無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/31

8/31「洋梨形の男」

洋梨形の男 (奇想コレクション)』(ジョージ・R・R・マーティン著 河出書房新社)を読みました。
519awdigr8l__sl500_aa300_

おぉ、これは「氷と炎の歌」の作者ではないか!!と思い鏡図書館から借りてきました。
もちろん短編集。それもホラーっぽい作品が多く、なんかへぇって感じでした。
以下、寝たばれあり。


「モンキー療法」食べるのがとても好きでめっちゃ太っているケニーという男が主人公。知り合いが激やせしたのをみかけ、方法を聞いたら「モンキー療法」しかしこれって実は手を決して出してはいけないダイエット法だったの。人には見えないサルが背中に乗って食べ物をぜーーーーーーーんぶかすめ取るわけ。で、食べられずどんどん衰弱していくってわけ。最後は窓から飛び降りで背中についていたサル(といってもそのときにはぶよぶよ太った醜い男になっていたけど)が下敷きになって死んだためケニーは助かったって話。 ひーぶきみーーー
「思い出のメロディー」学生時代にとても仲良しだった4人組。一人メロディ以外は結構成功していい人生を送っていたけどメロディはダメだったの。友達を頼ってはごたごたに巻き込んでいたのね。それでみんなも愛想つかして・・・で、やっぱり訪ねて来たメロディを追い出そうとしたらバスルームで自殺していて、でも実はそれってずいぶん昔に3人に電報を打ったあと既に自殺していたの。3人を苦しめるためだけにやってきて結局ノイローゼになるってことよね。ひゃ~怖いわぁ。
「子供たちの肖像」これもねー 主人公のキャントリングは作家。でもろくでもない男だよなぁ。奥さんより子供より自分の作品が大事。でもこの作品、どこまでが現実でどこが男の想像なのかわからなーーい。娘が肖像画を送ってきたと思ったけど、何?男が請求して描かせた?娘は父親にレイプされた?でも実際は本に書かれたってことを指してるの? 難しいけどなんかううー
「就業時間」これはよかった。 あとがきの解説にも書いてあったけど陰々滅々とした話が続くから挿入したって。 ほんと、その通り!短くて面白かった。 ノヴァって車を知らず、残念。
「洋梨形の男」これも不気味な話だったよ。最後は入れ替わったんだ。うわーな終わり方。 
「成立しないヴァリエーション」チェスと時間SFの話。学生のころバカにされ続けた男が時間旅行(ちょっと違うけど)の方法を発見し、意地悪した男たちに復讐するの。色々邪魔して成功をつぶしていくの。でもこの時間軸ではもう邪魔されることは無い、うーん、奥さんよく気づいたぜ!
bk1の内容説明では「【ブラム・ストーカー賞ノヴェレット部門(第1回)】ぶよぶよの肉と濡れた唇、腐ったにおい、蛆の這う肌に小さな青い目。地下に潜む悪夢のような「洋梨形の男」に、女は徐々に追いつめられていき…。都会に潜む恐怖を描いた傑作ホラーの表題作ほか全6篇を収録。 」となっていました。


じゃあね

2010/08/30

8/30 何故だろとっても疲れてる

会社ではそうでもなかったのに家に帰ったとたん、どっと疲れが。
別段忙しかったわけでもなく、気を張って仕事したわけでもないのになぁ・・・・
ふくらはぎ辺りがだるくて、疲れた~
まぁ 昼間の食事が少なめだったからかも。
晩御飯はカレーなのでがっつり食べたら元気になることでしょう。

じゃあね

2010/08/29

8/29 烏骨鶏ラーメン 龍

4時過ぎから天草へラーメンを食べに行った。
途中リップルランドに立ち寄ったけど、6時前だったのでがらーんとしていました。
ちらっと海辺に下りたけど特に何もせず(笑)
最近お気に入りの烏骨鶏ラーメン龍へ行ってラーメンを食べました。Dscf4773


(食べ終わって出てきたときの風景です)
私が食べたのは味噌ラーメン。 美味しかったです。
でもね、今日行ってラッキー だって4月から平日は午後3時までってなってたの。
最近お気に入りといっても半年以上行ってなかったのかな?
日曜だけ午後9時まで。
いつもの行動パターンで仕事終わってから出かけてたらそりゃー悲惨だったでしょう。だって片道80キロ近くあるんだよー(笑)
午後3時に閉まることは平日は完全に釣り人のみがターゲットなんだろうね。
次からもうっかり平日に出かけないようにしなくっちゃ。

帰りに藍のあまくさ村にもチラッと寄りました。お土産にでこポンのレアチーズケーキを買ってきて食べたのですが、思ったほどチーズ味ではなくさっぱり系でした。

さて、明日からまた仕事ばい。

じゃあね

2010/08/28

8/28「コンピュータから出た死体」

図書館からの本が切れたため、久しぶりに15年前に買ったこの本、 『コンピュータから出た死体 シリコンバレー事件ファイル1 (サリー・チャップマン著 集英社文庫)』を読み返した。
31mf7xcxqrl__sl500_aa300_

みごとな鶏頭の私、ジュリーかヴィク・パオリといい仲になること、確かジュリーはフィアンセに裏切られたこと、ってのは覚えていたけど犯人が誰らだったかってのは忘れてしまってました。 給水タンクから死体が出たことは覚えていたけどさ。 マックスが親友ってことは覚えていたわりには彼女の裏切りを疑ってみたりととても楽しめました。
しかしシリコンバレーで最高のコンピューターの性能が今のうちのパソコンより落ちるってのが・・・・笑える。
もの氏リック・メイン・メモリーが300メガバイト、高速ばっふぁ・めもりーが465キロバイト・・・キロバイトてあーた。
まぁアポロは電卓より劣ったコンピューターで月に行ったもんねぇ。
そうか、まだソ連の時代なんだー
こノシリーズ、2巻まであるよね?3巻は待っていたけど見つけることはできなかった。残念。
Amazonの内容説明には「私が疑われているの?コンピュータ企業の若手女性部長ジュリー。国防総省との共同開発のプロジェクトを進行中に、コンピュータ室で死体が発見された。胃薬片手にジュリーは事件に立ち向かう。」

図書館に行って新しく仕入れてきた。
今日も暑かったけど風が強かったねー
で、稲の花の花粉で目がかゆくてかゆくて。仕方なく閉め切ってクーラー入れてました。
朝は涼しく感じたんだけどなー

じゃあね

2010/08/27

8/27 歯が痛い

治療が住んだはずの歯がぴりぴり痛い。
次の予約は火曜日。遠いなぁ・・・・
でも予定では左の上の歯の治療の続きをするはず。
痛いのは下の左の歯なのになぁ。 どうしよう?

じゃあね。

2010/08/26

8/26 あれま

銀行に行って記帳しようとATMに通帳をしたら「この通帳ではお取り扱いが出来ません」の文字。
えぇぇぇぇ! 磁気が壊れた? どーするっ!
とびびったらなんとまぁ、裏表逆に突っ込んでいました。
ああびっくりした(笑)

じゃあね

2010/08/25

8/25「私の家では何も起こらない」

私の家では何も起こらない 』(恩田陸著 メディアファクトリー)を読みました。
51qlv9zl6l__bo2204203200_pisitbstic
久しぶりに恩田陸さんの本を読みました。せんちょう図書館から借りてきたものです。
なんと、幽霊屋敷の話でした!
時代順ではなく、短編で同じ屋敷にまつわる忌まわしい殺人事件の話がいくつか語られているの。最初とまるであとがきのような「附記・われらの時代」を除いた最後の話だけは殺人は起こらなかったと思うけど・・起こんなかったよね? それとも起こったのに私が気づいていない?
最初と最後から二番目の話、主人公の作家って同じ人かと思って読んでいたけど、実は違うのかな? 最後の人ってどうも連続失踪事件の犯人で、その子らの肉をアップルパイに混ぜて詰めて焼いているような・・・?違うのかな? でも「あたしたち」って行ってたから幽霊共同体になっちゃったんだろうか?!
時代順に行くと聖なる丘だったところに人々の反対を押し切って家を建て、夫婦と子供二人の仕合せな家庭を築いていた家族から不幸は始まってたんだね。奥さんがウサギの穴に足を取られ転んで、たまたまおいてあったピッチフォークの上に倒れちゃったせいで亡くなって、夫も自殺して一人残った女の子の子孫が最終的にあの女流作家?
とにかくなんだかサスペンス色に満ち溢れた文章と言うよりのどかな田舎の風景を綴ったメルヘンチックな作風で世にもおぞましい事件を連綿と綴っている感じ。
家の修理を頼まれた大工の話が唯一ほっとさせられました。
ものすごい数の殺された人がいるみたいだけど、さらわれて殺されたほうの悲惨な被害者から見た描写がなかったから、夜練れないような怖い話になっていないのかもね。
なんかみんな幸せそうなんだもん、話の中に登場してくる人たちってさ。
bk1の内容説明では「小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。この家では、時がゆっくり流れている…。幽霊屋敷に魅了された人々の記憶が奏でる不穏な物語。巻末に驚きの書き下ろしサイドストーリーを収録。『幽』連載に加筆修正して単行本化。」となっていました。

正式に回答が来ました。12月4日からモルディブ決定で~す!やったー

じゃあね

2010/08/24

8/24「医学のたまご」

医学のたまご (ミステリーYA!)』(海堂尊著 理論社)を読んじゃいました。31ratokoktl__sl500_aa300_


おもしろかったー 
中高生向きとのことで読みやすかったしね。
イラストがまたのほほーんとしていてよかったー
ページ数が卵の中に書いてあるのもぷりちーでした。
また、横書きで書いてあるのも新鮮でいい感じ。
さて、主人公は落ちこぼれ気味の曽根崎薫くん14歳。 「潜在能力試験」でみごと日本一の成績を取ったため東城医大の医学部で研究生となることになったの。でも実はこれには裏があってね。その試験ってすごーくひねくれてというか平均点30点くらいになるように作ってくださいって薫のとーちゃんが政府に頼まれてんで作った試験だったの。薫はその問題作成のときに実験台に使われていたから解き方も答えもみーんなしってたんだよ!
父ちゃんは今アメリカのマサチューセッツ工科大学で教えていてさ、世界的ゲーム理論学者。家にはシッターの人がいるだけ。お母さんは離婚して双子の片割れを連れて行っちゃったんで顔も覚えていない位だってー
父親とは専らメールのやり取り。毎朝朝食の献立が送られてくると。ナイスなおとーちゃんやねー
薫の取ったいい成績に目を付けられて藤田教授という古だぬきに目を付けられて研究生になっちゃうんだけど、これがねぇ、どろどろとした大人の世界に巻き込まれていくんだよ。でもいくら医学オタクや英語ができるといっても中1か中2そこらの子が簡単に理解できるんかねぇ。もちろん薫じゃないよ、クラスメートの三田村や美智子のこと。私の周りにそんな賢い子、見たこと無いよ。あ、でも都会の子は違うのかなぁ?
研究の結果がたまたますごい発見で、本当なら何度も実験を繰り返した上で論文書いて発表して・・・なのに藤田が自分の名を上げるチャンス!とばかり飛びついてきてさ、いやースーパーエゴイストだよ。周りにいる助手の桃倉ややっぱりスーパーな高校生、といってもこっちは本物の佐々木君なんかいいように使われて振り回されるの。
でも最後にはデータ捏造じゃないけどやってる汚いことが露呈しちゃってそれを全て薫のせいにしてお詫びの記者会見を開くの。でもそこからがまた爽快! 薫のとうちゃんがしっかり手を打ってたんだよねー すっきりしたー やっぱ日記は付けとくもんよ!
その後の「佐々木さん?」・・・の部分も気持ちよかったよ!!
この曽根崎君の話、続きがあるらしいので楽しみです。早く読みたいなぁ。まだ出ていないようだけど(書かれているのかもしらないけど)
舞台はいわゆる「チーム・バチスタの栄光」の東城医大なのでいろんなところに知った名前が出て来てにまっとしちゃいました。
bk1の内容説明では「僕は曾根崎薫、14歳。ひょんなことから大学の医学部で研究をすることになっちゃった! 中学生なのに医学生なんてムリムリ。なのに、しょっぱなからすごい発見をしてしまったらしい…。コミカルで爽やかな医学ミステリー。」となっていました。

じゃあね

2010/08/23

8/23「平ら山を越えて」

平ら山を越えて (奇想コレクション)』(テリー・ビッスン著 河出書房新社)を読み終わりました。
51bw1uuhnvl__sl500_aa300_
短編集です。9つの話が収録されていました。表題にもなっている「平ら山を越えて」アメリカの低い山脈がぎゅーっと寄ってそりゃー高い山になっちゃって、そこを超えてくトラックの運転手とヒッチハイクで乗ってきた少年の話。最初なんじゃ?!と思ったけど、読んでいくうちにSFの読み方を思い出してきた感じ。最後はにまっとしちゃいました。それとその次に載っていた「ジョージ」羽根の生えたあかちゃんが生まれ、医師や牧師は早く羽根を切らないと悲惨な人生になるって言われ、父親は揺れ動くけど・・・という2つが特に気に入ったかな?
あと「光を見た」アーサー・C・クラークー!って話。 月に黒いピラミッドが現われ調査士に行った60歳のおばちゃんの話。
「マックたち」ものすごい凶悪犯の判決がそいつのクローンを作って本人とともに被害者の遺族に配って好きなようにさせるって刑の執行について被害者へインタビューしている話これって被害者にとってはなんかいい刑の執行の仕方に思えたけどどう? やっぱり自分で手を下すってのはショックが大きすぎるかなぁ?でもとても大切な人をひどい方法で殺されたなら敵を取りたいって思いそうだなぁ。その後夜眠れなくなるかもしれないけどさ。
最後の「謹啓」これは結構長い話でした。でも、なんともやるせない話しでした。
でも全て読みやすかったですよ。
bk1の内容説明では「地殻変動で生まれた巨大な山を越えるトラック乗りと少年の旅を描く、ノスタルジーに満ちた表題作をはじめ、SF界屈指の技巧派で短篇の名手として知られる著者の「現代のほら話」全9篇を収録した戯曲集。」となっていました。

次は昨日借りてきた本を読み始めましょう。

じゃあね


2010/08/22

8/22「パリは霧にぬれて」

以前録画していた『パリは霧にぬれて [DVD]』を見ました。
51d3ard7xxl__sl500_aa300_
うー、暗い映画だった~
フェイ・ダナウェイが出ていたのですが(美しかな~)、まさかサスペンスとは。
舞台がパリで、なんか音楽もしみったれた感じで、子供が出てくるのにほんとどんよりとした映画でした。
好天気の日曜の午前中に見る映画ではないですね(笑)
アメリカから2年前にパリに移ってきて住んでいるジルとフィリップの夫婦。キャシーとパトリックって子供がいて、奥さんはよく子供と遊びたまに絵を描いて売ってるのだけど、なんとなく夫婦に溝が出来て、なおかつ記憶障害が起こってて精神科に通っているの。 夫のフィリップは仕事に熱心でジルを愛しているけどでもなんか自分の殻に篭りがち。実はアメリカでは産業スパイの片棒を担がされていて、その「組織」から逃げるためにパリに移り住んだもののいつか見つかるのでは・・・・とひやひやしていたみたい。 結局見つかって契約を迫られ、断ると奥さんと子供が交通事故にあったり、果ては子供二人が誘拐されてしまうの。
奥さんは子供殺しの疑いをかけられたりとまぁ大変だったけど、最終的にはハッピーでよかったよ。
まさか一番仲がよくて世話になっていたシンシアが組織の手先だったとはね。
ということは最初から組織はフィリップの居場所を知っていたってことよね?
ジルの記憶障害もシンシアの小細工だったんだから。最初精神科の医師が「記憶障害にいつもシンシアが絡んでいるのでは?」と言ったときはなんじゃこいつ?と思っていたけど当たっていたじゃん!
パトリックはかわいかったけど、キャシーはかわいくなかったなぁ。でもけなげなお姉さん役、頑張ってたよ。
これで組織はもう諦めたのかしら?
そんな簡単なのかな?
フランス・イタリアの映画みたいだけど、イタリアってなんに関係しているんだろう?言葉は英語だったしね。
まぁとにかく湿っぽい映像、音楽の映画でした。

さて、今日も暑そう。
午後は安売りの衣装店(笑)へでも出かけるかなぁ。

じゃあね

2010/08/21

8/21 壊れてしまった

暑さを避けようと午後はお出かけ。
昨日オープンした宇城のナフコに行きついつい買い物しちまい、その後嘉島のイオンモールクレアへ。
うろうろうろうろしてやっぱり散財。あーあ。
でー7時過ぎ帰ってきたら水槽のクーラーが壊れていまして、水槽の温度が30度近くになってました。くー
部屋の温度は34度くらいだったかな?
暑さに負けたかねぇ。まぁ最近変な音がしていたからもしや・・・・・とは思っていたが。
やっぱショック。
また5万近く飛んでいく~
大体5年くらい使った?
新しいクーラーが届くまでは部屋全体を冷やすしかないなぁ。 とほほ

じゃあね

2010/08/20

8/20「魔法使いの弟子」

クレアの映画館が1000円の日だったので『魔法使いの弟子』を見に行ってきました。
335983view004
字幕版で見たかったのでわざわざ車で40分かけて行ってきたのです。
ディズニー映画で魔法使いの弟子。
ミッキーは直接出てこなかったけど、主人公の物理オタク青年デイブが研究所を綺麗にしようと魔法を使って掃除し、自分はシャワーを浴びている間にモップやスポンジが暴走して水浸しで凄いことになっちゃうシーンとか、最後の最後でミッキーがかぶっているあの三角帽がガラスケースに入っていたりとかにやっとさせられるシーンはいくつかありました。
魔法使いのバルサザールにニコラス・ケイジが扮していました。一応主人公のデイブはうーん・・およそヒーローらしからぬしけた面のにーちゃんだったねぇ。 でもその彼が恋焦がれる女の子のベッキーは好みの顔だったので良しとしましょう(笑)
3人で見に行ったのですが、一人はいまひとつだったらしいけど私はなかなか気に入りました。
もう一人は気に入ったけどもっとCGが派手かと思ってたと言ってました。私もそこは同感かな?
科学と魔法がいい感じに融合していて楽しめましたよ。 なんとかコイルって科学くんとかに出てきた奴みたい。今流行りなのかしら?
あと、あのマーリンの指輪は一度はまったら取れないもんなんだろうと思っていたらあっさり取れたのでびっくり。はずしてもドラゴンがパタパタと飛んで指に巻きついてくるかと思ったよー
なんとなくヒットすれば2も作られる雰囲気でしたが、私は2も見たいなぁって思って映画館を後にしたのでした。

さて、明日も休み。長期休暇の後だけどやっぱ休みはうれしいです。
特に予定は無いんだけどね。

じゃあね


2010/08/19

8/19「赤い髪のミウ」

赤い髪のミウ』(末吉暁子著 講談社)を読みました。
51x53nngw9l__sl500_aa300_
後味が悪くなくてよかったー
借りたものの最初のイメージと違っていたので読まずにおこうかなぁ?と思ったけど読み出したらすらすら行きました。
沖縄の那覇のそばの小さな島でちょっと問題のある子供を預かる学校に来た航が主人公。その留学センターにいたミウって女の子はお父さんが外人なので髪の毛は真っ赤なの。すごく自由で人のことは気にしてないみたいな子なんだけど実はママ父に暴力を振るわれ、それを避けるためにきてたのね。
島は昔ながらに自然があって神々がまだしっかりと人の心に生活に根付いているところだったの。キジムナーという精がいて、感じるのに素直に信じられない航。あらしの日に入ってはいけない神の場所にずかずか入り込み、だいじなものを奪ってやると神に言われ、自分の命のことかと思っていたらミウのことだったの。
海でミウは沖にさらわれ死んでしまったのかと思ったけどモミばあの三線による祈りと、航の思い、そしてキジムナーを信じた結果見えてきたヒジの力もあって無事ミウは戻ってきたのでした。
留学センターを立ち上げてがんばっている梨本さんもすごいけど、でも来た少年少女が全て立ち直るわけでもなく、脱走を試みる子がいたり、万引きの常習犯でそれも古文にやらせたりタバコを低学年の地元の子にまで勧めていたどうしようもない子は仕方なく家に戻されたりと何でもかんでもOKでないところがまたよかったです。
bk1の内容説明では「いじめを受けて不登校だった航は、小学6年の春から「神が宿る」という沖縄の離島にある施設で新たな生活を始めた。そこで、ミウという赤い髪の少女に出会い…。神秘の島を舞台に、悩みを抱える子どもたちの成長と再生を描く。」となっていました。

今日も暑かったですね。
帰り間際にミス発覚。 落ち込みつつも晩はご馳走+ケーキだったので幸せ復活(笑)

じゃあね

2010/08/18

8/18 12月と3月に

久しぶりに会社に行きました。
疲れたよ。

9月のモルディブ行きはとうとう成田→コロンボ間の飛行機が取れず断念。
12月に変更となりました。
その日にちについて上司に相談。4日でOKをもらったので即旅行会社に連絡をいれ、変更してもらったのでした。
その後上司と旅行の話。
3月にチュニジアに行きたいから休みをいつ取ったらいいか?と相談。 上司もじゃあ私も旅行の計画を立てようということになって、来年のカレンダーを引っ張り出し、この日がいいだのこの日に休むと顰蹙だろうか?などと話し合い(笑) 結局、上司は1月に、私は希望通り3月に休みを取るぞーということに。
うまくいきゃーいいけどね。
序あう市は夏季休暇の間夫婦で中国に行ってたのですが、次はイギリスあたりに行くようです。
まぁまた未定だけどね。
私は早速会社の帰りに図書館によって「地球の歩き方 チュニジア編」を借りてきました。
といっても図書館にあったのは04年のやつ。 図書館の人のほうからリクエストしてくれれば最新版を購入しますよ、と言ってくれたのでリクエストしてきました。
モルディブは1島1リゾートでホテルさえ決まればあとは何の計画を立てるでもなくひたすらシュノーケリングのつもりなので、これからしばらくチュニジアについていろいろと調べてみようと思っています。
マジでいければいいなぁ。

じゃあね

2010/08/17

8/17「シャーロットのおくりもの」

休み最後の今日、見たのはやっぱりBS2で放送されていたのを録画していてまだ見ていなかった『シャーロットのおくりもの スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]』です。
51fwfr3wdgl__ss500_
悲しいことに日本語吹き替え版だったので、ぎゃーなにこの声!だったのですが、まぁしゃーないなぁ。
昨日まで読んでいたのがローラ系だったので、この映画を見たの。
吹き替えだったから録画したけど見るか見ないかまだ迷ってたんだもん。まぁ見てよかったかな。
原作は小学校のときに読みました。
なんだかそのときはどうしてもブタの名前がシャーロットのような気がしてならなかったです。読んだ後もなんとなくシャーロット=ブタ。 違うのにねぇ。
とにかく読んだのが昔過ぎて覚えていたのはクモが巣に何か文字を書いてくれたおかげでブタが食べられずに済んだってことだけ。 まぁそれがストーリーか。
しかしあの子豚ちゃん、ちーっとも大きくなんなかったね。実はミニブタだった?(笑)
動物たちやクモのシャーロット、よく出来ていましたねぇ。CGなの? 部分CG?
クモがアップになるたびにクモが大嫌いなミルクの森さんみたいな人は卒倒するんだろうなぁなんて思ってみていました。っていうかまず見ないか。無理だよね。
まぁあのクモを頑張って大画面で出演させているのはすごいなぁと思いました。
羊たちもかわいかったー ねずみもやな奴っぽかったけど、いい役してたじゃんかーと思ったのでした。
ただカラスがなぁ。 あれってやっぱり必要? まぁ楽しんだけど原作にも出てきたの? 
吹き替えだったのでクモの巣の文字も日本語に変わっていました。やっぱり字幕で見たかったなぁ。

いよいよ休みも終わり。
さっき旅行社の人と電話で話したのだけど、9月のモルディブは完全に無理になりました。
12月ももう危なそう。 明日、上司と話して日付を決めて連絡入れて12月に申し込まなきゃな。
5/10過ぎでも遅かったんかー
なんかね、GWあけてすぐに夏や秋までの申し込みが殺到し、その後、お盆の後は正月までがすぐ混みだすって。休みの間に次の旅行の計画を話し合い、旅行の後すぐ申し込むってパターンが多いようだって言ってましたる
くー、みんな早すぎばーい(笑)

じゃあね

2010/08/16

8/16「二人の小さな家」

二人の小さな家―クワイナー一家の物語〈7〉』(シーリア・ウィルキンズ著 福音館書店)を読み終わりました。
51uft1owwvl__sl500_aa300_
ローラのかあちゃん、キャロラインの物語がとうとう完結しました。
確か途中で作者が亡くなって別の人が書き上げたのよね?違ったっけ?
とうとうチャールズからのプロポーズを受け終わったの。
でもこの本のほとんどはキャロラインが教師になったことを描いていました。 どきどきして始めた夏学期。ジョン・フライデーという少年が出て来て、母親は幼くして亡くし、父親は飲んだくれでちっとも構ってもらえず、服はぼろぼろでアルファベットも書けず、弁当すら持ってこれず、最後に話してくれたけど授業料は父親から盗んできたって子だけどとにかく学びたいいう気持ちがとっても強いすごーくいい子でね。キャロラインは一生懸命教えるし、彼の自尊心を崩さないように弁当や服を補助してやってさ。うまく仕事も世話してやってとにかくよかったー ただその後冬学期のおっきい生徒のときはとうとう二人の退学者をだしちゃった。嫌なやつだったもん、キャノン・マーシュ。弟はいいこだったのにさぁ。 でも赤毛のアンのパイ家のガキよりよかったかも(笑)
パーティに出たり、吹雪にあったりの中、チャールズと再会し、お互い愛に目覚めていくのでありました。
チャールズはダコタ準州でただの土地をもらって自分のものにしたいという希望に燃えていたけど、キャロラインはコンコードの町を離れたくなかったし、とにかく先生を続けたかったのね。最初はプロポーズを断りったけど、母親に悩みを打ち明けた後、もう一度チャールズがプロポーズをした時は受けたの。といってもチャールズが考えを変えてダコタに行かず、父親の土地を分けてもらってそこに家を建てて畑を耕すことにしたから。
私、ローラの始まりは大きな森だったからどうした?ん?と思っていたのよ。 そっかーやっぱり最初から大草原には行かなかったよね。でもエピローグを読むとインガルス家そのものも北方のウィスコンシン州ペピンに移住しそこでメアリーとローラを生んだのでした。
ふっと考えたけど農場の少年はアルマンゾだったね。なんかチャールズとごっちゃになっちゃたよ。
せっかくここまで読んだので、また大きな森から読みなおしたいなぁ。でも私が持ってるのは5冊目からだもんね。最初のハードカバーのはもってないよね。図書館にあったかな?
でもキャロラインってほんといい子ちゃんだったねぇ。
bk1の内容説明では「女子大学を卒業して、故郷に戻ったキャロラインは、小さい頃からの夢だった学校の先生になります。そして幼なじみのチャールズと再会し恋に落ちて…。「大草原の小さな家」のキャロラインの教師時代を描いたシリーズ完結編。」となっていました。


じゃあね

2010/08/15

8/15「イヴの総て」

昨日に引き続きアカデミー賞受賞作品特集でBS2で放送し、録画していた『イヴの総て(特別編) [DVD]』を見ました。
518favrn4xl__sl500_aa300_
ひゃー怖い、怖い。
前から見てみたかった映画ですが、スターになるのって恐いですねぇ。
今の大女優に取り入り、そして蹴落としていく。
今、演劇界で大女優といわれているマーゴ(この人の役をやった人がベティ・ディビスかー)も付き人みたいに使っている女性は元は11年も女優の座で輝いていた人だったようだし、マーゴに取り入って演劇の賞を手に入れたイヴすら受賞会場を後にしてホテルの部屋に戻ったときには次の女優を目指す野心家の娘が現れているし・・・・(この役がマリリン・モンロー? 知らずに見てしまった)
この繰り返しなんだねぇ。
まぁそう思うとマーゴは36年もトップ女優に君臨していたし、惨めな中年ではなく人妻の座を手にし、そしてこれからも自分に合った役を長くやり続けていけそうでよかったじゃん、なんて思っちゃいました。 スターの座を手に入れるため人間関係も道具としてしか使えないイヴはどうだろう?長くスターでいられるのか? マーゴはなんやかんやいっても親友といえる劇作家夫妻と夫になった演出家がいたからねぇ。
しかしイヴ、取り入ってるさなかはまぁよく気が利く控えめで遠慮がちな人を演じていたねぇ。逆にあんな人が回りにいたらゲーッだね、私は。鼻についてならん気がします。
劇作家の妻のカレン、彼女が一番のお人よしでイヴをマーゴに会わせたり、マーゴを引き止める細工をしてイヴに初舞台を踏ませたりとまぁ間の抜けたことを多々やってくれたけど、顔は一番好みでした(笑)
ベティ・デイビスってちょっとゆがんだ顔してるなぁって見ていて思ったのでした。まぁそこがまた魅力的なのでしょう。 化粧栄えし舞台栄えする顔だなって思ったの。ぱっと見たところイヴの方が美人に思えるけど、舞台ではいまいちの顔。鬘も化粧も似合わなかったー
つまり映画の配役はぴったんこでしたねぇ。
名作をやっと見られてよかったです。
しかし恐いなぁ、スターを目指す世界って。 まったく関係なくてのほほーーんと生きていられてよかったよ、私。

じゃあね

8/15「ラウンド・ミッドナイト」

アカデミー賞特集のころBS2で放送されて録画していた『ラウンド・ミッドナイト』を見ました。
515vovzctl__sl500_aa300__2

実話を基にした映画のようです。
ジャズのサックス奏者でとても有名だった人がパリに行き、そこで知り合った彼の大ファンとの交流を描いた作品。
実話はピアノ奏者だったらしいけどね。
でもなんでミュージシャンって酒や薬におぼれちゃう人が多いのかね。この映画に出てくるサックス奏者も酒が好きで、演奏料とかは本人には渡されずマネージャーの女性を通してしか支払われてなかったの。
でもファンの男性が親身になって世話して、別れた妻に借金までして新しくアパートを借りて一緒に住んで、彼のために泣く姿を見て酒をやめてまた作曲とかやりだすの。
ファンの男は娘と二人暮らしだったけどその娘ともいい関係でさ。二人で買い物に行って歩いてるシーンや、3人で海に出かけたシーンとかとても素敵だったよ。でもサックス奏者はアメリカに帰ることになり、そして亡くなったと言う知らせが届くの。
サックス奏者の役をしていた人の声、しゃべり方がとっても独特でした。
でも演奏はなぜかあんまり心にしみなかったなぁ。 ジャズとか嫌いではないのだけど、おぉ!という演奏とは思えなくて、ファンの男性の心理がわかりにくかったです。

今日は天気はなかなか回復したけど、風が強くて洗濯物は部屋干です。とはいうものの窓を全開にしているので部屋の中でも風はピープー
なんでこんなに風が吹く?台風でも発生しているのかと思っちゃいましたよ。

じゃあね

2010/08/14

8/14「ミムス 宮廷道化師」

ミムス―宮廷道化師 』(リリ・タール著 小峰書店)を読みました。
51aut7it3fl__sl500_aa300_
東逸子さんの表紙に釣られて借りて読みました。
よかったよ、とても。
一国の王子が捕らえられ、やはり捕らえられて地下牢に入れられている父王のため逃げることもできずミムズと呼ばれる道化に貶められてしまう話。
敵対関係にあったヴィンランドと和平を結ぶために訪れたモンフィールの王と宮廷の主だった諸侯はだまし討ちにあって殺されたり捕らえられたりしてしまうの。そして自国にいた王子であるフローリンも祝祭に出るためにのこのことヴィンランドへ出かけていくの。そしてあっさり捕まっちゃうわけ。
ヴィンランドのテオド王ってなんて卑怯なやつなんだって思ったけど、実は戦争の原因は女を取り合ったテオドの兄とフローリンの父フィリップ王が決闘して、フィリップが勝って王妃を手に入れた後の出来事だったの。まぁ決闘で死んでしまったなら仕方ないことで済ませられたろうに、そのとき尊敬と哀悼の意でも表しておけば何てこと無かったろうに(ちゃんとした決闘だったからね)あろうことかフィリップは死体を皮の袋に詰めロバが引く荷車に載せて8月の炎天下の中15日もかかってヴィンランドに送り届けたの。そりゃーあんた、死体はもうひどい状態。それがショックで王は死んでテオドが王座についたの。そりゃー戦争もするたいねー まったく巻き込まれた国民はええ迷惑ばい。
フローリンの道化の師匠のミムスって15年王のペットとして道化をやっているのだけど、道化っていろんな偉い人々をからかったり馬鹿にしたりできる代わりに住家はサルの塔で食べ物は一日一杯のキビ粥のみ。部屋には布団ひとつ無く汚い藁のみ。人間扱いうけていないし、褒美もお菓子1個とかそんな感じなの。でもミムズはすごいと思うね。フローリンもやっと気づくけどさ。私はミムスが自分の生い立ちを語った後でも実は道化になる前はいいとこの子というかいっぱしの偉い人だったのでは?って考えが離れなかったね。まぁ出は貧乏な家のたんなるすばしっこくて頭の回転の速いガキで、親に金で売られたってことだけど、実際本当に頭がよかったんだろうね。もしミムスが違う身分の子で生まれていたらと思うともったいなーい。
ただ、ミムスの機転のおかげで最終的には両国に和平が訪れたのよね、憎みあい血を流すだけじゃだめなのよ。
フローリンやフィリップ王が助けられた後、ミムスが殺されなくてよかったー ただ単に食事が1回と毛布が1枚増えただけってのも悲しすぎ~ せめて一度はすごいご馳走をはらいーーーーっぱい食わせてあげたいし、暖かくて清潔なところに住ませてやりたいよぉ。
あと、唯一の友達でいてくれた厨房見習いのベンツォも最後はちゃんと報われてよかったよ。 あと、テオド王の娘、アリックス姫もミムスが毒舌王妃と言ってただけあって最初はめっちゃ嫌なやつだったけど、今後フローリンと結婚して両国が末永く仲良くあってほしいよねー
モンフィールの王位継承者の新しい印章がミムスの姿ってのがまた・・とてもよかったよ。 後にフローリンが国を治めるようになったら王や偉い人々がおいしいご馳走食べて宴を催せる影には国民が、城仕えのたくさんの人々の労力が使われているんだってこと、絶対忘れてほしくないなぁと思いました。
bk1のないよう説明では「【バード・ハルツブルク青少年文学賞】【若い読者が選ぶ青少年文学賞】
囚われの王子フロリーンの生きのびる道は、宮廷道化師になることしかなかった。誇りを捨て、敵の王の笑いを得て、生きる。笑いこそが最後の武器であった?。 」となっていました。

じゃあね

2010/08/13

8/13「夏の日は三たび微笑む」

あーあー
ネットの調子が悪くて保存するときに接続が切れてしまい、書き込みがパーだよ。
ホントインターネットMAGUMAにも困ったもんだ。でもここしかブロードバンド接続は出来ないんだよねー
プロバイダーを選べない田舎ってほんとトホホだよ。

で、午前中『夏の夜は三たび微笑む』を見たの。
51zcxzx3yhl__sl500_aa300__2
30分位して「あれ?これ見たっけ?」と思い出したのだけど、まったく記憶に無いシーンが多々あって、似た映画?なんて思ったのだけど、やっぱ2ねるんはんくらい前に見ていました。
ただあまりにも見ている最中に意識が飛び飛びだったため記憶に無いシーンのオンパレードだったようです(笑)
古いスウェーデンの映画です。
主人公は弁護士の男。その幼な妻に、なんだかうじうじ悩んでる息子、女優で以前愛人だった女と、今の愛人の軍人、そして幼な妻とは友達の軍人の妻が主な登場人物。
最終的に幼な妻とうじうじ息子はくっついて駆け落ちし、軍人は妻の元に戻り、弁護士は女優とうまくいくみたいなのでめでたしめでたしなのかな。
しかし、どうどうと愛人を作る男やそれを知っていてやっぱり愛してしまう気持ちなんてわからんなぁ。
あと、昔の王様が大臣の美人妻に目を付けて作らせたというボタンを押すと部屋の壁が開き、隣の部屋からベッドが移動してちゃんとそのベッドに天使の飾りがついた天蓋までせっとされるっていう仕掛け、笑ったねぇ。
だいたい寝ているベッドが動けば目が覚めるだろうし、もし移動してきたベッドに妻ではなく大臣そのものが寝ていたらどーするつもりだったんだろか、王様。
でもまぁあの仕掛けのくだりはくだらなくて面白かったです。
今回はしっかり見たので、もう見たことを忘れることは無いと思います。

じゃあね

2010/08/12

8/12 待つ日

ワクチン接種の付き合いで病院に行った。
10時に予約を入れていたがなんと処置室に呼ばれたのは11時40分。
摂取はあっという間。 全くなんだったんだ、予約って。
で、その後眼科に行ったら昨日から盆休みに入っていてしまってた。あーりゃりゃ。
もう一人、胃腸科に一人連れて行ったが、なんとその人が終わったのは3時。
いったん家に戻ってご飯食べた後迎えに行ったけど、とにかく今日は待つのが多かったなぁ。

あ、星。流星群・・・・うー、雲がぁ・・・

じゃあね

2010/08/11

8/11 LOST 

LOSTのシーズン5を借りてきました。
夏休みはLOST。
今、1枚目を見終わったところ。 シーズン1から4までの説明があり、最後の言葉「びっくり」には大笑い。
しかし本当にわかりにくいなぁ。だからあんまり人気でなかったんだろうなぁって思っちゃいました。
シーズン7で終わりになるのよね?
とにかく頑張って見続けるのだ!

じゃあね

2010/08/10

8/10 桃

この前買ったももがめっちゃ美味しかったのに気をよくしてまた昨日の晩買いに行き(店は違う)、会社から帰ってきて食べました。
いやーーうまい!幸せだ。
これで歯の隙間に繊維が入り込まなければもっともっといいのだけど・・・・
実はあと1個ある。 それはお風呂の後にでも。ふふふ、楽しみだ。

楽しみといえば明日から休み。ずーっと休み。
弁当を作らなくていいというだけでも幸せだ(笑)

じゃあね

2010/08/09

8/9「RDG3 夏休みの過ごしかた」

RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた』(荻原規子著 角川書店)を読み終わりました。
51bnxq2jjl__bo2204203200_pisitbstic
うーん、いまひとつ泉水子と深行は何の争いの中にいるのかわからずに読んでいるバカな私なのでした。
真響が何を目指しているのか、高柳が何なのか(まさか泉水子が作ってるってわけではないわよね?)そして仄香が判定者たる意味は?
うーんとそのへんがちっとも理解できてません。
泉水子の自信の無さが今回はずいぶん消えていて頑張っているなぁって感じはしました。でもやっぱりよくわかんないなぁ。泉水子ってどんな存在なのか。
生徒会の執行部が戸隠に合宿に行くことになってメインはその話。その前に泉水子と深行は真響と真夏の実家にとまりに行くのね。で、合宿のさなか真夏の愛するタビという馬が死んでしまい、真夏は真澄に身代わりを頼みタビに付き添うのだけど真響のこれからを思い真澄とともにこの世でないところに行ってしまうの。
それを探して泉水子は舞を舞い、逆に危なくなって姫神が出て来て紫子が出て来て・・・
たぶんなぞを解くヒントになる重要なことを話しているのだと思うのだけど私にはわかんなかったなぁ・・・
深行にしても泉水子にしても言葉少なすぎ。私のようにぺちゃぺちゃしゃべらんけん余計わからんたい(笑)
それでも好きだよ、このお話。
bk1の内容説明では「学園祭の企画準備で泉水子たち生徒会執行部は真響の地元・長野県戸隠で合宿することに。だが、真響の生徒会への思惑が様々な悶着を引き起こす。そこへ真響の弟の愛馬が危篤だという報せが…。それは大きな災厄の前触れだった!」となっていました。

明日行けば夏季休暇。旅行に行くわけではないけど楽しみ。

じゃあね


2010/08/08

8/8「叫びとささやき」

BS2で放送されて録画したままだった『叫びとささやき』を見た。
4_69254
1972年のスウェーデンの作品。
はっきり言ってよくわかんなかった。
でも赤い色彩がものすごく強烈だった。
臨終を迎えようとしている3人姉妹の次女のところに集まった姉と妹、そして侍女なのかな?マリアという女性。この4人がメイン。
死にかけているアングネス(っていったと思うけどなぁ、名前)、意味と死への恐怖で大変なのだけど日記に書いているのは姉妹の仲では一番美しいものを見ていたみたい。
姉も妹もなんだか夫に恵まれずすごく屈折していたなぁ。
顔のアップがすごく多くて、それもしーんとした中で顔の表情だけを映し出している画面は、せかせかしている物を見慣れている私にはとても新鮮。でもつい早送りしたくなる気分になっちゃった。だめねー ゆとり無いわぁ。
真っ赤な壁紙の部屋に真っ白なネグリジェ姿の女性、真っ白でとても繊細なレースの袖や枕カバーなどがとても綺麗だった。 でも心の中はどろどろって感じ。
特に姉がでグラスの欠片を陰部に押し当てて血まみれになった姿を夫の前にさらす姿は恐ろしかったよ。あの後夫は少しはうろたえたのだろうか?
反対に妹の旦那はたぶん妹が医者と不倫したのに気づいたのだろう。切腹もどきをしてじたばた騒いでいた。あれで死ねるの?と思ったら別のシーンでは何事も無かったように二人とも亭主面して出ていたので、あれって本当にあったこと?それとも幻想?
またマリアは何かあると片胸出してアングネスを抱き寄せていたけど、あれは宗教画のマリア様かなにかを意味してるの?
まぁよくわかんなかったけど、うーん・・・・
とにかく赤い色は凄かった。

じゃあね

2010/08/07

8/7「デルス・ウザーラ」

アカデミー賞特集のときにBS2を録画していた『デルス・ウザーラ』を見ました。
51q2idceatl__ss500_
アカデミーの外国語作品賞を取った映画です。
ソ連の映画(1975年なので)ですが、監督は黒澤明なのです。
「デルス・ウザーラ」って何だろう?と思ったら人の名前でした。
タイガの奥に探検に入ったソ連の兵隊さんたち。その隊長と仲良くなった少数民族の猟師。彼の名前がデルス・ザウーラだったの。妻と子を天然痘で亡くした彼は長い間家も持たずタイガ(森林)の中で猟をしながら暮らしているのね。彼の森で生きる知恵はとても素晴らしくて、それだけでなく人間的にもとても魅力ある人。その猟師のデルスと隊長アルセーニエフの友情の物語でした。
隊長が親友の墓を訪ねるシーンから始まったので、あぁデルスは死んでしまったのだなとわかってみているのだけど、まさかあんな死に方とは思いませんでした。
隊長が良かれと思ってしたことが彼の命を奪った元になったなんて。
なんだか悲しいなぁ。
途中の探検シーンは、私なら絶対いやだなぁってところが多々ありました。 まず寒いのは嫌~
秋になったらとっとと戻ればいいのに初雪が降ってもまだまだ探検を続けるなんて、考えただけでも凍えちゃうよ(笑)
そうだ、デルスが亡くなった妻と子のために夜木の枝を削って花のようなものを作り焚き火に入れるシーンがあったけど、それってたつみ章さんが書いてる昔のアイヌの人々が神々に捧げるために作った削り花(名前はよく覚えていないけど)と一緒じゃないのかな?と思ってはっとしました。 国も人種も違っても神々というか自然の力にというか、とにかく大いなるものなどに抱く気持ちは変わらないんだなぁと思って。
そのシーンが好む映画の中では一番好きだったかも。
明るくて見たあとスカッとするっていうタイプの映画では決して無いけど、見てよかったなぁと思いました。


映画は午前中に見たので、午後からはマッサージに行きたいなぁと考えています。
とにかく腰が痛くて。 ただ行きつけのところ(?)は遠すぎて、どっか近場で探さなくっちゃ。でもあの中央町のように安くて長くしてくれるところなんて無いよなぁ、きっと。

じゃあね

2010/08/06

8/6「巨人たちの星」

ホーガンの三部作の最後巨人たちの星』(ジェイムズ・P・ホーガン著 創元社推理文庫)を読み終えました。
51s8kypxlkl__ss500_
地球人、ジュヴレン人の謎がすべてわかってしまい、なんでルナリアンが急に科学力が高まり、そして急に攻撃的になったのかなんてーのも解決したのよね。 いろいろな伏線がしっかり生きてて、やっぱホーガン、いいです。
ただ次第に政治の話のウエイトが高くなっていくのがちょっとなー
これ以降の作品では政治の駆け引きの部分が多くなっていくでしょ。そこがちょっと不満。 
でもやっぱり面白いよねー
残念だなぁ、もう新作が読めないなんて。

明日からは図書館から借りて違う本を読もーーっと!

じゃあね

2010/08/05

8/5 うなぎ

最近とっても疲れが溜まっているようなのでいっちょうなぎでも食おうか!ということになった。
この辺では有名なのは「うなぎの徳永」なんだけと、そこでは高級すぎるので(笑)地元のYっていう店に行った。
うー・・・ これが外れ。
スーパーで買ってきて味を調えなおして食べたほうが絶対よかったよーって話になっちゃった。
お値段はある程度まともだったので余計腹立たしい。
まぁでもうなぎはうなぎなので元気に明日を頑張ろう。
明日会社に行けばまた休みだよ。

しかしぬくい日々が続くねぇ。
夕方一雨きたけど、ちっとも涼しくなんないよ。
かといって冷房は冷房で寒すぎて好きじゃないし・・・・・
困ったもんだ!

じゃあね

2010/08/04

8/4「G.I.ジョー」

借りてきたDVD『G.I.ジョー』を見ました。
51vzjytvz1l__sl500_aa300_
うーん・・・・
映像が凄そうだったので映画館に行こうかと思っていたけど、結果行かなくてよかったなぁ。
いやー 娯楽映画だよね。 もう突っ込みどころ満載。
満載だらけで、まっいいか~と思うしかないさ。
いつも思うけどなんで悪役はこっちのヒーローを殺すチャンスがあるのに余裕かませて殺さずにいていつの間にか逆にやられちゃうのかねぇ。
この映画も主人公を殺すチャンス、何回あったよー バカだなぁ、なんて思いながら見ていました。
まぁでも『ステルス』よりはマシかな?
元が玩具で、アニメを元に実写化したからだろうけど、シリーズにする気満々の終わり方でしたね。
次が出たら気が向いたら見ようかねー
映像は楽しめたので。
ああ でもやっぱり東京のシーンとかは許せーーん(笑)


今日も暑い日でした。
雨もちょろっとだけ降ったのかな? 涼しくなるほど降るわけでもなく、なんだかなぁ・・・・

体調もやっぱりいまいち。 年のせいかしら?(笑)

じゃあね

2010/08/03

8/3「K-20」

実は『ソルト』を見に行った日の午前中借りていたDVD『K-20 怪人二十面相・伝』を見ていました。
51e21chvcl__ss500_
舞台をただ昔にしたのではなく、第二次世界大戦がなかった別の世界にしたところがよかったねー
もっとも戦争がなかったために今より過ごし難い世の中になっちゃってるのは困ったもんだけどさ。
怪人二十面相の本は1冊も読んでいないためオリジナルがどんなものなのか知らないの。どうもあのですます調というかお上品っぽい文体が嫌いで、江戸川乱歩の本はだめなのね。これは小学生のころ子供用のホームズやルパンは読み漁ったけど、明智小五郎物はたぶん1冊も読んでないのだよねー
今回の映画でも小林少年は好きになれなかったなぁ。でも映画自体は面白かったよ。
怪人二十面相が誰なのかは最後までわからなかったおめでたい私だけどね。ほら、疑うことを知らないピュアな人だから(笑)
泥棒になるためのトレーニングも面白かったねぇ。 この前イッテQでだったかな?イモトが挑戦していたやつみたいだったね。壁をよじ登り、飛び越え、階段の手摺を滑り降りまっすぐ進むスポーツ(?)
そうそう、前から興味はあったのにとうとう見ていないヤマカシの映画をやっぱり見たくなりました。
まぁ娯楽映画なので「ありえなーーーい!!」ってシーンも笑ってみていられました。 特に最後の爆発の中で吹き飛ばされ落ちていく金城武を松たか子が救うシーンなんて風圧があってあの乗り物じゃあまともに飛ぶことは無理じゃろもん!と思いながらも、まぁまぁまぁ(笑)
松たか子ってものすごーーく美しく見える時と全くそうではないときがあるけども、好きだな。 キャストはよかったと思います。明智小五郎も原作を知らないのでよかったと思いました。 バチスタの白鳥さんをまじめにした感じでしたね。
とにかく合格点の映画でした。

しかし今日も蒸し暑かった。 異常に思えるほど。
帰ってクーラーを入れているけど、さっき雨が降ったので窓を閉めた隣の台所はそりゃーそりゃー倒れそうなほど暑かったです。
雨が止んで窓を開けたらまだましになったけどね。それでも31度を超えていました。21時過ぎてるのに・・・


じゃあね

2010/08/02

8/2「ヤッターマン」

実は『トランスポーター3』を見た後もう1本DVDを見ました。見たのは『ヤッターマン』です。
3b8ad0920ea0f99ef8911210_l

この映画、目的は深キョンのドロンジョさま。
他は期待してなかった。それが正解。 ドロンジョさま以外はどーしようもなかったなぁ。
しいて言えばコスチューム。これはみんな凄かったなぁ。特にドロンボー一味の3人。ヤッターマンたちのマスクもすごかった。
もともとアニメでもヤッターマンよりドロンボー一味が主役だった(と言えるでしょ~)しさ。申し訳ないけど桜井君は私の好みではない。なので余計ヤッターマンへのよさは感じなかった。福田沙紀ちゃんは好きなのに彼女の魅力は全然出てなかった気がします。
深キョンがセクシーだったけど、ケンコバも生瀬さんもよかったよー
安部サダも好きだけどその娘のショウコちゃん。誰? 好みじゃな~い。残念。
でもさ、ストーリーはボロボロ。アニメよりだめだったと思うなぁ。
まぁでも元からストーリーを追う映画と思ってないし、深キョン見て、昔を懐かしむ映画だね。
「豚もおだてりゃ木に登る ぶー」はアニメがよかったよぉぉぉ。
山本正之さんの歌はただーーーーい好き! よかったなぁ。
タイムボカンの途中から見てたけど(だからずーーーーっと「ダイヤモンド」を探していると思って???だったの)ヤッターマンもオタスケマン、ヤットデタマンだったっけ? 見てたよなぁ~ 歌がよかった。悪人トリオがよかった。うんうん。
という訳で、そーいう映画でした。

じゃあね


2010/08/01

8/1「ソルト」

映画の日を待って『ソルト』を見に行ってきました。
335434view005
うん、面白かったですよ。
アンジェリーナ・ジョリーがスパイ役。
CIAと思いきや実は幼いころから訓練されていたKGBのスパイだったって役。
あ、そうか。実の父がレスラーで母がチェスの天才だったってことでイヴリン・ソルトは頭もよくて接近戦も超タフな女性ってことになるのね。
しかし、あのラスト。いつでもソルト2、準備できてますよーって感じでしたけど、一番心配なのはアンジェリーナの年。 いまいくつ? こんなハードな役、いつまで出来るの?大丈夫?って思っちゃいました。
この映画でも顔だけ見るとちょっとやつれてるみたいでしょ。 なんだか以前と比べると魅力が半減って感じだったんだよな。
やっぱりトゥームレイダーあたりならソルトシリーズを開始してもよかったかもねぇ。
映画のストーリーはなかなかよかったよ。 クモ学者はかわいそうだったけどね。
最後に頼りになったCIAの人、冒頭では思いもしなかったなぁ。
そういえば顔に傷跡(痣?)のある仲間もかわいそうだったな。
大統領は死んでないとよね? となるとソルトが悪いわけではないってわかるのでは?
逃げなくてもよくなる?
まぁ2が出来てからそれは考えればいいか。
ちょっとだけ「ロング・キス・グッドナイト」だったっけ? あの映画を思い出しました。
あれはジーナ・デイヴィスだったろ?あの映画も好きでビデオで2回見ちゃったよ。

じゃあね

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »