« 9/25「武器と女たち」 | トップページ | 9/27「テンダーの虜囚」 »

2009/09/26

9/26「老人と海」

BS2で放送され、録画していた『老人と海 』を見ました。
51watd3dk6l__ss500_
原作はあのヘミングウェイの名作。とは言いつつ読んだことはないのだ(^^ゞ
なので大まかなあらすじしか知らず、逆にじっくりむ腰を据えて見ることができました。
老人が84日魚が採れず、85日目にしてめちゃくちゃ巨大なカジキに出会い、何日もかけてカジキと戦い、男の意地で勝ち抜いたのに、持って帰る途中で鮫に食い荒らされてしまうという話。
ここまではなんとなく知っていたけどちゃんと村まで帰りつけるのか、みんなに釣った獲物(の残骸)を見せることができるのかってのがわかってなかったので、ちゃんと帰りつき、翌朝みんなが彼が釣り上げたでかい獲物(の残骸)をちゃんと見たときには嬉しかったですぜ。でもあのじいちゃんは多分私が気にしていたようなことは全く気にしてなかったんだと思う。とにかく彼は戦い、そして勝った。男としてまだまだやれるってのがわかったし、また戦いを通じてカジキに仲間意識を持って、無事持って帰れず悪かった、みたいな気持になってたのかな?
でも鮫を何匹も殺して型機は討ってやったぞ、みたいな感じもしつつ・・・・
途中で自分が遠出をしすぎたせいで運が逃げてしまったみたいなことをしきりに言っていたけど、遠出したのは老人ではなくてカジキじゃんねぇ。 それともカジキの好きにさせてしまいすぎ、もっと手前の早い段階で戦いを挑み勝たなかったことを悔やんでる? 違うよね? あの装備じゃ無理したら綱が切れておしまいだっただろうし。
途中で神様は信じてなかったけどでも祈りの言葉を唱えますってシーンがあって、その後もう一回そんなシーンがあり、その時はきついから後回しにするってあって、そして村についてよたよたやって小屋まで戻る途中建物の入口の前で倒れこむシーンがあったので、まさかここが教会の前で神様に感謝の祈りとか捧げだすんじゃなかろうねぇ、と心配したのですがそうでなくてよかったです。だってカジキに勝てたのは神様の力ではなく、老人自身の力だったからね。神様のおかげですーなんてなったら「おいおい」となっちゃうとこでした。よかったー
映像的には50年以上前の映画なのでわぁ、合成!みたいな部分は多々あったけど、鮫たちがカジキを食いちぎるシーンとかはなかなか迫力があってよかったです。
まぁたまにはこんな映画もよかですねー

今日はボトムズの映画があっているので録画してます。たぶん明日見るのだーふふふ

じゃあね


« 9/25「武器と女たち」 | トップページ | 9/27「テンダーの虜囚」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/46320233

この記事へのトラックバック一覧です: 9/26「老人と海」:

« 9/25「武器と女たち」 | トップページ | 9/27「テンダーの虜囚」 »

無料ブログはココログ