« 8/7「デルス・ウザーラ」 | トップページ | 8/9「RDG3 夏休みの過ごしかた」 »

2010/08/08

8/8「叫びとささやき」

BS2で放送されて録画したままだった『叫びとささやき』を見た。
4_69254
1972年のスウェーデンの作品。
はっきり言ってよくわかんなかった。
でも赤い色彩がものすごく強烈だった。
臨終を迎えようとしている3人姉妹の次女のところに集まった姉と妹、そして侍女なのかな?マリアという女性。この4人がメイン。
死にかけているアングネス(っていったと思うけどなぁ、名前)、意味と死への恐怖で大変なのだけど日記に書いているのは姉妹の仲では一番美しいものを見ていたみたい。
姉も妹もなんだか夫に恵まれずすごく屈折していたなぁ。
顔のアップがすごく多くて、それもしーんとした中で顔の表情だけを映し出している画面は、せかせかしている物を見慣れている私にはとても新鮮。でもつい早送りしたくなる気分になっちゃった。だめねー ゆとり無いわぁ。
真っ赤な壁紙の部屋に真っ白なネグリジェ姿の女性、真っ白でとても繊細なレースの袖や枕カバーなどがとても綺麗だった。 でも心の中はどろどろって感じ。
特に姉がでグラスの欠片を陰部に押し当てて血まみれになった姿を夫の前にさらす姿は恐ろしかったよ。あの後夫は少しはうろたえたのだろうか?
反対に妹の旦那はたぶん妹が医者と不倫したのに気づいたのだろう。切腹もどきをしてじたばた騒いでいた。あれで死ねるの?と思ったら別のシーンでは何事も無かったように二人とも亭主面して出ていたので、あれって本当にあったこと?それとも幻想?
またマリアは何かあると片胸出してアングネスを抱き寄せていたけど、あれは宗教画のマリア様かなにかを意味してるの?
まぁよくわかんなかったけど、うーん・・・・
とにかく赤い色は凄かった。

じゃあね

« 8/7「デルス・ウザーラ」 | トップページ | 8/9「RDG3 夏休みの過ごしかた」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/49093572

この記事へのトラックバック一覧です: 8/8「叫びとささやき」:

« 8/7「デルス・ウザーラ」 | トップページ | 8/9「RDG3 夏休みの過ごしかた」 »

無料ブログはココログ