« 8/13「山猫」 | トップページ | 8/14「8 1/2」 »

2009/08/13

8/13「おばちぉまはシチリア・スパイ」

あー、残念!熊工負けちゃったね。
なんか私が見ると負けそうな気がしたので時々しか見なかったのだけど、残念。 あのライナーを捕られなければなぁ・・・ ま、みんな頑張ってるんだからねー。どっちかが勝つしどっちかは負けなきゃなんないのだよ。
で、今日は数日前からぼちぼち読んでいたおばちゃまはシチリア・スパイ ―ミセス・ポリファックス・シリーズ』(ドロシー・ギルマン著 集英社文庫)を読み終わりました。
3bf9a1909fa0cb898f3c2210_l__aa215_

今回の舞台はシチリア。そう、今朝見た「山猫」の舞台。見ていたのでなんとなく景色が想像できてよかったです。
今回はファレルからSOSが入り、おばちゃまとサイルスをシチリアへよこしてほしいってことでビショップから連絡を受けたの。でもサイルスは息子の裁判の応援にシカゴに行くことになっていたのでまたまたおばちゃまは一人。というか現地でもう一人とペアを組むことに。なんとその相手は10代にしか見えない26歳のケイトという女情報員だったの。ファレルは人に頼まれて泥棒に入った際撃たれて足をけがして逃げ隠れていたの。追いかけられてホテルに行くわけにはいかず毛糸の叔母のフランカが切り盛りしている集合体へ逃げ込むことに。
ファレルがおばちゃまたちを読んだのはシチリアでアリストテレスを見たから。彼は刑務所に入っていたはずなのに!!
実は金の力で恩赦という形で出所してたのよー
でも実は彼はめっちゃ孤独主義なのに彼を雇った奴はあれこれうるさく言うからあくしゃうってなんとまぁおばちゃまに助けを求めてきたと。すごいねー
んで、ファレルを雇っていた金持ちは悪党かと思いきやインターポールに協力している金持ちで、最後はフランカと結婚! 不蘭化はがん作を作って売って村を維持する金を作りだしていたけど、それももう終りね。
ケイトとファレルは惹かれあって、いったんメキシコに二人で戻ったけど最後の章でファレルからケイトがCIAの仕事に戻っちゃったよ~と泣きごと電報が届いてました。ま、破局ではないみたいだけどね。
毎回サイルスはカヤの外でかわいそうだけど、贋作のことを知っちゃったら元裁判官として良心の呵責に苦しむところだったから、ま、よかったか。この作品は間違いなく読んだ、という記憶が残っていたけど、詳細は全くうやむや。十分楽しめました。
シチリアにも一度は行ってみたいんだけどねぇ。 シチリアは「グラン・ブルー」で海のイメージだったけど、「山猫」そしてこの作品をみると山っぽい、地面っぽい方が強いのかな?と思いました。


一日がもう終わりそうねぇ。
今日は本当にテレビ見て本読んだだけ。あ、それなのに食べまくっていたので体重は増加する一方です。
うーん・・・明日も同じパターンの予定。 何か運動を組み入れるべき?
あ、明日は天気いいから洗濯や掃除ができるかな? この前台所と階段の樹掃除をしたら筋肉痛になったので(笑)またやってみるか?

じゃあね

« 8/13「山猫」 | トップページ | 8/14「8 1/2」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/45917372

この記事へのトラックバック一覧です: 8/13「おばちぉまはシチリア・スパイ」:

« 8/13「山猫」 | トップページ | 8/14「8 1/2」 »

無料ブログはココログ