« 7/1「アンダルシア 女神の報復」 | トップページ | 7/3「ヘアスプレー」 »

2011/07/02

7/2「手袋の中の手」

手袋の中の手 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1786)』(レレックス・スタウト著 早川書房)を読みました。
511sfp84n9l__sl500_aa300_


元祖女探偵、ドル・ボナーの話。
しかーーーし・・・・
リンカーン・ライムを知ってるのでこんな現場は荒らす、証拠は隠滅する、こんなん許せんばい。ライムが知ったら激怒して口から泡吹いて失神するばいって思いながら読んだのでした。
性格もいまいち好きになれない。共同経営者のお嬢様のシルヴィアも。なんだかなぁ。
2人殺されました。警察の仕組みもいまいちわかんなかったけど、ドル自体一応容疑者の中に入っているのに勝手にやりすぎだよなー。ポワロとかみたいに警察に頼まれて調査したりするならまだわかるけどさーー
ちょっと納得いかないストーリーでした。
bk1の内容説明では「若き女性探偵ドル・ボナーに舞い込んだ依頼は富豪夫人をたぶらかす怪しげな宗教家の調査だったが…。名探偵ネロ・ウルフでお馴染みの巨匠が生んだミステリ史上初の自立した女性探偵、待望の本邦登場。」となっていました。


今日はクレアの整体に行ってチケットまで買ってしまった。 使い終わるまで店が潰れずにいてほしいよ!(笑)

じゃあね


« 7/1「アンダルシア 女神の報復」 | トップページ | 7/3「ヘアスプレー」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/52103425

この記事へのトラックバック一覧です: 7/2「手袋の中の手」:

« 7/1「アンダルシア 女神の報復」 | トップページ | 7/3「ヘアスプレー」 »

無料ブログはココログ