« 10/5 東と西 | トップページ | 10/6「ソフィアの正餐会」 »

2010/10/06

10/5「オンタロスの剣」

オンタロスの剣―クラッシュ・ブレイズ』(茅田砂胡著 中央公論新社)を読みました。
610h1pg1twl__sl500_aa300_
演劇少女が出てくる話。
そして性懲りもなくまた若返りや不老不死を望んでいるバカじじいたちがルウに目をつけて誘拐し、妊婦を盾に殺しちゃう話しでした。
演劇少女のことは記憶に強く残っていたけど、年寄りじいさん4人組と超能力者のことは忘れていたなぁ。
bk1の内容説明は「ヴァンツァーの表情が初めて変化した。リィとルウの周囲が華やかで騒がしい。だが華やかな見かけには必ず裏がある。真の陰謀が幕を開けた時、そこに?。クラッシュ・ブレイズシリーズ。 」となっていました。

じゃあね

« 10/5 東と西 | トップページ | 10/6「ソフィアの正餐会」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/49667205

この記事へのトラックバック一覧です: 10/5「オンタロスの剣」:

« 10/5 東と西 | トップページ | 10/6「ソフィアの正餐会」 »

無料ブログはココログ