« 7/12「十角館の殺人」 | トップページ | 7/14 こうちゃ »

2010/07/13

7/13「ダークホルムの闇の君 上」

ダークホルムの闇の君 上』(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 東京創元社)を読みました。
61h5brns5yl__sl500_aa300_
最初ね、舞台設定がなかなかわかりにくかったです。表紙裏のあらすじを読んでたからわかったけど、もしそうでなければ???だったと思います。
チェズニー氏って何者じゃいって感じ。嫌な奴だよねぇ。
どうやってダークがチェズニー氏の巡礼団を退けていくのか楽しみ。
人間の子供とグリフィンの子供って何?て思ったけどいわゆる遺伝子操作の魔法版? 
ただ翼があって口をきく馬の名前がビジンとかキレイってのはちょっとねー 年古りた龍のウロコってのもねぇ。原書では何っていうのかな?妙に訳さないほうがいいと思ったな。
さて、下巻はどうなるのか、楽しみです。
bk1の内容説明では「別世界の資本家チェズニー氏のせいで、魔法世界はめちゃくちゃ。世界をチェズニー氏から救おうとするケリーダたちに神託が示したのは、変わり者の魔術師ダークだった…。英国児童文学の女王がおくる傑作異世界ファンタジー。〔創元推理文庫 2002年刊の再刊〕 」となっていました。

なんかすごーく雨が降ったみたいねぇ。
ただありがたいことに私が外に出ているときは(車も含めて)ひどい降りはなかったのであんまりピンときていません。 来週には梅雨も上がるのかな?

じゃあね


« 7/12「十角館の殺人」 | トップページ | 7/14 こうちゃ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/48871385

この記事へのトラックバック一覧です: 7/13「ダークホルムの闇の君 上」:

« 7/12「十角館の殺人」 | トップページ | 7/14 こうちゃ »

無料ブログはココログ