« 9/27「テンダーの虜囚」 | トップページ | 9/29「突然!サバイバル」 »

2009/09/28

9/28「死の連鎖」

市の図書館で借りてきたハヤカワ・ポケット・ミステリーの中の1冊死の連鎖 』(ポーラ・ゴズリング著 早川書房)を読みました。
51vkj7bq5ml__ss500_

ポーラ・ゴズリングは鏡の図書館でブラック・ウォーター・ベイシリーズを確か何冊か読んだはず。でもこれはそのシリーズではありません。
大学の英文学の助教授をしているケイトの所にいやーーな脅迫電話がかかってきて、すぐパートナーのストライカー警部補に打ち明ければいいのに、それをせずぴりぴりして、ストライカーにつんけん当たり、友達のリズを巻き込むところは好きではなかったです。冒頭で読むのをやめちゃおうかとも思ったけど、最後まで読みました。
ピンスキー部長刑事の娘と付き合っていた将来有望な医学生が路地で頭を殴られて死んだり、人類学部の女性助教授がピストルで顔面を撃ち抜いて死んでいるのが発見されたりと事件は何ら関係ない出来事が進んでいくようなのですが、最後にはみごとにはまり込むのね。いわゆる「死の連鎖」って感じ。
それらいくつもの事件が並行して語られていくので画面がころころ変わるけど、登場人物がはっきりしていたので読みにくくはなかったです。ケイトのシーンはやっぱり好きにはなれなかったけどね(笑)
それから、いよいよ大詰めのシーンでテレビドラマなら何も言わず主人公が的に向かっていくところを、「まずは話しなさい」と説得した看護婦のアン・キャサリンに座布団一枚!って言いそうになりました(笑)
しかし、ケイトがいらついてストライカーを頼らなかったのが妊娠のためって最後の理由づけはマジで作者は女なのか?と疑ってしまうほどでした。男が考えたんならともかくさーそんなことってある?
うーん・・・ なんだかなぁ?
bk1の内容説明は「英文学助教授への脅迫電話、射殺された人類学部の女性助教授、医学生の不審な死。一見無関係な事件が絡まりあい…。ストライカー警部補登場のサスペンス巨篇。」 となっていました。


今日は蒸し暑かったーー
バイクで行こうと思ったけど、天気予報で雨が降ると言ったからやめたの。でも21時過ぎたのにまだ降ってないよ。あーあ、だよ。 明日は正教の荷物があるから車だね。

昨日はコロンボ見ちゃったんで、今からボトムズみよーーっと!

うわーっやられた!
いや、さっきグインを見た後番組を削除しようとしたらコロンボもまだ残っていたので「???」と思って消したのだけど、さぁ ボトムズを見よう!と思ったらな、無い! しまったー昨日ゴミ箱に移したのはコロンボでなくボトムズだったんだー で、ほんの2時間くらい前にまとめて削除しちゃったよ あーあ。ついてないなぁ。
ボトムズは歌が好きでねー テレビ放送時は実は1話か2話くらいしか見たことないのだよ。主題歌がとにかく気に入ってたんだけど、時間的に見損ねてたんだよね。昔は今のように録画が簡単でなかったし、もしかしたらビデオ持ってなかったのかも。今じゃ考えられないのだけどね。
まぁ縁がなかったと諦めよう。 残念

ゃあね

« 9/27「テンダーの虜囚」 | トップページ | 9/29「突然!サバイバル」 »

」カテゴリの記事

コメント

ハヤカワ・ポケット・ミステリーって…なんだろう…?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/46338464

この記事へのトラックバック一覧です: 9/28「死の連鎖」:

« 9/27「テンダーの虜囚」 | トップページ | 9/29「突然!サバイバル」 »

無料ブログはココログ