« 10/18 パジャマの値段 | トップページ | 10/20 今日のヘキサゴン »

2010/10/19

10/19「仮面の大富豪」下

仮面の大富豪〈下〉―サリー・ロックハートの冒険〈2〉 』(フィリップ・プルマン著 東京創元社)を読み終えました。
513gxemnbxl__sl500_aa300_


上巻に比べたら事件の全体像が見えてきて面白く読むことが出来ました。しかしフレデリックが・・・・
イザベルはかわいそーな人だったけど、それでもひどかー 彼女がぐずぐすしなきゃ、マッキノンが八方美人?してなきゃ・・
マッキノンにもっともっときつく言ってもよかった気がする。さすがに本人もこりゃいかんと思ったとだろね。サリーがベルノンとの対決に出かけたのを助けにジムに同行し、ベルマンの前に出てなおかつ金貨をくすねることもなかったもんね。
しかしサリーはつらかろねぇ。シャカのことだけでそーとーショックだったとにさ。かわいそーー
次は3年後のサリーの話しらしい。いてつ読めるのだろうか? 私は覚えているのだろうか・・・
悪人はまだ残ってるよね。 ベルマンは粉々になったとは言えその秘書をやってたウィンドルシャルムは生きてるのよね。悪の臭いプンプンばい。
あ、解説に田中芳樹さんが書いとらしたー なんかびっくりしたよ。
bk1の内容説明では「【フェニックス賞オナー】海運会社の倒産事件を調べるサリーは、ひとりの大富豪へと行き着く。広大な工場を建て、貴族の令嬢と婚約。華やかな活動の陰に秘められた怪しい過去。核心に迫るサリーたちだが、そこに魔の手が…。ヴィクトリア朝冒険物語。 」となっていました。

じゃあね

« 10/18 パジャマの値段 | トップページ | 10/20 今日のヘキサゴン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/49788326

この記事へのトラックバック一覧です: 10/19「仮面の大富豪」下:

« 10/18 パジャマの値段 | トップページ | 10/20 今日のヘキサゴン »

無料ブログはココログ