« 3/2「あしたのジョー」 | トップページ | 3/4 またか »

2011/03/03

3/3「天文台の電話番」

天文台の電話番―国立天文台広報普及室』(長沢 工著 地人書館)を読みました。
5165m8rhwsl__sl500_aa300_
なんとなく科学的な読み物を読みたくなって図書館に行って何冊か手に取ったけど、やっぱり数字がぐわーって書いてある奴を見たらくらっとめまいがしたので、ソフトなこの本にした。
読みやすくて面白かった。 書いてる人が高齢の人、昔の人って感じは所々したけど、それがまたよかったよ。
読んでいてほっほーと思ったのが月の初めの呼び方。「1日」を「ついたち」って言うのは旧暦で新月の後「月が一ヶ月の旅立ちを始める日」→「月が立つ日」→「つきたち」→「ついたち」ってなったんだってーーー 思わず近くにいた所長に説明しちゃったよ。
天体観測、天文学者。いいなぁ憧れるなぁ。まぁそこで終わっちゃうところが悲しいところよ。そういえば私の高校の時も地理の先生って専門が「石」の方だったので、その時とっても興味のあった天文の方はまともな授業無かったもんねぇ。それでも今思えばまだまだ「理科」は好きな科目であったのだけど・・・ 日本の若者よ、もっと理科に親しんでくれ!
bk1の内容説明は「国立天文台広報普及室に毎日たくさんかかってくる質問電話。その内容から見える現代日本の世相を、また天文学に限らず、日本の理科教育全般が危機的状況にあることを憂えつつ、軽妙なタッチで電話番としての日々を綴る。」となっていました。


うー、本当に花粉症になってしまったのだろうか。 朝から目が痒く目頭をこすりすぎたせいか一日中目が腫れぼったかったです。そして朝起きたら耳が変。 水深5メートルのところにいるような (もぐったこと無いけど)感じで耳がおかしいの。 それがずーーーっと続いているのだ。今も。変な感じだよー
明日になったら治っている? なおっててー

じゃあね


« 3/2「あしたのジョー」 | トップページ | 3/4 またか »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/51022427

この記事へのトラックバック一覧です: 3/3「天文台の電話番」:

« 3/2「あしたのジョー」 | トップページ | 3/4 またか »

無料ブログはココログ