« 5/19 PRONTO | トップページ | 5/21「ミニヴァー夫人」 »

2010/05/20

5/20「どんがらがん」

どんがらがん』(アヴラム・ディヴィッドスン著 河出書房新社)を読み終わりました。
51pkc4n2k5l__ss500_
なかなか変わった短編集でした。
何が何やらよくわかんないのもあったけど、そのままを感じて深読みしないことにして雰囲気を味わえばなかなか楽しい本でした。
「ゴーレム」や「さあ、みんなで眠ろう」なんて好きだな。
すごく味がありました。
奇想コレクションはなかなか好き。読んだことのない作者の人の話とか読むいいきっかけになるよね。
bk1の内容説明では「ユーモラスなほら話、奇想小説、すてきな小品、異国奇譚、無気味な話、ほろ苦くてセンチメンタルな話…。ヒューゴー賞、MWA賞、世界幻想文学大賞ほか受賞の異色作家デイヴィッドスンの作品集。 」となっていました。

じゃあね

« 5/19 PRONTO | トップページ | 5/21「ミニヴァー夫人」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/48410716

この記事へのトラックバック一覧です: 5/20「どんがらがん」:

« 5/19 PRONTO | トップページ | 5/21「ミニヴァー夫人」 »

無料ブログはココログ