« 7/11「プレデターズ」 | トップページ | 7/13「ダークホルムの闇の君 上」 »

2010/07/12

7/12「十角館の殺人」

先日十角館の殺人』(綾辻行人著 講談社)を読みました。
51j1iptcldl__sl500_aa300_

ミステリなのにネタバレ気味なので注意。

いやー面白かった。
しかし私、自分のバカさ加減にがっくり。
というのも第十章のラストでおぉぉぉぉぉ!とならなきゃなんないのに、まったく気がつかなかったの。
そこで自分の呼び名を「ヴァン・ダイン」って告白したのにさ。角島に渡ったミステリ研の大学生たちの中にヴァンって呼ばれた人がいたのにーーー全然それが思い浮かびませんでした。ニックネーム(?)が知ってる作者がエラリイ、アガサ、そしてポウの3人だけでそれ以外のカー、オルツィ、ルルウそしてヴァンは誰なのかちっともぴんとこなくてさー それがね。
でも島の様子、それと本土(大分だったのでちょっとだけ親近感)での江南(コナン)や島田、そして守須の様子、中村紅次郎の話なんてのも面白かった。
これがデビュー作とはねぇ。本格的推理小説で楽しめたよ。十角館って森さんの小説に出てきそうな建物よね。でもこの小説は小説でしか表現できないよね。マンガでも映画でも絶対ダメじゃん。だって最初のエピローグで犯人が出てるでしょ。まあそれはどうにかごまかせるとしてもその後も見てる人にはわかるたーい。しかしホント騙された~ 筒井康隆の『ロートレック荘事件』を思い出しちゃった。あれも騙されたけど、あれも映像では無理だよねーー
なんさま私が気づいたのが部屋が足りない、客室は7つあるけど6つしか使えないって言った時。遅すぎるよねぇ~(笑)
最後に島田が行ったのは本当にわかってたからなのかな? でも完全にネタばらしを書いた瓶を渡したもんねぇ。
でもかわいそうな犯人。そして無理強いされた飲み会で死んでしまった中村千織。もし自分の子供があんな飲み方で殺されたら復讐したくなるよね。
bk1の内容説明では「断崖絶壁で囲まれた島にある、十角形の奇妙な館を訪れたK大学ミステリ研究会の7人。彼らを襲う連続殺人の謎。結末に待ち受ける「衝撃の一行」とは? 綾辻行人のデビュー作で、新本格ミステリの名作が登場!」となっていました。

今朝でサッカーワールドカップは終わりましたね。
しっかり起きて見ましたよ。 タコ、凄し! とうとう百発百中だったね。
なんとなくオランダに肩入れしていたのでスペインが優勝してちょーーーっとだけ残念。
でもすばらしいプレイを見せてくれたのでどっちが勝ってもよかったです。
ただこの試合、イエロー出すぎだよね。 もーちっと我慢してほしかったー、審判。
ただ、一番のお気に入りのスナイダーが(いい男よねぇ!)フリーキックを蹴った後、絶対コーナーキックだったのに何故かゴールキックになって、それで点が入っちゃったのには えぇぇぇぇぇぇぇぇええええええええって感じがしました。
やっぱここまでビデオでみーーんなに見せるんだから判定にもビデオ判定入れて欲しいよね。 審判のあのマイク、ビデオやさんとツーカーにしてればよかたいねぇ。と最後の最後にも思ったことでした。
試合が終わった後ちょーーーっとだけ寝てお仕事へ。
眠くはなかったけど、疲れた~ 寝不足は肩や首に来て辛いっす。
今夜からは早く寝れるね!(って結局テレビばっか見て遅いのだろうけど)

じゃあね

« 7/11「プレデターズ」 | トップページ | 7/13「ダークホルムの闇の君 上」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/48860946

この記事へのトラックバック一覧です: 7/12「十角館の殺人」:

« 7/11「プレデターズ」 | トップページ | 7/13「ダークホルムの闇の君 上」 »

無料ブログはココログ