« 6/22「午前零時のフーガ」 | トップページ | 6/24「湖畔に消えた婚約者」 »

2011/06/23

6/23「挿絵画家アーサー・ラッカムの世界」

挿絵画家アーサー・ラッカムの世界 (ビジュアル選書)』(新人物往来社 編)を読みました。
61qhrcn8msl__bo2204203200_pisitbsti


アーサー・ラッカムの存在を知ったのは高校生のとき。 この人の描くぺん画にセピア色の色彩の絵、すごくいいよねー なんだかイギリスのよき時代の象徴っていうか・・・
日本では村上勉さん、最近では佐竹美穂さんがとても好きだけど外国ではアーサー・ラッカムがいいなぁ。 でもこの人の絵といえば一番に思い出されるのが「雪の女王」なんだけど、この本には無かったな。あったのは「不思議の国のアリス」と「ケンジントン公園のピーター・パン」と「真夏の夜の夢」と「ニーベルグの指輪」でした。アニスはやっぱテニエルかなぁ。他の挿絵はとてもよかったです。ただアリス以外は読んだことなくて軽いあらすじが付いていたのだけど、まぁ神や妖精って身勝手だねぇ。あきれちゃいました。
bk1の内容説明では「「不思議の国のアリス」から「真夏の夜の夢」「ニーベルングの指環」まで、童話挿絵の巨匠アーサー・ラッカムの作品180点を、物語のあらすじとともに紹介する。」となっていました。


今日は暑かったよ。
朝、車に乗って外気温見たら34度。会社に着いた時も会社から帰るときも31度でした。
夕方歩いたら汗びっしょり。
でも今日はジャスコの周りを歩いたのでそのままジャスコに入って涼んでから帰ってきました。
台風も近づいているようで、天気はどうなるのかな?

じゃあね

« 6/22「午前零時のフーガ」 | トップページ | 6/24「湖畔に消えた婚約者」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/52024481

この記事へのトラックバック一覧です: 6/23「挿絵画家アーサー・ラッカムの世界」:

« 6/22「午前零時のフーガ」 | トップページ | 6/24「湖畔に消えた婚約者」 »

無料ブログはココログ