« 7/24「遥かなる友へ」 | トップページ | 7/26 26時間 »

2009/07/25

7/25「風の靴」

読みたかった本が図書館にあったので借りてきて読んだ。それが風の靴』(朽木 祥著 講談社)です。
51rmypkxv5l__sl500_aa240_
とてもいい本だった。
風の靴=ディンギー。 風が靴を履いて大海原を駆けて行く様子。
主人公の海生は中学受験に失敗しショックを受けているのに大好きなおじいちゃんが急死してしまうの。
なんやかんやで嫌になって友達の田明と家出しようとしたら田明の妹の八千穂と海性の飼い犬のウィスカーも一緒になっちゃった。
家出はおじいちゃんのA級ディンギーのウィンドシーカー号を使って弁天島から風色湾のアイオロスというクルーザーに行くの。二つの船とも木製でとっても綺麗なんだよ。
ランサム好きにはたまんない描写がたっぷり! アイオロス号の中には「海へ出るつもりじゃなかった」まであったしね。
なんと解説は神宮輝夫さんだし!!
途中で大学のヨット部の元キャプテンを拾うの。海で死にかけてたのよ。彼も生きることがどーでもよくなってたけど子供らと過ごすうちに自分がどう生きたかったかを思い出して元気になるし、じいちゃんの遺言の宝物を掘り出し、中にあった手紙を見てそしておばあちゃんとも話し、自分のことは自分で決めたいってことを親に話し・・・
とにかく彼は自分を見つけたの。
海生がものすごい不安やサイテーな気持ちになっているところ、よくわかるな~ 
ラストの方ではポロポロ泣けてきてしまったよ。
でもすごーーくいい話だったよ。
ただ私は読むだけがいい。きっとアウトドアはもう無理。
bk1の内容説明では「中学受験に失敗した海生(かいせい)は、ヨットを教えてくれた祖父の死をきっかけに、親友とその妹と愛犬といっしょに船で家出することを決めるが…。少年たちのひと夏の物語。 」となっていました。


今日もよく降った。でもずーっとじゃなくて短い間ずわばっと降ってあとはしばらく止むってことの繰り返し。
きょうは運転手をして熊本市内までお出かけ。鶴屋でうろうろしてました。 一緒に行った人はワンピースとスカートと下着を買いました。 セールで安くなってたー でも私には高根の花~(笑)
ケーキも買って帰ってめっちゃたべた。おいしかったーー

じゃあね

« 7/24「遥かなる友へ」 | トップページ | 7/26 26時間 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/45738353

この記事へのトラックバック一覧です: 7/25「風の靴」:

« 7/24「遥かなる友へ」 | トップページ | 7/26 26時間 »

無料ブログはココログ