« 8/15「ラウンド・ミッドナイト」 | トップページ | 8/16「二人の小さな家」 »

2010/08/15

8/15「イヴの総て」

昨日に引き続きアカデミー賞受賞作品特集でBS2で放送し、録画していた『イヴの総て(特別編) [DVD]』を見ました。
518favrn4xl__sl500_aa300_
ひゃー怖い、怖い。
前から見てみたかった映画ですが、スターになるのって恐いですねぇ。
今の大女優に取り入り、そして蹴落としていく。
今、演劇界で大女優といわれているマーゴ(この人の役をやった人がベティ・ディビスかー)も付き人みたいに使っている女性は元は11年も女優の座で輝いていた人だったようだし、マーゴに取り入って演劇の賞を手に入れたイヴすら受賞会場を後にしてホテルの部屋に戻ったときには次の女優を目指す野心家の娘が現れているし・・・・(この役がマリリン・モンロー? 知らずに見てしまった)
この繰り返しなんだねぇ。
まぁそう思うとマーゴは36年もトップ女優に君臨していたし、惨めな中年ではなく人妻の座を手にし、そしてこれからも自分に合った役を長くやり続けていけそうでよかったじゃん、なんて思っちゃいました。 スターの座を手に入れるため人間関係も道具としてしか使えないイヴはどうだろう?長くスターでいられるのか? マーゴはなんやかんやいっても親友といえる劇作家夫妻と夫になった演出家がいたからねぇ。
しかしイヴ、取り入ってるさなかはまぁよく気が利く控えめで遠慮がちな人を演じていたねぇ。逆にあんな人が回りにいたらゲーッだね、私は。鼻についてならん気がします。
劇作家の妻のカレン、彼女が一番のお人よしでイヴをマーゴに会わせたり、マーゴを引き止める細工をしてイヴに初舞台を踏ませたりとまぁ間の抜けたことを多々やってくれたけど、顔は一番好みでした(笑)
ベティ・デイビスってちょっとゆがんだ顔してるなぁって見ていて思ったのでした。まぁそこがまた魅力的なのでしょう。 化粧栄えし舞台栄えする顔だなって思ったの。ぱっと見たところイヴの方が美人に思えるけど、舞台ではいまいちの顔。鬘も化粧も似合わなかったー
つまり映画の配役はぴったんこでしたねぇ。
名作をやっと見られてよかったです。
しかし恐いなぁ、スターを目指す世界って。 まったく関係なくてのほほーーんと生きていられてよかったよ、私。

じゃあね

« 8/15「ラウンド・ミッドナイト」 | トップページ | 8/16「二人の小さな家」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/49151668

この記事へのトラックバック一覧です: 8/15「イヴの総て」:

« 8/15「ラウンド・ミッドナイト」 | トップページ | 8/16「二人の小さな家」 »

無料ブログはココログ