« 5/26「風が呼んだエイリアン」 | トップページ | 5/28「予期せぬ侵入者」 »

2009/05/27

5/27「地球46億年全史」

地球46億年全史』(リチャード・フォーティ著 草思社)をやっと読み終わりました。
41ucpctihsl__sl500_aa240_
読み始めは4/24.GWを挟み、その間は読まなかったとはいえ随分かかってしまったよ。決してつまんなかった訳じゃないんだ。面白かったよ。えっと興味深かったって方のね。 ただ、読むとすーーぐ眠くなっちゃうの!だからなかなか進まない(笑)
地学の勉強してもう何年経つよ!高校の時に生物とともにとったし、またその地学の先生が石というか岩石好きな先生で結構地質学の分野には力入れて授業しとらしたったい。いっちょんわからんだったけどね。 石の絵ば見せられてもそれが石英なのか玄武岩なのか花崗岩なのか・・・ちっとも理解はしてなかったけど、名前はかすかに覚えていたみたい。火成岩とか堆積岩とか、モホロビチッチ不連続面とか、そんな懐かしい言葉がいっぱい出てきました。
しかしそれ以上に「おぉ!」と思ったのはたまたまこの本を新刊コーナーで見かけ、タイトルに惹かれて借りた後車の中でパラパラ眺めたら(その時はまだ他の本を読んでいる最中だったので)なんと最初の舞台はナポリじゃない! つまりその時点では今から行こうとしているイタリアの彼の地だったのよ! なんかすごーーく運命的なものを感じたわ(笑)イタリアに行ってナポリに行った時も勿論ちっともわかんなかったけど、途中に見る地層についつい目が行ったり、ベスビオ火山を眺めてはほっほーと思ったり・・・ 
それから次の章ではハワイのことを、それから他の章ではアルプスのこと、そしてプレートのこと・・しかしね、やっぱ46億年。長いねー
だってさ、今読んでも、来年読んでも、10年先、50年先読んだとしてもこの本のタイトルは正しいわけよ。 もちろん中身の学説とかは時代遅れになっちゃってる可能性は大だとしてもよ。46億年って年月はたかだか100年200年過ぎたって屁でもないのだわ。 すごいねー 想像を絶するよ!
スケールの大きさにぼーっとなっちゃうね。
それから、大陸移動説(プレートテクトニクス)のあたりを読んでるとさ、パンゲア大陸とかゴンドワナ大陸とか出てくるじゃない。たまたまイタリアで買ってきたイタリア中心の世界地図の隅には昔の地球の地図も小さく描かれてて、ゴンドワナとかパンゲアとか載ってんのよね~ これも偶然なんですごいわぁ。
公判ではグランド・きゃニオンをラバに乗って下る話も載ってて、こりゃー私もこのラバに乗らなきゃ!と思っちゃいました。でも著者は私より年寄りだけど、私の体力の無さはきっと著者以上だろうから体力的にもラバは無理かな?
最終章はロンドンから空へ昇って地球をくるーっと周って眺めて行くの。これってパソコンの前でグーグルアースを見ながら読みたい~と思いました。 残念ながら昼休みの会社ではグーグルアースが見られる環境ではないのよねー 残念。かと言って帰ってから見ようと思ったけど思っただけで終わっちゃってるし・・(^^ゞ
あとがきで実はこの本の前にも1冊「生命40億年 全史」という本が出てるってのを知りました。うー、読みたい! でもまた間違いなく読むのに時間が掛かりそうなのでしばらくはやめておきます。でもいつか必ず!U(ちなみに帰って来た読者カードの統計をとったら平均年齢61.8歳だったってー 私も読むのは定年後か?)
bk1の内容説明では「生まれつつある新しい島々、やがて消えてゆく山脈と海、地球を周回し、衝突と分裂をくり返す大陸。かつての超大陸とはいかなるものだったか。大陸を動かすエネルギーの源とは。大地と海と生物の、激動の46億年を一望する。」となっていました。

朝、5時40分ごろに目覚めて、6時に起き上ったのはいつも通りだったのにも通勤時にめっちゃくちゃ眠かったです。運転しながら寝そう・・・と思っちゃうくらい。よかった、眠らずかいしゃに着けて。
しかし今日は風が強かったねぇ。 そして肌寒かった。 明日は温度は上がるらしいけど、天気はいまいち。うーん・・・

じゃあね

« 5/26「風が呼んだエイリアン」 | トップページ | 5/28「予期せぬ侵入者」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/45149070

この記事へのトラックバック一覧です: 5/27「地球46億年全史」:

« 5/26「風が呼んだエイリアン」 | トップページ | 5/28「予期せぬ侵入者」 »

無料ブログはココログ