« 4/14 さんどう | トップページ | 4/16 サブちゃん »

2011/04/15

4/15「ぬしさまへ」

今日読み終わったのがぬしさまへ』(畠中 恵著 新潮社)を読みました。
51k9ar6mfwl__bo2204203200_pisitbsti


若だんなを主人公にした短編集。
病弱な若だんなだけど頭の回転は鋭いので色々な事件を解決するんだよねー
もちろんその話し、面白いけど腹違いの兄さん松之助がどうなっていくのかが興味深かった。 前作「しゃばけ」の最後で二人が会うか会わないかって所で終わったでしょ。だから気になってさー
最終的に若だんなの所で働くことになってよかったよ。頑張っても先が無いって辛すぎるもんねぇ。
恋の話しもあってさ。仁吉が恋こがれていたのは若だんなのばあちゃんだったのか~ 納得。
とにかく出てくる人、人。色々な性格で環境でおもしろい。江戸って時代がおもしろいねぇ。どんどん他の話しを読みたくなるよ。
bk1の内容説明では「身体が弱くて繊細で力もないけど、どんな事件もたちまち解決! それは強い味方がついているから!? 健気な若だんなと妖怪たちが繰り広げる洒落っ気たっぷりの痛快人情推理帖。 」となっていました。

明日は休み。のんびりしようかなー

じゃあね

« 4/14 さんどう | トップページ | 4/16 サブちゃん »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/51395946

この記事へのトラックバック一覧です: 4/15「ぬしさまへ」:

« 4/14 さんどう | トップページ | 4/16 サブちゃん »

無料ブログはココログ