無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/31

1/31 1月も終るねぇ

この前お正月だーと思ったらもう1月も終わり。
でもなんかお正月はずーっと昔だった気がする~
1月が長かったというわけではないのだけど、とにかくお正月があった月とは思えないなぁ。
明日から2月。2月1日は友達の誕生日なのだけど、いつも彼女の誕生日は雪。 今年も寒いねぇ。まぁ明日は今日ほどではないみたいだけどね。今日も予報では雪だったけどいい天気だったよ。洗濯物が乾いてラッキー
まだまだ寒い日は続くだろうけど、1日でも早く暖かい日が来て欲しい、そう願うのでありました。

じゃあね

2011/01/30

1/30 白ココア

昨日のアジアカップ決勝戦、よかったねーーー
休日前だったので心置きなく起きて観戦できました。
そーとー興奮したけど、ふと思いついて血圧測ったら135/95だったよ。大して高くならないんだー
っていうか下は高いかな?と思うけどね。

まぁ遅くまで起きていたせいか今朝は10時過ぎまで寝ていました。

そしてテレビ見ていて欲しくなってつい買ってしまった白ココアを飲んだのだ。
私の好きなホワイトチョコレート味。美味しいよー
あっという間に飲んでしまいそう。

じゃあね

2011/01/29

1/29 やっぱりパリにします

まだうじうじと考え続けていたのですが、エジプトの危険情報発出を受けエジプトは完全に諦めました。
3月は改善しているかもしれないとしても、またいつかにします。
で、朝から掃除洗濯、ベティを見終わった後図書館へ。
るるぶのパリとフランスの2冊、地球の歩き方とワールドガイドのパリ、計4冊を借りてきました。
食料品の買出しも終らせてきたので午後はめーいっぱい読書タイム。
どっぷりパリモードに浸ろうかと・・・・
モンサンミッシェル1泊とパリ2泊となっているので、フリータイムの1日半を使ってベルサイユ宮殿とルーブル美術館に行き、余裕があればエッフェル塔や凱旋門を見て回り・・・・
と出発まで色々と考えて楽しく過ごそーーっと!
5年後の永年勤続休暇はきっちり5日間を連休に絡めて取って長い旅行してやるーーー(笑) その頃はチュニジア、落ち着いているかなぁ? そして何より行く人自体が元気にしていますように。

じゃあね

2011/01/28

1/28 パリかなぁ?

色々と色々と考えて、パンフレット見て・・・
3月はフランスになりそう。
一応6日間のは仮押さえが出来たの。
あーあ、でもチュニジア、なんで今まで静かだったのに噴出しちゃうんだよー
あと半年耐えててほしかった~
エジプトもまだキャンセルまではしていないけど・・・・2月まで引っ張る価値があるのか?
パリとモンサンミッシェルのやつにして、フリータイムにベルサイユとルーブルに行くか・・・
あぁ まだまだうじうじ悩みそう。 ふぅ

じゃあね

2011/01/27

1/27「ファントマは哭く」

ファントマは哭く (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)』(林譲治著 早川書房)を読みました。
51unogazdl__sl500_aa300_


久しぶりのハヤカワSFシリーズ Jコレクションです。
そっかー、このシリーズの始まりは10年前だったのかー よく覚えていなくても仕方ないね。
AADDシリーズの3冊目です。あ、「最終巻」と思って読んでいたけど「最新刊」かー、まだ続くって事だね。
AADDと地球人類、ストリンガーとセクト・・・それらが対立していたけどこの本の終わりには協力しだしたと言うか1つになり出した感じ。なかなか動きのある物語でした。
プロローグが殺人事件だったので、アシモフの「裸の太陽」を思い出してしまったよ。でも殺人事件の犯人探しがメインではなかったです。
ハードSFだけあってわかりにくいところもあったけど私の頭で完全に理解なんて出来るわけがない、って言う前提で読んでいるのでストレスは無し。とても面白かったです。
ただアキノや姫星(きら)の考え方は好みではないなぁ。それでも姫星の改心はほっほーと思ってしまいました。心地よかったです。作間みたいな人間は好きだな。ゴウダとその妻リリーも一山超えたみたいでよかったー
今後もっとストリンガーやセクトと分かり合えるようになめるのかなぁ? SEとも意思の疎通が取れるようになればいいねぇ。
そうそう、タイトルは「ファントマはなく」です。
bk1の内容説明では「小惑星ファーストライトにあるストリンガー都市が、未知の宇宙船(コードネーム:ファントマ)に攻撃された。さらに人工降着円盤でも謎の現象が発生。人類とストリンガーの関係もまた緊迫していく…。AADDシリーズ第3弾。」となっていました。


旅行、他のツアーを選んでJTBの担当の人に空いているか聞いたら息の飛行機が満席でキャンセル待ちだって。うー、そのセリフどっかで聞いたぞ~ そう9月にモルディブに行こうと思ってたときだよ。 結局最後までキャンセルが出なくて9月を諦めたんだよねー
もう一つ選んだツアーは最低20名のところまだ2人しか申し込んでいないって。 うーん・・・・
3月は行くなって事? やだなぁ。

じゃあね

2011/01/26

1/26 エジプト危うし!

会社から帰ってきて知った。 エジプトでもデモが拡大。うううううう
夕方は何もなかったけど、さっき見たら外務省の海外安全ホームページでもスポット情報で注意喚起が・・・
あぁチュニジアの再来?
JTBに電話してみたらまだ今のところ中止とかそういうことにはなっていないみたい。 ただもし変更するなら他のツアーに変更も出来るみたい。 うーん、考えるなぁ。
持っていたパンフレットを引っ張り出して検討。
うーん・・・ 明日また上司に相談し、休む日を変更できるようなら変更するか? でもツアーに空きはあるのか?
あ、本社宛に出した報告書も訂正しなきゃ。
うーん・・・
どうなることか。

じゃあね

2011/01/25

1/25 いきなり団子2個

朝、パンを食べた後いきなり団子を1個食べた。
帰ってきて晩御飯前にまた1個チンして食べた。
もちろん晩御飯もしっかり食べた。
うー、そりゃ太るだろうなぁ。 運動もしないしね。
はぁ、太っていくのはまだ仕方ないと思うけど、やっぱり運動不足はまずいなぁ。
近くのスーパーに歩いていった。これが唯一の運動。
いかんなぁ・・・

じゃあね

2011/01/24

1/24 やっぱ寒いわ

この部屋から一歩出ると寒い。
台所、寒い。 トイレ、寒い。
うーん、血圧には温度差、よくないぞー
いっぱい着膨れとかなきゃなぁ(笑)
今までは朝は必ず水で顔洗っていたけど、無理して冷たい思いして血圧が上がって倒れたら大変と思い湯沸かし器を使い出したのであった。 冷たい水で血圧が上がるかどうかなんて実はわかんないけどなんとなくね(笑)
もう辛抱する子供の時代は終ったばい(笑)

じゃあね

2011/01/23

1/23レッフェル

みおちゃん、Tちゃんと3人でレッフェルという店でランチしました。
大塚牧場が経営しているレストランで、11時から17時までがランチタイム。
1時半ごろ行ったらまだまだ大混雑。
しばーーーらく待って、順番が回ってきた頃は残念ながら本日のランチはもう売り切れていました。 ちなみにチキングリルにバジル風味熊本産トマトソース添え、780円。
仕方ないのでただのチキングリル。これも780円。これにご飯、パン、スープ、サラダ、デザート(今日はヨーグルトだったのかな?それともお汁粉がデザートかな?)はバイキング方式で食べ放題。
みおちゃんはカットステーキ980円。
チキンはね、もも肉が1枚半、あっつい鉄板の上でジュジューいいながらやってきました。 フライドポテト、コーン、もやしものってました。
ものすごーくお得な感じがしました。
ただガーリックソースがついてきたけど、かける勇気無し。 Tちゃんがかけたらそれこそ「ザ・にんにく!」の香りが~ かけなくてよかったー ただ何もかけないと塩コショウは控えめ。 それだけがちょっと残念でした。
今度はカットステーキを頼んでみよう!と思ったことでした。
残念ながらカメラを持っていかなかったので写真はなしです。

じゃあね

2011/01/22

1/22 エジプト旅行

ずっと3月にチュニジアに行こうと旅行会社の人とメールのやり取りをしてプランを練っていたのですが、情勢不安により諦めました。
他の国への旅行のアドバイスを求めていたけど、旅行会社の人からメールの返事がとうとう来なかったので、クレアのJTBに行って旅行を申し込んできました。
色々と迷ったけど、エジプトに決めました。今回までパックツアーを選ぶことに。 南の島は手配旅行、それ以外はパック旅行って感じだね。
ま、今回のパックツアーは福岡から出発になっていて、「るるぶ」の中で「絶対行くべき観光地」として載っていた<ギザのピラミッド><エジプト考古学博物館><カナック神殿><王家の谷><アブ・シンベル宮殿>の5つ全てを網羅して219,000円なのでいっかー と思います。
これから頭をエジプトモードにして3月に向け準備を進めていきます。
とにかく生きているうちに行きたいところに行かなければ。やりたいことをやらなければ・・・

じゃあね

2011/01/21

1/21「フォスターさんの郵便配達」

フォスターさんの郵便配達』(エリアセル・カンシーノ著 偕成社)を読みました。
51ulilxj1l__sl500_aa300_


1960年代の独裁政治が行われているスペインが舞台。主人公の少年ペリーコはお母さんが死んでお父さんと二人で暮らしているの。なんというかスペイン内戦がもとでぐちゃぐちゃになった人間関係。勝った側の人間と負けた側の人間。ペリーコにはそんなことよくわからず暮らしていたみたいね。
秘密警察のエフレン警部もただただ悪い奴かと思っていたけど時代が違っていたらいい人だったのかも。ペリーコ、ちゃんとうその坂道を転げ落ちるのを止めることが出来たかなぁ・・・きっと大丈夫だよね。
スペインの内戦ってそんな大昔のことではないんだよね。でもぜんぜん知らない。ピカソのゲルニカくらい?秘密警察に怯える暮らしなんて想像したくもない。ペリーコが住んでいたのは田舎の町だったけど都会だったらもっと悲惨だったのかも。最後に打ち上げられた鯨と一緒に写真を撮るシーン、象徴的ね。簡単にはいかないけど、みんなが疑いの心を持たず一つになることができるという幻のような写真。ここで物語が終わることですごく余韻が残ったね。この世から永遠に内戦も国同士の戦争も全てがなくなってしまえばいいのに。
bk1の内容説明では「【アランダール賞(2009年)】つい噓ばかりついて学校にも行かない少年ペリーコ、村にただひとりのイギリス人フォスターさん。ふたりの出会いは、ペリーコの世界を大きく変えていく…。1960年代スペイン、海辺の村を舞台に描くみずみずしい成長の物語。 」となっていました。

じゃあね

2011/01/20

1/20「メルストーン館の不思議な窓」

メルストーン館の不思議な窓』(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 東京創元社)を読みました。
51jjhhdpral__sl500_aa300_


新作。なかなか面白かったよ。
魔術師だったお祖父さんから資産を相続したアンドルー。メルストーン館だけならよかったけど「守護域」とかいうものまで受け継ぎ、ただそれについてお祖父さんと話すことも書類を受け取ることもし損なってしまったため謎のまま。
そんなところに12歳のエイダンという少年がやってきて保護を求めるの。実はこの子は妖精王オーベロンの息子だったみたい!
しかしアンドルーはなんであんな使用人を使っているのかしら? 私だったらすぐ首にしちゃうと思うな! あとショーンも雇わないだろうなぁ。でもアンドルーはそれでうまくやったからすごいよ。ステイシーの競馬占いもすごい!! つい私もやってみたくなっちゃった(笑)
分身の意味がいまひとつわかりにくかったけど、なかなか楽しく読めました。ハッピーエンドでよかったよかった。
ジョーンズの作品では好きなほうにはいると思います。
ただ訳がね、ストーカーってなんとなくピンとこなかったー 原語ではなんて書いてあるんだろう? もし原語でもストーカーだったとしてもいまひとつ日本で使ってるストーカーとは雰囲気が違って、別の表現にしてほしかったなぁと思いました。
あとタイトルにもなっている窓がいまいち活躍しなかった気がしました。もっともっと重要なことに使われると思ったよー
それから、マブが出てきたので山岸涼子の「妖精王」を思い出しちゃった。 久渋りに読み返したいなぁ。
bk1の内容説明では「魔術師だった祖父が亡くなり、メルストーン館を遺されたアンドルー。だが、魔術師につきもののあれこれまでアンドルーに引き継がれることになり…。英国児童文学ファンタジーの名手が贈る、にぎやかではちゃめちゃな魔法譚。 」となっていました。


昨日と今日が逆だったら良かったのにーと思える時間に会社を出ることが出来ました。
それで図書館によってるるぶを4冊借りてきたの(笑) さーと゛こに行こうか!


じゃあね

2011/01/19

1/19「トロン:レガシー」

レディースデイだったので映画に行ってきました。
『トロン:レガシー』です。
336755view001


字幕版を見たかったけど18:05からの上映しかなく、仕事は5時ジャストに終れたものの留守番をしてなきゃなんなくて会社出たのが5時半。トホホな気分で諦めました。
20:45の吹き替え版を見たのですが、貸切だったよー 一緒に行った人以外誰もいなくて2人きりだったよ(笑)
3Dで見たのだけど、うーん・・・最新の3Dって飛び出す映像に「おぉぉ」ではなく、奥行きを感じさせる映像なのであんまり興奮しないのなー トロンも2Dで十分だった気がしました。
ただ、ストーリーはともかく家でブルーレイで見るより劇場のスクリーンで見るのが正解だろうね。
オリジナルの『トロン』は「最新のコンピューターグラフィックス!」みたいな宣伝文句をOUTとかの雑誌で読んだ記憶が。実際に見ていないのであのグリッドのことをトロンって呼ぶと思っていました。
サムの父ちゃんがグリッドに入って出て来れなくなったことをアランは知らなかったのかな? アランも中に入ったことあったんじゃ?と思えるシーンがあったような・・・でもサムにポケベルの話をした時はそうではなかったみたいだし・・・ うーん、混乱です。
あと、クオラはこっちの世界に来たらどういう体になってるんだろう? サムがグリッドに入ったときは生身だったでしょ?(血、出てたし) ということはクオラもこの世界にいても新種のままよね。となるとおちおち病気とかしてられんなぁ。あ、逆に医者じゃなくサムが治せるかもしれないのかー でも子供は作れないだろうなぁ。
しかし、やっぱり私はサイバー系は苦手かも。 想像力が働かず、混乱しちゃってさー だめだめだねぇ。
まぁ映像だけでも良かったので映画館に行ってよかったです。
そーそー、主人公のサム、どっかで見たなぁと思ったらエラゴンに出て来た俳優だったんだね。

旅行のパンフレット、また取ってきました。うー、チュニジアがだめになった今、エジプトにするか、どっかヨーロッパにするか・・・まだ完全に決めきらずにいます。
どーなるんだーーーー

じゃあね

2011/01/18

1/18「第二音楽室」

第二音楽室―School and Music』(佐藤多佳子著 文藝春秋)を読みました。
41prrntjcxl__bo2204203200_pisitbsti


4つの絵音楽にまつわる話しが入っていました。
「第二音楽室」屋上にあるあまり使用していない音楽室で小学5年生の男女6人がピアニカの練習をする話し。鼓笛隊で新しい楽器をもらえなかった落ちこぼれの6人。でもみんなで集まって練習したりお菓子食べたり、なんだかわかるなー お菓子持ってきていたのがばれたあとなんとなく疎遠になった6人だけど、移杖式での演奏であの時間は無駄じゃなかったんだなーって 嬉しくなっちゃった。
「デュエット」これは中学生が主人公。音楽の時間にテストでデュエットしなきゃなんなくなり、その相手は自由に決めていい、男は申し込まれたら何度でも歌うことって。好きな人と組みたいと思ったり、恋愛とは別に一緒に歌いたいと思う人がいたりとなんだか懐かしい感じ。そういえば小6の音楽のテストでもそういうのあったなー 歌じゃなくて縦笛だったと思うのだけど、相手の男の子が下手だったのでひどいこと言っちゃって、泣かせちゃった気がする。ごめんなさい、と今謝りたい気分。
「FOUR」これは高校生。リコーダーのアンサンブルで卒業生を送ろうと音楽の先生が思いつき、1年生の中から4人を選ぶの。主人公のスズ、ぱっと見派手系の千秋、ちょっと気になる中原、急に体が大きくなりつんつるてんの制服を着ていた巨人西澤。こいつは天然ボケのところもあるけど、なんかスズを好きみたいよね。なんだかさ、一生懸命楽器をやるって憧れる~ うらやましい。私もやってみたいと思いつつ、絶対やんないし続かないだろうなぁって思う。さみしいな。
「裸樹」中学2年のとき本当にささいなことでいじめを受け、学校に行けなくなった女の子が主人公。頑張って受験し、高校に入るけど、そこで仲間外れにならないようになるのに一生懸命。なんかわかるなぁ。本当に学校って閉鎖された空間では無視って辛いよね。でも私はどっちかと言うといじめる側だよなー ダメだなぁ気をつけなきゃ。
彼女は軽音楽部に入り、バンドを組むけどそこでも自分の意見とかはなかなか言えず人から嫌われないようにするのよね。ギターがいいのにベース、みんなちっとも練習しないのに注意も出来ず・・・・
中2のとき公園でぶっ壊れたときに聞いて出会ったのが裸樹の歌。
そしてその歌を歌っていたのが軽音の先輩だけど、何年も留年している江上って人。結構重い話だったけど、ハッピーエンドな感じでとってもよかったです。
走る話しもよかったけど、音楽の話もいいな。小学生から高校生まで、気持ちがとってもよく描けている感じですごいなーと思いました。
結局1日で読んでしまったのでした。
bk1の内容説明では「鼓笛隊の「おちこぼれ」ピアニカ組。練習場所は第二音楽室。あのころ屋上教室には特別な時間が流れていた…。眩しくて切なくてなつかしい、音楽室に彩られた4つのガールズストーリー。『別册文藝春秋』ほか掲載を単行本化。」となっていました。


事務研修で熊本へ。今日はランチは「お川」という和食。カメラ忘れて写真無し。から揚げ定食で735円。から揚げは3個しかなくてちょっと残念だったけど、小鉢が2つ、イチゴとお漬物、味噌汁。ご飯はお代わりOKとなかなかよかったです。あ、サラダもついてたか。 から揚げがね、私の好み。ニンニク使っていないのがとってもいいです。何個でも食べれるから(笑) カラッとさが美味しかったのですが、3個は少ないぞ!(笑)

明日は映画の予定。
早く帰れるといいなぁ。

じゃあね

2011/01/17

1/17「とっても不幸な幸運」

家に帰ったらパソコンがネットに繋がらなくなっていた。
旅行の返事のメール、待ってるのに・・・
テレビも録画していたもの全部見てしまったので、読書。なので結局1日で読み終わったのがとっても不幸な幸運』(畠中 恵著 双葉社)です。
31h1pyyacpl__sl500_aa300_


この本だってアンガガの天気が良ければ読んでいなかっただろうなぁ・・
図書館で見つけて借りてきました。
つくもがみの作者の本ですが、なんとなく浅田次郎風なイメージが読んでいて沸いてきました。
舞台になっている『酒場』のマスター洋介の風貌からかな?
100均で見つけてきた「とっても不幸な幸運」という缶を開けると幻を見て、その後いろんな出来事が起こって騒動に巻き込まれるけど最後はハッピーエンドに終わると言う話が主人公を代えつつ6つ入っていました。
洋介の死んだ奥さんの連れ子だったのり子の話に始まり、常連客の医者の飯田の遠縁の飯田って奴と飯田の奥さんの話、そしてウェイターやってるまだ大学生の健也の話し。彼はなんと多重人格者の時期があったみたい。そして花立というぱっと見やーさんのような警察関係者の話。そしてマジシャン天野の話。まぁここまでが「とっても不幸な幸運」の缶をあけることで始まる話ね。最後の1つは敬二郎という先代のマスターが出てくる話。だから15年前の話しね。
いやいやなかなか面白く読めました。ファンタジーのようで、ミステリの要素も含みこの作者も面白いのでどんどんかりてみなきゃね。゜しゃばけ」だっけ?手を出してみるかー
bk1の内容説明では「ちょっとひねくれているけれど、料理自慢で世話好きの店長のいる酒場にクセモノ常連客たちが持ち込んだ「とっても不幸な幸運」という名の缶。缶の中にあるのは「災い」? それとも「幸せ」? おそるおそる開けてみたら…。 」となっていました。


しかし、パソコン、参ったねーー

結局翌日の夕方モデムのスイッチ入れなおしてなんとか繋がるようになったよ。 昨日は舞い上がっていたのかパソコンの立ち上げなおしは何度かしたのにモデムの電源を落とすという発想が全くなかったの。バカばいねー

じゃあね

2011/01/16

1/16「秋のソナタ」

先日BS2で放送された『秋のソナタ [DVD]』を見ました。
21csnz3etfl__sl500_aa300_


1978年のスウェーデンの映画です。イングリット・バーグマンが著名なピアニストの役を演じています。
まぁピアニストといっても全盛期は過ぎ、ピアニストとしての映画ではなく母親と娘の葛藤の話です。
母親役がイングリット・バーグマン。
なんかとっても嫌な役を上手に演じていたなぁ。
娘は子供の頃から母親をものすごく愛していて、そして憎んでいたの。まぁあんな態度とられたらねぇ。すごく鬱積した子供時代をすごした割にはいいご主人に恵まれてよかったねぇ、と思ったのでした。でも折角の幸せな日々のはずが一粒種の息子は4歳でおぼれて死んでしまい、代わりに病気の妹を引き取って世話をしているの。うーん・・・ 母親は病気の娘を療養所に放り込んだまま、長女が結婚しても、孫が生まれても孫が死んでも仕事が忙しいといって会いに来ていないのよね。なのに自分の連れ合い(夫ではないみたい。娘たちの父親でもいないの)が亡くなって気落ちしているだろうから、ぜひ家に来てっていう娘の誘いにはほいほい来るのよねー 信じられないほど自分本位ね。 娘もよく呼んだもんだよ。 でもついかまってしまうのが血のつながり、親子なんだろうねぇ。
心の中身を母親にぶちまけ、母親が帰った後もやっぱりまた赦す気持ちが沸いてくるのが親子なんだろうねぇ。わかるようなわからないような、そんな気持ち。
娘役の役者さん、なんていうか体の線がとてもでっぷり・・・ スウェーデンではスタイルがいいっていうのは痩せているって訳ではないのかな? いくらなんでもみっともないよなぁ、前見た映画でもでぶって体のラインゆるゆるの女優さん出ていたなぁ、とつい本筋とは違うところに目が行ってしまいました。アップの多用かと思うと引きの映像で逆に顔とか全然見えないのねー やっぱりハリウッド映画とは違うよなぁなんて思っちゃいました。
うーん、暗いなぁ。


朝起きたら薄っすらと雪化粧。でも薄っすらでよかったよ、今日はセンター試験2日目だもんねぇ。
本人や家族は機能からひやひやもんだったろうね。JRがちゃんと動くのか?バスは?って。
なのでいつもは「雪~ 積もれ~」って思う私も、今日は積もるなら午後にしてね、と思っていたのでした。
洗濯日和になってよかったよかった。

そうそう、昨日気づいたのだけどチュニジア、今大変じゃん!3月は無理なのかな? 違う場所に考え直すべき?

じゃあね

2011/01/15

1/15「小惑星探査機はやぶさの大冒険」

小惑星探査機 はやぶさの大冒険』(山根一眞著 マガジンハウス)を読みました。
51xlxinlrsl__bo2204203200_pisitbsti


7年かけて2010年6月に小惑星イトカワから帰ってきた惑星探査機はやぶさの話し。
前のパソコンの時代に日本惑星協会のホームページに行ったりしていたのではやぶさのことは知っていて『星の王子様に会いに行きませんか』のミリオンキャンペーンは知っていたの。もちろん名前も登録したよ。88万人の中に私の名前もあるのだ。
でもはっきり言ってその後のはやぶさの詳しい動きの追跡は熱心にやっていたとはいいがたいんだよねー。他の人のブログで知ったり、たまにネットのニュースで見たりするくらい。今のパソコンに変えてからメールソフトも別なのに変えてメールも残ってなきゃお気に入りの登録もなく、テレビで騒がれているのをふーん、やったね!って感じで見ていただけでした。ちょっとあまりにも騒ぎすぎてて。にわかファンの増えすぎに天邪鬼な私はちょっと距離を置いておこうって感じ。ただみんながものすごーーーく騒いで話題にしてくれることではやぶさに続く惑星探査機や宇宙そのものに対する予算とかがいっぱいついてくれるのは喜ばしいことだ、みんな盛り上げてくれーって気はあるんだよ。
この本、「中学生にもわかる」ってコンセプトのせいかちょっと簡単に書きすぎだろーって思うところもありつつ、最初から最後までの経緯がわかってとってもよかったです。ものすごいトラブル続きだったっていうのは知っていたけどどうやって解決したのかはよくわかってなくてね。だってさ、うん億キロも彼方にいる探査機をどーやって直すんじゃ!!って。ぴんとこないのよ、素人には。
でもプロジェクトの皆さんもそしてはやぶさ自身も本当によく頑張ったっす。 
また、はやぶさがイトカワに接近したり、トラブルが起こったりしていたとき世間にはどんな話題があふれていたかも一緒に記してあったので「はー、あの頃かいな」と記憶をたどるのにわかりやすかったのもよかったなー
せっかく九州に住んでいるのだから、種子島は無理としても内之浦宇宙空間観測所には行かなきゃいかんよねー と思いました。
bk1の内容説明では「2010年6月13日、7年間にわたる大宇宙航海をまっとうして地球に戻ってきた小惑星探査機「はやぶさ」。その全プロセスにおいて綿密な取材を続けてきた著者が、打ち上げから地球帰還までの試練に満ちた日々を語る。」となっていました。

そういえば前のパソコンの時代は例えばNASAのホームページに行ったりして星の写真1枚見るにしてもものすごーーーーーーーい時間が掛かっていたため諦めたってことが多々あったけど、一応ブロードバンド化されている今こそそんなところを訪ね歩いて色々な画像や動画を見るべきなんだよねー うん、うん。


さて、今日はもう掃除は終ったので後はアグリー・ベティを見て買い出しに行って、図書館によって後はのんびり過ごします。つまりは昼寝ってことかな?(笑)
雪は今のところ降っていません。 降るのかなぁ? 積もるのかなぁ?

じゃあね

2011/01/14

1/14「シュレックフォーエバー」

東宝シネマの日で1000円だったので仕事が終った後映画に行ってきました。
見たのは『シュレックフォーエバー』です。
336786view013


本当は3Dでは見なくてもよかったけど時間がそれしか合わず3Dで見ました。なので1300円だったよ。
見ていても3Dの必要性は感じなかったなー 2Dで十分楽しめたと思います。
シュレックが子供が3人出来て幸せな日々を過ごしている・・・・・筈なのだけど、同じことの繰り返しの日々、フィオナに尻にひかれてる感じが嫌になり、魔法の交換取引に手を出してしまうの。そして世界は一変。妻も子供もいなくなりおとぎの国はランプルスティルスキンに乗っ取られていたの!
でもねー、見ていてシュレックの気持ちわかるよー あんな生活だったら嫌になるって!
もうちょーーーっと一人の時間を持て楽しめたらまた違ったろうに。 
ただちゃんと最後はめでたしめでたしだったのでよかったーーー
シュレックはいつも吹き替えで見るのだけど、浜ちゃんのシュレックは好きだなー、うん。
今まで出てきたキャラもいっぱい出てきて、うん、ラストだねぇ。
あ、私シュレックこれが3だと思っていたよ。1.2は映画館で見たのでこれも映画館で見なきゃなぁと思っていたけどもしかして3は見ていないのかも! 今気づいたのでした。
やれやれ、おめでたいのは私だよ(笑)

映画の後はついついcoco壱へ。
カレー食べて帰ってきたのでした。

寒い。明日は雪? センター試験のみんな、がんばるのだぞー

じゃあね

2011/01/13

1/13「どろんころんど」

どろんころんど (ボクラノSFシリーズ)』(北野勇作著 福音館書店)を読みました。
518gi1povl__sl500_aa300_


未来のお話。アンドロイドの少女アリスが長い眠りから目覚めたら世界は一変していたの。人間の姿は見えず、外は泥の海。元の世界では新商品のプレゼンを仕事にしていたアリス、新製品(だった)レプリカメ万年一号を起動し、ともに行動することに。その時代の住人ヒトデナシという泥人形みたいに見える係長と一緒にこの世界の謎を解くために旅に出るの。
でもホント、すごい世界。何故かテレビはまともに動いていて、テレビの中ではふつうの人間の社会が映し出されているのね。それを見てヒトデナシたちは泥の世界を人間の世界に近づけるよう頑張っているの。なんだかヒトデナシたちって係長以外は個性がないのかと思っちゃうけど、食堂の主人はちゃんと話が出来たので一応みんな個性があるのかなぁ・・・
何故こんな世界になったかは最後にゴトーさんから説明があったのでもやや感なく終われたのはかった。万年一号が話しできたらよかったのになー
今後のアリスも万年一号も幸せになってほしいな。
しかしこの未来の世界、いつかはホントになるかも。というか今の世界も半分はこの世界と重なっている気がするよ。すごく風刺的な作品なのかもね。
あ、でもこのイラストはいまひとつ好きになれなかったな。
文章の配置はおもしろかったです。
bk1の内容説明では「どこかに行ってしまったヒトを探して、どろんこの世界を旅するアンドロイドの少女アリスと、お供の亀型ロボット。2体(ふたり)の奇妙で長い旅を描いた物語。 」となっていました。

今日はとっても天気がよかった。でも寒かったよー
この前エミレーツのスカイワールドに登録した?申し込んだ?とにかく何かしたんだけど、手紙が来ていた。
辞書みながら読み解こうとしたけど、何が言いたいのかさっぱり(笑)
おまけに住所は重複しまくり。 私の入力がまずかったんだろうけどさ。 郵便屋さん、ごめんねーって感じ。
英語の辞書見たのひーーーーっさしぶりだよぉ。目がチラチラしました。はぁ~

じゃあね

2011/01/12

1/12 届いた

先日ネットで注文した半襦袢と腰巻(って名称でいいのか?)が届きました。
早速着てみたいと思いつつ、まだです。
ぼちぼち練習して、ぱっと着れるようになればいいなぁ。
先日映画に行った友達は着付け習っていて何度か訪問着を着付けてもらったことがあったのです。でもずいぶん前になるから「まだ着付けできると?」と聞いたら自転車の運転と一緒で忘れないよって言ってました。
すごーーーい! 憧れ~

じゃあね

2011/01/11

1/11「壱里島奇譚」

壱里島奇譚』(梶尾真治著 祥伝社)を読みました。
51hebxef7l__bo2204203200_pisitbstic
不思議な力をつかった過疎になってきている離島の町興しの話。
舞台は天草灘に浮かぶ小さな島。
やっぱりご当地!言葉がうれしいよ。
銀色の不思議なものが最初から出て来て黄泉がえりとかとどう違わせるんだろう?と思いながら読んでいきました。
今流行のパワースポットとかも組み合わせてありました。
登場人物の中の機敷埜風天(きしきのふうてん)、今までもこんな名前の人、出て来た気がするよ。気にいってんのかな?この名前を。その人のしゃべり方は戦場カメラマンの渡部陽一さんを連想させました。
町興しに映画祭ってちょっと安易な気もしたけど、町の中から元気になっていく様子はいいね。島を守る信柄さん、魑魅魍魎の力がなければでもそれも出来ず間は死の島となっていたんだねぇ。「うんぶくれびっさん」「まっぽしさん」とか私にはわかるけど他の地域の人はわかるんだろうか?まぁいいけどさー 私なら「おんぶくれ」じゃねー
でもカジシンの本の中ではいまいちかもしんないな。ちょっと浅い気がしました。私自身が人と人の繋がりがあるところで住みたいという気にならないからそう思うのかな? あざったいもん。地域の密な繋がりが。まぁもうちょっと年取って体が言うこと利かなくなってきたらありがたく思うのかもしれないけどね。
bk1の内容説明では「謎の商品「おもしろたわし」を調査するため、商社マン・翔一は生産地の天草諸島・壱里島へ飛んだ。しかしそこは奇妙な現象が続々と起こるパワースポット。翔一は“問題の地”を目指すが…。『小説NON』連載を加筆・訂正。」となっていました。


今日は寒かった~
会社のエアコンの調子がよくなくて余計に寒かったよ。
明日、修理の人が来るのだけど買い替えにならないかなぁ・・・・

じゃあね


2011/01/10

1/10 「アンストッパブル」

友達の誕生祝で映画に行ってきました。
『アンストッパブル』です。
337734view001


デンゼル・ワシントンとクリス・パインが出ています。
鉄道事故の実話に基づく超大作。
手に汗握って見てました。 今年初の映画でしたが面白かったよー
最後の「ファーストフード店勤務」には笑ったね。
しかしちょっとしたミスがあんなおおごつになるなんて、やっぱり仕事はなんでも基本が大事だよ。
なーなーは怖いよ~
でもさ、はじめから最後に成功したあの手段は使えなかったのかな? 場所が悪かった?
溶接工のあのおっちゃん、最初からあれを目指して車をぶっ飛ばしていたのかなぁ?違うよね、偶然だよね?
とにかく終りよければ全てよしさ。 うん、うん。


映画の後はいつものようにカプリチョーザでお食事。
先日のくじで当てた券でソフトドリンク1杯(クランベリージュース)とサラダ(シーザーサラダ)の他に
P1010170_r


ピザ、
P1010171_r


生パスタ、
P1010172_r


ラザーニャそして
P1010174_r


映画の半券でドルチェ、いつものコーヒーでした。
もちろんお腹いっぱいになったよ!!
ラザーニャは初めて頼んだけど優しい味で美味しかった。
生パスタ、蒸し鶏とブロッコリーのクリームソースで味はよかったけどニンニクがきついのが私にはちょっと辛かったな。

食事の後はツタヤをぶらぶらしてバイバイ。

次は10月かー まぁ映画はその前に行くけどね!


じゃあね

2011/01/09

1/9 寒い、天気悪い

今朝は9時近くまで寝ていました。
昨日と打って変わって天気が悪くてねー
起きたくなかったー
まぁ我慢して起きて溜まったテレビを見ました。
昼ちょこっとお出かけ。
ヴィッツのワイパーのゴムを換えたのでした。

明日は映画に行くのだ。
食事もするのだ~

そーだ、そーだ。昨日ベスト電器に行った時シャープだっけ? 4原色のテレビを見たの。
まーーーー発色が綺麗なこと! びっくりしました。
すごかねー
でもものすごーく目が疲れて悪くなりそうだと思っちゃった。
うちみたいにテレビを見すぎているとね。
普通の見方なら大丈夫だろうけどさ(笑)

じゃあね

2011/01/08

1/8 友達の誕生日なのだ

友達の誕生日なのだー
いつも映画と食事をおごってくれる子。彼女との打ち合わせで1/10に行くことにしました。楽しみ~

で、今日は他の人と朝からお出かけ。
竹乃香に行って温泉に入り、化粧道具もって行ったのですが、なんとまぁ口紅忘れちゃってさ。バカねー
コンビニでせめて色つきリップ~と思って買ったらストロベリーの香りだけついた透明な薬用リップでした(笑)

で、久しぶりにTIGERMANにランチへ。
サラダとスープが選べるようになっていたので、スープを選んでみました。うー、好み! ただ浅葱は私には不要。
次回注文する時は忘れずに伝えなきゃ!
P1010144_r


で、今日の肉のランチは鶏の胸肉のレモン風味にトマトとアボガド。
P1010146_r


厚い肉なのに柔くて美味しかったーー
魚はブリに白菜のクリーム煮。
P1010145_r


この白菜、美味しかったよー でろでろさが私の好み! なんとなくオマールエビ風味だった。そんなはずはないはずだけど(笑)
これに飲み物付き。コーヒー頼んだです。 肉が900円、魚が1200円です。
好きだなーここの料理は。

それからゆめタウン光の森へ。 うろうろして途中ドトールコーヒーで一休み。
6時半前にクレアへ向かい、クレアには目的のものがなかったので宇土シティへ。
閉店セール(ジャスコ部分だけ)やってて安く会社用の靴を購入。
ついでにお弁当かって帰ってきました。

さ、これからまたテレビ三昧だ!!

じゃあね

2011/01/07

1/7「宇宙気流」

宇宙気流 』(アイザック・アシモフ著 ハヤカワ文庫)を読み終わりました。
01618322


図書館からの本が切れていたため出勤前にぱっと手に取った本がこれでした。今年1冊目。
アシモフの短編を!と思って選んだつもりだったけど長編だったよ。
でも楽しめた。登場人物はなんとなく覚えていたけれどやっぱり私の鶏頭ではリックに神経衝撃療法わやった奴が誰だったかはきれいさーーーっぱり忘れていたのでミステリ的な要素でも100%楽しめました。幸せな私。
ローナは頭いいじゃん。
しかしこのカートを巡る世界。サーク人とフロリナ人の関係ってとってもとっても嫌だね。たださ、最初にこの上下の仕組みを作った奴らは許せないけど、生まれたときからそれが「常識。あたりまえ」の世界で暮らしていたらサーク人がフロリナ人を人と思っていないところやフロリナ人の作業員たちがサーク人を神の様にあがめるのは仕方がないのかもね。 例えば私がいつも使っている道具がね、実は意識があり、痛みも感情も持っている、でも私はそれを知らないし想像もできない、だからぞんざいに扱うし壊れたら簡単に捨てることも出来る。人の中には道具に愛情を持ち、とてもとても大切にしある種の達人によっては道具の声まで聞こえるって人もいるかもしんないけどね。
それと一緒なのかなぁってふと考えたのでした。
無知ってやっぱり怖いし罪なのかもね。まあとにかくこの世界でのフロリナ人の虐げられ方は情報不足ってのがおっきいかな?
ただテレンスが最後に言っていたように実際に仕事をしている官僚たちはフロリナ人であるのであればその中からもっと早くテレンスのような人が仕組みを変えていこうと思い付く人がいっぱい出て来てよかったと思うんだけどね。
まぁとにかく面白く読めました。
アシモフ万歳!

今日は寒かったー あ、今日もだね。
明日から3連休!!
遅くまで寝ていたいものだ。

じゃあね

2011/01/06

1/6 初図書館

仕事、定時に終って図書館へ行ってきました。
リクエストしていたカジシンの本以外にも3冊借りてきたのだー
読むのが楽しみ。
あ、でもすぐ3連休かー
どこに行く予定もないけど家ではあんまり本読まないんだよね。
2週間で読み終わるのかな?
ま、いいかー なるようになるだろう。

夜、豚肉の塩釜作りました。
ちょっと硬くなっちゃったけど美味しかったです。

じゃあね

2011/01/05

1/5 連絡は来たけれど・・

会社に「予約していた本が届きました~」と電話がありました。
「夕方行きまーーーす」ってかるーく答えたけど、図書カード忘れてたよ(笑)
明日行って借りてこよ。

しかし今日は寒かったーーー
なんだろ?とにかく体感温度がめっちゃ寒くて事務室内でレッグウォーマーしてたです。
天気が悪かったからかなぁ

じゃあね

2011/01/04

1/4 仕事始め

今日から仕事が始まりました。
とはいうものの今日は来客は無く、電話も2件くらい。
ただ、会社の端末の画面がリニューアルされていたので、使いやすくするために色々と手を加えるのに時間を使いました。 何か画面がポップになった感じ。ただ慣れるまではうざいなぁ。まぁ早くなれるように頑張ろう。

じゃあね

2011/01/03

1/3 着付けは難しい

実家に戻る時先日買った着物でも着てみようと・・・・
ばってん本見たくらいではうまくいかんなぁ。
予想通り1時間半近くかけて一応は着たものの、やっぱりこりゃあかん諦めました。
結局てきとーな服着てお出かけ。
帰りにゆめタウンの着物屋さんに寄ったので、着物着てなくてよかったーと思いました(笑)
まぁこれからぼちぼち自己流で頑張ってみよう。多分ね。

夜、高知に帰る人をお見送り。特急で博多まで行き、バスに乗り換えJRとバスを乗り継ぎ明日の昼過ぎに着く予定。大変ねぇ。

明日から仕事か。 ぼちぼち頑張ろう。

じゃあね

2011/01/02

1/2 初カラオケ

今日はとーーーーってもいい天気でした。
なのに昼中カラオケに行っててお天道様は見なかったのだー
もったいないねぇ(笑)
洗濯はしっかり乾いたはずなのにカラオケの後買い物にも行ったので帰ってきたのは18時半過ぎ。
シナシナになっちゃってたのでファンヒーターの前で乾かしのでした。
そして夜はセブンイレブンまで初散歩。
寒かったので着膨れていったので、コンビニ内では異様な格好でしたよ(笑)

明日は実家に挨拶に行かなきゃなんない。気分を害せず帰って来れたらいいなぁ。

じゃあね

2011/01/01

1/1 謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

健康な一年でありますように!
チュニジア旅行が実現し、楽しめますように!!


朝、7時ごろ起きました。
昨日ほどではないにしても外は薄っすら雪景色。
寒かったですね。天気は徐々に回復していったものの・・・・

福袋買いツアー(笑)に出かけ、ついつい洗える着物を買ってしまったよ。
着物と帯で5000円(笑)
本当は奮発して半襦袢とか足袋とか付きの1万円にしちゃってたらすぐすぐ着れたかな(笑)
まぁ今から本見ながら頑張らなきゃ着ることはできないんだけどね。

じゃあね

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »