« 8/21 壊れてしまった | トップページ | 8/23「平ら山を越えて」 »

2010/08/22

8/22「パリは霧にぬれて」

以前録画していた『パリは霧にぬれて [DVD]』を見ました。
51d3ard7xxl__sl500_aa300_
うー、暗い映画だった~
フェイ・ダナウェイが出ていたのですが(美しかな~)、まさかサスペンスとは。
舞台がパリで、なんか音楽もしみったれた感じで、子供が出てくるのにほんとどんよりとした映画でした。
好天気の日曜の午前中に見る映画ではないですね(笑)
アメリカから2年前にパリに移ってきて住んでいるジルとフィリップの夫婦。キャシーとパトリックって子供がいて、奥さんはよく子供と遊びたまに絵を描いて売ってるのだけど、なんとなく夫婦に溝が出来て、なおかつ記憶障害が起こってて精神科に通っているの。 夫のフィリップは仕事に熱心でジルを愛しているけどでもなんか自分の殻に篭りがち。実はアメリカでは産業スパイの片棒を担がされていて、その「組織」から逃げるためにパリに移り住んだもののいつか見つかるのでは・・・・とひやひやしていたみたい。 結局見つかって契約を迫られ、断ると奥さんと子供が交通事故にあったり、果ては子供二人が誘拐されてしまうの。
奥さんは子供殺しの疑いをかけられたりとまぁ大変だったけど、最終的にはハッピーでよかったよ。
まさか一番仲がよくて世話になっていたシンシアが組織の手先だったとはね。
ということは最初から組織はフィリップの居場所を知っていたってことよね?
ジルの記憶障害もシンシアの小細工だったんだから。最初精神科の医師が「記憶障害にいつもシンシアが絡んでいるのでは?」と言ったときはなんじゃこいつ?と思っていたけど当たっていたじゃん!
パトリックはかわいかったけど、キャシーはかわいくなかったなぁ。でもけなげなお姉さん役、頑張ってたよ。
これで組織はもう諦めたのかしら?
そんな簡単なのかな?
フランス・イタリアの映画みたいだけど、イタリアってなんに関係しているんだろう?言葉は英語だったしね。
まぁとにかく湿っぽい映像、音楽の映画でした。

さて、今日も暑そう。
午後は安売りの衣装店(笑)へでも出かけるかなぁ。

じゃあね

« 8/21 壊れてしまった | トップページ | 8/23「平ら山を越えて」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/49216939

この記事へのトラックバック一覧です: 8/22「パリは霧にぬれて」:

« 8/21 壊れてしまった | トップページ | 8/23「平ら山を越えて」 »

無料ブログはココログ