記憶力。おぼろげなんだけどね。でもシーザーって猿やコーデリアス(ちがったっけ?)ってメスの猿って出てきたよね? となるとこの物語から何年後に人類は衰退しきったの? あの最後の黄色いラインがまぁ不気味。
「あ、あ、日本にも~」と思いながら見てましたよ。
しかし、もともとはとっても思いやりのあるいい奴だったのに、人間の傲慢さで人間と敵対することを選んでしまったんだよね、シーザー。
あの顔の表情がものすごくよかったよ。あれってどうやって撮ってるの? 特殊メイクなの?CGIって何?
とにかくさ、何か本当にありえそうで恐くなるね。
あの113の威力、人間は防げなかったんだろうな。
でも、もしシーザーが虐待されることなくずっとウィルの所にいたとしたらどうだろう? 猿と人間は共存できたのだろうか? うーん、やっぱそれも無理だったかな? 人間って傲慢だからさ。
でももし、うまくいったとしたら・・・・全く違う未来がまっていたろうにね。
それはそれで素敵だと思うのだが・・・・

じゃあね

« 10/7「帰命寺横丁の夏」 | トップページ | 10/9 高千穂峡 »

映画」カテゴリの記事

コメント

その映画は、まぁよかったですよ。(*^-^)

フランシスコさん、コメントありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。
じゃあね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/52939666

この記事へのトラックバック一覧です: 10/8「猿の惑星 創世記」:

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0」的な映画とも言えますね。  製薬会社の研究所に勤める神経科学者・ウィル(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を開発中に、実験で投与していたチンパンジーの知能が飛躍的に発達したことに気付く。研究成果を発表しようとした矢先、そ... [続きを読む]

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 [はらやんの映画徒然草]
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ [続きを読む]

« 10/7「帰命寺横丁の夏」 | トップページ | 10/9 高千穂峡 »

無料ブログはココログ