無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/31

1/31「P.S.アイラヴユー」

年末に録画していた『P.S.アイラヴユー』をやっと見ました。
51ifxezcwl__sl500_aa240_
愛していた夫から死んだあとに届くラブレターの話ってことでもっと暗いイメージがあったけど、見終わったあとがとてもさわやかで、とてもよかったです。
主人公のホリー役はヒラリー・スワング。最初この人って気付かず、このジュリア・ロバーツ並みに口のでっかいねえちゃんは誰だ?なんて思っちゃいました。 そっかー、彼女かー。 彼女のイメージはもっとハードな役って感じで現代の綺麗な格好をした女性ってのが想像できなかったのねー
愛する夫役の人、オペラ座の怪人のジェラルド・バトラーって人らしいけど、なかなか顔を覚えられなくって・・・回想シーンや妄想シーンでずーっと出てくるので、今生きている周りの人なのか、それとも夫なのかよくわかんなくてちょっとごちゃごちゃしちゃったのだ。ダメな私。
でも手紙はとっても素敵だったし、それが届くからくりがまたよかった。
最後の方でからくりはわかるのだけど、ジーンときて涙が出ちゃったよ。私は軽く考えていたの。どっかの法律事務所(?)みたいなところにお金を払って頼んでいたかと。
それからホリーの女友達2人もよかったねぇ。 独身女の方はちょっと引くとこもあったけど、幸せに結婚できてよかったよー
アイルランドの旅もよかったー 景色も最高!
とにかく見る前に危惧していた重く悲しいイメージが無くて見てよかったです。


今日は天気予報通りのいけてない天気。なので朝から一歩も外に出ず、テレビの番してました。
コロンボに始まり、がっちりマンデーやペケポン、弾丸トラベラー・・・
それに加えてP.S.アイラヴユーでしょー 疲れた~(笑)

じゃあね

2010/01/30

1/30「Dr.パルナサスの鏡」

もしかしたら今年初めて? 映画に行ってきました。
『Dr.パルナサスの鏡』です。
335026view010
ヒース・レジャーが急死したため、ジョニー・デップやジュード・ロウ、コリン・ファレルが変わりを務めたといういわくつきの作品。
でもなんだろー よくわかんなかったよ。
結局Dr.パルナサスが娘を助けたい為悪魔との賭けに勝つよう頑張る話なの?
それに詐欺師のトニーがからんできて、そのトニー役を刑人の俳優が演じたのかな?
鏡の中の世界はとてもよかったです。 Dr.以外の登場人物も娘にアントン、そしてパーシーだっけ?小人の人、みんなどことなく不気味な感じがよかったなー
最後に娘は素敵な家庭を築くことができ、Dr.も哀れな末路かと思いきやパーシーのおかげでなかなか充実した人生送れそうね。
しかしなかなか眠かったなぁ。 途中意識が飛んでしまったところが。
あ、そうそう、最後の最後に画面はもう真っ暗だけどケータイの着信音が鳴り響いたの。トニーのね。
あれは何? トニーはまだ死んでいないってこと?
まぁなんだかんよくわかんなかったけど、鏡の中の世界の映像が綺麗だったからよしとしよう。

しかしなんだかこれから先見たい映画がいっぱいになってきたー
行く暇、作れるかな?

じゃあね

2010/01/29

1/29「楽しいスケート遠足」

昨日楽しいスケート遠足』(ヒルダ・ファン・ストックム著 福音館書店)を読みました。
51qyyhlzlvl__ss500_
20世紀初頭のオランダの田舎の子供たちが日帰りのスケート遠足に言った時の話。
30Km以上も凍った運河や川を滑って行って帰ってくるなんてすごい!
主人公は小学3年生の双子の兄妹。エベルトとアフケ。
先生がポールを持って、それにつかまって女の子たちは滑り、男の子たちは結構自由に滑って行くのね。途中、エベルトが川の中に落ちたり、終点の町では教会の中で4人の男の子(含むエベルト)が行方不明になって大騒ぎになったりとハプニングが起こったの。
でもそのおかげて昼は農家の人に親切にしてもらい暖かい台所で生徒みんなでパンケーキをごちそうになったり、帰りは暗くなってしまってどうするんだろうと心配していたら荷馬車(そりだけど)のおじさんに乗せてもらって村まで帰れたりといい感じに遠足は終わるの。
いや~のどかだねぇ。
今なら親がキーキーギャーギャー言いそうだよね。絶対無理だよ、こんな遠足って思いました。
でも私もこの子供たちのような体験、してみたいなぁ~
あ、でも寒がりだから無理か(笑) 特に今なら体力ないしね。
bk1の内容説明では「すみきったオランダの冬空の下、はるかにのびる氷の道。16人の子どもたちと先生は、スケート遠足にでかけました。みんなの暮らす村から、初めて訪れる町をめざして…。 」となっていました。

やっと今週も終わった。
というか1月がめーーーーっちゃ長かった。疲れた~
これでやっと1月も終わるんだなぁ・・・・

じゃあね


2010/01/28

1/28「答えは現場にあり。」

昨日会社の人が講演会を聴きに行き、とっても良かったと言ってその人の書いた本を買ってきたの。で、貸してくれたので読んだのがこの答は現場にあり。』(大畑誠也著 ぱるす出版)です。
熊本の山我にまれた人で学校の先生、校長先生を長く務め、退職後にたくさんの講演をされてる方見たい。最初に校長として赴任した天草東高校が変わっていく様子を書いてありました。
平成7年に赴任。 小規模学校でみんな元気もやる気もない学校を
1つ 大きな声で挨拶をする 
2つ 大きな声で返事をする
3つ 大きな声で校歌を歌う
4つ 一日1回図書館へ行く
という目標を掲げて生徒も先生も、そして街の人たちも巻き込んですごーく熱気のあふれたいい学校にしていくの。
読んでいてなんどもうるうると来てしまいました。
私にはない「パッション」がたっぷりだねぇ。
でも本当に挨拶は大切だと思う。社会人になっても大切なのは挨拶、そして返事。それも大きな声でってのが大切よね。私も頑張んなくっちゃ。
家の前をある高校ののサッカー部が練習に通って行くけど、彼らのあいさつは元気が良くてとっても気持ちいいよねー
昔住んでいたところは朝歩いてると出会う人みんなに挨拶していたよね。その後学生の時に住んでいたところは挨拶しないのにびっくり。
今また住んでいる付近では人とすれ違う時挨拶交わすけど、やっぱ田舎じゃなきゃしないのかなぁ?
でも子供は都会でだってしてほしいなあ。せめて通学時だけでも。
体育祭のときの炊き出しとかは「えー、やだー」って気分が占めるけど(笑)まぁその気になっちゃうと楽しいんだろうな。いろんなものをまず拒否・否定するより飛び込んで楽しんでしまうほうが大変でも楽しく人生を生きられるんだろうよ。 今の私にはホント足りない部分だねぇ。

じゃあね

2010/01/27

1/27「算数宇宙の冒険」

算数宇宙の冒険』(川端裕人著 実業乃日本社)を読み終わりました。
Alicel


よくもまぁこんな題材を元に物語が書けたものだ!とあきれちゃうぐらい。私は算数が嫌い、算数が出来ない子ちゃんだったので、もちろん書かれていることはチンプンカンプン。というか読む前から理解しようとか理解するよう努めようとかいうことを全くしないと決めて読みだしたの。なので頭を悩ますこともなく読み終えました。
とは言え小6の子供たちが数Ⅲよりも難しい奴をびゃんびゃん理解していく様子はすんなりと納得はできなかったなぁー。
算数脳を持つ河邑有希一人だけならまぁいいのだ。そういう子もいよう。でも主人公である空良は特に高度な数学知識は持っていないことになっているのにー、あんなによくわかるじゃんかーとちょっと悔しくなってしまいました。 まぁでもそこは素直な子供の柔らかい脳みそのなせる技ってことで自分を納得させたのでした。
読んでいるとね、川端さんの本というより岩本隆雄ワールドって感じがとても強くなっちゃったの。「夏休みは銀河」にちょーーーっとだ似ていたからかなぁ?
この物語に出てくる子供たち、または万寿村の人々の百分の一でも算数が出来たらなぁ・・つくづく思うのであった。
bk1の内容説明では「小学6年生の空良たち3人は、不思議の起こる町として知られる桃山町の神秘をさぐることに。それを機に偶然の暗合が起こり…。宇宙と神秘のミラクルワールド。『月刊ジェイ・ノベル』連載を書籍化。 」となっていました。

じゃあね

2010/01/26

1/26「おれは鉄兵」

朝のチャリンコのお伴、帯ギュのつもりだったのに気付いたら『おれは鉄兵』(ちばてつや)を手にとって読んでました(笑)
昔のマンガだから時代背景は古いけど、やっぱ面白かですばい。
まだ2巻。まだまだ先はたっぷりなのでしばらくは楽しめるでしょう。

今日も朝からすごい霜。 通勤時、歩道の縁石も真っ白でした。

あぁ早く暖かくなってくれ~

じゃあね

2010/01/25

1/25 ゆうがた

久しぶりに仕事が忙しかった。
昨日寝不足気味だったので夕方になってめっちゃ疲れた。
帰りは眠気もあってとてもとても疲れちゃった。
やっぱ歳かしら?(笑)

じゃあね

2010/01/24

1/24 はなみずき

久しぶりにはなみずきに行きました。
久しぶりに行ったので何も考えずに行ったら1時間待ち。
ぐーー本、持っていけばよかったーーー
結局また車で出てドラモリで時間つぶして戻ったらもう呼ばれてたのでさらに別の風呂があくまで10分くらい待ってました。
お風呂はきもちよかったーーー

じゃあね

2010/01/23

1/23 暗い朝

6時57分に目が覚めた。 しかし暗い。
7時過ぎて起きたけど外はまだ暗い、暗い。
洗濯はしたけど結局夕方家の中に干し直すことに。まあでも思った以上に乾いていたよ。

図書館にはいかず、食料品の買い物とガソリン入れて灯油を買った。

帰ってきてチャリンコのともにしていた『とめはね!』を読んでしまった。 テレビのドラマは次週から大幅に原作から離れそう。 でもトホホ映画NO.1に輝いたドラゴンボールと違って私には許せる変更。まぁマンガとドラマは別物ですから。 結希のラブレターをドラマでは母ちゃん宛てにする気なんだなー
望月も縁もそして加茂ちゃんのイメージがぴったりだからなんでも許せるのだ。 ハゲ山せんせもいいしねー

テレビに録画はたまっているけどあんまり見る気しないなぁ。本も読む気しないし・・・・
帯ギュでも読み返すか? でも夢中になりすぎて首が痛くなりそう。
大人しくコロンボでも見るかー

じゃあね

2010/01/22

1/22「龍のすむ家Ⅳ 永遠の炎」

龍のすむ家Ⅳ 永遠の炎』(クリス・ダレーシー著 竹書房)を読みました。
51ib8i9xqdl__bo2204203200_pisitbsti
うーーーーー難しぃ。
最初のイメージと違った1巻がまだひきずっていて、大きく深い話になったのにどうしてもついていけないなぁ。
ちょっと私に合わないのよ。感性にずれがあるというか・・・のめり込めないんだなぁ。なんでだろう?だから余計に難しく感じるの。読んでて何が書いてあるかわかんないまま進んじゃって、余計わかんない!って感じでした。
デービットが消えて5年が過ぎてるの。ザナはデービットとの間にできた娘のお母さんになってるの。娘の名はアレクサ。彼女にはすごい力があるみたい。 ルーシーはとんでもなく嫌な女になってたー
リズはアーサーとよろしくなってて、隣のヘンリーもなかなかいい人になってた。
あと、シロクマたちを語る部分はさらにわかりにくくて、デービットはシロクマの王になって語り手のクマアヴレルと戦うクマカイラーとともにガイア目覚めさせようとしてるの。よね?うーん・・
そうそう、タムという女ったらしの男が出てきて、こいつもなぁ。あまり好きではない。これからどう出る? 
きっとまだ続くんだろうなぁ・・・・
龍の名前だけでなく魔女やそれらに関する者たちの名前がすべて「グ」で始まってるから余計にめっちゃわかりにくいんだよね。ふぅ。
bk1の内容説明では「龍の涙の守り手が氷のクマならば、誰が溶け始めた北極の氷とクマたちを守るのか? 龍、シロクマ、人間、フェイン…。4者の歴史の謎がひも解かれ、すべての戦いに終止符を打つべく、あのデービットが帰ってくる!」となっていました。

週末です。寒くなると覚悟していたけど思ったより冷え込まずに夕方まで過ごせました。今シーズン初の革のコートを着て行ったのですが、カビ臭かった~

明日から休み。 明日はまずガソリン入れに行き、買い物して・・・ あ、洗濯もね。

じゃあね

2010/01/21

1/21 暖かかったのに

また寒くなってる~
しかし今朝はすごかった。暗い、暗い。
出勤しようと家を出たら玄関のセンサー式のライトが点いたよ。 8時20分だったのに。
景色も暗いけど会社に行く前にどよーんとすることが発覚して一日どんより気分でした。

ま、考えても仕方ないのでアグリー・ベティでも見よーーっと!

じゃあね

2010/01/20

1/20 久しぶりに

今日は久しぶりに仕事が忙しかったです。
5時になっても気付かずに仕事していたほど! 夕方ふと気づいたら、昨日なら既に車に乗っていた時間でした。
忙しいと1日が過ぎるのが早くていいです。 今は早く時間が過ぎてほしいので。

今週末に友達と映画&カプリチョ―ザ!と楽しみにしていたらキャンセルのメールが来てました。残念! 来月へ持ち越しです。 来月まで『かいじゅうたちのいるところ』やってるかなぁ?

じゃあね

2010/01/19

1/19「本だらけの家でくらしたら」

本だらけの家でくらしたら』(N.E.ボード著 徳間書店)を読みました。
612dbc3lpxl__ss500_
邦題はどうだろう? あんまりぴんとこないけど、話は面白かったです。
ふしぎな力を持つダレデニアンって単語がいまいちなじまなかったけど、いろいろな本が出てきてにまっってするシーンがいっぱいありました。でも全部読んでいたわけではないのが残念。2~3冊読んでないしタイトルも初めて聞いた本かがあったです。
主人公のファーンはめちゃくちゃまじめで四角四面な両親のもとに暮らしていたのだけど、実は出産時にぼーっとしてた看護士が取り違えちゃって、本当の父親はボーンっていうの。その人が子供とともに現れて夏休みの間親子を替って過ごしてみようっていうの。
ファーンの周りには子供のころから色々な不思議なことがあってたけどまじめな両親のもとでは気のせい、幻覚って片付けられてしまってたのが本当にあったことでね。 本からコオロギが出てきたり、おばさんが街灯に変わったり・・・
ファーンの御母さんはとても残念なことに出産時に死んでしまったけど力を持つおばあちゃんは健在。 ダレデニアンの秘密を書いた本を見つけるためおばあちゃんのところに名前を変えて親子で下宿しに行くのだけど、このおばあちゃんがやってる下宿屋、読書好きな人専用で本だらけなの! 試験もあってさ、本に関しての問題がさりげなく出てくるのだけど、「私を月まで連れてって」の中のお茶会のやつ、思い出しちゃったーー 
妖精とかも出てきたり、借り物小人も出てきたりで楽しめる本でした。
bk1の内容説明では「ファーンのおばあさんの家は、どこもかしこも本だらけ! そのなかで、1冊の本を見つけるには…? ふしぎがいっぱい、しかけがいっぱいの楽しい物語。 」となっていました。

今日も昼間はいい天気であったか。
車の中で時間調整する時間があったのですが、暑いくらいでした。
暑いくらいっていう響き、いいなぁ(笑)

じゃあね

2010/01/18

1/18「ヘラクレスの冒険」

ヘラクレスの冒険』(アガサ・クリスティー著 早川書房)を読みました。
51p9bhjsdjl__ss500_
ポワロの短編集でした。
冒頭でポワロがクリスチャンネームがヘラクレスだから引退前にヘラクレスの12の難業にちなんで事件を片付けてやろうって決意する部分があるの。「へー、エルキュール・ヘラクレス・ポワロって名前だったのかー」と思ったのだけどとんでもはっぷん! エルキュール=ヘラクレスだったんだーーーー
いやぁびっくりしました。
短編だったので読みやすく、犯人を探そう、謎を解こうなんて考えず読んだのでまぁ楽しく読めました。
ちょっとは犯人を当てるのにも成功したしね。

今朝も冷えたよ。 霜で真っ白。
昼間は暖かかったらしいけど、室内は日も差さずひんやりしていました。

明日は半休の予定。
用事があるけど寒くないといいなぁ。

じゃあね

2010/01/17

1/17「最後に恋に勝つルール」

年末にスターチャンネルで録画していた『最後に恋に勝つルール』を見ました。
51mac59ll7l__ss500__2
えーと、この邦題はいまいちよねー。
7年前に偶然空港で出会った男女がその後何度か会って、その都度互いに恋人がいたり、振られたり、事業を起こしたり失敗したり・・・・という流れを経て、最後には真実の愛に芽生えていく・・・・みたいな話でした。
最後、妹の結婚式だってのはすぐわかったけどねー
女の方の主人公エミリーは7年前がとってもカッコよくて、男の方のオリヴァーの7年前はいけてないなぁと思っちゃった。
エミリーの生き方も、オリヴァーの生き方も私にはできないけど、でもなんかいいなぁ。
まぁ気楽にロマンチックを味わえるいい映画でした。

今日もすごーーーーくいい天気。
洗濯ものはよく乾きました。
でも私はずーーーっとテレビ。
昨日と一緒で5時に起きた後、テレビの録画を2番組消化して寝て、起きたのは12時半過ぎ。
それからずーっとテレビでした。 ヨーロッパ水紀行を途中まで見て、コロンボを見て、そしてこの映画を見て・・・
今から洗濯ものをたたみながらそこまで言って委員会でも見ようかなー

でもさすがに目が疲れた~

じゃあね

2010/01/16

1/16 5時起き

今日は5時に起きました。
朝はまだ暗いし、寒いし・・・・
でも用事を済ませた後、9時半から12時前まで2度寝したのだ~
気持ちよかねぇ、2度寝は。
フレンチトーストを作って食べた後、図書館と食料の買い出し行った以外はまたまたおうちで録画したテレビ番組を見まくっていました。
アグリー・ベティ、いいなぁ。やっぱり マークはいい。 マーク好き!
明日は買い物もなくテレビを見続ける予定。 

じゃあね

2010/01/15

1/15 和食ととや

昨日は事務研で熊本に行ったのですが、ランチをしたのは和食ととや
日替わりの鮭の照り焼きってのにも魅かれたのですが、780円の海鮮丼セット。
P1000216_r

あれ?なんだか横に画像が伸びきっちゃってる(^^ゞ
780円で刺身に小鉢に味噌汁にと満足なものでした。

たーだー・・・・・ 店に入ったとたんく、臭い。なんか足の臭い? 何だろう・・・・
早く食べ終わり、もっとゆっくりしていたかったけど、臭いがダメで出てきました。
出た後一緒に行ったYちゃんに確認したけど彼女も臭かったと。
二人して「自分だけでなかったー」とちょっと安心。
せっかく料理の味や値段はよかったのに残念でした~

じゃあね


2010/01/14

1/14「精霊のクロニクル」

精霊のクロニクル』(平谷美樹著 角川春樹事務所)を読みました。
510x8ovmzfl__ss500_
思ったより時間がかかってしまった。
中一の引きこもりの少年瀬田暢が主人公。というか「テワ・エ・セタの章」の主人公。
彼が何かの衝動に動かされ、家出してきたのブナの森に行きたくなり、旅立ちその合間合間に夢で石器時代から縄文の時代の自分の先祖の物語を見ていく話なの。
最初ね、鈴木光司の「楽園」を思い出してしまいました。紅い狼の章ね。
それから月神の統べる森のシリーズも。
縄文の時代、生活は厳しかっただろうけど日本人の本当の姿はそこにあるのよね。でもどうしても時代は変わっていき、精霊たちを感じる力は薄れ、弥生の時代、つまり大陸から渡ってきた人々の流れに呑まれてそして今の日本人があるのよね。
流れを止めることはできないのだろうけど、寂しか~
もともと狼を守護霊に取り込んだのはプンキネ。それがセタの一族の祖となりその話は「赤い狼」の章で語られたの。
次に出てきたのはラメトゥク。父親の葬儀の儀式を邪魔してしまっため村から追い出されて海辺の村に行き・・・って話。「白い精霊」と「青の海神」
そしてアラスの話「緑の石」大分森から離れて精霊が見えにくくなった人々が勾玉に頼りだしたというか、欲を持ち出したというか・・・
そして最後「黒い宝」はクカ。 大陸からやってきたナカツビコらが村を米で懐柔し奴隷にしようとする話。 あぁ弥生になってしまうなぁ。
そして暢の時代になり、森は無くなったと思ったのだけど、東京に建てられているビルの群れはつまりは森、精霊たちもちゃんといるって気づいて帰って行くの。きっと彼は2学期からは大丈夫だね。
そうそう、お父さんがさ、ちらっとしか出てこなかったけどいい人だった。家出した初日に電話入れるの。でもヒステリックになるでもなく、しっかり暢の話を聞き、彼の行動を認めてくれるのね。偉い!
私には無理だ。お母さんは取乱していたけどもあれは私だ!と思っちゃったね。
bk1の内容説明では「中学生の少年が繰り返し見る不思議な夢。それは、まだ歴史のなかった旧石器時代から始まり、やがて縄文、弥生へと進んでいくのだった…。これは祖先の記憶なのだろうか? 壮大なスケールで描く、大人のファンタジー小説。」となっていました。

じゃあね


2010/01/13

1/13 雪 ゆき ユキ

ひゃ~珍しいこともあるもんだ!
こっちで雪が積もったよ~ 私の街でこんなに゜積もるのはすごーーく珍しいです。
熊本でも7センチの積雪があったみたいね。

でも朝は全く気付かずふつーどーりに弁当作っていたの。
で、ふとしたことで外を見てびっくし!!
いつもより6分早く(なんて微妙な・・・)家を出て 点いたのはいつもどおりでした。
でも午後は完全に溶けだして、それでもまだ会社の付近では雪が見れたのに、家に着いたころにはほとんどなし。つまんないのー でも明日は熊本行きなので雪は困るんだなー(笑)

原チャに積もった雪です。
Dscf4044_r
んで出勤時に見かけた木に積もった雪。
Dscf4055_r_2
違う場所みたーーい
Dscf4052_r

あー、でも土日でなくてよかったー

じゃあね


2010/01/12

1/12 台所の床

昨晩の水浸し事件の時より今日になってからの方が台所の床の板の継ぎ目んところ、水が浸みてる~
大丈夫かなぁ? まぁ確か下はすぐコンクリだったから腐って床が抜けることはないだろうけど・・・
浄水器で水を溜めるのはペットボトル(氷を作ったりご飯を炊いたりする時に使うため)と薬缶(ウーロン茶を作るため)とポット用なんだよね。
最近水の出が悪くなってきたけど、目安としてペットボトルが8分くらい、薬缶が15分くらい? 一番長く大量に水を出し続けるのがポットなんだよー
全く、ふの悪かったねー(運が悪かったね)

今日は思ったよりかは寒くならなかったです。でも明日からは冷えて行くのかな?やだなー

じゃあね

2010/01/11

1/11「進化の設計者」

進化の設計者 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』(林 譲治著 早川書房)を読み終わりました。
51abnffqml__ss500_
最初ウロボロスやストリンガーの続きだと思って読み始めたの。お、これは時代がもっと今に近いなぁなんてとぼけたことを思いながら。
でも途中でちらっとあとがきを読んだら海洋SFとなっていたのであぁ違うんだーとわかりました。
3つの場所で話が進んでいき、最後はばっちりと重なってとても面白く読めました。JAMTECSとか出てきて、わぉと思ったら本当にあるのはJAMSTECだね。Sの位置が違うのか~(笑)
ユーレカという組織がちらちらと見え隠れしつつ話は進んでいき、JAMSTECSの横浜研究所でスパコンMMISを使って気象シュミレーションをしている尚美、阪神市の高齢福祉課に勤めている拓海と心臓外科として有名な妻の美月、しゃべらない娘美海、スマトラ沖の巨大な船ムルデカにいる美月の妹の星良、これから主人公でした。拓海の記述部分だけなんだか関係性がわかりにくかったけど、猫がユビキタス環境の中でコンピューターとシステム構想が出来、美海もそれらと同調出来たってことよね?
でもプランクトンが遺伝子はそのままにエビジェネティクスが起こった?(ん?エビジェネティクスってなんだったっけ?) おもしろいねぇ!
あぁそういう研究してみたい! 
bk1の内容説明では「人類が高度なユビキタス社会を実現した2036年。東南アジアで建設が進む人工島近辺の海底発掘現場で、ひとりの古生物学者が謎の死を遂げた…。次なる生命進化の階梯を描く、近未来サスペンスSF。 」となっていました。

結局今日は昼間はテレビの録画番組を見て、夜はコロンボを見ようと思っていたけど昼間ちょこっと読んだらやめられなくなって読書になったのでした。
そしてその読書に夢中になっていたときにとんだ水難に遭いました!
ポットの水が少なかったのでためようと思い、いつものように浄水器の水を入れていたのです。もちろんタイマーをセットしてタイマーは手元に置いて20分一心不乱に読書。 ピーピーなるので台所に水を止めに行ったら・・・・!!床が水浸しじゃん! 水を止めて排水用のバケツを見るけどほぼ空!一瞬何が起こっているのかわかんなかったよ。今までの失敗から排水をためるバケツ、もったいないので浄水時に出る排水をためて茶碗洗ったりするのに使っていたのよ。最初はポリタンクだったけど溢れさせて水浸しにしたことがあったのでバケツに細工してポンプでシンクに出せるようにして、なおかつ水が溜まりすぎるとブザーが鳴り自動的にポンプが動き出すって仕組みまでセットしていたのに、なぜ???
結局排水が出るチューブがそもそもバケツから抜けていたのよねー。 参ったよ。 直接だーだーと流れていたのだ。 トホホだねぇ。 それでも一旦ワゴンの棚(?)を経由して床に落ちていたみたいでまだちーーーっとはましだったかな? 多分10~15Lの水。 あーあ。ふき取る作業30分も掛ってしまいました。
なので本を読み終わったのは0時半ごろだったかな? 疲れたー

じゃあね

1/10「テルマ&ルイーズ」

前から見たかった『テルマ&ルイーズ』スターチャネルで年末放送されていたのを録画して見ました。
51213wm7bql__ss500_
主人公の女性2人、テルマとルイーズ、どちらも好きな女優さんなの。 若き日のブラッド・ピットも出ていてホント前から見たかったのよね~
ラストはさ、あれしかないよねーと思いました。
もし、テルマが途中で休んでいこうと言わず直接山荘に行っていたら、いや銃なんて持ってこなかったら・・・ せめて駐車場ですぐ自首していたら、ルイーズがテキサスで厭な目に会っていなかったら・・・
とたらねばで話すとこの映画は成り立たないのだけど、どんどんどんどん深みにはまっていくのに、なんか暗さや悪いことしてるって感じがあんまりなくて、二人は幸せなまま最後を迎えたって感じで厭ではなかったな。
でも切ないよねー
しかし私がルイーズだったらテルマにすぐ愛想尽かしていたろうなぁ。というか友達になってなかったかーと思いました。
でも本当にアメリカってちょっとやそっとじゃ飲酒運転にならないんだねー くわばらくわばらです。
あと、広いなぁ~と改めて思いました。
そういえばこの映画のラストってラルクのDriver's HightのPVを思い出しちゃった!

おぉもう11日になったねぇ。
明日は何を見ようかな?
そうそう、録画失敗していたコロンボの「解ける糸」がBS2であっていたのを忘れずに録画できたからまずはそれからいこうかな!

じゃあね


2010/01/10

1/10「ティンカー・ベル」

これも年末にWOWOWで録画したものですが『ティンカー・ベル』を見ました。
5182dzlrbl__ss400_
CGできれいだけど、ピーター・パンに出ていたティンカー・ベルの方が好き!
ストーリーはね、ぼちぼちかな? 最後、いわゆる文明の力を借りてティンカー・ベルが道具を作って妖精たちの春の準備が間に合わせたって感じになってるのですが、お願いだからあの道具を使うのは今年だけにしてーって思いました。妖精の世界で金属とか化学化合物とかは使ってほしくないっす!!
あのあとどうやってピーター・パンと出会ったのかしら? ウエンディのオルゴールだったのにピーター・パンではウエンディに意地悪ばっかりするよね、まぁ嫉妬のせいですが。あの自分が直した、自分の才能に気付かしてくれたオルゴールの持ち主って気付いていたら対応、変っていた?
まぁ色々と想像すると楽しいね。

夜はまた違った映画を見る予定。
さて、何を見ようか?

じゃあね


1/10「ピーター・パン」

年末にWOWOWで録画していた『ピーターパン』を見ました。
51l2jsvgaul__ss500_
ディズニーアニメのピーターパン、確か1度学生の時リバイバルなのかなんなのか、映画館で上映したことがあったような気がするのですが(たぶんポスターだけ手に入れた気がする)見に行ったことはないです。
以前テレビで放送されたときに見たのかな?
ピーター・パンってすごーく憧れだったけど今になってみるとけっこう我儘な奴だよねぇ。
それでもやっぱり楽しんで見れました。
半世紀以上前の映画とは思えないなぁ。
すごく素敵な絵だと思うのです。今のディズニーのCGのアニメよりセル画のアニメの方が好きだな。

続けてティンカーベルも見るのだ!

じゃあね

2010/01/09

1/9「幸せの1ページ」

年末にWOWOWで録画していた『幸せの1ページ』を見ました。
51xtmfdoel__sl500_aa240_
映画館に見に行くつもりでいたのに確かいつもいく映画館での上映はなかった気がするんだよねー
それともあったのに気付かなかったかな?
とにかく見たかった映画でした。
見終わっておとぎ話って感じが強いけどでもよかったー、見て。
主人公の女の子ニム、ミス・リトルサンシャインのあ子なのね。リトルサンシャインの時はぽっちゃりした幼児体型ってイメージが強かったけど、少女になってたねぇ。
ジュディ・フォスターは相変わらず美しくていいねぇ。でもけっこうマッチョなんだー 対人恐怖症で極度の引きこもりで家から一歩も出ない作家の役をしていたけど、ちゃんと家の中で体を鍛えているシーンがあったからあの体でいいのよねー 本当に本を書くだけで外にも出ず運動もしていなかったら無事にニムの島まで辿り着く体力は絶対ないはずだもん!
でもニムの島は素敵ねー
美しい大自然の中にちゃんとテクノロジーも組み込まれてて。でもあそこに住みたいかと言われれば・・・
遊びには行きたいけどね。 まず食べ物がねぇ。お菓子はないし、肉も食べれないし、魚を録って食べる分はいいだろうけどあのミーム、虫だけは嫌だーーーー! それとも慣れれば平気なの?
動物たちも楽しいよね。 海もきれいだしさ。ほんとたまに訪ねて行ってのんびりするにはいいよねーーと思いました。
途中にやってくる海賊船の奴ら。最初はニムの空想なのかと思ったら観光会社の船だったのね。納得。
でもあのちょっと触れあった男の子、もっとスマートでカッコイイ子ならよかったとにーー どうせ映画なんだからかっちょいいこを見たいよ(笑)
最後はハッピーエンド。 幸せの1ページがはじまるって終わり方、好きだなぁ。


今日はいい天気でした。
昼に図書館と食料品の買い出しに行き、それ以外はテレビ見てました。 年末年始のバラエティはほぼ見終わり、残っているのは通常に見る奴と無料サービス放送を録画した映画だけ。
そのうちの1本は今日の夜見たのよね。
明日の昼はテレビの番組録画を消化して夜はまた映画を消化しましょう。さて、何から見ようかな?

じゃあね


2010/01/08

1/8「とめはねっ!」

昨日の晩、NHKのドラマ『とめはねっ!鈴里こうこう書道部』を見たのですがー、よかったです。
ドラマ化されると聞いた時から楽しみにしていたのですが、なかなかよかったっす。
望月もかわいいし、大江縁はなさけなーい顔で最初「えーー」って思ったけど、原作がもともとそうなので合ってますよね。ハリポタのロンに劣るとも勝らないビンボー面してるなぁと一人感心しておりました。
加茂ちゃんも好み。 赤井の娘に似てるなぁと思いながら見ていたのですが、いやいや彼女はもっと大人だ、高校生じゃなかろー。妹?とか思っていたらやっぱり本人でした。ヘキサゴンで最近見ないなぁと思っていたけど、この加茂ちゃん役はとーーってもいい! 好きだなぁ。三輪ちゃんもいいですね。かわいいっす。
ぶちょーがちょっと・・・まぁでも許容範囲です。ただブラック日野ちゃんはちょっと違うなぁ・・・
今のところ ぎゃー!違う!!と思ったのは勅使河原くらいか? ちっともイケメンじゃないよ。 
ストーリーもよかったと思うので毎週録画セットしました。
6話で終わるということは・・・どこまであるのかな?
楽しみです。

さー、3連休ですよ。
溜まった録画番組消化して、余力があればWOWOWやスターチャンネルで録った映画まで見ちゃおう!

じゃあね

2010/01/07

1/7「銀河不動産の超越」

銀河不動産の超越』(森 博嗣著 文芸春秋)を読みました。
51nxj52afwl__ss400_
これ↑は文庫本だけど私が読んだのはハードカバーです。
以前からとても気になっていたこの本地元の街の図書館ではなくて、市の図書館で見つけて借りてきたのでした。
私、勝手に舞台は宇宙で異星人のお客相手にてんやわんや・・・って話と思い込んでました。
まーったく違いました。
のほほーんとしたマイペースな主人公高橋が就職した先が銀河不動産というの。街のちっぽけな不動産屋さん。社長の名前が銀亀さんなので銀河不動産ってなったみたいねぇ。社員は高橋を除くと佐賀さんという年齢不詳の年上の女性が一人きり。
ある日間宮葉子さんというちょーーーーお金持ちの人に物件を紹介し、そのかわーった建物を気に入った間宮さんはそこを買って高橋に住めって言い出し、そこから山田・島田の二人の女の人と同居したり、池谷さんという50代の田舎から出てきた変なおじさんと仕事を通じて知り合い、そこの娘さん登美子さんとなぜか結婚することになったりして最後はみんなはっぴー!!
さすがに結婚の件は「えーー そんなんあり? いくらなんでも非現実的~」と思ったのですが、ま いいかー
いつ籍を入れたかもうやむやなまま最後は娘が生まれてその子が高校生になってるところで終わりました。
なかなかおもしろかったです。
bk1の内容説明では「危険を避け、できるだけ頑張らずにすむ道を吟味し、最小の力で人生を歩んできた高橋青年。彼の運命を変えたのは、入社した「銀河不動産」だった。次々に訪れる変わった客。ついには運命の女性までが…。 」となっていました。


今日は七草粥。 会社でいただいたので家では全く気にすることなく、お好み焼きを食べるのだ。
しかし今日も寒いなぁ。 足が冷えてる~

さ、今日も頑張って録画消化するぞー
昨日はさんま玉緒の夢かなえたろ~とゴンゾウとイロモネアを見たのだ。今日はなんだろ?
雨トーーーークを見れるのはいつ?ベティは?今度の休みかな?

じゃあね

2010/01/06

1/6「精霊探偵」

昨日借りてきた精霊探偵』(梶尾真治著 新潮社)を読みました。
41gaa65spel__ss500_
表紙は黒猫。なんで?と思っていたけど、後半部分の活躍を読むと納得。
カジシンはやっぱご当地SFがよかーと思いました。 年末に読んだサラマンダーに比べると格段に巧くなってるよねって素人の私が言うことではないでしょうが。
主人公新海の背後霊(守護霊)について何も考えず読んでいたのですが、判明した時は意外でした。気づかんだった~
とにかく面白かったので1日で読み終わっちゃった。
そうね、途中までとてもおどろおどろしく感じた銀色のカード、お化けに名前がついた途端お間抜けになっちゃうってあるよねー「トラおば」ってのは間抜けすぎるよ。「トラヘビお化け」が正式?らしいけど、それにしても・・・
で、猫が苦手で小夢(さゆめ)ちゃんに憑いている黒猫が戦ってくれるところまではすごい感じだったけど、ニンニク・・までは許せるとして虫よけスプレーがトラおばに効くってのは間抜け度アップだねー
しかし、憑かれている人間を憑かれていない人間がリンチにかけて行くところは人間のおぞましさが出てるねー 怖いなぁ。
舞台は熊本市。
そうそう、中盤で出てきた嘉島の大型ショッピングモールがオープンするニュースってところで、あぁクレアのオープンの頃の話かぁと思ったことでした。地元だから分かるんだよね~ うれしいよ。
bk1の内容説明では「事故で妻を失ってから、私には他人の背後霊が見えるようになった。霊の示唆で相談事を解決するうち、それが評判となり、人捜しの依頼が舞い込んだ。だが、依頼を受けて捜査を始めた矢先、奇妙な出来事が起こり始める…。 」となっていました。

今日は誕生日の人がいたのでピザを買って帰り食べました。 マルガリータ、角切りベーコン・コーン、照り焼きチキンたまごの3枚。 うー、お腹いっぱい! 満足じゃ。

じゃあね

2010/01/05

1/5「口笛を吹くネコ」

佐藤さとるファンタジー童話集〈7〉口笛を吹くネコ 』(佐藤さとる著 講談社文庫)
図書館に行きそびれたため読む本を探し、選んだのがこの本。30年近い前に買ってるよ。
久しぶりに読んだけど、やっぱりいいなぁ。
ものすごーーく懐かしい感じです。
私が懐かしく思うのだからやっぱり今の子たちにすると古すぎてイメージがわかないってこともあるのかな?
7つのお話(「ぼくは魔法学校三年生」の中にはいっぱい)入っていまして、一番好きなのは「この先ゆきどまり」かな?
いつも開いていない木戸が開いていて、そこを抜けたら開発前の昔のそこにタイムスリップするの。
削られる前の山の高さとアパートの屋上の高さが同じなため、今と昔が出会ってってシーン、いいよねー。
やっぱり佐藤さとるはいい!
村上勉さんの絵もやっぱ好き!

今日は大発見がありました。
いつも会社できているジャケット。ポケットがなくてとても不便だったけど、まぁ千円じゃけんしゃーねーか、と諦めていたの。 ポケットのふただけはあってさ、「おしゃれはいいけん、ポケットつけてよーー」って思い続けていたのね。
今日ふとしたきっかけでそのふたの下の部分に指が入る隙間をみつけえーい、裏地でもよかたい!糸を外して回りば縫っちゃえ!くらいの勢いで糸をほどき始めたら・・・ひゃー!立派なポケットがあるじゃっか!!
知らなかった~ このジャケット何年目?2年?3年? 損してたわ~
でもこれでめっちゃ便利になりました。
ハンカチも入れられるし、鍵も勤務中は入れてていいや。
しかし仮で綴じているにしてももーちっとゆるゆるで「仕付けです!」くらいの糸でゆるゆるにしててほしかったよねー ミシンでびっしーっと縫い止めてあったのだもの。気付かないはずだわ。

じゃあね

2010/01/04

1/4「ぱしぱしの小道」

今日からお仕事開始。
でも今日までは早く帰っていいと言われたので早めに会社を出ました。
明日から頑張るばい。

仕事開始に伴って朝のちゃりんこ漕ぎも開始。
でも実はとうとうちゃりマシーン、壊れてしまってタイマーも効かなきゃ負荷もなし(笑)
さしより腕時計を見ながら・・・めと思ったらまんが本1冊読み切ってしまいました。20分・・・・
読んだのはぱしぱしの小道 』(谷地恵美子 白泉社)です。
新年最初のマンガになるので何を読もうかと考えたのですが、やっぱ幸せな気持ちになりたいということでこの本をチョイス。
この漫画、めっちゃ好きなのよ。
何度読んでもうるうるきちゃうけど、でもすごーーくハッピーな気分になれるのさ!
朝からほんわか気分で朝の支度を始め、洗濯ものを干し・・・としていたらまぁ大変! 起きる時間を30分遅くしたので余裕が全くなくて家を出る時間が5分以上遅くなってしまってちょっと焦ってしまいました。

昼休み用に読む本、年末に借り損ねたので無くて、今日はマンガを持って行きました。
ビリーザキッドの1巻2巻。なかなか難しいよね。やっぱまとめ読みせなならんタイプのマンガかも。

帰りが早かったので家に着いた後図書館に行こうと思っていたのに気付いたら着替えてしまっていたので取りやめ。 明日気が向けば市の図書館に行ってきます。
明日は何読もう?

じゃあね

2010/01/03

1/3 今日もテレビ

今日もずーーーーっとテレビ見てましたよ!
朝7時半ごろ起きて洗濯もの干した後2度寝。
11時いや、12時前に起きたのだ。
あ、洗濯のとき映画音楽のテレビをそーとー飛ばしながら見て、2度寝から目覚めた後はドリームマッチを見ました。こりゃー面白かったね。優勝したコンビ、納得納得。
途中生で今田東野の番組見て、ドリームマッチの後はちょっとさんまのまんま見たけど時間になったのでサンタクを生で。
いーなー、ブルーインパルス! あたしも乗ってみたーーーい。
すぐ首をやられちゃうし、嘔吐失禁そして失神の可能性大か~
せめて見たいですね、生で。
でぶねこさんは何度も見ているんだろうなぁ~ うらやましいっす。

今から久しぶりに料理をしてまたテレビ三昧の予定。今夜は麻婆豆腐っす。わざわざ近所のスーパーに98円の豆腐を買いに行ったのだ。ちーった運動せんとねー
明日から仕事だよね? 一週間まるまるあるとよね? きびし~(笑)

じゃあね

2010/01/02

1/2 お笑い三昧

朝、8時過ぎに起きました。
曇りの予報だった割にはいい天気。
洗濯してけっこう乾いたよ。
1時過ぎから親んところに挨拶に行って帰ってきたのが5時ごろだったのですが、その前に雨が降ってました。

昨日録画した爆笑ヒットパレード、しゃべくり7少し早送りなどしつつ見まくってます。
今日も録画する番組多くて、いつ見る暇あるのか?
明日もまたテレビ三昧でしょう。

そして食べすぎて体重は増えまくり。どーしよー(笑)
まぁそれだけ健康ってことで。
そういえば昨日一日消えなかった頭痛が今日いつのまにか消えてたよ。よかった、よかった。

じゃあね

2010/01/01

1/1 謹賀新年

みなさまあけましておめでとうございます。
健康な一年が過ごせますように!

今朝は3時59分に携帯の電話で起こされました。間違い電話かと思ったけどそうではなく、まぁびっくり。
でもすぐ眠って次は7時過ぎに起きました。
外はなかなかいい天気のようですが、寒い寒い。
今年はいつもの福袋買い物ツアーを取りやめたので一日テレビの番に徹します。
でも昨晩からの頭痛がまだとれないのよね~ 薬は飲んだのだけどなぁ・・・

まぁおりこうさんにしてればそのうち治ることでしょう。

今年もよろしくお願いします。

じゃあね

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »