« 7/4 餃子の王将 | トップページ | 7/6 子宮がん検診 »

2009/07/05

7/5「コフィン・ダンサー」

昨日と違い一歩も外へ出ない1日。 読んでいた『コフィン・ダンサー』を読み終えました。
41qaph2kvyl__sl500_aa240_
前作ボーン・コレクター以上にどんでん返しがあった作品かな。
いやー これも面白かった!
まさか! まさか! 最後の最後まですごかったねぇ。リンカーン・ライムの脳みそはすごいよ!
今回は証人になるための3人を殺し屋コフィン・ダンサーから守ることが使命だったのだけど、その承認の一人パーシーが好きじゃなかったー いくら会社を守るためだと言ってもあいつの我儘のためにジェリー・バンクスは腕を1本失う目にあったし、何人もの人が巻き添えになって死んだのよね。むかつくーーー
挙句、無理に無理して飛行機に乗って結局目的地に着くことは早々にあきらめ、最終的に荷物もおじゃんにしてしまい・・まぁあの時ベルまで殺していたら許さなかったぞ!
しかしサックスも鑑識だけやってりゃいいのに危険な所に出かけて行くのが好きだねぇ。
裏の裏をかく物語の進行。本当に面白かったです!
bk1の内容説明では「ざわざわと虫の這う感覚がする…。虫の気配がしたら人を殺す、「棺桶の前で踊る死神(コフィン・ダンサー)」の刺青をした殺人鬼。「ボーン・コレクター」に続くリンカーン・ライムシリーズの第二弾。 」となっていました。

何とか今日一は天気がもつようですね。
あ、明日ももってもらわなきゃ困るのだ。明日は久しぶりに原チャで通勤し、半休を取って子宮がん検診に行く予定なのだ。 雨が降ると困るのよねー

じゃあね


« 7/4 餃子の王将 | トップページ | 7/6 子宮がん検診 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/45544739

この記事へのトラックバック一覧です: 7/5「コフィン・ダンサー」:

» 書籍「コフィン・ダンサー(上・下」人物描写は殺し屋に至るまで緻密で最高 [soramove]
書籍「コフィン・ダンサー(上・下」★★★★☆ ジェフリー ディーヴァー著 , 文藝春秋 、2004/10 ( 315ページ/ 379ページ , 各690円) ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「映画でリンカーン・ライムを知ってから どのくらい過ぎただろう、 今でも自分の頭の中のリンカーンは デンゼル・ワシントンだし、 サックスはアンジェリーナ・ジョリーだが 『ボーン・コレクター』の頃と比べると アンジーは有名になりすぎて ちょっとイメージは変わってきたかな」... [続きを読む]

« 7/4 餃子の王将 | トップページ | 7/6 子宮がん検診 »

無料ブログはココログ