« 5/12「わが心のボルチモア」 | トップページ | 5/14「ブラック・スワン」 »

2011/05/13

5/13「まんまこと」

まんまこと』(畠中恵著 文藝春秋)を読みました。
419imlptrrl__bo2204203200_pisitbsti


やはり江戸時代の話。連続短編集。
「まんまこと」「柿の実を半分」「万年、青いやつ」「吾が子か、他の子か、誰の子か」「こけ未練」「静心なく」
主人公は22歳の町名主の跡取り麻乃助。16歳のときお由有ちゃんに振られ、それから生真面目な息子からほーとー息子に変わっちゃったの。でもやっぱ中身は頭の切れるいいやつだと思うのだ。
親友の清三郎はとなりの町名主の息子。お由有はなんと清三郎の父親に後入りしたので義母になっているのだ。 麻乃助はなんとまだお由有に未練たらたらでさ。表紙見る限りお寿ずちゃんととっとと夫婦になるかと思ったよー
いろんな事件をもう一人の親友、武家の次男坊で見習い同心の吉五郎と色々と解決していくの。 面白かったよ。現代物より江戸時代物がいいなぁ。
bk1の内容説明では「江戸は神田。玄関で揉めごとの裁定をする町名主の家に生まれた麻之助は、たいそうなお気楽もの。支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の吉五郎と取り組むが…。ふうわり胸が温まる畠中恵ワールド。 」となっていました。

じゃあね

« 5/12「わが心のボルチモア」 | トップページ | 5/14「ブラック・スワン」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/51660985

この記事へのトラックバック一覧です: 5/13「まんまこと」:

« 5/12「わが心のボルチモア」 | トップページ | 5/14「ブラック・スワン」 »

無料ブログはココログ