無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/30

11/30「ピーター・パン イン スカーレット」

ピーター・パン イン スカーレット』(ジェラルディン・マコックラン著 小学館)を読み終えました。
51tkaxkx5ml__sl500_aa300_
ピーター・パンの続編です。 もちろん作者はマシュー・バリではありません。コンペティションで選ばれたのがこの作家なのです。
「ピーター・パンとウェンディ」を読んだのはいつだった?小学生の頃?それとも中学生? 私はそれこそが続編と思って読んだの。でもそれがまともな奴だったのね。 
で、このお話し。 うーん、オリジナルを覚えてないのだなぁ。ディズニーの映画のイメージが強いよ。実写版の映画も見たけど、それからもずいぶん経っててねぇ。
ピーター・パンってこんな子だった?
っていうかこれはフックの服を着たことによってフックのような意地悪な性格になっていくっていう話しだったので余計読んでいて うー、嫌な子だーって思っちゃった。
ティンカー・ベルの変わりにファイフフライアっていう妖精が出てきたね。その子はかわいいかも。
うまく出来たお話だったけど、でもうーん・・・期待していたほど面白くは読めなかったです。
bk1の内容説明では「第一次世界大戦の爪あとがまだ色濃く残る1920年代。毎夜、悪夢にうなされる大人たち。彼らに共通しているのは、かつてネヴァーランドで、ピーター・パンと一緒に冒険の旅をしたということ。新たなピーター・パンの物語。 」となっていました。

じゃあね


2010/11/29

11/29 希望通り

メモ帳がほしかったの。旅行に行くとメモ魔になる私。
モルディブ用のちっこいメモ帳、今月の選手会(ちょこちょこ)に入ってないかなぁ~って思っていたのだけど、
希望通りのメモ帳が入っていました! ラッキー
これで今度の旅行も書きまくってくれようぞ(笑)
来週の今頃は水上コテージだぁって今週中想い続けて過ごしていこーっと!

じゃあね

2010/11/28

11/29「姿なき誘拐犯」

ものすごーーーーく久しぶりにスタートレック ネクストジェネレーションを見ました。
なんと2年半ぶりにDVDを見たの。何してんだか、私
TNGの第3シーズン第166話『姿なき誘拐犯』です。
まーったく覚えていない話しだったので初めて見たのかもしれません。
ピカードが何者かに拉致されてしまい小部屋に閉じ込められるの。そこには先客が2人いて、その後もう一人拉致されてきて合計4人。何故彼らが選ばれたのか、目的は何なのか総ては謎。
エンタープライズにはピカードのコピーが残っていてそのままのうのうと歩きまわっているのね。でもやっぱりなーんか変なのでクルーも「????」って思ってるのよ。
結局は異性人の研究だったの。支配下に置かれた者の行動とかについて観察してたのね。
で、エンタープライズに戻ったピカードたちはアイコンタクトでライカ、データ、ウォーフと意思疎通させ異星人を拘束し、自分の意思を無視して拘束されると言うことがどんなに不愉快で倫理に反しているかを教えた上で開放してやるのね。
なんだか最後、ビバリーの目配せが意味深で、ピカードの困った顔がおかしかったー
ピカードがバーで歌を歌ったりとか見せ場はありました。
しかしほんと、懐かしいなぁ。テレビ放送のイメージが強いので今回も日本語吹き替え版で見ました。通常は字幕にしてオリジナルの声を楽しみたいところだけど、スタートレックだけはね、おなじみの声で聞きたいのよねー
折角DVDあるんだからもっと頻繁に見なきゃだめだなぁと思ったことでした。

じゃあね

2010/11/27

11/27 何を持ってく?

来週の旅行、どの本を持っていこうかなぁ?
今まで持っていって読んだためしがないのだけど、でもやっぱ念のため1冊薄手で最悪捨ててきてもいいものを・・・・なんて考えるとなかなか決まらない。
ブックオフに行って105円の本を買ってきたほうがいいかなぁ?
それとも家にある奴で絶版になってないやつを持っていくか?
うーん、悩むなぁ。
せっかく途中コロンボ空港を経由するのでクラークの本にしたいなぁと思って見に行ったけど、アシモフはいっぱい持っているのにクラークの本は少ない・・・
クラークはほとんど友達に借りて、もしくは図書館で借りて読んでいたんだね、私。
うーん、どうしよう?
まぁまだ日はあるので ぼちぼち考えよーっと!

今日は朝はめっちゃ冷えたけど昼は天気が良くてぽかぽかだったよ。
でもこのまま天気がいいと夜はまた冷え込みそう。
風邪ひかないようにしなくっちゃ!

じゃあね

2010/11/26

11/26 なんさまきつか~

なんか朝からなんさまきつかった。(とにかく疲れた)
会社でも口を開くと「きつかー」と言いそうでなるべく口を開かないようにしていた。
ただ体が悪いきつさではなく、どーーーも先日の窓拭きの後遺症。
背中に圧迫感。
マッサージチェアーに座りたーーーい(笑)

明日は休みだ。だらだらするかー
ソーいえば今日寒かった! 明日は緩めばいいなぁ。

じゃあね

2010/11/25

11/25「クリスマス物語」

クリスマス物語』(マルコ・レイノ著 講談社)を読みました。
51amxqn4kgl__sl500_aa300_
子供が海の底できれいな木の箱、そしてその中に入った懐中時計を拾ったの。それを見たおじいちゃんが話してくれたサンタクロース誕生の秘密、それがこのお話しでした。
ニコラス・クロースって少年が主人公。この子がまだ幼い頃え父さん母さんそして大好きだった妹のアーダを海で亡くしてしまい孤児になってしまうの。貧しい漁村だったけど村人たちの心は豊かで苦しい生活の中1年ずつの持ち回りでニコラスを預かって養ってくれるのね。いじめられたりするかと思ったけどどこの家庭でもよくしてくれて、ニコラスもよく働き子供たちの面倒もよくみてね。自分で作った木のおもちゃをクリスマスの日(お父さんたちを亡くした日)こっそり配って回るのね。
13歳になったクリスマス、村の家庭を一巡しさぁどうしようとなったとき子供たちに恐れられていたイーサッキという木工職人に引き取られたの。ニコラスの木工の腕を見込んでね。でも彼は実は本当にいい人だったの。若い頃妻を亡くしその悲しみに打ちひしがれているときに息子は家を出てしまい、挙句船で食堂給仕の仕事中に沈没して死んでしまったのよ。それで子供嫌いになっていたって訳。互いに海に愛する人を奪われたもの同士で心が通じ合い親子のような感じになっていくのね。
でも時は過ぎ、イーサッキが老衰で死んでしまうとニコラスはまた人と交わることを拒否してしまうのよ。最初に家族を亡くして引き取られた家でも始めのうちは家族と交わることを拒み続けていたのね。失う辛さを恐れてね。とにかく頑固だよ、ニコラスは。
そのうち子供の頃から続けていたクリスマスに子供たちおもちゃを作って配って回ることに生き甲斐を見つけるのだけれども、何故か自分がやったって思われたくなくてひたすら秘密にしようとするのね。 うーんなんだかなぁ・・・この頑固さって何? そこまでこだわるの?
結局誰が配っているかわからないってことで、もらうだけではなく与える喜びをみなに伝えたい、そして伝わっていくのだけど なんかそこがちょっとわかりにくいというか、素直にそっかーって思わなかったなぁ。ニコラスの頑固さが私にはあまり理解できなかったわさ。
お話しはなかなかよく出来ていたけどね。ただね、トナカイに言うことをきかせるために赤い服を着たって言うところはうーん・・・ちょっとこじつけっぽいかな?と言うよりコカ・コーラの宣伝用であの服になったのでしょ?それにあわせんちゃよかろーと思うのですね。まぁ世の中ほとんどの国々でサンタクロースはあの格好なので、ま 仕方ないかー
ニコラスが亡くなってしまったらどーするんだ?という疑問にはなかなかうまく対応していたと思います。ニコラスの最後をちゃんと書かず不思議な精のような人物にし、トナカイのそりや鈴の音が心に残るようにする。うーん、いいなぁ。
プレゼントは父親たちがこっそり自分の子供に贈っていこうってみなで話しあって決めるのね。
なかなか素敵なお話しでした。今年は久しぶりにクリスマスっぽいことするかなぁ?最近さめてるんだよね。私。
作者も言っていたけど宗教色がないってのがよかったね。
bk1の内容説明では「フィンランドの小さな村で、孤児として育った少年ニコラス。クリスマスが来るたびに、お世話になった全ての家族の子供たちに、おもちゃを作り、自分だということを伏せて配り続けて…。サンタクロースの真実の愛と運命の物語。」となっていました。

そっかー、1ヵ月後がクリスマスかー
仕事も明日が今年一番の山場。
の割りに定時で帰ってきそうな気がする・・・・ せめて1時間でも残業して残業料が欲しいなぁ。
贅沢な悩みだろうな。

じゃあね

2010/11/24

11/24 爆睡

昨晩、なんと9時半過ぎにベッドに入った。
夜中、目が覚めトイレへ。 4時?5時?と思ったらまぁなんと1時05分。
びっくりだねぇ。
これで寒くなければ起きてテレビ見ても良かったんだけど、寒いけんねぇ。
結局そのまま寝たら朝でした。 
まぁたまには睡眠たっぷりでもよかよねー
今日はさすがに仕事中眠くなることはなかったよ。 というか結構窓口にお客が多くてさ。いっぱいしゃべったーーー

じゃあね

2010/11/23

11/23「ロボットとの付き合い方、おしえます。」

ロボットとの付き合い方、おしえます。 (14歳の世渡り術)』(瀬名秀明著 河出書房新社)を読みました。
419yxgfbvl__sl500_aa300_
「14歳の世渡り術」と書いてあるように14歳に向けて書かれたロボット学の今、そして未来に向けての解説書。
そうかー、ロボットを考えロボットを作ったり設計したりすることって生物も看護も介護も動物学も果ては哲学に至るまでものすごーーい総合的なものがかかわってくるんだね。機械工学だけじゃないんだー
それがとても勉強になったよ。
ロボットと聞いて一番に思いつくのはアシモフのロボット三原則。
そしてASIMO。もちろんアトムもだし、サンライズのアニメにはいっぱい巨大ロボットが出てきたし、人間の形をしているものに捉われちゃうけど実際に工場で活躍しているロボットは全く人間の形はしてないよね。すごく機能的であり、機械してるけどやっぱりそれもロボット。
私がもっと若い頃読んでいたらなぁ。工学部から離れてもロボットの研究に進めたかも。でもやっぱり研究するには数学で着なきゃダメだろうな(笑)大学に受かんなきゃ無理っしょ。
やっぱ読むだけで終わってしまう人なのね、私。 
そっかー、瀬名さんは静岡生まれなんだ。東北大のイメージ強くて東北の人って思ってました。だから東海大学海洋科学博物館とかにお父さんに連れて行ってもらったりしてたんだー うらやまし~ あたしも行きたいよ!
bk1の内容説明では「ロボットを考えることは、未来を考えること。宇宙探査、災害救助から介護の現場まで、人気SF作家が最先端のロボット研究を通して、未来への関わりかたを考える。 」となっていました。

今日は午前中、あまりに水垢が凄すぎて運転する時気になって仕方がなかったヴィッツのフロントガラスを洗ってみました。といっても台所洗剤でこすった程度。なので完璧に落ちたわけではないし、残念ながらレインXは掛けなかったんですけどね。ちょっとボディ部分も水でさっと流して軽くタオルで拭いてはみたけど、まーーーーーーみごとにワックス効いてませんぜ!
MR2に乗っていた頃は隔週くらいで磨いていたのに(笑) でも体力は残ってませんでした。というか軽い作業でもうだめ~ 肩が痛いよ。情けないねぇ。
そのため危うく午後は寝て過ごすところでしたが、人に誘われたのでちょっとゆめタウンまで出かけてきました。
私はお供に徹していたの。だってお金ないしー(笑)
一緒に行った人はカーディガンを買われたけど、先日私が買った服の10倍の値段。 よかなー 私も大きくなったらあんな風に買い物したーい!ってこれ以上大きくなるわけなかたい。

そーそー、やっと冒険の島(旅行会社)から最終資料が届きました。17日に発送しましたとメールが来ていたのに届いてなかったので心配していたのだ。 海外旅行保険とか、eチケットの控えとか・・・
さー、いよいよだわぁ。楽しみ~ 

じゃあね

2010/11/22

11/22 明日は休み

今日はなかなか仕事した一日でした。
珍しくぼーっとした時間がなかったような。
あ、でも新聞でてれびらん見る時間はあったね(笑)

で、明日は休み。
今日は雨だったけど明日は天気いいらしいねー
お祭りだけど行く気はなく、テレビと読書と昼寝と住所入力で終わる予定。

最近ものすごく体重が増えているので食っちゃ寝にならないように気をつけなければ。
運動したいんだけど、その後の疲労を考えると何も出来ない私でした。

じゃあね

2010/11/21

11/21 山海倶楽部/村一番カフェ

熊本まで遊びに行ってきました。
うろうろしたあとランチへ。
前から気になっていた山海倶楽部に行ったのですが・・・・
うーん、いい素材を使っているってことで値段が高いけどお腹いっぱいになるのは女子ならともかくなかなか難しかったようですなぁ。
まだパスタランチ1050円ではなんとかなったものの・・・・
ちなみにプチ・スープ(かぼちゃのポタージュ)とサラダにガーリックトースト。パスタはワタリガニのトマトソース。
P1000064_r


P1000069_r


もう一人が頼んだ本日のランチは1580円。
プチ・スープにサラダ、自家製パンにメインがフランス若鶏と野菜添え。
P1000065_r


P1000067_r


パンが1個だったから全然両が足りなかったって言ってました。
それで結局もう1箇所、どっちに行こうかーと迷っていた399円ランチを食べに村一番カフェへ。アイスコーヒーをつけて500円でしたが、ご飯とスープ(味噌汁)はお変わり自由。こっちがよかったーって言ってました。P1000074_r
鶏の胸肉にチーズ味のソースが掛かっていたのかな?
ちなみに私はカフェ・モカにしておきました。ランチ2色は食べなかったよ(笑)
P1000070_r


うろうろして一緒に行った者が気に入った財布を見つけて財布を買ったほかは安物衣料をチョコチョコ買って、最後はcoco壱番館でカキカレー食べて帰ってきました。もう20時回ってました。
疲れたけど充実した1日だったよ。

じゃあね

2010/11/20

11/20「ハリーポッターと死の秘宝 PART1」

ちょっと遅くなりましたが恒例の友達からのバースデープレゼントとして映画と食事に行ってきました。
映画は『ハリーポッターと死の秘宝 PART1』
336887view002
2部作の初めの方ですね。
はっきり言ってもう惰性で見てます。
見ている途中、特に仲間割れしてロンがうじうじしているところとか見ている時は「あー、早く食事に行きたい」って思いながら見ていました。
最初のシーン、ハリーにみんなが化けて劣りになって隠れ家に連れて行くって所、原作読んだときも思ったけど何か意味があるんだろうか? たってあの後ハリーは魔法省に出向いたり、うろうろしたりするでしょ?
最初から姿隠し(でよかった?)とかでよさそうなもん。
とにかくゴブレット以外はどーもねぇ。 うじうじしてネガティブなところが嫌なの。
ただ、次回作ではスネイプの本性が駆るシーンとかがあるでしょうから楽しみにしています。
しかし、字幕だったからかな? お客さん少なかったーーー
20人くらいしかいなくてガラガラ。1作目のときは多くて一番前の端っこの席で見たのにさー

食事はいつものようにカプリチョーザ。
牛肉煮込みのパスタや野菜のピザ、シーザーサラダにチーズケーキ・・・・
お腹いっぱいになって、美味しかったよー
ここのコーヒー、いいよねぇ。
次は1月なのだ。(友達の誕生日ね) 何の映画になるのかな? 楽しみです。

じゃあね

2010/11/19

11/19「哲夫の春休み」

哲夫の春休み』を読みました。
511fvkgzxrl__sl500_aa300_
2つ大きな間違いをしていた。
1つは斎藤敦夫さんってもう亡くなっている人と思っていたこと。失礼な私。70歳で元気にしていらっしゃるようです。
1つはタイトル。勝手に「夏休み」と読み替えてしまっていて、第一章「夏休みの旅」っていうのを読んで本番の夏休み前に春休みに何かが起こり、それきっかけの夏休みか?と思いながら読み進めるも・・・なーんかしっかり書き込まれすぎ。 ん?と思って表紙を見るとしーーっかり「哲夫の春休み」と書いてありました。全くすごい勘違い。
4月から中学生になる哲夫が主人公。 春休みにお父さんが自分が生まれ育った長岡まで新幹線ではなくローカル線を使って旅行に行くぞ!と哲夫を無理やり誘ったものの本人は仕事の都合で行けなくなって哲夫の一人旅に変わったの。偶然隣に座ったおばちゃんと話し込み、そのおばちゃん昔長岡に住んでいたので自分も長岡の叔父さんおばさんのところにいくってことになって二人で電車に揺られていくの。
でも電車の中で哲夫は不思議な体験をするのね。時空がずれて昔の景色、人物の中に入り込んでしまう経験。
実はそのおばちゃん、お父さんの幼馴染だったのね。若い頃の辛い経験を心の中に封じ込めちろゃったことで今になって体のバランスが崩れ気味で体調壊しそうになってるの。
長岡に着いた哲夫はおばあちゃんが昔住んでいた(もちろんお父さんも)家の跡を訪ねるのだけど、木の塀の土台の石と庭の石塀の一部しか残っていないはずなのに春の風に誘われて小道に入るとなんと昔のままの家。木も生えていて家もしっかりしていて、春まだ早い頃なのに哲夫はそこで春や夏や冬まで体験するの。子供と話したり、沖見ばあちゃんと話したり・・・とても不思議な体験。
哲夫だけの話。聞いてデモね、その話しをし順子(と書いて「なおこ」と読む)おばちゃんはわかってくれてさ。子供の頃のお父さんや若い頃のおばあちゃん、そして死んでしまっているひいばあちゃんと会って話して、とにかく不思議な時をすごし哲夫は成長していくのよね。
初めて会った順子の娘のみどりと小6にもなってすぐ手をつないだり仲良くするってところがちょっと違和感があったもののなかなかいい話でした。
なくなってしまった家の記憶、自分にとってもついこの前祖父母の家が解体されるので見に行ってきたあの体験とシンクロしちゃうなぁ。
今年中にはもう跡形もなくなっちゃうんだろうね、あの家も。それこそすごーーーく沢山の記憶があの家には染み付いているんだと思うとさ、切ないねぇ。もう亡くなってしまったじいちゃん、ばあちゃん、そしてひいじいちゃんまでは記憶にあるんだ。座敷で寝たきりだったけどね。すごくいいタイミングでこの本にめぐり合えたって気がします。
bk1の内容説明では「中学校入学目前に、父の故郷、長岡にひとり旅をすることになった哲夫。行きの列車の中から次々と不思議なことが起こり…。子どもから大人へと成長していく少年の繊細な心を描くタイム・ファンタジー。」となっていました。

じゃあね

2010/11/18

11/18 住所録

パソコンを新しくするちょっと前に住所録のファイルが消えてしまったの。
どーーーーこかにはあるはずなのに見つけるのが面倒でよく探さなかったのね。
で、パソコンの中身を移し変える時、もちろん住所録はなく・・・・
今ちんたら入力してます。
年賀状の季節だからねぇ。

そういえば昨日はしし座流星群だったのかな?
11時半ごろ防寒ばっちりで外に出てみたのですが、天気は良かったもののとーとー1つも見ることなく首が疲れてギブアップ。10分ほどで家の中に引っ込んだのでした。
近所の外灯、通常はありがたいのだけどこんな風に星を見る時は邪魔だよねーーー
オリオン座はしーーっかり見えたけどあとの星座は全くわかんないさみしー私でした。
そういえば高校生の頃とかはよく星を見に外に出たりしてたのになぁ。

冬の夜空は星がはっきり見えるし、ぼーっと立っていても蚊の心配は要らないのだけど、やっぱり寒さがねー
大敵っすね。

じゃあね

2010/11/17

11/17「ロードサイド・クロス」

日経新聞の広告で発売を知り、すぐ図書館にリクエストしたこの
ロードサイド・クロス』(ジェフリー・ディーヴァー著 文藝春秋)やっぱり面白かったーー
51ofon9elpl__bo2204203200_pisitbsti
今回これは「スリーピング・ドール」と同じキャサリン・ダンスが主人公の話です。
今回はブログが大きな話の核になっていました。
最初からトラヴィスは犯人ではないだろうとは思ったの。だって今までのディーヴァーの作品ではそうだったから。でもやっぱり力あるよねー。だんだん「やっぱ今回は素直にこの子が犯人なの?」って信じてしまいそうになるの。どんでん返しが得意技ってわかってるのにー
で、この本では今までと違って犯人側からの記述がなかったのね。いつも誰だかはわからないけどとにかく犯人が犯行を行う場合は犯人側からの立場に立って記述してあったのにそれがなかったー
犯行を行うときも、クロスを立てるときも。
そのかわりブログへの書き込み、誹謗中傷はめちゃくちゃだったねー
360ページぐらいまで来てやっとやっぱ犯人は別かーってわかってさ。でも残りのページが多すぎてこりゃーまだまだ真犯人はいるぞーって思いながら読みました。
いたよ、やっぱり。 ただ私が思っていたのとは逆でした。 こわいなぁ。
それと平行して事件がもうひとつ。なんとダンスの看護婦をしているお母さんが前作の事件のときに全身にやけどを負ってしまったミラー刑事を安楽死させた犯人として逮捕されてしまったのよ!
最終的にはオニールの調査で真犯人を探し出し(前の本での犯人が女を使って殺したの)やれやれだったけどね。 しかしハーバー検事って超いけすかーーーん!!しかしダンスとオニールの微妙な関係はどうなる?この事件の手伝いをしてくれたコンピューターのエキスパートで大学教授のジョン・ボーリングの存在がまたびみょーなのよ。彼は独身貴族だし、ダンスの息子もカレを認めている様だし・・・
さー、どうなっていくのかねぇ。楽しみ。
とにかく今回はネットの怖さや、オンラインゲームとか色々と出てきたけどさ、ボーリングの仕事場のコンピューターには5GBのRAMにビデオカードには4GB載っていて、ハードデスクは2TBなのよね。この使用もシリコンバレーの事件簿のように何年か経つと「くすくすくす」って笑うくらいの性能になっちゃうのかなぁ?
そうそう、この本にはいくつかのサイトのアドレスが載っていて、アクセスしてみると本だけではわからないちょっとした手掛かりが見つかるかもーと書いてあったのでいくつかアクセスしたけれど・・・・
はははーもちろん全文英語でしたよ。無理~ただ写真は見れたぞ!
bk1の内容説明では「陰湿なネットいじめに加担した少女たちが命を狙われ、いじめの被害者だった少年が姿を消した。“人間?発見器”と呼ばれるキャサリン・ダンスが少年の行方を追うが、ついに死者が出てしまう。犯人は姿を消した少年なのか?」となっていました。

帰りに図書館に寄ってきたので明日からまた違う本だよ。あ、リンカーン・ライムの新作、アメリカではもう出てるらしいよ。早く読みたーーーい!(笑)

じゃあね


2010/11/16

11/16 コーヒー豆

昨日お土産としてなぜかコーヒー豆をもらいました。
豆です。ミルがありましぇーーん。
くれた人はわからずくれたんだと思います。
会社の上司がミルをもっているようなので貸して~と言ったけど覚えちゃおらんどねーーー
私も以前あのカリコリコリと豆を轢くのに憧れて手回し式のを買ったことがあったのですが、あまりにも豆が飛び散りまくったのであくしゃうって(げっそりして)すぐ手放しちゃったのよねー
まぁなんとかなるべー

じゃあね

2010/11/15

11/15「秘密」

秘密』(P・D・ジェイムズ著 ハヤカワ書房)を読みました。
51rn27pz3hl__sl500_aa300_
結局犯人は・・・だったのかー
なんかね、最後の最後で大どんでん返しがあるとばかり思いながら読んでいたので肩透かし気味に終わってしまいました。
前半は殺されたローダ・グラッドウィンという顔に傷のあるジャーナリストの話。彼女が長年そのままにしてきたひどい傷跡を整形というか形成術できれいにしようと思ったのか、「もう必要としなくなった」ってどういう意味だったの? 母親が結婚したからって単純に捉えていいの? なーんかこの話し、裏がありそで無さそで・・ちょっと不完全燃焼気味です。 色々な登場人物が色々な秘密を持っていたものの、なんだかそれかぞれの繋がりがそこまでおぉぉ!って気にならなかったのは何故かな?
ローダは手術が成功した後殺されるのね。そして後半、もう一人ローダの知り合いでロビン・ボイトンって男も殺されるの。犯行の理由をしっかりテープに告白して、犯人は自殺していたのだけどなんだかなー どちらもうーん・・・もちろんとても強い理由になっているのだろうけどなんとなくダルグリッシュが納得していないので私も納得しずらいというか・・・
もっとすかっとしたかったな。犯人はもう一ひねりしてもよかったかも。なんて最初にちらっと思わせたもののあとは疑わしい人ってあんまり印象に無いのよね。
最後にダルグリッシュはエマと結婚式を挙げるの。幸せそうでよかったよ。ケイト・ミスキンはピアードとよりを戻してよかったー
P.D.ジェイムズは今年(2010年)90歳だって!
すごいねー 続き、あるのかなぁ?
bk1の内容説明では「顔の傷痕を消す手術を受けるため、形成外科医の所有する荘園を訪れたジャーナリストのローダが、手術の翌朝、扼殺死体となって発見された。ダルグリッシュ率いる特捜チームが現場に急行するが、事件の影にはさまざまな秘密が!」となっていました。

じゃあね


2010/11/14

11/14 のんびり

朝はそう感じなかったけど、昼間は暖かかったねー
部屋の中は22度以上ありました。
朝は洗濯した後2度寝。
幸せ。
んで、掃除機かけた後はカイルXYを見て、午後は読書と昼寝。
うーん、暖かいっていいよ やっぱり。

じゃあね

2010/11/13

11/13 ロールケーキ

ローソンのプレミアムロールケーキが美味しいと聞き、ガソリンと灯油を入れに行ったついでに買いに行ってきたの。3種類あったので3つとも、紅茶とチョコとプレーンかな?
結果は・・・ あたしゃプレーンはあり。でも紅茶はあんまり・・・ チョコもまぁあり。
でもわざわざ遠方のローソンに買いに行かなくても近場のセブンイレブンのでOKかなーって感じでした。

しかし、最近日が落ちて暗くなるのが早いね~
今日は天気もいまいちだったせいか5時過ぎでもう くっらー
悲しかです。

じゃあね

2010/11/12

11/12 暖かい日

今日は結構暖かかったね。
昨夜は結構な雨だったようで、ベランダとか濡れていたけど昼前にはもういい天気だったみたい。
今週も終わったよ、仕事。
明日は何をしよう?多分買出しだな。
あさっては読書と昼寝? もしかしたらおしゃべりしに出かけるかも。

しかし「今」とーーっても眠いです。
本も読みたいし、てれびも見るのがたまってるのにーー

じゃあね

2010/11/11

11/11 ランチミーティング

ランチミーティングって奴に出るため直接熊本へ。
いやー朝から寒かったーーー
コートはまだ早いと周りに言われたためストール?ショール?なんだかわかんないけど体に巻きつけていったけど風邪引かないでよかったよ。
帰る頃(1時半ごろ)は全く必要ない気温まで上昇していたけどね。
ランチは弁当。
P1000024_r


願わくばもっといいものを食べたかったよ。
社長さんを囲んで・・・だったのですが、入社して確か4人くらい社長は代わったと思うのだけど、話をするのは今日初めてでした。 見かけたってのなら前、東京の本社に行った時あったけどね。
社長に会わぬまま退職だろうからラッキーかなー
もうこんな機会は無いだろうからカメラも持っていったのでした(笑) ミーハーな私。
でもシャイだけんツーショットでお写真を~なんて言えんかったです(爆)

終わった後すぐ駅に向かったけど2~3分差でJRは出た後。40分以上ホームで待っていました。
田舎はこれだから。 寒くなくて本当によかったです。本、持って行っていたからしっかり読書タイムが取れましたよ。
事務所に戻ったのは2時40分過ぎかな?
代理の人が来てくれていたこともあり、スムーズ仕事はかどり5時半ごろ帰りました。
朝は少し雨が降っていたけど、昼間は天気よかったので洗濯物も乾いていましたよ。
よかった、よかった。

アグリーベティも見終わったことだし、(ジャスティン、良い子~~)茶碗洗ったら本の続きを読もうかね~

じゃあね

2010/11/10

11/10「時の書 Ⅲ 黄金の環」

時の書3 黄金の環』(ギヨーム・プレヴォー著 くもん出版)を読みました。
51baafelj9l__sl500_aa300_
いやー面白かったっい。
読んでるとだんだんラルフ・イーザウの「暁の円卓」を思い出しました。全く違う話だし、作者も訳者も違うし、フランス語とドイツ語なんだけどねー なんだか似た~イメージが沸いてきました。歴史のせい?
この本の作者は高校の歴史の先生なんですって。
この作品の中に出てくる太陽の石碑や黄金の環、永遠の指輪を作ったのはエジプトのトト神なんだね。この作者の中で一番偉いのはエジプトの神々なのかな? やっぱりエジプトにも一度は行かなきゃなんないなぁ。
3巻ではエジプト以外に秦の始皇帝の墓やローマの略奪の頃、そして未来が舞台でした。アリシアもとうとう時を旅したよ。ただ無理やり誘拐されてだけどね。あの刺青男はやっぱりルドルフだった。たいぎゃな悪者だけーん。なんてったってサムの母親を殺したのはルドルフだったと。殺した後事故に見せかける工作したとよ~ 父親の発掘仲間でみもあったとたいねー。アリシアを誘拐してローマの略奪の時代に連れて行き、サムにオリジナルの「黄金の環」や「十三の魔法の書」を探させてそれとアリシアを引き換えにするよう脅すの。
前巻でなんとか助けたお父さんはこん睡状態。お父さんが時を旅したのはお母さんを助けるためということを知ってサムは自分が代わりに
助けようとするのね。過去を変えるなんてだめじゃーーん!と思ったけどそもそもルドルフが時を遡ってやったことだからそれを元に戻すってことでOKでは?という理論で話しは進むの。
最終的に新しい時が流れていて今までのサムは指輪の力で消滅することなく新しい流れの時を生きているサムと1つに溶け合うことが出来たのよ。新しい時の流れでは母親は死んでいないし、父親も元気だし、アリシアと仲たがいすることなく幸せなのよねー イブリンおばさんもいい人だし。うまくパラドックスを回避したねー
いやーハッピーエンドっていいよねー
bk1の内容説明では「瀕死の父親を救出し、現代にもどったサム。だがアリシアがローマにとじこめられる。「メルウォゼールのブレスレット」と「十三の魔力の書」と引き換えに解放すると、イレズミ男からメールが…。サムに最後の試練がふりかかる!」となっていました。

明日はランチミーティングがあって熊本へ行くのですが、寒さはどれくらいなんだろう?
何着て行こうか? やっぱりまだウールのコートは早いよね・・・ 困ったもんだ。

じゃあね

2010/11/09

11/9「時の書 Ⅱ 七枚のコイン」

昨日から今日にかけて時の書2 七枚のコイン』(ギヨーム・プレヴォー著 くもん出版)わ読みました。
41dhftabsl__sl500_aa300_


サムがお父さんを探す旅は続くのだけど、現実の世界ではUと○を組み合わせた刺青のある男に襲われたりとお父さんの失踪に敵の影がちらつきだすの。今回サムがまず旅したのはデルフィ。ここはパーシバルの話しでなんとなくおなじみだね。その後現実の世界でアリシア・トッドに会いに行ったりなかなか頑張るのよ。いとこのリリもすごく協力的。ただそのお母さんであるおばさんはだめねー。サムの父親である兄さんにねたみを抱いて成長していったみたい。でもやっぱり一番嫌なのはその婚約者。ものすごーーーく怪しいと思うのだけど。あの刺青の男たちとつるんでいるのでは?
デルフィの後は先史時代、ラスコーの壁画が書かれた頃になんとリリと一緒に行っちゃうの。そしてそのまま二人してポンペイの時代に行き、あの大爆発に危うく巻き込まれるところでした。そして次に二人が行ったのが大好況のころのシカゴ。そこでおじいちゃんの店に行き、小さい子供のおじいちゃんに会い、ひいじいちゃんやひいばあちゃんに助けてもらうの。リリは高熱を出しちゃってね。熱が引いた後サムが現代で住んでいるトロントに向かうのだけど、着いた先で会った男はなんとエジプトのセトニ神官。
やっと現代に戻り、父親を探すためドラキュラ伯爵のモデルの人物を一生懸命調べて今度こそっ てまた旅に出るの。
そしてやーーーっと父親を助け出すのだけど・・・・ってところで次へ続く。このときはリリは来てないのよ。そのかわりじいちゃん、ばあちゃんには秘密を打ち明けました。愛するアリシアにはまだだけどね。
サムのとうちゃんは牢屋に入っている間にいよいよおかしくなっていたけど、どうもこうやって過去を旅していたのはサムが考えたような古書や宝物を分捕ってきて売ってお金を儲けるためじゃないみたい。それをやっているのがあの刺青男の属するグループみたいね。
コイン7枚集めて好きな時代に行けるっていうそのためのメルウォゼールのブレスレットだけど、なんかピンとこないんだよなー
七つのコインを通してどうやってあの石版にはめ込むことが出来るんだろう?わからん。 想像力の足りない自分にがっかり。
bk1の内容説明では「サムの父親は、ドラキュラのいる中世の城にとじこめられていた! そこへ行くために必要な「七枚のコイン」を集めようと、さまざまな時代へタイムスリップするサムたちだったが、その前に「イレズミ男」があらわれ…。 」となっていました。

朝はそこまでなかったけど帰りは既に「寒っ!」
風が冷たいです。あぁ やっぱり冬はか・く・じ・つにやってきます。
くーーーー 辛いなぁ。

じゃあね

2010/11/08

11/8「時の書Ⅰ 彫刻された石」

時の書1 彫刻された石』(ギヨーム・プレヴォー著 くもん出版)を読みました。
51bckwjbwgl__sl500_aa300_


変わった名前の作者だなぁと思ったらマダガスカルの人でした。
でも主人公はカナダだとおもうけどそこに住んでいる14歳になったばっかりの少年、サム。
3年前に自動車事故でお母さんを亡くし、お父さんはそれから人が変わった様になって今は古本屋を地味な界隈で開き生活しているのだけど失踪中。サムは祖父母の家に引き取られてすごしているの。
ある日父親を探して本屋の地下にいったら太陽のようなマークが掘られた石版を見つけ、そこにコインをはめ込んだらなんとまぁ、アイオナ島にタイムスリップ!
その後も第一次世界大戦のフランスや古代エジプトのテーベへ迷い込んだあと、なんとかいとこのリリーのおかげで元の世界に戻ってこられたの。
二人で謎を解こうとするのだけど簡単にはいかずね、多分お父さんはドラキュラ伯爵の元になった城に捕らわれているようなんだけど、そこにいけずに代わりに15世紀初めのブリュージュに行ってさ。でもそこでまた石版の秘密の手掛かりを見つけたの。
なんとかこっちに戻ってきたものの、前途は多難。
リリの義理の父親候補の奴、怪し~
柔道の試合でなんと優勝したり、好きだった女の子の先祖を助けたり色々と面白く読めたよ。
最初は借りてきたものの読むの、どうしよう?と迷ったのだけど読んで正解。 ケータイ電話やインターネットなど現代をふんだんに取り入れつつ、タイムスリップで色々な時代の色々な世界を舞台に話が出来るので読んでいて楽しいです。しっかり3かんまで借りてきているのでさっそく続きを読まねば!
bk1の内容説明では「失踪した父親が営む古書店で秘密の部屋を見つけたサム。そこには、革製の赤い本、穴のあいたコイン、太陽の絵が彫刻された石碑があった。サムは石碑に導かれ、タイムスリップの旅に出ることになり…。 」となっていました。


今日は暖かい一日でした。
でも天気予報によるとこの暖かさはもう終わるみたい。夜にかけてどんどん冷えて明日は寒いって。
ひゃー何着ていこう?
コートとかジャンバーとか着てもおかしくないのかなぁ?
なんか困るよね。

じゃあね

2010/11/07

11/7 クレアでお買い物

昼からクレアへお出かけ。
財布の中身はほぼ空だったのでウインドショッピング。
でもついつい買い物しちゃったよ。
500円まで値が下がったサンダル。 1995円のタイパンツ。
この2つは旅行用ね。モルディブでははだしで過ごそうかと思っていたけど、一応履物を持っていくことにしました。
その反面、ペタンコ靴を買おうか買うまいか悩んだけど今履いている靴で世界を周ろう(笑)と決意したため買いませんでした。
タイパンツはガンガン洗ってよろよろの布にしたいのだけど、そのパンツにも巾着がついていました。
ダウンコートと一緒で巾着が旅での必需品になっていくかもねー
しかし2時前から6時前までうろうろしたのだー  つっかれた~

明日から仕事だ。図書館から「本、入ったよ~」と留守電が入っていました。借りに寄れたら帰りに寄ってこなきゃ。んでもって薬もそろそろ切れ掛かっているから病院にもいかなきゃなー

じゃあね

2010/11/06

11/6「エーゲ海の天使」

BS2で放送された『エーゲ海の天使』を見ました。
1991年の作品なのでつい最近と思ったらもう19年も前なのか~
1992年のアカデミー外国語映画賞を受賞した作品です。
第2次世界大戦の最中、寄せ集めのイタリア兵の小隊がエーゲ海の孤島に偵察の任務に行くのだけど載ってきた船はすぐ撃沈され、頼みの綱の無線機は壊れてしまい、孤立無援に。無人島かと思いきや村人たちはただ隠れていただけ。イタリア兵だとわかり姿を現すの。
しかし前に来たドイツ兵に若い男は連れ去られてしまっているため村に残っているのは老人、子供そして女たちのみ。
外界との連絡が取れなくなった兵士たちはいつの間にかその島で村人たちと混じりの~~んびり暮らすのね。
協会の壁画を描いたり、サッカーしたり、娼婦と寝たり・・・
なんとまぁ3年以上たってさ、不時着した飛行機の兵士からムッソリーニは死んだし、まぁこれから変わるぜ、昨日の敵は今日の友みたいなことを知らされ、迎えの船をよこすからーなんていわれてね。
結局、島で娼婦と愛し合い結婚した1人を除き、みんな帰っていくの。 その前に1人、どーーーしても奥さんに会いたくて会いたくてたまんなかった兵士が船で島を出てったけどね。彼はどうなった?無事奥さんの元に戻れたのならいいけどさ。前もアルバニアから脱走したらしいから。タダそんなに奥さんラブなのにしっかり娼婦の館に順番待ちして並んでいるところが・・・・なんだろーなーと思いました。それに引き換え娼婦と結婚した兵士はみなと一緒に寝ることは無く、愛を貫いて結婚したのね。そして樽に隠れてまでイタリアに戻らない~って。
天国みたいな島で、ものすごーーくのんびりと幸せな時を過ごしていただろうに何故戻らなきゃなんないのかなぁ?まぁ彼らと引き換えに島の男たちが戻ってきたから今までのようには行かないんだろうけどね。
脱走兵になるのが嫌だったら、戦争が終わったらすぐ戻ってくればよかったのになぁ。
最後にね、それこそ老後になって隊長が島に戻ってくるの。島は立派な(?)観光地になってたよ。
島に残った男は娼婦の夢だった食堂を開き、幸せに暮らしていたみたい。
そして、イタリアを変えるぜ!と息巻いていた軍曹もまた島に戻ってきていたのね。
本当にあんな島で、のんびりと楽しく過ごしてみたいなぁ。 島で取れる食べ物を食べ、テレビもなーんもなくのんびりと。無理かなぁ?
戦争中の映画で、兵隊さんも一応出てくるのに悲惨さが無くてよかったー 
あの乾燥して暖かそうなところはこれから寒くなっていくここに住んでいる私には本当に憧れです。

今日も天気はいいけどやっぱり部屋の中は寒いです。というかじーっとテレビ見たり本読んだりしてると深深と寒さがつのってきて手足が冷えまくるのよね。
動けばすぐ温まるんだけどさ(笑)

じゃあね

2010/11/05

11/5「f植物園の巣穴」

f植物園の巣穴』(梨木香歩著 朝日新聞出版)を読みました。
41zmmvgvp6l__sl500_aa300_


図書館で歩数を増やすためにうろうろしていた時に見つけたこの本。梨木香歩さんの本は久しぶり。
表紙から何故かエッセイと勘違いというか思い込んで読み始めたのですが違いました。なんだかとても奇妙奇天烈。奇想天外。SFしてるーと思いながら読んだの。
時代はいつだろう?昭和初期?それとも明治時代?
主人公の佐田豊彦はf植物園で働いている。
下宿していて、歯が痛くなり行った歯医者の奥さんは犬。行ってみたレストランには千代さんという人がいて、あぁ自分の子供の頃いたねえやの名前も千代だったし、死んだ幼な妻の名も千代だった・・・
これは夢落ち?と思いながら読んでいったが、ラストはなかなか好みでした。
椋の木の根元にあった穴に落ち、気を失っている間に体験した、つまりは夢見ていたけれど、それまで記憶のおくに沈めて蓋をしていた過去の想いを吐き出し、思い出し認める事で人間が変わっていったの。
なんかとにかく読みながらなんだこりゃ?と思いつつも、最後でははぁーんと納得できたのでよしでしょう。
しかし漢字が多くて難しかったなぁ。
bk1の内容説明では「植物園の園丁は、椋の木の巣穴に落ちた。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、烏帽子を被った鯉、幼きころ漢籍を習った儒者、アイルランドの治水神…。動植物や地理を豊かにえがき、埋もれた記憶を掘り起こす異界譚。」となっていました。


昨日より多分朝も昼も暖かかったと思うけど、つい会社で足元ヒーター使ってしまいました。
だって寒くって!


明日は休みだ~
じゃあね

2010/11/04

11/4 カメラが届いた

先日注文したカメラが届きました。
今まで持っていたのと比べるとびみ~にでっかいです。
あ、これ充電する時バッテリーを外さなきゃなんないんだ。面倒だなぁ。
かといってわざわざACアダプターとかなんとか買うのはねぇ。
うまく撮れていないけど、
Dscf4954_r

シリコンカバーをかけると
Dscf4950_r
となります。
明日、取り説を会社に持っていって熟読しよう(笑)

朝から寒くてさ、去年は何着たっけ?
思い出せなくてスプリングコートを羽織っていったものの、やっぱり変よねー
なので車の中で脱いで事務所に入りました。
去年着ていた服を思い出したので明日はその服を着て行きましょう。
あ、会社に行く時用の安いブーツも手に入れなければ。
捨てたんだよな、去年使っていたのは。

じゃあね。

2010/11/03

11/3「遊牧夫婦」

遊牧夫婦』(近藤雄生著 ミシマ社)を読み終わりました。
510qy2mrzfl__sl500_aa300_

新聞の広告欄で見かけ、確か図書館にリクエストしていたのに連絡が来た覚えが無く、偶然図書館で見かけて借りてきたのです。
結婚してそのままオーストラリアに渡り、旅をしながら5年間暮らした夫婦の話。 5年分全部と思って読んでいたけど最初の1年、国で言えばオーストラリアと東ティモールとインドネシアの部分でした。
仕事せずに外国で夫婦で旅暮らしってすっげーと思って読んだのですが、うー・・・一応ライターをやってるんだ。まだ駆け出しでそんな稼げたわけではないけど。
そして東大の大学院卒。頭いいんだ。きっと英語もペラペラなんだ
。奥さんのモトコさんもオーストラリアに留学していたくらいだから話せるんだ。貯金は450万(奥さん)と250万(学生時代に貯めたやつ)でスタートしたって書いてあったけど、うーん。ちょっと思っていたのとは違ったな。私には出来ないかんじ? 特にワーキングホリデーがもう使えないからなぁ。
でも最初に住んだ町、バンバリーっているかのボランティアがあるらしいの。こんなのを学生時代に知っていたら1度数週間行ってみたかったなーと思いました。まぁあの頃はどこを探してもオーストラリアへ行くお金は無かったけど。今よりずっと高かったし。あと、オーストラリアの中にシットリバー公国という独立国があるんだって。まぁ人口は30人くらいだけどね。でもすごーーーい。行ってみたいと思いました。
東ティモールって今はどうなのかな?この人たちが行ったときは独立後2年だったけど。もう独立から8年だよね。
しかし次はアジアへ行くって、アジアがとても楽しみってあったけど
私はどーもアジアの熱気にはついていけない気がする~ まず臭いがダメっぽいような・・・
まぁでももし続きが出たら読まなくっちゃね。
あと、同級生に湘南乃風の若旦那がいたり、仮面ライダーがいたりするらしい。ライダーって誰だろう? タケルくん?
bk1の内容説明では「無職、結婚、そのまま海外! イルカ三昧の日々、時速80キロの果てしないドライブ、東ティモール、捕鯨の村…。「旅の中を生き続けたい」と旅に出た夫婦の5年間におよんだ遊牧の日々の、最初の1年の記録。 」となっていました。


バッテリー、買って来ました。これでエンジンが掛からず身動きできない恐怖はなくなりました。
それからユニクロ覗いて、スーパーウルトラダウン?なんだっけ?正式名称は忘れたけどたった206gのダウンを見てきたの。あれってさ、冬に南の島に行く時はいいよねーって思って。 国内で着て行ったら寒くないし、南の島に行ったらくるくるってまるめるとちーーーさな袋、ポーチ大ですむみたいだし。
うーん・・・今後のことも考えて買っちゃおうかなぁ・・・ でも私のことだから1.2回着ただけで何かにひっかけてピリッと破ってしまいそう。 どーしよー

そうそう、毎年仕事で使ってる卓上カレンダー、見かけたので買ってきました。早速来年のことをいくつか書き込まなくっちゃ。これがないと仕事になんないんだよ。物忘れが激しいからさ(笑)

じゃあね

2010/11/02

11/2 歯医者終わり

6月から行き始めた歯医者さん、やっと終わったよ。
まだ親知らずを抜いた穴はふさがっていないけど、痛みは取れたのでよしとしよう。
長かったなぁ。 毎日行けたらもっともっと早かっただろうに。
とにかくやっと昨日くらいから右でも左でも噛めるようになったし、歯磨きもあまり気にせずブラッシングできるようになりました。よかった、よかった。

明日は休み。 ヴィッツのバッテリーを換えなきゃやばそうなのでバッテリーを買いに行こう。
そうそう、11月になったのでとうとうデジカメ、いわゆるハイビジョン対応のデジタルムービーカメラをネットで買いました。サンヨーの降るハイビジョンの奴にもすごーーく惹かれたけど、どうしても操作性が馴染めず、使いにくそうで諦めました。結局ルミックスだっけか?気づくとまたパナソニックだ。最近パナソニックの電化製品ばっか買ってる感じ。 デジカメはずっとフジだったのにな、今までは。(って2台買っただけだけど)
まぁ今度買ったのは防水なので海の中でも大丈夫。来月活躍してもらいましょう。

じゃあね

2010/11/01

11/1「光車よ、まわれ!」

光車よ、まわれ!』(天沢退二郎著 ブッキング)を読みました。
51ng78e4s5l__sl500_aa300_
変な物語だったー
終わったような、終わらなかったような・・・
地下鉄を使っていることで地下鉄の無い田舎に住む私には最近の物語に思えるのだけど、呼び出しの電話だったり一郎が晩御飯の支度をする様子なんかを読むとザ・昭和だよねー
昔から何故か「トンカチと花将軍」「光車よ、まわれ!」「光の六つのしるし」の3つが私の中ではごっちゃになっていてね。タイトルが似ている訳でもないし、内容だって多分似ていない・・・多分と書いたのは今まで読んだことあるのが「トンカチと花将軍」だけ。それも小学生の頃1度だけ。なのに3つのどれもが読んだ気になっていてさ、ごっちゃになってるの。今回この本を図書館で見つけて「もしかしたら読んだことあるかも・・」と思って借りてきたけどやっぱり初めて読む本でした。「六つのひかりのしるし」はこの前DVDで見ただけでやっぱり読んだことは無いと思うよ。
この本が書かれたのは1970年代のはじめ。そのときにこんなファンタジーが日本にもあったんだね。
でもなんだかなー、何人も人が死んですごくダークな感じ。
光車とその敵との関係がよくわかんない。なんで一郎には見えたんだろう?光車の見方側になんで一郎たちは選ばれたんだろう? 敵の存在は何? 
なんだかいまいち読み終わってもすっきりしないままで、もやもや感が残ってます。 
bk1の内容説明では「光車とは何か!? 3つ合わさってこそ力を発揮する少年少女にとっての頼みの武器。思春期の黙示録的行脚がここにある。不朽の名作ファンタジー。73年筑摩書房刊の再刊。 」となっていました。

もう11月ですね。
早いなー
この調子でモルディブ行きもあっという間にやってくるといいな!

じゃあね

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »