« 1/15「小惑星探査機はやぶさの大冒険」 | トップページ | 1/17「とっても不幸な幸運」 »

2011/01/16

1/16「秋のソナタ」

先日BS2で放送された『秋のソナタ [DVD]』を見ました。
21csnz3etfl__sl500_aa300_


1978年のスウェーデンの映画です。イングリット・バーグマンが著名なピアニストの役を演じています。
まぁピアニストといっても全盛期は過ぎ、ピアニストとしての映画ではなく母親と娘の葛藤の話です。
母親役がイングリット・バーグマン。
なんかとっても嫌な役を上手に演じていたなぁ。
娘は子供の頃から母親をものすごく愛していて、そして憎んでいたの。まぁあんな態度とられたらねぇ。すごく鬱積した子供時代をすごした割にはいいご主人に恵まれてよかったねぇ、と思ったのでした。でも折角の幸せな日々のはずが一粒種の息子は4歳でおぼれて死んでしまい、代わりに病気の妹を引き取って世話をしているの。うーん・・・ 母親は病気の娘を療養所に放り込んだまま、長女が結婚しても、孫が生まれても孫が死んでも仕事が忙しいといって会いに来ていないのよね。なのに自分の連れ合い(夫ではないみたい。娘たちの父親でもいないの)が亡くなって気落ちしているだろうから、ぜひ家に来てっていう娘の誘いにはほいほい来るのよねー 信じられないほど自分本位ね。 娘もよく呼んだもんだよ。 でもついかまってしまうのが血のつながり、親子なんだろうねぇ。
心の中身を母親にぶちまけ、母親が帰った後もやっぱりまた赦す気持ちが沸いてくるのが親子なんだろうねぇ。わかるようなわからないような、そんな気持ち。
娘役の役者さん、なんていうか体の線がとてもでっぷり・・・ スウェーデンではスタイルがいいっていうのは痩せているって訳ではないのかな? いくらなんでもみっともないよなぁ、前見た映画でもでぶって体のラインゆるゆるの女優さん出ていたなぁ、とつい本筋とは違うところに目が行ってしまいました。アップの多用かと思うと引きの映像で逆に顔とか全然見えないのねー やっぱりハリウッド映画とは違うよなぁなんて思っちゃいました。
うーん、暗いなぁ。


朝起きたら薄っすらと雪化粧。でも薄っすらでよかったよ、今日はセンター試験2日目だもんねぇ。
本人や家族は機能からひやひやもんだったろうね。JRがちゃんと動くのか?バスは?って。
なのでいつもは「雪~ 積もれ~」って思う私も、今日は積もるなら午後にしてね、と思っていたのでした。
洗濯日和になってよかったよかった。

そうそう、昨日気づいたのだけどチュニジア、今大変じゃん!3月は無理なのかな? 違う場所に考え直すべき?

じゃあね

« 1/15「小惑星探査機はやぶさの大冒険」 | トップページ | 1/17「とっても不幸な幸運」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/50600029

この記事へのトラックバック一覧です: 1/16「秋のソナタ」:

« 1/15「小惑星探査機はやぶさの大冒険」 | トップページ | 1/17「とっても不幸な幸運」 »

無料ブログはココログ