無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/30

11/30「つるばら村の大工さん」

今日はつるばら村の大工さん』(茂市久美子著 講談社)を読みました。
51d4crzrlql__ss400_
あぁやっぱり絵が残念。
これしは正真正銘始めて読む本でした。この前に洋服屋さんがあるみたいだからいつか読まなくっちゃ。
今回の主役は雄一さんという若い大工さん。
おじいちゃんの勇吉さんが遠い昔に建てた月見が原の小屋を修理してから色々な人ではないものたちが大工仕事を頼みに来るようになるそんな1年のお話です。
なんだかいつも以上に短い気がしましたが、やっぱりほんわかないい話には違いありませんでした。
「おじいさんの小屋」おかっぱ頭の男の子に頼まれておじいさんが建てた小屋を修理に行きます。
「モグラの井戸」モグラに頼まれて戸を作ってやり、代わりにその中にある井戸の水をもらう話。
「カエルのラジオ」雨漏りがするやねにしてとのリクエストで仕事して、お礼にカエデのアンテナとドングリのラジオをもらう話。
「キツネのお面」盆踊りのやぐらを頼まれ作ってあげたのですが、折角の盆踊り当日、ついつい食べ物を食べるためにお面を脱いでしまったため盆踊り会場からはじき出されちゃった話。
「よもぎ堂の入浴剤」ウサギに頼まれ仕事場を店に改造してあげて代わりにヨモギの入浴剤をもらった話。
「もみじの茶店」テラスの修理を頼まれおいしいあんみつをいただいたのですが、そのお店はもみじの精たちが一休みするためのお店だったみたい。
「冬の合宿所」カモシカの精に頼まれて合宿所を作ってあげたら冬眠するものたちが利用したって話。
「初夢のねむる部屋」小さい天狗に頼まれて開かなくなったふすまを開けに行ったところその奥の部屋には初夢が大切にしまってあったって話。
「タヌキのダイコン」寒干し大根を入れる箱を作りたいから大工の七つ道具を貸してほしいと頼まれ、ついて行って美味しいみそ汁や煮物を御馳走になり箱をタヌキと力を合わせて作ってお礼に寒干し大根をもらってくる話。
「南風のプレゼント」春二番の女の子の家の前を雪かきしてあげる話。
「クマのわすれもの」天井にあった蜂の巣で蜂蜜を取ろうとしたクマが穴をあけてしまい、そこの修理に行った時に拾ったノートはクマのものでその晩に取りにきたクマはいつかレストランを開きたいと夢を語った話。
「山小屋のレストラン」人間の若者が出てきてどうもその人はこの後お祖父さんの小屋をレストランにしちゃいそうな感じ。熊が拾ったノートはその若者のものだったことがわかり、また最初に現れたおかっぱの子供はきっと小屋のザシキワラシだったんだなーって話。
つぎは「つるばら村のレストラン」で決まりかな?
bk1の内容説明では「つるばら村の大工・勇一さんのところへ舞いこむ不思議な注文。はじまりは、月見が原の小屋の修理でした…。季節の輝きに満ちた、やさしいファンタジー。「つるばら村」シリーズ第8弾。『ちゃぐりん』連載に加筆して単行本化。」となっていました。

今日は結構忙しくてあっという間に時間が過ぎました。提示以降にお客さんが来るとのことで待ったり、パソコンの電源落とした後書類を頼まれ、またパソコンを立ち上げ直したり(時間がかかるんだよ~)したので帰るのが遅くなってしまったのだ。 天気も悪いため真っ暗。
あぁはなく日が長くて暖かい夏が来ないかなぁ(笑)

じゃあね

2009/11/29

11/29「つるばら村の理容師さん」

つるばら村の理容師さん』(茂市久美子著 講談社)を読みました。
51q5ecll5zl__ss500_
くー2年半前に読んでいたのに忘れてた~(笑)読んだような、読まなかったような・・・と思って読み終わった後読書メモを見たら2007年の6月に読んでいたよ(^^ゞ
なんとなく記憶はあったんだよね。

今度のつるばら村は理容室。やっているのはもうすぐ60歳になる山野このはさん。
八木のうぶ毛をすいてお礼にもらった軽くてあったかいショール。キツネが作った長靴、雷坊やの青い矢尻を研いだ光る砥石。山んばの髪を切って爪を切って肩をもんでやって見せてもらったネネさんの花嫁姿。モグラの風力発電とそのお礼のクリスマスパーティ。ネズミに茶碗をあらってもらい、紅白歌合戦をこたつで落花生とともに見せてあげたから探してもらった指輪。そして山桜のゆめの話しが載っていました。
やっぱりほのぼの~そしてやっぱり絵が・・・
中村さんに戻して~ もしくはこみねゆらさんがいい~
bk1の内容説明では「山野このはさんの小さな理容店「つるばら理容店」には、ふしぎなお客さんがやってきます。うぶ毛をすきとってほしいというヤギ、小鳥の巣のような髪の毛の女のひと…。心をふわりとかるくさせる、7編のやさしいファンタジー。」となっていました。

雨が降るかと思っていましたが、逆に時折日差しも見える天気でした。でも昨日を思うと寒かったなぁ。部屋で5度違ったよ。
一日家にいました。ベランダには出たけどね。
で、テレビばっかり見てましたよ。 まぁいいかー

じゃあね

2009/11/28

11/28「招福堂のまねきねこ」

市の図書館に行ったらまだライムの本は却ってきてませんでした。それで今日はすごーーーーく久しぶりに(15年ぶりくらいかも)子供の本のコーナーをじっくり見て本を借りてきました。何冊か選んで交換した挙句、茂市っちゃんの本をたくさん借りてきました。まずはまたたびトラベルの続きの本です。
招福堂のまねきねこ―またたびトラベル物語』(茂市久美子著 学研) 
519jgjbmbtl__ss500_
7つのお話が載っていました。
私は特に猫好きではないけれど、もし猫好きの人が読んだらもっともっとたまらんだろうなぁと思いつつ読みました。
いつ読んでも茂市っちゃんの話はほっこりしてて心があたたかーーーくなるよね~ とても好き。
今回は
「再会」昔駆け出しのカメラマンの頃撮った猫の写真で当てた人が田舎に引っ越すときに別れてしまった白い猫メイとの再会の話
「ネコの手、貸します」」小さい子供4人の子育てに追われているお母さんが飼い猫のモモちゃんの申し出で手伝ってもらう間に二30分の読書をする時間を得たのに、いつの間にかモモちゃんばっかに仕事させてだらけてしまって、モモが家出しちゃう話。
「またたび温泉」またたにトラブルなんでも相談所の直哉さんが間違い電話に困っていたまたたびトラベルに偶然入ってきて猫を探している話をしたら温泉行きをすすめられ、そこで講師をしていたのが探していた猫ミルンだったって話。キャットセラピーの猫だったの。
「招福堂のまねきねこ」蕎麦屋を始めて耕作さんがおいしいそばを作るのに客が来ないのは招き猫を置いていないからだと言われ、招福堂から月3000円でレンタルを受けるけど約束を破りお供え物もその後の残り物を野良猫にやることもすべて忘れてしまっていたらまた閑古鳥が鳴きだしたって話。最後は野良猫にえさをやることで人気回復したけどね。
「後悔しない旅」新巻鮭作りのツアーのポスターの片隅に書かれたテレビに出るレポーター役に応募した女子大生の美咲が厳しい漁やきつい鮭の加工作業を経て仕事の素晴らしさを知りちょっと成長した旅の話。
「耳かきマイスター」貧乏からたたき上げで今は金持ちになった社長が最初に構えた事務所のあった部屋でやってる耳かき屋に行って耳かきしてもらい子供のころを思い出し、その後社員の福祉に気を配るようになったという話。いいねぇ
「誓約書」クリーニングやだから猫を飼ってはいけないと言われた子供がまたたびトラベルでお父さんになったら子供に捨て猫をまた捨てに行かせないという誓約書を書かされてかわりに捨て猫を引き取ってもらうのだけど、実はその子のお父さんも子供の頃同じことをしていてそれを思い出し猫を飼う話。
ほんとにいいねぇ。ほっこり、ほっこりだよー
あ、でもやっぱり挿絵はいまいち。まぁこの黒井さんはいいほうだけど、中村悦子さんが合うよな~
bk1の内容説明では「8年間の修業のあと、独立してそば屋をはじめた耕作さん。しかし、なかなかお客は集まりません。ある日、見知らぬ老人から、お客を招くという「まねきねこ」を借りますが…。表題作のほか全7編を収録。 」となっています。


朝、カーテンを開けると真っ白な世界。 霧だよ~ びっくりでした。
でも昼間はいい天気。洗濯ものもよく乾くはずです。 なのに明日は雨の予報。やだねー
暖かくてさ、いい感じたよ。 なのに明日は・・・ まぁ考えまい(笑)

じゃあね


2009/11/27

11/27「逆転のクレヴァス」

やっと友達から借りれた逆転のクレヴァス―クラッシュ・ブレイズ』(茅田砂胡著 中央公論新社)を読みました。
51dasn4whul__ss500_

多分もう新作が出てるはず!
今回はめちゃくちゃ常識なしの人間が出てきて、あのリィですらたじたじの人間でさ、主役しちゃってたねー
その人はなんとリィを誘拐しようとして(実際したのだけど)最後にはあまりの非常識さというか人間離れした思考の持ち主で悪の元締めすら(笑)へなへななっちゃった。
その名はミック。
誘拐された後、本当の子供を誘拐というか連れてこようと画策しだしたあとが楽しかったねぇ。シェラはやっぱよかーーーシェラの料理食べたい!
今回はケリーたちは出てこなかったけど、ダイアナだけは出てきたねぇ。とにかくさいしょはもったりけいだったけど後半は楽しかったなぁ。
bk1の内容説明は「食事だと言われて居間へ移ったリィは、用意されたドーナツやケーキなどの甘い匂いに顔をしかめた。「おいしそうだろう。頼むから一緒にきてくれ」 そう言う髭もじゃの顔をした男に、リィは「あっさり」誘拐されてしまい…!? 」となっていました。

今日も珍しくちょっと残業。
頭使って煙が出そうになったので帰って来たのだけど、帰る途中で頼まれていたFAXを完全に忘れていたことに
気づき慌てちゃった!もう会社に戻る気はなく、でも待ってたら・・と思うとせめて電話をと思うけど公衆電話なくてさー やっとファミマで電話を見つけてかけたけど留守電とFAXにしかつながらず、家に帰ってから携帯にかけて謝ったのでした。全くもぅ、使えない奴>私

さて、またあすら休みです。
何しよう?

じゃあね


2009/11/26

11/26「オリュンポス 下」

オリュンポス 下』(ダン・シモンズ著 早川書房)読み終えた!
51wq5rzfc1l__ss500_

大団円でいいじゃないか!
残念ながらシェークスピアもホメロスも読んだことがないのでお楽しみは半減した感もあるけど、広がりまくっていた世界がぎっとまとまってよかったね。
あの緑のこびとがなんで延々とプロスペローの巨石人頭像を建てなきゃなんなかったのかがなんか引っかかったまんまなんだけど、ま、いいかー
あとなんでポスト・ヒューマンって女しかいなかったの?
なんだか細かいところはよくわかんないまんまだけど、まーいいさ。大雑把に楽しめれば。それが私の読み方さ(笑)
ハーマンが助かってよかったー
アーダもお腹の赤ちゃんも助かってよかった。
結局最後はマーンムートもオルフも地球に住むことにしたのかな?
木星での仕事は?
オルフが子供好きとは驚いてしまいました。
なんやかんやでマーンムートが一番好きな登場人物かな?
ノーマンとシコラックスがああいう関係になって、時間も空間も事由自在ってのはなんだか「えー」って感じでした。
シコラックスってだから何者なんだ?
セテボスってやられたの?なんで逃げた? 静寂って何?
キャリバンとディーマンのやり取りを見ると本当に続きがあるみたいだよねー
ハイペリオンからエンディミオンに繋がっていったように。
でも出来ればこれで終わってほしいっす。
舞台の世界が私には未知すぎて・・
ねぇ。アーサー・ランサムの世界とかさ(笑)それを下敷きにしてくれればいいとに。
あと私もフリーファックス出来れば世界中どこにでも行けるのになぁ。
bk1の内容説明では「大きく変貌をとげたはるかな未来世界で、恐るべき敵に果敢に立ち向かう古典的人類の戦い! ギリシア神話をめぐる物語、戯曲や詩を織りこみつつ描く、トロイア戦争をめぐる壮大なSF叙事詩。「イリアム」につづく完結編。 」となっていました。

今日はいい天気で暖かった~
3時半過ぎに自転車で出かけた時は幸せで鼻歌出る感じだったのに、5時半過ぎてまたお出かけしたらコートにニット帽。「天気いいと冷える~」って感じてました。 ホント勝手だよねぇ。

じゃあね

2009/11/25

11/25 頭痛

天気もよく暖かだったのにずーっと頭が重かった。
帰って来て血圧を計ったけど、大して高くなかったので血圧が原因ではない。それには安心。
でもいやね~
ただでさえボーっとしているのにいつも以上に集中できないわぁ。
やっぱりテレビの見過ぎ?ほんの読み過ぎ?
困ったもんだ・・・
と言いつつ今からアグリー・ベティを見るのであった。
じゃあね

2009/11/24

11/24「再会の街で」

借りていたDVDの残りの1枚『再会の街で』を見ました。
516wonh2ugl__ss400_
まず言わせて! Qが出てたよ! ジョン・デ・ランシー。とんまな精神科医役でちらっと出てきただけだけど、いやー懐かしい。んでもってやっぱり年取っちゃったなぁ。太ったなぁ・・・・
ってこの感想は一般向けではないですね。 TNGファンならわかると思うけど!

主人公はホテル・ルワンダの人だったのね。もう一人の主人公と言える家族を9.11の日個合う機事故で総てしなった彼はベッドタイム・ストーリへの人だったのかー。 気づきませんでした。
歯科大学時代のルームメイトと街で偶然出会った歯科医が家族を失い精神的に閉じこもってすべてを忘れてしまおう、何も思い出したくないって友達をなんとか助けてやろうって話。でも助けられたのはじつはルームメイトだったチャーリーだけでなく、四回でいい奥さんに可愛い娘たちもいて何もかも満たされているはずなのにどこか虚しいジョンソン先生の方もだったのよね。
思い出したくない、話したくないって言っていたチャーリーが家族の話をぽつぽつと始めたシーンでは涙がじわじわ湧いてきて、奥さんの両親と話すシーンではぼろぼろ泣けてしまいましたよ。
でもね、なんとか明るい兆しが見えてきた終わり方だったのでむよかったー
あの同時多発テロの影響はすべてのアメリカ人にとってまたそれ以外の国の人々にとってもものすごい出来事だったのだろうと思うけど、でもなんだろう? 逆に今戦地になっているところでは日常茶飯事として起こっている出来事なんじゃなかろうか? なのに何故アメリカの出来事ばかり取り上げる?って気がどーしても心の中にあるのだよね。 
あぁとにかくこの世からテロや戦争がすべてなくなってしまえばいいのに。
この映画はまたまたブログ「JUNe-CINEMA」で知りました。 最近全くプロ具が更新されてなくてとってもさみしいです。どうしたのかなぁ?以前ずっと見ていたお菓子のプロ具の人が突然亡くなってしまった、ってことがあったので心配です。単にプロ具に興味が無くなっただけとか、ほかのサイトでやってるのならいいんだけどなぁ。

というわけで、今回はちゃんと期間内にDVDを見終わりました。
明日は天気もよさげだし、予報によると暖かい日らしいので明日のうちに返しておこうと思います。 今日は最高気温16度と言っていたのに10度ぐらいだったんだよねー1月の気温だって。 もう!寒いと思ったもん!雨も昼前から降っちゃうしさ。頼むよ~明日は予報当たってね!

じゃあね

2009/11/23

11/23「クリスマスキャロル」

今日は友達と『クリスマス・キャロル』を見に行ってきました。
333976view002
わたしはたまったポイントで見るつもりだったのですが、この前いい映画がなくビデオだったからと言って友達が奢ってくれたの! ありがたいことです。1月は彼女の誕生日なのでもちろんその時は私が映画とお食事を。
1月は見たい映画が結構あるみたいなのでいまから楽しみです。
さて、映画ですが、ジム・キャリーがスクルージをやるということで結構楽しみにしていったのですが、ほとくんどアニメですね。 かろうじてジム・キャリーとわかりました。それ以上にゲイリー・オールドマン!!好きなのにーー
まるでアライグマのような輪郭の顔にされちゃってました。すごくチビになってたし。安い給料でこき使われて、びんぼうなのにガキばっかこさえてるボブの役でした。
えーーー!今チラシ見て知ったけど、ティム坊やとマーレイの役もしてたのー! そりゃー気がつきませんでした。
マーレイ、特に亡霊になったマーレイ、怖かったよ~
ディズニーなのでか吹き替えしかなくって、で子供向けでもあったのでしょうが結構怖くて、私が子供の時見たら夜トイレにいけないなぁと思って見ていました。
物語はいわゆるクリスマス・キャロル。 スクルージがなんであさひまでの守銭奴になったかがちっともかいてなかったのが不満と言えば不満ですが、クリスマスの亡霊とかとてもよかっですよ。
でもパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使せずちょっとした特殊メイクとちょっとしたCGだけを使い、生のジム・キャリーやゲイリー・オールドマンが演じているクリスマス・キャロルも見てみたいなぁと思いました。

で、映画自体はなかなか満足だったのですが、映画館が寒くてねー
もそもそやっていたせいかその後マックでささやかなランチを取っていた時ピアスを片方なくしたことに気付きました。 ショックー、バチカンで買ったメダルを加工して作ったピアスだったのにー
戻って映画館の人に尋ねたところ終わった後の掃除では見つからず、今の上映が終わった後も見てみますって言ってくれたのですが、残念ながらかかってきた電話では落ちてなかったって。 どこで落としたのかなぁ?道端?トイレ? あー、残念。
イタリアに一緒に行った人が鍵に付けていたメダルを譲ってくれたのでまた作ろうと思えば両耳揃えたピアスができるけど、残念だったなぁ。

そいで今日は予報通り天気よくて暖かかったです。
なのに明日が雨降るせいか朝から頭が重め。映画の後は首から顔から頭から痛くってさ。
薬飲んだり昼寝したりマッサージチェアーに座ったり・・・
結局茶碗洗いや晩飯づくりしだしたらなんとなく治まりました。
やっぱぐーたら遊び呆けてたらダメなのかしら?(笑)

明日から仕事だよ。ほどほどでがんばろーっと!

じゃあね

2009/11/22

11/22「ラスベガスをぶっつぶせ」

先週借りてて見る暇を作れず返してまた借りてきたDVD『ラスベガスをぶっつぶせ/a>』を見ました。
51le6mbrctl__ss400_
これって実話を基にした話なんですよねー すごーーい!
MITのめっちゃ賢い学生がカード・カウンティングとかなにんとかいう方法でラスベガスのブラックジャックで大金を稼ぐって話なのですがー
原題は「21」。ブラックジャックのことだし、主人公の年も21歳だったなぁ。でもいつも思うけど外国の映画のタイトルの出方って地味だよねー 画面に出てきてもこれがタイトル?って感じでついつい見逃しちゃいそうですよ。日本語のタイトルの方が見てみようって気になりますよね。
主人公のペン、最初はあんなに嫌がっていたのに、やっぱり大金を手にして贅沢な遊びを覚えちゃうと人間変わっちゃうんだねぇ。 親友との間にもひびが入っちゃってさ。
ただ最後はよかった。 秘密をちゃんと仲間に話し、親にも話し、やっぱ値はとってもいい子なんだ、ベンって。
ただとっても不思議だったのがなぜお金を銀行に預けず天井裏に隠してたのかなぁ? 大金を預けすぎると怪しまれるから? あ、税金を払いたくないから? あれ?ギャンブルで得た金って課税されたったけ?
いつお金を盗まれるか!って一人で心配していたけどやっぱね。
でもとにかく最後はハッピーエンドでよかったー
あのコールさんを含めてね。
私もいつかはラスベガスに行くのだ!ただ多分カジノは見るだけだねーだってギャンブルは数学なのに数学的才能は皆無だから(笑)
あ、もともとお金もないし、チャレンジ精神もないからね、どケチ過ぎてさ(笑)

今日は遅くまで寝てたー
起きたらめっちゃ曇天。y?雨も降ってる?
で、すぐDVD見ました。
この後もテレビ見て過ごす予定です。

じゃあね

2009/11/21

11/21「2012」

『2012』を見てきました。
332430view004
映画館の予告だけでなく、テレビでもいっぱい関連番組があったりして、そうとうマヤの予言がどーたらって色が強い絵てがかと思っていたら、マヤの暦や予言についてはほんのちらっと言及されただけでした。
惑星直列でどーにかなるってのもなんだかなぁ?と思っていたけど、それもちらっと出ただけで、ニュートリノが太陽のコロナ(だったっけ?)で変質してそのために地球のコアが温められ地殻変動を起こすっていうせった手だったと私は捉えたので、なんとなくそうなんだーと思って見ることができました。 ん?でもその考えだと地球だけでなく人間自身も電子レンジの中に放り込まれたみたいに体内から温められてしまわないのかしら?
アメリカが頭に立って中国の山奥ででっかい船、いわゆるノアの箱舟を作り、そこに選ばれた人間と動物が避難してこの大災害を生き抜こうというのだけど、よくまぁ中国が場所と作業員を提供したのに乗る段階になって中国の利権を主張しまくってほかの国より多くとか、ほかの国は乗せないとか言い出さなかったなぁと思っちゃいました。
まぁそれはともかく、もっともっと人間ってエゴが強くてあんなにスムーズにいかないだろうなぁと思いながら見てました。 特に金持ちや権力を手にした人間ばっかりが集まってるのにさ。
海がやってくるという時になっていわゆる密航者のために船のエンジンが掛けられなくなり、そのために何人も死人が出たのに、その原因となった奴らに感動できるってのもなんだかなぁ・・・・ まぁその奴らが主人公だったからだけどね。 あのへんはなんだか素直には共感できなかったです。 その人たちもなんら罰せられることなく船の一員として受け入れられたのは箱舟に乗るために取った手段に後ろめたさを感じていたから?
しかし何もかもが壊れてしまった地球でこれからどうやって生きていくのかしら?頭のいい人や金持ちは乗ってても、実際食料を作るために働く人、誰がいるの?ヘリコプターとか何台もあるようだけど、燃料を作る機械や人は? もうお金ってしばらくは意味無いだろうに、あの金持ちのロシア人の子供達はちゃんと世話してもらえるの?なんて思っちゃいました。
でもあのロシアの金持ちは味があってよかったなー 話し方がさ、ゆっくりしてたから好き(笑)
あとチャーリーの生き方もなかなか良かったです。 あんな事態になったら絶対選ばれて船に乗れるような立場ではないだろうから、チャーリーみたいに死にたいな。もしくはインドの若い学者のように家族でしっかりと・・・とってね。
まぁ色々と考えれば限はないけど、なかなか良くできた映画でした。 面白かったです。
ブルーレイが出たら買うかも。

そーそー、とうとうディーガのブルーレイのやつを買ってしまいました。
この前買った地上は専用のブルーレイと並べて設置したら結局今のところリモコンを3つ使わなきゃうまく操作できないってことになってます(笑) もっと取り説読み込んだらリモコン1つでOKになるのかな? WOOOは修理に出しました。戻ってきたら台所行きです。
しかしそのためにこれからまた毎日を質素に暮らさなきゃなんないなー(笑)

じゃあね

2009/11/20

11/20「容疑者Xの献身」

昨日の晩『容疑者Xの献身 』を見ました。
51yptvsuyl__ss400_
テレビのドラマは毎週見てたのよね、ガリレオ。
福山君はほんとーーに可愛くていい男だなぁ。
柴咲コウも好きなの。なので映画館にも行こうかどーしようか迷ったんだけど、DVD。
あの福山君が地面や壁にがーーーっと数式を書きまくるシーンこそなかったけど、面白かったです。
堤真一さんがさー、数学の天才役。でも魚屋じゃなかったー(笑)冴えない高校教師でした。
いやー、役者だよねー かっこいい二枚目の役もちゃんとできるのにさ、なんというかホントに人生に疲れ果てて、パッとしないじみーーーなくらーーーい男を上手に演じてたよね。
でもさ、やっぱ最後はさ。真実を知らされて知らんぷりしてむ生きてはいけないよね。
何も知らなければもしかしたら罪を被せたまま自分に嘘ついて生きていけたかもしれないけど・・・
っていうかやっぱあれは正当防衛ってことでさ、すぐ警察に通報していた方がよかった気がするなー
そしたら罪にはならなかったかも。ただ人の噂は立つだろうけどね。あのお母さんだけならなんとかそれでも絶えて頑張っていけたかもしれないけど、高校生の娘のことを考えるとやっぱ人の噂はつらくて生きにくいんだろうな。
しかしさ、いいじゃん、警察も。あぎゃん世間のゴミが死んだとを無理して犯人捜さんでも!と思っちゃった。
やっぱすぐ通報しとくべきだったね。

あと1枚DVD借りていたのだけど、その一枚のためだけに休みの日に車で行くのもなぁ・・と思って今日返してまた借りてきちゃった、100円で。 ジュース飲んだと思ってさ。
その時ついでに「かもめ食堂」を借りたかったのですが、どーーーしても見つけることができず断念。あのビデオ屋には置いてないのかなぁ? 

さー、いよいよ3連休。
明日はブルーレイを買いに行こう、WOOOを再度修理に出そうと思っているので今夜は録りためた番組を見なくっちゃ。帰ってから既に3本半(人志松本の○○な話、もやもやさまーず、ゴッドタン、アグリー・ベティ)見たのだーー)見てるし、今もシルシルミシルを流してます。

じゃあね


2009/11/19

11/19「オリュンポス 上」

オリュンポス 上』(ダン・シモンズ著 早川書房)を読み終えました。
51aq85tpwcl__ss500_
最初3つのパートから始まったこの物語もイリアスの部分とマーンムートたちが合体し、火星とイリアスの地球の部分と未来の地球の2パートで進んでいきました。
だんだん位置関係、時代背景などがつかめてきたものの、この巻の最後ではもーんマートたちは地球のすぐそばまで来ていて、ハーマンたちがソニーで蘇生院から戻るところを見ているのよね。
ここで??? だってオデュッセウスはこの地球には10年といわん前からいるとでしょ? トリノの聖布をはやらせて回ったのだから。でもマーンムートたちがクイーン・マブの乗せて連れてきているのよね?これからどういう風になっていくんだ?
しかしイリアスの世界での戦いはまぁ見慣れているというかそんなもんなんだーと思うけど、地球のヴォイニックスに襲われるシーンとかは衝撃的ね。 セテボスもヴォイニックスもいわゆる異星人だよね?オリュンポスの神々ってポスト・ヒューマンがより進んでいったものなの?
うーん、うーん・・まだよくわかんない。でもってしっかりと脳みそ使ってか考えればいいんだろうけど、それをしないから私って薄っぺられりんなんだなー
とにかく下巻を読むぞーー
bk1の内容説明では「絶世の美女ヘレネをめぐって始まったトロイア戦争を戦っていたギリシア神話の英雄たちは、圧倒的な力をふるう神々に対してついに叛旗をひるがえした…。驚天動地の展開で描く、壮大なSF叙事詩。「イリアム」につづく完結編。」となっていました。

今日は昨日より暖かいはずなのにやっぱり私には寒かったです。
ファンヒーター用の灯油を買いに行かなきゃ、と思っています。
去年は灯油が高くてエアコンにしてみたけど、今年はそうでもないのでやっぱりファンヒーターの出番かな?

明日会社に行くと3連休だねー
まっこと日が経つのは早いものよ・・・

じゃあね

2009/11/18

11/18 北海道土産

北海道に観光に行った人から御土産を色々と貰いました。
甘いお菓子が多かったけど、時間差で塩物を今日もらったのですが、貝のヒモとかトウモロコシの粉とか・・・
色々とおいしい物が多いねー
残念ながらカニはこなかったな~
毛ガニは食べにくいからどーでもいいけど、花咲ガニが食べたーーい(笑)

じゃあね

2009/11/17

11/17 さぶい~

いやー本気で寒かった。
ババシャツを着て行くのをためらったのは失敗だったぜ(笑)
事務所の暖房、初めて入れました。
明日は天気はいいけど朝は寒そうねー
あ、しし座流星群が見れるって言ってたなぁ。
でも寒そうで無理だろな、見るの。

じゃあね

2009/11/16

11/16 もるでぃぶ

一昨日くらいから徐々にモルディブモードにスイッチが入りつつあります。
ホテルをぼちぼち調べてみようと。。。。
水上コテージ>シュノーケリング>値段>食事
で考えているのだけど、どーなることか。
まずいつ行けるのか?
はぁ~ まだまだ先だなぁ・・・

じゃあね

2009/11/15

11/15「スピード・レーサー」

特に見る気はなかったけれどついつい100円なので借りてきた『スピード・レーサー [DVD]』を見ました。
51miy30wi7l__ss500_
いやーーー、娯楽作品としては満足。
しかしまぁ~よくもこんなにド派手な色彩でまとめ上げたものだ!と感心しました。
レースの様子はカーチェイスというよりなんだろ? とにかく抜きつ抜かれつをハラハラさせるって要素は私にとっては全くなくて「ほぉー 派手やなぁ~」って感じ。
まぁアニメを実写化するときはこっこまで気合い入れてド派手にしちゃうのも ありだなーって思いました。
真田宏之が出てると知らなかったので、ほーと思ったし、うーんとこの顔、どっかで見た~と思っていたらLOSTのせんせだったりとそんなところも楽しめました。
それからチンパンジーがまたかわいかったーーー
スピードのとうちゃんはどこから見てもマリオブラザーズでしたね(笑)

朝からものすごくいい天気だったのに昼前には曇ってしまい、どんより~
こんな空って冬みたいで嫌いだよーー

図書館に行ったらニューカレのるるぶがあったのでつい借りてきてしまいました。
それから昨日インターネットで予約したリンカーン・ライムは図書館の人がチェックする前に人に借りられたみたいで貸出し中になってて手に入らなかったの。残念。 まぁ先にちゃんとオリュンポスを読んでしまえってことだね。

じゃあね

2009/11/14

11/14「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

東宝シネマの日で1000円だったので『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を見に行ってきました。
Std
生前特にマイケルのファンだったってことはなかったのだけと、やっぱりスリラーとかの80年代の歌や映像は衝撃的で忘れられないよねー。整形をやりすぎる前でやめておいてほしかったー。
映画を見ていると こんなにみんな頑張って頑張ってやってるコンサート、完成したものをぜひ見たかった~と思いました。 マイケル本人だけでなくコンサート作りに参加してい人もきっとそう思っただろうなぁ。
しかし50歳とは本当に思えない動き。ダンスとかはやっぱすごいよ! リハなので歌とか100%を出し切ってなくてあれだから、本番だったらさ、100%以上になるわけじゃん。 衣装とかもさ。 あぁホント残念。
でもバックダンサーになるためのオーディションとか、参加しているミュージシャンの人とか関係者すべての姿勢もすごくよかったね。
リハ中色々な指示を出したり受けたりする際もマイケル自身すごく謙虚で、またお互い「ありがとう」てすっと口から出ててとっても意外であり、すごいと思いました。
マイケルだけでなく、ドラマーのおっちゃんや、ギターのおねーちゃんなんかとってもかっこよかったです。
334766view003


見終わった後はツタヤとジャスコをちらっと見て食料品を買って帰ってきました。
あ、ツタヤでこそあどの新刊とリンカーン・ライムの新刊を見つけました。 こそあとでの森は注文済みだから待つだけだけど、リンカーン・ライムは図書館にリクエストしとかなきゃ!

じゃあね

2009/11/13

11/13「あかりの木の魔法」

今日はあかりの木の魔法 (こそあどの森の物語)』(岡田 淳著 理論社)を読みました。
515ubmb7drl__ss500_
多分今回読むのは2回目。
最初に読んだときよりもっと「いい話だ~」と思いました。
読み返すまではどんな話だったかちーーっとも覚えてなかったので、新鮮に感動できました。
とにかくさー、いいよねー。何度読んでもいいし、続きを一生書いてほしいな。あ、でもスキッパーの親ってどんな人たちだったのかなぁ?何か秘密がありそう!
理論社のホームページのこそあどの森のシリーズ一覧の内容説明は「ある学者とカワウソが、湖の恐竜を探しにやってきます。腹話術が本業の彼は、森のみんなを楽しませてくれますが……。」となっていました。
で、今日新しい本、注文しましたよ! いつ届くのかなぁ? 多分時間かかるだろうけどま、いいかー。

今日は夜から雨だと思ってたら昼過ぎから降っていました。
夜は贅沢に(笑)ピザを食べたのだーー
おいしかったです。

明日は映画に行こうかな!

じゃあね

2009/11/12

11/12「ぬまばあさんのうた」

図書館から借りた本を読み終わったのでつなぎとして選んだのがこの本。   ぬまばあさんのうた (こそあどの森の物語)』(岡田 淳著 理論社)です。
51g5wv5b5pl__ss500_
本当は今出ているこそあどの森の物語の最後の奴がどんなのだったか思い出せず読み返そうと思ったのだけど、せっかくなのでこの本もと思って手に取りました。
やっぱり何度読んでもいい話。
ぬまばあさんがやっとやっと約束を果して新しく生まれ変われて本当に良かった!
バーバラさんの手紙で石読みをするのがうまく伏線として生かされていて、最後大人たちに赤い石の話してくれた物語をしたらすごいだろう!と思うけど相手にされないところが実はいいのかも。
この本を読むと登場人物の一人一人が生き生きとして頭の中でしゃべってるのよねー 読むというより聞いてる感じ。いいねぇ~
で、調べたらなんと11/10に新刊が出てた! 明日、あさひ書房に電話しなくっちゃ!!
理論社のこそあどの森のシリーズ一覧の内容説明は「美しい夕焼けのある日、湖の対岸に赤い不思議な光をみたふたごは、スキッパーと一緒にその正体を探しに行く。それは大きな赤い宝石だった。ふたごは大はしゃぎ。ところが、湖から島があらわれ…。湖に住む水の精の悲しく優しい伝説。」となっていました。

今朝、会社に行って事務室に入るときにちょっとばかり間違えて(!?)早く曲がりすぎてしまい、左の腕をドアノブに思いっきりぶつけてしまいました。 まぁ痛い!痛い!!
タンコブみたいに腫れてしまったよ。びっくりだよ、ぶつけたことに。
今やっと湿布をしてます。やっぱこうだから私にはGショックじゃなきゃダメだなぁと思いました(笑)

じゃあね

2009/11/11

11/11「イリアム」

いやー 読んじゃったよ!
イリアム』(ダン・シモンズ著 早川書房)
5169gvn9hxl__ss500_

手を出そうか出すまいか迷っていたらこんなに遅くなってしまいました。図書館でこの本と続巻が並んでいるのを見て思い切って借りてきたのですが、やっぱり面白いねぇ。
こんなに厚い780ページ(厚さ4.5cm)のにだれることなく・・・あ、違った途中までは面白いのに読んでいると眠くなって意識を失ってたんだ(笑)
物語は3つの部分で進行していくの。 トロイア戦争中、多分ずーーーっと未来の地球、そして木星から火星目指して旅するモラヴェックと呼ばれる自律的で知性を持つバイオメカニクス生物たちの話。
はっきり言ってこの最後の主人公マーンムートのパートが一番読みやすくてよかったです。まぁもし私がシェークスピア通ならもっともっともーーっと楽しめたでしょうが。
一番詰まんなかったのはトロイ戦争の部分。まずわかりにくいのが名前。 長ったらしくて似たようなのばっかで、まぁオリュンポスの神々はなんとなくわかっても人間側がさ、トロイア勢(イリアム防衛側ょとアカイア勢(ギリシア勢・イリアム攻囲側)がこんがらがっちゃって。まぁもちろんたんにホメロスの「イリアス」を書いてあるのではなく、神々は科学的な道具を使いまくっているし、戦争の様子観察している学師がいるのよね。ここのストーリーテラーは学師のホッケンベリー。
そして多分地球だろうって部分のストーリーテラーは女ったらしでおデブディーマンかな。
火星を目指したマーンムートたちは火星に着いた途端オリュンポスの神に宇宙船を攻撃され、生き残ったのはマーンムートとイオのオルフのみ。でもオルフは色々な器官が壊れてマーンムートとのみ意思の疎通ができる感じなの。 で、LGMと呼ばれる謎の緑の小人と会って・・ こいつらは何者なんだろう? 
イリアムの部分は次第にホメロスの叙事詩からかけ離れたストーリーになって、実は地球と火星の話だったのね。神々はテラフォームした火星にいるのよ。つながっちゃうの。で、マーンムートとホッケンベリーが仲間になってさ。これらと地球パートがどうつながっていくかがまた楽しみですねぇ。
しかし、最初は全くわかんないまま読み進めていったのよね。
ただイリアスの部分はこの前読んだダルジールの中の「安全毛布」ですこし出てきたし、またオリュンポスの神々についてはパーシー・ジャクソンのシリーズで馴染みがあっただけでもよかったよ。
マーンムートはシェイクスピアを趣味で研究しているのだけど、シェイクスピアも直接のへ本は読んでいないけど彼が出てくる本は読んでいたし、そういう小さなことが読み進める助けになってたね。あとはもう深く考えず読み進めるのみ。次第に流れがわかってくるさ、って感じ。 まぁハイペリオンに比べたらずっとわかりやすい気がしました。さ、早く次を借りてこなければ!
bk1の内容説明では「【ローカス賞長篇部門】地球化された火星に住むギリシア神話の神々と英雄たちの熾烈な戦い! 神話の神々と英雄、人間、半生物機械の戦いを描き、ギリシア神話とSFをみごとに融合させた、波乱万丈のSF叙事詩。2部作の第1弾。 」となっていました。


昨晩はめっちゃ降って、雷もひどかったーーー
今夜も雨はないけど風は強いみたい。
ベティが録画できないと困るので生で見る準備しなきゃね!

じゃあね

2009/11/10

11/10「みなさん、さようなら」

今日はBS2で放送されていた『みなさん、さようなら』を録画して見ました。
4128h1bwq7l__ss500_
末期がんの父親をそれまでは仲が悪かった息子が母親の望みを聞いていい最期を迎えさせてやろうとロンドンからフィアンセとともにカナダのモントリオールまで帰って来て、入院している公立病院の劣悪な環境を金に物言わせて広くていい部屋にしたり、父親の友達や愛人たちを呼んで楽しい日々を過ごさせ、最後には痛みを取るために友達の医者の助言に従ってヘロインを与えたりしてとにかく最後はみんなに見守られ、湖のほとりの別荘で最後を迎えさせてやるって話でした。
父親と母親は何年も別居生活だけど、お母さんは愛人をいっぱいこしらえて女遊びを絶やさないお父さんを恨んでないところがすごいなーって思いました。 あんなおデブなじいさんが持てるってのも意外だったけど、それ以外にもイタリアとかからも友達が来てくれてそしてみんなで楽しく過ごすっていうのがとってもよかったなぁ。
私も一番は痛みを感じる前にぽっくり逝くのが理想だけど、そうでないときはこの映画のお父さんのような最期を迎えたいよ、と思いました。 でもあんなにいっぱい集まってくれる素敵な友達はいないなぁ。 
しかし息子も金もうけ主義のエリートビジネスマンかと思いきや、湯水のように金を使ってでもお父さんをいい環境においてやろうって姿、絶対まねできないなぁと思ったのでした。あの俳優さん、コメディアンなんだって。そうは思えない落ち着いた演技だったなぁ。
しかしモントリオールの病院ってあんななの? やだなぁ。
なんとなく録画した映画だったけど、見てよかったです。

あ、森繁久彌さんが亡くなったってね。96歳は大往生だよね。 ご冥福をお祈りいたします。


外はすごい雨や雷。
明日もかなぁ・・・・止んでほしいな、あさってには。

じゃあね

2009/11/09

11/9 じゃがりこ

今一番のお気に入りはじゃがりこかもしんない。
なので先日のイロモネアを見ていてものすごーーく羨ましかった!
だってじゃがりこ100個だよ! 朝昼晩とおやつに食べても1ヶ月はもつじゃん!
まぁ毎食じゃがりこをデザートにするわけないから2ヶ月はもつよね~
あぁうらやましい!
でもサラダ味は一番好きだけど、塩分が多い気がするのよ。 なので最近は買うときはきもーーち塩分少なめのじゃがバター味をチョイスしているのですが、やっぱ血圧高いしなぁ・・・
毎日食べないように我慢しなくっちゃ!
実は今日も1個買ってきたので台所にあるのだけれど、我慢我慢。
今はまだ我慢できる範囲(笑)
我慢できる時にはなるべく我慢しとかないと! ダメなときは本当にダメだから(笑)

じゃあね

2009/11/08

11/8 TIGERMANと椛

朝遅く起きた後、久しぶりにRESTRANT TIGERMANへランチを食べに行きました。
魚のランチと肉のランチ。
今日の魚はカキとホタテとサケのチャウダースープ仕立て。
P1000220_r
肉料理は鶏の胸肉のソテーパプリカ風味でした。
P1000219_r
どっちも美味しかったよ~

その後ゆめタウン光の森をうろうろ。そしてこれまた久しぶりに家族温泉椛へ。今日は石風呂(小)1000円に入りました。 帰りにヤマダ電機に寄って、それから行くときにくら寿司を見つけたのでそこで回る寿司を食べて帰ろうと思っていたのですが、場所を記憶違いしていたためその道を通らなくて代わりに王将で食べてきました。
帰りは雨。予定では明日までまつと思ったのになぁ・・・

じゃあね

2009/11/07

11/7 あったかだった

天気もすごーーくよくて 部屋の中でも27度くらいあって幸せな一日でした。
どこか外にお出かけしたかったけど、結局スーパーに食料品買いに行った以外はずーーーーっとテレビ見ていました。
最近なかなか見なくなっていたフィギュアスケート、NHK杯を見たりしたのだ。
また録画がおかしくなって(アメトーーークが数十秒しか入ってなかった!)試し撮りのつもりでBShiでスケート録画して追っかけ再生で見たので、滑ってるところ以外はばんばん飛ばして5時間分を見ました。
途中うとうとしながらね。
さ、もうすぐ晩御飯。
このままだらだらで寝てしまうか、どこかお出かけするかは分かんないなぁ(笑)

じゃあね

2009/11/06

11/6 3分の1

今読んでいる本、やっと3分の1まで進みました。
面白いのだけど読んでいるとめっちゃ眠くなるのはなぜ?
そういえばきょう自転車でお出かけ中、眠くて眠くて、ちゃり漕ぎながら寝てしまいそうでした。
危ない、危ない!
なんとか仕事中は練らずに過ごしたぞー
帰ってくる頃は眠気はどっかに行ってました。
明日からまた休み。
ほーーーーんと1週間が早いわ!

じゃあね

2009/11/05

11/5 ぺティかわいそう!

今週のアグリー・ベティ、さっき見たのだけど、ぺティかわいそー
キミーに負けるな! もうあんな女、蹴散らしてやれーーー
マークは好きだからベティへのいじわるも許せるけど(笑)君ーはあんなにぺティに助けてもらったのにーーー
と、見たあと引きずるくらいぺティがかわいそうに思ったのでした。

今朝4時半ごろ目が覚めてなんか眠れずちょっと本を30分読んでまた寝たのだけど、その時見た夢、めっちゃSFしてた~! まぁ具体的にどんな夢だったかと聞かれても説明できないところがとっても残念なんだけどね。結構本格的だったのだよ。 あぁ書き残せないのがざんねーーん(笑)

じゃあね

2009/11/04

11/4 あとぜき

会社から帰る車の中で「にほんごであそぼ」を聞いていたら、さんようサンのお国言葉を見つけるコーナーで今日取り上げられていたのが「あとぜき」でした。
おぉこれであとぜきも全国区たい(笑)
子供のころから聞き慣れていたので、これが熊本しか通じないなんて嘘のようでした。 あ、九州なら通じるのかな? 今日のテレビでも途中からだったのでどこのお国言葉として紹介されていたのかはわかんなかったんだよね。 ちなみに「あとぜき」とは「開けたら閉める」ってこと。
よく教室の戸などに貼ってあったなぁ。 あと親から怒鳴られていたぜ(笑)

寒さは昨日よりはマシかな。でも体は正直。 もーーー体中痒くて、痒くて。
かきむしってしまってます。あぁ今日お風呂に入るのが怖い。 きっとしみるだろうなぁ・・・ヒリヒリ

「イリアス」を読み始めたけど、なかなか進まない。貸出期間中に読み終えることができるかなぁ? ちょっと不安です。まぁその時は延長だね!

じゃあね

2009/11/03

11/3 文化の日

だよね、今日。
なーーーんにも文化的なことしなかったー
ほとんどテレビを見て過ごし、4時過ぎからちょっと出かけてうろうろと歩き回りましたが、晩御飯に水炊きをしてプラスとうもろこしまで食べてしまったので体重は多分また増えてるよね。 あーあ。
天気がよったのでコタツ布団を干し、今夜からは炬燵もOKです。

じゃあね

2009/11/02

11/2 冬が来た

あーあ寒くなったよ。悲しいぜ。

DVDレコーダー、やっぱり変。
今日はBSのマーリンは録画できたのに、地上波のなんとかDOG(まともに見ていないのでわかんないけど月9のドラマ)が38分くらいでブチ切れてました。
なんだろーもう。 最後まで赤いランプはついていたのに!
とほほーーー

じゃあね

2009/11/01

11/1「灯台」

灯台 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)』(P.D.ジェイムズ著 早川書房)を読み終わりました。
51woyezp3pl__ss500_

今回のダルグリッシュはVIPが密かに静養に来るコテージが営まれているカム島で起こった殺人事件を解決する話でした。
しかしなかなか誰が殺されたのかがわからず、ちょっとイライラ。
カム島にはダルグリッシュのほかにケイトとベントンの3人の警察が乗り込んだの。ケイトは今度相棒とならなきゃならない部下のベントンにはいま一つ心が開けないでいるのねー
なのにさ、なんと第2の殺人事件を前にしてダルグリッシュがSARSに感染してダウンしちゃうのよ!
殺されたのは最初はみんなから嫌われていた作家のオリヴァー。次は元司祭でアル中を懸命に直そうとしていたエドリアン。
オリヴァーはまるで首つりのように灯台につるされてて、エイドリアンは顔を石でめちゃくちゃに殴られて殺されていたの。
島の人々はまぁちょっぴり閉鎖的だけどいい人っぽくてさ、犯人っぽくはなかったのだけどねー お客があと2人来ていて、ドイツ人の元軍人の人と、動物実験をしている研究所の所長さん。
殺されたオリヴァーは殺されてもみんなちっとも悲しんでなかったのよね。オリヴァーには娘と助手が一緒に来ていたけどこの娘のミランダって奴も好きじゃないなー いやな奴でした。こいつも殺されればよかったのにーとついつい思っちゃった。身勝手で思い込みが激しい女のようで、婚約したトレムレッドも今後苦労するでしょうよ。
今回はケイトが結構頑張ったねー
ダルグリッシュも最後はエマがヘリコプターで迎えに来て、結婚するのは間違いないみたいだし、よかったよかったでした。
しかし85歳のおばあちゃんが執筆した作品とは思えないですねーロッククライミングの様子とか取材とかしたのかなぁ?すごいや。 続作は出るのでしょうか?
bk1の内容説明では「コーンウォール沖に浮かぶカム島で、変死事件が発生する。滞在中だった世界的作家が、無残な首吊り死体で発見されたのだ。島には、被害者の娘も含めた少数の滞在客と従業員しかいない。ダルグリッシュは捜査を始めるが…。 」となっていました。


今日は天気が悪かったです。
熊本まで出ようかと思っていましたが、小川どまり。ついつい安売りのサマードレスとふわふわのマフラーみたいなやつを買ってしまいました。サマードレスはモルディブで(笑)
昼、くるくる寿司に行ったら食べすぎちゃった!あーあーだよ。
図書館でとうとうダン・シモンズの厚い本を借りてしまったっす。頑張って読むのだ~

じゃあね

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »