« 9/13 くぬぎ湯 | トップページ | 9/15「獣の奏者Ⅲ 探求編」 »

2009/09/14

9/14「スリーピング・ドール」

スリーピング・ドール』(ジェフリー・ディーヴァー著 文芸春秋)を読みました。
412zoxljyfl__bo2204203200_pisitbsti
この本の主人公は「ウォッチメイカー」で出てきたキネシクスと呼ばれる人間の所作や表情を読み取る名人のキャサリン・ダンス!
裁判所の拘留所から火災を起こし看守を殺し刑事に大火傷を負わせて逃げだしたカルト指導者のダニエル・ベルを捕まえるのがダンスの今回の任務。
ベルって奴は簡単に人を殺したり、殺さず利用したりとまぁ読めない奴。 モンテレー半島にやり残した仕事ってのが謎だったけど、私はスリーピングドールと呼ばれた皆殺しにされた一家の生き残りの少女を殺すためかと思っていました。
しかしディーヴァーは一筋縄ではいかんよー
まさか・・・!だったとは。
その上・・・だったとは!
あと、やけどを負って亡くなったミラー刑事、かわいそうだったけどその弟とのやり取りとかが他の作品ではないところだよな~と思って興味深く読みました。可哀想だけど、難しいところだね。
今後はオニールとの関係が気になるよね。結婚しているけどいつかは離婚しそうな気がするなぁ・・・
何作目にくっつくのだろう? 
あ、途中でアメリアに電話するシーンがあったよ。ライムも出てきた。いいねぇこういう関係は。
そうそう、このダンスの話もシリーズ化去れてるみたいだから。
あとがきによるとダンスの続きもライムの続きももうアメリカでは出ているみたい。 日本ではいつだよ~ 早くよみたい!!
bk1の内容説明では「他人をコントロールする天才ダニエル・ペル。カルトを率い、8年前に一家を惨殺したその男が、大胆かつ緻密な計画で脱走した。美貌の「人間?発見器」キャサリン・ダンスは、言葉と頭脳を武器に、怜悧な脱獄犯を追う?。 」となっていました。

さぁ 次は購入した本を読むのだぬ 楽しみ~


昨日はめっちゃ爽やかな一日だったのに、今日はまた湿気が戻ってきて蒸し暑かったです。
あぁ乾燥したところにいきたーーい! 地中海性気候のところに行きたいよぉ(笑)

じゃあね

« 9/13 くぬぎ湯 | トップページ | 9/15「獣の奏者Ⅲ 探求編」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/46212006

この記事へのトラックバック一覧です: 9/14「スリーピング・ドール」:

« 9/13 くぬぎ湯 | トップページ | 9/15「獣の奏者Ⅲ 探求編」 »

無料ブログはココログ