« 1/5「口笛を吹くネコ」 | トップページ | 1/7「銀河不動産の超越」 »

2010/01/06

1/6「精霊探偵」

昨日借りてきた精霊探偵』(梶尾真治著 新潮社)を読みました。
41gaa65spel__ss500_
表紙は黒猫。なんで?と思っていたけど、後半部分の活躍を読むと納得。
カジシンはやっぱご当地SFがよかーと思いました。 年末に読んだサラマンダーに比べると格段に巧くなってるよねって素人の私が言うことではないでしょうが。
主人公新海の背後霊(守護霊)について何も考えず読んでいたのですが、判明した時は意外でした。気づかんだった~
とにかく面白かったので1日で読み終わっちゃった。
そうね、途中までとてもおどろおどろしく感じた銀色のカード、お化けに名前がついた途端お間抜けになっちゃうってあるよねー「トラおば」ってのは間抜けすぎるよ。「トラヘビお化け」が正式?らしいけど、それにしても・・・
で、猫が苦手で小夢(さゆめ)ちゃんに憑いている黒猫が戦ってくれるところまではすごい感じだったけど、ニンニク・・までは許せるとして虫よけスプレーがトラおばに効くってのは間抜け度アップだねー
しかし、憑かれている人間を憑かれていない人間がリンチにかけて行くところは人間のおぞましさが出てるねー 怖いなぁ。
舞台は熊本市。
そうそう、中盤で出てきた嘉島の大型ショッピングモールがオープンするニュースってところで、あぁクレアのオープンの頃の話かぁと思ったことでした。地元だから分かるんだよね~ うれしいよ。
bk1の内容説明では「事故で妻を失ってから、私には他人の背後霊が見えるようになった。霊の示唆で相談事を解決するうち、それが評判となり、人捜しの依頼が舞い込んだ。だが、依頼を受けて捜査を始めた矢先、奇妙な出来事が起こり始める…。 」となっていました。

今日は誕生日の人がいたのでピザを買って帰り食べました。 マルガリータ、角切りベーコン・コーン、照り焼きチキンたまごの3枚。 うー、お腹いっぱい! 満足じゃ。

じゃあね

« 1/5「口笛を吹くネコ」 | トップページ | 1/7「銀河不動産の超越」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/47221266

この記事へのトラックバック一覧です: 1/6「精霊探偵」:

« 1/5「口笛を吹くネコ」 | トップページ | 1/7「銀河不動産の超越」 »

無料ブログはココログ