« 7/14 こうちゃ | トップページ | 7/16「イティハーサ」 »

2010/07/15

7/15「ダークホルムの闇の君 下」

ダークホルムの闇の君 下 』(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 東京創元社)を読み終わりました。
512xz9g231l__sl500_aa300_
もちろん最後はハッピーエンド。
でも何だろう? チェズニー氏はもっともっと痛めつけられてよかったんじゃ?
もともとどういういきさつがあってこんなばかげたことをやりだしたのか・・・なんていうのはこの本での説明は無し。他の本にかいてあるんだろうか? どうしても説明不足な気がしました。
それとうーん・・・文章がねなんだかとてもちぐはぐな気がしたのです。訳のせい?私のせい?
んでストーリー。 異世界人のチェズニー氏が金儲けのためにこっちの世界をテーマパーク代わりにして巡礼団を送り込み、こっちの世界の人たちは魔法の世界の雰囲気をチェズニー氏の依頼どおりに演じてるって設定はとても面白い発想だと思いました。でも私としてはもっともっと書き込んで欲しい気がしたのね。青い魔物がなんでダークに協力的だったかってのは最後にわかったのだけど、そのへんの経過とかも知りたいし、巡礼団の始まりとかもさ。想像することも出来るけどでも「読みたい」なぁと思いました。
遊び感覚で来るのに本当に人が傷つき、生き物が傷つきそして本当に死んでしまうなんてどーしても納得できないなぁー。こちの人々はお芝居なんだろうから戦う振り、死んだりする振りの「ごっこ」でいいじゃないかーーーって思うのよ。そこを魔法手でリアリティ持たせるだけでさ。
あと、女たちの企みもなんか中途半端な書き方に思えました。もっと書き込んでいいんじゃ?って。うーん、すっきりしないな。
まぁそれでも龍もグリフィンもいい感じで終わったからよかったです。
あ、でも表紙の絵は佐竹美穂さんでいいかんじなのに挿絵は違う人だったのでがっかり。佐竹さんのファンだからね。


で、2.3日前からちょっと気になっていたbk1のトップページ。 ホーガンの『星を継ぐもの』の表紙みたいなのがあるけど、いつも確かめる前に次のページに移っちゃって、今日やっと戻って確認したら、なんとジェイムズ・P・ホーガン氏が7/12にお亡くなりになっていたのね! ガーン、ショック~
それこそ『星を継ぐもの』を最初に読んだときにはすごーい衝撃を受けて、その後も読む本読む本はまってて・・
好きだったのになぁ。もう新作が読めないって悲しいです。
ただありがたいことにまだ出ている本を全部読んでいるわけではないので、未読の楽しみはあるのだ。それが救いかな。
ご冥福をお祈りいたします。


じゃあね

« 7/14 こうちゃ | トップページ | 7/16「イティハーサ」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/48884211

この記事へのトラックバック一覧です: 7/15「ダークホルムの闇の君 下」:

« 7/14 こうちゃ | トップページ | 7/16「イティハーサ」 »

無料ブログはココログ