« 7/1「復讐の連鎖」 | トップページ | 7/3「道」 »

2009/07/02

7/2「ボーン・コレクター」

読みたかった本、ボーン・コレクター』(ジェフリー・ディーヴァー著 文藝春秋)を読み終わりました。
41x8g1d53rl__sl500_aa240__2

おもしろかったー
映画で見てたからライムはデンゼル・ワシントン、サックスはどうしてもアンジェリーナ・ジョリーでした。二人とも嫌いでないし、しっかりとイメージが合っててよかったと思うよ。
確か犯人は身近な人、って記憶はあったけど誰だか覚えてなくて、しっかり騙されたよ。「ポーリングだーーー!」ってね。
実際は・・・だったかー。しかし、サックスが命がけで助けた女が実はFBIのデルレイが追っていたテロリストだったとはねー 何重にも伏線が張ってあって面白かったー
私の記憶では介護士はふとった黒人のおばちゃんだった気がしたの。電話担当だったエマの印象ね。本では若い青年のトム。彼は死んでほしくなかったので最後に殺されたのが入口の警官とジム・ポーリング警部だったのでちょっとだけほっとしました。
アンジェリーナ・ジョリーは「トゥームレイダー」から名前と顔が一致した女優さん。 多分先に映画館で『60セカンズ』を見た後この『ボーン・コレクター』を見たと思うのね。で、「あ、この巡査さん、見たことある~ 確かニコラス・ケイジと・・・・」ってな具合だった気がします。 チャンスがあったらDVD借りてきてまた見なおしてみよーっと!どんなふうに変わっているか見るのも楽しみ。映画ではマギーの部分はなかった気がするなぁ。わかんないけど。
次の作品は映画化されていないから全くの未知。 あぁ読むのが楽しみ!
bk1の内容説明は「数々のメッセージを残しながら、数時間おきに被害者を監禁する稀代の連続殺人鬼ボーン・コレクター。首から下が麻痺した元刑事と、彼の目・鼻・手足となる女巡査が、犯人を追う。新たな「安楽椅子探偵」の大活躍。 」となっていました。

今日は雨、降んなかったの。朝から洗濯していって大正解でした。
明日も雨は降らないかな?

じゃあね

« 7/1「復讐の連鎖」 | トップページ | 7/3「道」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/45518579

この記事へのトラックバック一覧です: 7/2「ボーン・コレクター」:

« 7/1「復讐の連鎖」 | トップページ | 7/3「道」 »

無料ブログはココログ