« 2/5 竹乃香からルクルへ | トップページ | 2/7 自由行動 »

2011/02/06

2/6「暗黒館の殺人 下」

やっと暗黒館の殺人 (下)』(綾辻行人著 講談社)を読み終わりました。
41h3qf2qj6l__sl500_aa300_

最後まで読んでほっほーと思ったのですが、ネタバレの嵐なので書けないなあ(笑)
オカルトかと思ったけど、まぁこれくらいならなんとか許容範囲かな?
謎は一応みんな解けてすっとしました。
ただ、まだまだ読んでいない館シリーズがいっぱいあるので早く読破したいなぁ。図書館に無いと読めないってところが弱いんだけどねぇ(笑)
bk1の内容説明では「謎めいた住人たちと奇妙な儀式に彩られた妖の館で、ついに事件は勃発する。犯人の狂気はさらなる犠牲者を求め、物語は哀しくも凄絶な破局へと突き進む! 次々と起きる惨劇の背後に隠されたものとは何か? 」となっていました。

さー、これで読み終わったので心置きなくパリの研究が出来るぞー 自由行動のときの計画、びっしりとしちゃおうかなぁ。

じゃあね

« 2/5 竹乃香からルクルへ | トップページ | 2/7 自由行動 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/50789897

この記事へのトラックバック一覧です: 2/6「暗黒館の殺人 下」:

« 2/5 竹乃香からルクルへ | トップページ | 2/7 自由行動 »

無料ブログはココログ