« 10/12 連休最終日 | トップページ | 10/14「ワイルドスピードMAX」 »

2009/10/13

10/13「甦った女」

甦った女―ダルジール警視シリーズ』(レジナルド・ヒル著 早川書房)を読みました。
41kjb024bzl__ss500_
休みをはさんでだらだらと読んでしまったので登場人物がごちゃごちゃになってめめっちゃわかりにくかった。
27年前の事件の犯人の一人シシー・コウラーという女性が釈放されて、それによってダルジールの当時の上司でとっても尊敬している警視がミス捜査をしたって言われたくなくてダルジールが立ち上がるの。
なんと彼はヨークシャーでの捜査にパスコーを引きずり込み、自分は休暇をとってコウラーを追ってアメリカに行くのだ。アメリカでのダルジールの珍道中は面白かったー
最後まで何が何だかよくわかんなかったけど、ちゃんと説明があってよかったよ。 ダルジールがまだペーペーの頃の描写もあってさ。そっかー、今ほどは豚はっちょんではなかったんだねー
しかしこの本の前の事件で起こった誰かの自殺のせいでパスコーとエリーの関係が危うくなってたなんて、どんな事件だったんだよ~ 図書館に本がないから読めないのであった。 今はあんなに仲がいいのにねぇ。
私はこのシリーズではウィールドがお気に入りなんだけど、彼は今回はカヤの外に置かれてたんでちょっと残念。
ま、アメリカでのダルジールが見れたからいいかー
bk1の内容説明では「1963年、ヨークシャーの貴族の邸宅で泊まり客の一人が殺された。犯人として乳母が逮捕され終身刑となった。が、27年後、彼女はそれまでの供述を覆し冤罪を主張。ついに事件の再調査が開始される事に。 」となっていました。

久しぶりに会社へ行ったのですが、面倒でひざ下の丈のストッキングで行ったら寒くてはな風邪をひいてしまったようです。ぐずぐずだ~
今夜は薬飲んで早く寝なきゃ! あ、でもぷっすま!がある~~(笑)

じゃあね

« 10/12 連休最終日 | トップページ | 10/14「ワイルドスピードMAX」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/46475955

この記事へのトラックバック一覧です: 10/13「甦った女」:

» ぷっすま [じゅりの出来事]
9月4日の「ぷっすま」で・・・ 9月4日放送の「ぷっすま」のペットコーナーで出て... [続きを読む]

« 10/12 連休最終日 | トップページ | 10/14「ワイルドスピードMAX」 »

無料ブログはココログ