« 11/29 希望通り | トップページ | 12/1「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 »

2010/11/30

11/30「ピーター・パン イン スカーレット」

ピーター・パン イン スカーレット』(ジェラルディン・マコックラン著 小学館)を読み終えました。
51tkaxkx5ml__sl500_aa300_
ピーター・パンの続編です。 もちろん作者はマシュー・バリではありません。コンペティションで選ばれたのがこの作家なのです。
「ピーター・パンとウェンディ」を読んだのはいつだった?小学生の頃?それとも中学生? 私はそれこそが続編と思って読んだの。でもそれがまともな奴だったのね。 
で、このお話し。 うーん、オリジナルを覚えてないのだなぁ。ディズニーの映画のイメージが強いよ。実写版の映画も見たけど、それからもずいぶん経っててねぇ。
ピーター・パンってこんな子だった?
っていうかこれはフックの服を着たことによってフックのような意地悪な性格になっていくっていう話しだったので余計読んでいて うー、嫌な子だーって思っちゃった。
ティンカー・ベルの変わりにファイフフライアっていう妖精が出てきたね。その子はかわいいかも。
うまく出来たお話だったけど、でもうーん・・・期待していたほど面白くは読めなかったです。
bk1の内容説明では「第一次世界大戦の爪あとがまだ色濃く残る1920年代。毎夜、悪夢にうなされる大人たち。彼らに共通しているのは、かつてネヴァーランドで、ピーター・パンと一緒に冒険の旅をしたということ。新たなピーター・パンの物語。 」となっていました。

じゃあね


« 11/29 希望通り | トップページ | 12/1「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/50176209

この記事へのトラックバック一覧です: 11/30「ピーター・パン イン スカーレット」:

« 11/29 希望通り | トップページ | 12/1「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 »

無料ブログはココログ