無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/30

4/30 モスづくし

急にモスバーガーで食いたくりまくりしたくなり、3人で食べに行った。
でもよく考えずに注文したため、持ち帰り分にカツ関係が多くなっちゃった。 明日食べるにはしおしおかも~(笑)
3人で7個食べて、7個買って帰ってきたの。
味の濃いのは後で食べようと最後にもってきた「スッキリ!! 辛テリ」と「スッキリ!! 激辛テリ」は後口がよくなかったなぁ。 残念。
明日は朝からモスだー

そういえば豚インフルエンザ、だんだんきつくなってくるなぁ。 頼むから旅行が中止とかになんないでーー

じゃあね

2009/04/29

4/29「夢への旅立ち パート1」

見ましたよスタートレックエンタープライズ第1話『夢への旅立ち パート1
結局1回寝て、目覚ましかけて1時に起きて見ました(笑)
きらきらアフロは再放送だった? よくわかんないけど見たことある内容が流れてたなぁ・・・・でも最後、けっこうかぶってしまうねぇ。困ったもんだ。
でもってエンタープライズ!
まだ人物がよく把握できてないのですが、時代はファーストコンタクトから約100年後?とにかく初めての星間旅行って感じですね。
1話は傷ついたクリンゴン人を同朋の元に返すため、初航海を行うエンタープライスの話しでした。その前編。
そっかー、ヴァルカン人はなかなか地球人を深宇宙の探検に出してはくれなかったんだね。今回も反対を押し切ってエンタープライズを出航させた感じです。
それでもやっぱり心配だったのか、ヴァルカン人のトゥポルという女性がメインクルーに入ってます。もしかして副長?あ、副司令って肩書きかー 結構美人で私好みの顔です。 艦長はアーチャーって男性みたい。 船医が地球人ではないフロックス。あたしこの人、好きかも~(笑)
あと操舵士のメイウェザーも好みかな? 通信士のホシ・サトウは女性だけどなんかあんまり好きな顔じゃないなぁ。日系って設定なのかな? でも俳優さんは韓国人でした。(へー認定俳優格闘家なんだって。すごい肩書き!)
とにかくまだまだ探り探りの状態です。でもこれから毎週見れるって嬉しいじゃん! 
あ、でもオープニング、歌入りの曲でした。 なんかスタトレっぽくなくて残念。 まぁどっちにしても録画して見るときは飛ばして見るから気にしなくていいかー(笑)


今日はお金もないのにお出かけして機内持ち込み用のトランク(ソフトタイプ)を買ってしまった。5000円でした。
最初に八代のジャスコに行って、その後ゆめタウンに行って、小川のジャスコに行って宇土のジャスコに行ったけど、結局最初に行ったところが一番種類が多くてまたまた戻ってきてそこで買ったの。疲れた~

じゃあね

2009/04/28

4/28 エンタープライズ

会社でなくんとなーく新聞を眺めていて、なんとなーく番組欄を見ていたら、ん!!
「(新)スタートレック」の文字が!!それも第1話!
慌ててRKK(熊本放送)のHPをチェック! 間違いありません。 スタートレックの新しい(といっても本国では2001年に放送されてた)番組じゃーーあーりませんか!思い起こせば2008年の8月。ヴォイジャーが最終回を迎えた後わびしく、さびしい日々を送っていたのですが、とーとー、とーとー私も見ることができることになりました!
あぁ なんたる幸せ! ほんの2.3日前に「あーあ、エンタープライズはとうとう見るチャンスがなかったなぁ。私には縁がなかったんだなぁ」と思ったばっかだったから(なぜ急にそう思ったかは忘れた)2倍も3倍もうれしいっす!
早速紙に「スタートレック、RKK 1:04」と書いてバッグに貼りつけました(笑) だってぼーっとしてて忘れて見損ねたら馬鹿みたいでしょー でもやりかねん奴じゃけん、私は。
そこまでして あとはにこにこ。 で、ふと気づいた! ん?裏番組はなんじゃろか? 深夜なら色々と予約入れてるかも・・・
で、確認。 すると 何ということでしょう! ばっちり被ってますねん。 「きらきらアフロ」に「モヤさま」そして「教えてマスカット」(笑)
ものすごーく悩んだ挙句、アフロはラスト5分が重なってるので、そこをカットすることにしました。 深夜番組のラスト5分ってほとんどCM・・・・・だったらいいなぁと。
さしあたって今日は念のためにパナソニックのワンセグテレビでもアフロを録画して見ることにします。どれくらい楽屋トークが欠けちゃうのかなぁ・・・
そいでもって明日、休みなのでもし元気があれば生で第1話を見るつもり。 ぐふふ、期待してまっせー

じゃあね

2009/04/27

4/27 靴

旅行に履いて行こうと思っている靴、ブーツなんだけど硬いんだよなぁ・・・・
今日一日履いていたけど、痛いというよりしびれちゃう感じ。やっぱやめた方がいいかなぁ?
でもスニーカーだと歩きやすいだろうけど見た目が好きくないんだよね。まぁ誰も私のことなんて気にしてないだろうからそんなの気にするだけ馬鹿かなぁ・・・・
柔らかくするのってさ、うーん・・・ 昔グローブに缶に入ったワックスみたいなの?を塗り込んで軟くしていた気がするのだけど・・・・あんなん売ってないのかな?
ネットで見たら、ミンクオイルっちゅーのがいいみたい。この辺に売ってあるのかなぁ?あったら買って塗りこんでみるかなぁ? 
なんてうだうだ思ってます(笑)
あと、ミラノで多分ろあるだろう自由行動の1日、国立レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館に行きたいなぁなんて考えてます。 地下鉄に乗ってさ。それからブランド品は興味無いので、地元のスーパーに行きたいのだけどどのへんかなぁ?ブエノスアイレス通りにありそうなので、地下鉄乗り継いで行くか? 時間はどのくらいかかるんだろ? まぁ実際どうなるかわかんないけど、こんなん考えるのが楽しいね。 
あ、でもテレビの録画したのを見なくっちゃ!旅行前に溜めとくと大変なことになるよ!

じゃあね

2009/04/26

4/26 おうちでだらだら

昨日と違い今日は朝から掃除洗濯の後はずーーっとテレビ見てました。
録画していたやつや、そのまんまテレビ。
これから刑事コロンボを見ます。
コロンボ以外では「女子高生探偵ヴェロニカ・マーズ」だっけ?あのドラマがお気に入りだな、今。
あと今シーズン見ているドラマは「BOSS」かな。見たら法のドラマも面白いんだろうけど、なんとなく面倒でバラエティばっか見てます。

しかし見すぎて目がしぱしぱ。また視力下がっちゃうな。

じゃあね

2009/04/25

4/25 旅行日程表

クレアのJTBに行って旅行の日程表をもらってきました。
くわしーーい日程表と思っていたら、一日の日程はパンフレットに記載されていた内容より詳しく色々と載っていると期待していたらちっとも。 内容はパンフと一緒でしたよ。とほほ。 ただ泊まるホテルがわかったのが嬉しいなぁ。 あと行きはヒースロー空港乗換えの飛行機で行くのですが、ヒースローでは4時間くらい時間があるみたいなの。 もちろん空港から外には出れないだろうけど、空港の中にもお店とかあるらしいのでイギリスの空気を味わえるかも! 違うのかな?
あと、最終日のミラノ、多分朝から夕方までフリー。他のところでフリータイムがあるかはわかんないんだけど、とにかくミラノでうろうろする方法や行く場所なんて―のを色々と探してみよーっと! 楽しみ。
ドレスコードがあるようなところで食事はしないらしいので、服とか靴とか楽チンなのだけでいいな。
あ、そうそうさすが安いツアーなので参加者は70数人なんだってー ひゃ~ パックツアーってだけでも初体験でどんなもんだろーって気をもんでいたけど、そんな大所帯でうろうろするのかーと思うと、修学旅行以来だねぇ。大丈夫かしら? パスを2台にして添乗員さんも2名だって。
ま、とにかく楽しみだ。うん、うん。

そうそう今日は夕ご飯に鯛の塩釜を食べたの。めっちゃジューシー! そしてふわふわ。 美味しかった~

じゃあね

2009/04/24

4/24 天然鯛

昨日、鯛釣りに行った人から鯛を手に入れました。
Dscf3078
この時期の鯛だから桜鯛っていうの? まぁ釣ったのはほとんど船頭さんらしいけど。
昨日は夜遅かったので刺身を3切れ(笑)だけ食べて、今日の晩御飯は煮つけです。
明日の晩は塩釜の予定。

今朝今朝で5時半起き。 と言ってもまた6時にはベッドに入って7時まで寝ていたけどね(笑)
眠いっす。

しかし明日は休み! うふふ、クレアにスケジュールもらいにいこーーっと! あ、お金も払ってこなくちゃね。

じゃあね

2009/04/23

4/23「秘密の道をぬけて」

秘密の道をぬけて』(ロニー・ショッター著 あすなろ書房)を読みました。
51qyrrg0b7l__ss500_
なかなかよかった。
南北戦争の10年くらい前のアメリカの話。
南北戦争がなぜ起きたのかなんてあんまり興味はなかったのだけど、奴隷制度がかかわってるんだろうなぁってことはちょっとだけ思っていた。
この本は子供向けの本ではあるけど、10歳のアマンダが逃亡奴隷の人たちを自由の国カナダまで逃がすための秘密組織、「地下鉄道」の「駅長」をしているお父さんを手伝って逃亡奴隷の一家を助ける話です。
しかし本当になんで同じ人間を奴隷として扱えるんだろうね。まぁその人たちにとってはそれが当たり前であり、黒人の人たちは同じ人間とは思っていなかったから出来たんだろうけどさ。
なんだか本当にアメリカの最大の恥ずべきことだよね。
アマンダはちょっとだけ馬鹿やってハンナを危険にさらしたけど、でもちゃんと無事に逃げ伸びることができてよかった。
最後のハンナからの手紙には思わず涙がでちゃったよ。
bk1の内容説明では「自由の国へとつづく「地下鉄道」。10万人もの逃亡奴隷を助けたといわれるこの秘密組織には「駅長」と「車掌」、そして、小さな「駅員」がいた…。逃亡奴隷を助けた一家の物語。」となっていました。


しかし驚いた! 日経の昼のニュースメールでSMAPのくさなぎが逮捕って!
公然わいせつ罪って言うから最初は酔って女を押し倒してすごいことしちゃったのか!と思ったけど、裸で大騒ぎしたってだけだったんで なーんだって感じ。
でもこれからどうなる? 映画にテレビにCMに・・・・困ったねぇ。
私ゃ今から録画していた「ぷっすま!」を見るつもりだけど、この番組も危なくなる?
やだなぁ・・・

じゃあね

2009/04/22

4/22「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 4 迷宮の戦い」

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈4〉迷宮の戦い』(リック・リオーダン著 ほるぷ出版)わ読みました。
51ny07rszml__ss500_
4巻になったこのシリーズ、なかなか面白かったよ。
パーシーがアナベスの焼きもちがわかんないとことかは「ばっかー」って思ったけど、レイチェルがここまで重要な役をするとは思わなかった。今後も出てくるんだろうなーハーフと人間が結婚してできた子供はどうなんだ?何か関係してくるのかな?
今回はアナベスがリーダーの冒険だったの。迷宮に入りダイダロスを探さなきゃなんないのだけど、イカルスのお父さんがダイダロスだったのかー アナベスにはもうすこしいい冒険をして欲しかったねぇ。あんなお告げでなくもっといい、さ。
今回のこの本、合宿所のいやーーなミスターDが不在だったのも良かったかも。あとクラリサもいやな役しなかったからよかった。
ニコが嫌な奴してたけど、最後はわかりあえたし。ルークがでもとうとうクロノスに乗っ取られて、クロノスは復活してしまったの!!
途中通った怪物の牧場もすごかったし、肉食の馬ゴヤの掃除も愉快だった。
そしてグローバー。今度はシレノスたちが反乱を起こすかもなぁ・・・・
bk1の内容説明には「世界を滅ぼすのか、救うのか?。さまざまな思いが交錯するなか、ハーフ訓練所を守るため、迷宮ラビュリントスへ足を踏み入れたパーシーの運命は? 現代アメリカを舞台にした新感覚ミステリ・ファンタジー第4弾。」と書いてありました。

おー、すごい鳴き声! 開始水魚の水槽から聞こえるよ。もう暗くしてるのに、何怒ってんだー? タテキンか?


そーそー、やっと旅行の日程が決まったと電話がありました。 取りに行くのは土曜になるけど、の前にFAXしてくれないかなぁ?

じゃあね

2009/04/21

4/21 風

昨晩の風はひどかったー

でも今日、会社から帰って洗濯物を取り入れようとベランダに出たらそりゃーーー悲惨だった。
昨晩は何ともなかったのに、今日は風にあおられた何かがプランターの泥をベランダに撒き散らしていた。
枯れずに残っていたバラも根こそぎどっかに行ってた。 あーあ。まぁもともと洗濯物にあおられ続けて根っこはゆるゆるになっていたんだけどね。
そーいえば昨晩の風で開きかけていた黄色いバラの蕾がどっかに行ってたんだった。可哀想に。
今年はバラをもらう予定がないので来年まですかすかのままかなー

じゃあね

2009/04/20

4/20「華麗なる罠」

録画していた刑事コロンボの「華麗なる罠」を見ました。
歯医者がなんとか離婚されずに済むようにと奥さんの不倫相手を奥さんが殺したように見せかけて殺す話です。
コラム見てわかったのですが、「奥さまは魔女」に出てくるダーリンが出てました。結構年取ってました。 2代目のダーリンでした。 今のダーリンと2代目のダーリン、最初に見た時はなんだかめっちゃ違和感でしたが、今見ると最初のダーリンの方が変な顔だー(笑) なんで代わったんだろうと思っていたのですが、古傷が痛んで仕事ができなくなっていたのですね。ウン十年来の謎が解けました(笑)
コロンボの方は゜やっぱり面白いっすねー 最後の実験、ありや絶対はったりだー!と思っていたけどその通りした。もし「おーおー、やってくれ!」と犯人が居直ったらどーする気だったのかしら?
とにかくコロンボは最後の犯人の抵抗がなさすぎるのが特徴だと思います(笑) まぁいいんだけどね。それも含めて好きだから。
最初の放送の時は見逃していたので、毎週とても楽しみ。でもいわゆる「新刑事コロンボ」になって単発で放送されだしたコロンボは結構見ているのよねー 見覚えのある話がチラホラです。 また今後旧コロンボに戻って放送されるらしいので楽しみ。若いもんねー コロンボが。45話のうち若いコロンボの放送は8話まで済んだの。いつ8話に戻るのかなぁ? でもなんでこんな変則的な放送するんだろう、NHKさん。
ま、見れればいいんだけどねーー

外はすごい風! 参ったなぁ。

じゃあね

2009/04/19

4/19 そーじ

パソコンの周りがすごいごちゃごちゃしていたの。
原因はパソコンを買ったのに前のパソコンも近くに置いたまんまだったから。
狭いところの床に直置きしてたので邪魔で邪魔で・・・
やっと片づけて棚の上に本体とモニターを重ねて置くことができるようになり、すっきりしました。
でもそのためにいろーーいろと物を捨てることになって とっても悲しかったです。
昔社員旅行のとき買ったブックエンドとか、千趣会のの品とか・・・
まぁ仕方ないなぁ。
その後衣替えも少し。
安物の服ばっかりたっぷりあって、で、それを捨てることができないんでタンスも満タン気味。うーん・・・もったいない精神が強すぎなのよねー(笑)

じゃあね

2009/04/18

4/18「ナンシー関の記憶スケッチアカデミー」

昨日電車の中で読む本として持って行ったナンシー関の記憶スケッチアカデミー 』(ナンシー関編・著 角川文庫)です。
51jqdfaev4l__bo2204203200_pisitbsti
ずっと前に友達から誕生祝いにもらっていたやつ、やっと読みました。
電車の中で読んだのですが、結構にやにやしてしまい、他人が見たら不気味だったかも。
でも今はもうナンシー関はいないんだよなぁ・・・

今日はいい天気だった。あったかいしさ。

この前シルシルミシルを見て、ラーメンとドーナツが食べたくなったの。
でもさ、いっちゃーなんだけどミスドのドーナツ、いい粉になったとたんめっちなゃ不味くなった気がする。でも昨日会社の人に言ったら全然そう思わないって言われちゃった。うーん・・・

じゃあね

2009/04/17

4/17 BUNZO

事務研の日。メインのランチはBUNZOにしました。
今週のランチが820円で、サーモンのグリルか、トマトと茄子のピリ辛パスタ。
悩んだけどパスタにしました。でもサーモンにすればよかったーーだって夜もパスタ出たんだもん。
それにサーモン、でっかくておいしそうだったー 付け合わせのほうれん草のソテーもめつちゃ美味しそうでした。
パスタのセットはサラダとスープとパン付き。スープはめっちゃ野菜たっぷりでした。パンは冷たかった。
パスタはガーリックが効いていたので、食後に胃薬飲んでおきました。

夜は歓迎会。ブーシーズカフェというところで。
4000円で飲み放題だけど、アルコール飲めないのでソフトドリンクだけ。でも帰りの電車でのトイレが怖いのであんまり飲めなかった~ といいつつ、ピーチスカッシュ、ジンジャーエール、パッションピーチと3杯は飲んだな(笑)
料理はいまいち。それでも私のくじで決まったテーブル席は女ばっか4人で話は弾むし、食べまくってるし・・・・たぶん全テーブルで一番食べるスピードが速かったっす(笑)

朝は早めに出かけて肥後銀行の本店へ。ユーロに両替してきました。昨日のレートより微妙に今日が良かったので10時半まで待って変えてきたの。手数料込みで136.25円。うーーーーん・・・・・
1月か2月に替えてたらなぁ・・・・ まぁ仕方ないか。

夕方はコンタクトの点検にも行ってきました。左の度を1つ上げてもらい、レンズを新品にしてもらいました。
これでイタリアをしーーっかり眺めてくるぜ!(笑)

じゃあね

2009/04/16

4/16 4回

昨晩トイレに起きた回数です。
ったく、寝た気がしないよ(笑)
コーヒーをマグカップでがぶ飲みしたからだろーなー
会社でも今日はなーーーんかいも通いました。
まぁ出ないよりいいかー

明日は事務研で熊本。
朝から半休を取ったので営業所には行かずに直接熊本へ。
肥後銀行の本店に行って少しだけユーロに両替してきます。
あー、1月だったらそーとー円高(でいいんだっけ?)だったのになー
今は・・・
まぁ170円と思えばそーと―安いよね。

じゃあね

2009/04/15

4/15「ミーズルと無敵のドラゴドン」

ミーズルと無敵のドラゴドン (ミーズルの魔界冒険シリーズ)』(イアン・オグビー著 講談社)を読み終わりました。
6159h1p4pml__sl500_aa240_
あ、今の今までタイトルは「ミーズルと無敵のドラゴン」だと思ってました。その割にはドラゴンの活躍が少なかったと思ったよ(笑)
うーん、1の方が私は好きかな?
今回の舞台は遊園地。でも従業員は石にされてて、動力も止まってるの。
やっと幸せな日々を満喫していたミーズルと両親が遊園地に行った数日後お母さんが誘拐されてしまうの。お母さんは魔法使いではないのだけど、魔法を使うための力の元になるマーナを結婚した相手にいくらでも送ることができる能力を持っていたの。つまりお父さんは実は二流の魔法使いらしいけどお母さんと一緒だと無敵に近いって訳。
お母さんを直接さらったのはバジルの仇を討とうとしているラスモンクたち。でも彼らも途中からドラゴラムというドラゴン使いの僕みたいになるの。しっかしラスモンクたちの無能さときたら!
おまけに息を吐く以外のどんな魔法も1回使うくらいしかマーナをもってなくてさ、情けない。 
お父さんは記憶喪失にさせられて全く役立たずだったのでミーズルがフランネルばあやとティンカーの力を借りて夜の遊園地に乗り込み、邪悪な命を吹き込まれたぬいぐるみや回転木馬、ティラノザウルスの作り物たちと戦い、ラスモンクも数人やっつけ・・・・でもドラゴラムに捕まってしまうのね。ただ、やっぱり色々な機転と、運が味方してドラゴンとドラゴラムを倒し、お母さんを助け出し、最後は記憶を取り戻したお父さんの力でラスモンクを生け捕りにするの。
しっかし魔法協会の人たちって最低ね! 人間のお役所の人たちみたいだよ。
さ、次はいつごろ出るのかな?
この1の内容説明では「仕返しにやってきたラスモンクたちに、お母さんがさらわれ、お父さんは記憶喪失に。ミーズルは魔法グッズを持って、たった一人でお母さんを探しに出かけますが…。映画化決定の新感覚スピード・ファンタジー。シリーズ第2弾。」となっていました。

今日は帰りに久しぶりにレンタルビデオ屋に寄ろうかなぁと思っていたのですが(半額なので)結局やめました。
テレビの特番が多いから見るチャンスがあるかどうか不安だったので。
それに最近BSの旅番組っぽいのばっか見てるしなー(笑)

じゃあね

2009/04/14

4/14 昨日と同じはずだったのに・・・

今日の昼休みはまるまる時間があったのに(電話も来客もなかった)なぜか昨日と同じ本(もちろん2巻だけど)が半分しか読めなかった。なんでかなぁ?
仕事中、まともに仕事したからだろうか(笑)

そーそー、階段の途中から見える花、こでまり?よく知らないんだけど(笑)めっちゃ綺麗でついつい写真を撮っちゃったよ。
Dscf3065
ね、きれいでしょ?

じゃあね

2009/04/13

4/13「ミーズルとミクロの仲間たち」

今日の昼休みにミーズルとミクロの仲間たち (ミーズルの魔界冒険シリーズ)』(イアン・オグビー著 講談社)を読みました。
61dhy42rv1l__sl500_aa240_
思ったより面白かったです。ミーズルの生い立ちはかわいそうねぇ。
実際に近くにいたら風呂に入ってないから臭くてゲーだけど、仕方ないよね。
魔法使いが「ウィザード」(よい魔法使い)「ウォーロック」(普通の魔法使い)「ラスモンク」(最悪の魔法使い)と別れていたとはは初めて知ったよ。
ミーズルの育ての親はラスモンクのバジルだったの。だからめっちゃ虐げられていたのね。でも殺されなかっただけでもよかったやん。悪い魔法使いでもお金は必要なんだなぁ。人間くさっ!
真黒な屋敷の屋根裏部屋に鉄道模型があって、それがバジルの唯一の趣味。で、その中に生きた人間も気に入らない奴を小さくして入れちゃったんだけど、ドーナツのクズにピンクのレモネードを飲み食いするとなんとプラスティックに変わっちゃうの!
で、とうとうミーズルも怒りを買って小さくされて模型の中に入れられたの。で、プラスティック化はいきなりではないのでちょっとだけしゃべれる電気技師のフランクに最初気づき、人参を食べさせたらもとに戻ったのでみんなを戻して回るの。女性議員のレディーや百科事典のセールスマンウィリアム、ガールスカウトのキティに代区のキップ、そしてラスモンク研究家のプルーデンスとその犬ティンカー。
最終的に彼らがバジルをやっつけて元に戻るの。
超人的な力のある人々でなく普通の人たちが頑張る様子がよかったです。 屋根裏部屋の模型の町って言えばジーナ・ディビスのビートルジュースを思い出させました。
ロバート・ゼメキスが監督で映画化するって話だけどもう公開されたのかな?
bk1の内容説明では「魔力で2センチの体にされた少年ミーズルに、屋根裏部屋から脱出できる術はあるのか…? まるで特撮映画を見るような感覚でミクロの世界へと誘う、新感覚スピード・ファンタジー。ロバート・ゼメキス監督で映画化決定。」となっていました。

雨が降るかと思っていたら夜まではもったみたい。よかったー

しかし今日はめっちゃヒマだった。明日はちーーっと忙しければいいなぁ。贅沢な悩み・・・

じゃあね

2009/04/12

4/12悲しいことに

昨日日清焼そばUFOの真っ直ぐな麺のやつを買ってきたの。
で、今日の昼食べたのですが・・・
うー、やっぱだめだった・・・・
とても好きなんだよ、UFO。でもね、食べ終わった後しばらくすると口の中がめっちゃ気持ち悪くなってさ。ずーっと消えないの。たぶんキャベツのせいだと思うのね。でもキャベツ、好きなの。
悲しいことに本当に食べるときは好きなのにその後がダメなのよねー
どうにかならないのかねぇ?

じゃあね

2009/04/11

4/11「ブラッド・ワーク」

ブラッド・ワーク』いやー 面白かった。
214zm51tw8l__sl500_aa192_

なかなか好みの映画でした。色恋沙汰が入ってなきゃもっと良かったです。依頼人と寝ちゃったのは蛇足だったなぁ。
犯人はこいつだ!と主人公よりちょーーーーーーーっとだけ早くわかりました(笑)
暗号の謎を解いたのが小学生のガキってのもまぁ現実ではありえないでしょうが話としてはいい感じ。
2002年の作品なんですね。 クリント・イーストウッドが出てくる作品ってもしかしたら『スペース・カウボーイ』くらいしか見たことなかったかも! なので新鮮でした。ダーティ・ハリーシリーズは見たことないのよね。あんまり興味もないのだ、今のところ。 いつかは見るかもしれないけどね。
この映画はコード・キラーと呼ばれる連続殺人犯を追っていたFBI捜査官のマッケイレブがその追跡中に心臓発作で倒れてしまい、早期退職して隠居生活送ってるの。でも2年後に心臓移植のドナーが見つかり、手術は成功。そんなところへドナーの姉が殺された妹、つまり心臓の持ち主を殺した犯人を捕まえてくれとやってくるわけ。そんな簡単にドナーと提供された人が特定されていいものか・・・ ま、それがなきゃ話は進まないのでいいけどさ。で、捜査を始めるわけ。非公認でね。
私的にはあのロシア人がかわいそうだったなぁ。せっかく真面目に働いていたのにさ、疑いをかけられ切れちゃって仕事辞めて逃亡して挙句に殺されちゃって・・・・ とまぁ話にはあまり関係ない所に引っかかっちゃった。
それはともかくとして、推理して犯人を突き止めて行く流れが面白かったよ。警察にドーナツの差し入れってのもアメリカだーーって思って嬉しくなっちゃった! しかしあのぎゃーぎゃー言うばっかのメキシコ人の刑事はうざかったねぇ。あいつにくっついていたもう一人の刑事はもーちっと骨がある奴かと思ったら全くの見込み違いで最後まで腰巾着のままだったよ。
とにかく見てよかった。人に勧めるくらいは面白かったです。

じゃあね

2009/04/10

4/10「タイムトラベラー2ふたつの反重力マシン」

昨日と今日でタイムトラベラー2 ふたつの反重力マシン』(リンダ・バックリー・アーチャー著 ソフトバンククリエイティブ)を読みました。
51jaqjz1e1l__bo2204203200_pisitbsti

いやはや・・・よかったーー 読むのを止めたくない感じで一気に読めました。
私の好きな時間もの。1巻ではSFと呼んでいいのか少し疑問を持ったけれどこれはSFでいいね。
この巻ではケイトがピーターの父親とピーターを迎えにまた1763年に戻ろうとするのだけど、マシンを置いていた間にその辺のおばちゃんがちょっといじってて、なんと29年後に着いちゃうのよ!1792年に。
つまりピーターはもう41歳なの。ピーターは18世紀で21世紀に生きたより長く過ごしていたのよ。いやー この展開は考えてなかったのでびっくりしちゃった!
ピーターがすぐ名乗るかと思ったらそうではなくて、えーっと思ったもののピーターの気持ちもわかり・・・
18世紀の様子もよかったけど、今回は21世紀に来たタールマンが!
なんかすごい悪党なのに嫌いになれないのよね。過去がああでなければいい奴だったかも。こっちに来て知恵を使い案内役の女の子アンジャリを見つけ窃盗とか悪いことはいっぱいでも人殺ししないところが気に入った。トムもこっちに紛れ込んできていて、タールマンと出会い束の間幸せだったと思さ。かわいそうなトム。
でもトムに優しくしてあげていたからケイトは命拾いしたのよね。情けは人のためならずだねぇ。
新しく作った反重力装置で18世紀に戻ったケイトパパは12歳のピーターを連れて21世紀に戻り、モンファロン侯爵の力で壊れた反重力装置を直してもらってケイトとピーターパパ、そしてモンファロン侯爵は21世紀に戻れて普通だったら大団円!
でもタールマンが反重力装置を奪って自分の人生をやり直すことを考えついたためまたまたピーターとケイトは18世紀に連れてこられちゃったの!せめてタールマンがラクソン卿に近づいてなければこんな結末ではなかった気がする。
でもね、タールマンのぼやけて時を跳ぶ力、ケイトの持っていたぼやけが進化(?)して時を早く移動するようになった力、あれって何?時空のひずみの力が二人に憑依しているのかな?なぜピーターにはその力が無いのだろう? タイムパラドックスはあまり気にせず、この話では時を戻って変えてしまうとパラレルワールドができるパターンの時間ものみたいね。ただ、そのパラレルワールドにしてもオリジナルの時の流れがあってその流れから時が分かれて行くけど修正することもできる、そのためにはオリジナルに力を加えればいい、みたいな設定はなかなか面白いと思ったよ。
18世紀のケイトとピーターパパが力を借りるためモンファロンが住むフランスのアラスに向かうのだけどこの前見た映画、「公爵と伯爵夫人」がとても役に立ったと思いました。あの頃の話なんだね。イギリス人とフランス人の立場や反革命派とかギロチンの恐怖政治とかの話とか、あーあれかぁと思いながら読みました。
しかし問題は3巻がいつ出るか?ってこと。
1巻が出て2巻が出るまで1年半かかってるのよね!来年の夏まで待てってこと?くーー覚えてらんないよぉ(笑)っていうか早く続きを読みたい!!
しかしこの本は装丁でとても損をしていると思いました。もっとSFらしくシャープなイラストにすればよかったのに。まぁ私の好みの問題だけどね。
bk1では「18世紀に取り残されてしまったピーターを迎えに、ふたたび過去へと旅立ったケイト。そこで待っていたものは? ハラハラドキドキの新展開! SF冒険ファンタジー第2弾。 」と内容説明されていました。


1週間が終わりました。今週は早かったな。天気も良くてあったかで。でも明日の夕方から雨らしい。まぁ暖かさ(暑さ?)は火曜ぐらいまで続くらしいけどね。

じゃあね

2009/04/09

4/9「オリエント急行殺人事件」

先日BShiで放送された『オリエント急行殺人事件 』を昨日見ました。
51hmuy54etl__sl500_aa240_
昔テレビであったのを見て、゜3年前にも見たけどそれはビデオだったのね。今回はハイビジョンだよ!なのでちょっと迷ったけどまた見ることにしたの。好きだしね。
見てよかったーーー 新しく買ったテレビ、プラズマで46インチの威力をまざまざと見せつけられたね!
というのも最初のデイジーちゃん誘拐のシーン、何が何だかちーーっともわかんなかったのよ、暗くてさ。それがはっきりくっきりだよ! 嬉しかったね~
映画は思ったとおりよかったー
でもポワロがね、私はテレビ版のデビッド・スーシェの方がいいな。アルバート・フィニーはガサツ過ぎ。しゃべり方が好きでないな。怒鳴り散らした感じが耳につきました。
あぁでもオリエント急行に乗って旅してみたいなぁ。いや、殺人事件なんてあってもらうと怖いけどね。

今日も暖かかったです。ていうか、もしかしたら夏日だったかも。ただ室内は暖まりきらずひんやり。あまりの冷たさに午後から電気ストーブを足元につけていたのでした。


じゃあね

2009/04/08

4/8「タイムトラベラー 消えた反重力マシン」

昨日今日でタイムトラベラー 消えた反重力マシン』(リンダ・バックリー・アーチャー著 ソフトバンククリエイティブ)を読みました。
51hcrtsi8tl__sl500_aa240_
いやー面白かった!
でもショックなことに3部作なのに(これもか!)2作目までしか借りてきていないの。ってうか3冊目はもう出てるのかな?う、2作目が2009年の1月じゃん。こりゃー待たされそうだなぁ・・・
タイトルのタイムトラベラーってのはちとベタだけど、タイムマシーンを作ろうとして研究云々ではなく、全く違う研究の機械が急に作動してそれにピーターとケイトというほぼ出会ったばかりの少年少女(12歳くらい)が巻き込まれて1763年に行っちゃうのよ!
その18世紀の不潔で不便、だけど生き生きとした人々が暮らす世界の話も面白いけど、現代のイギリスでピーターの両親、ケイトの科学者の両親たちの話、失踪を調査する刑事の話、ピーターたちが幽霊のように現れ、それを乗せた新聞の話なんて―のもなかなか面白く読めたよ。ケイトの伝言の仕方(学校の親友としか行かない場所の壁に伝言を彫り込む)なんてのもよかったね。
ただ、2巻目はまた同じ機械で違う時代に行く話だと漠然と思って読み進めていたので、次はどうしてタイムトラベルするんだ?と不思議に思っていたけど、そっかー、最後の最後に・・・・・
しかし、ギデオンっていい奴だよねー
巾着切りって犯罪を犯すのも仕方なく。少なくとも弱い人いじめは全然やってないよね。 幸せになってほしい人だなぁ。なんでかしらないけどとってもお人好しなイメージ。クレイトマンシーだっけ?ダイアナ・ウィン・ジョーンズの魔法使い、彼のイメージがこびりついちゃって・・・・違うのにねぇ。

18世紀のイギリスって本当に不潔なんだね~
江戸だったら、いやいやまだ江戸時代じゃないかな?日本はそこまで汚くない気がするよ。 暑いのにドレスとか着たり鬘つけたりってへんな習慣だよね。臭かったろうなぁ。まぁ貴族が情をかけてくれたからピーターもケイトもいい恰好して飢えずに済んだんだけどさ。
反重力の力の残量がピーターとケイトに残っていたのかな?だから機械がなくてもなんとなく意識すると現代に戻れたのだろうか?
一つ気になっているのはアメリカで消えた学者と機械の行方。いつかは出てくるよね?
今回ケイトの父親が18世紀にやってきて子供たちを連れ帰ったのだけど、その時の現代の話はまだされてないよね。2巻に語られるんだろうね。ギデオンは恩赦になったって知らないままだからしばらくは苦労するんだろうなぁ。
トムもなんとなく幸せになってほしいなぁ。
すぐ続きを読まなくっちゃ!
bk1の内容説明では「【ブランフォード・ボウズ賞「特別推薦作品」(2007年)】「反重力マシン」がとつぜん動きだし、18世紀のイギリスへタイムスリップ! 電話も車も警察もない、紳士も泥棒も殺人鬼もごちゃまぜの世界から、12歳の少年ピーターはぶじ戻ってこられるのか? SF冒険ファンタジー。」となっていました。

じゃあね


2009/04/07

4/7「クローン・ウォーズ」

BS2だかBShiだかで放送された、録画していたので昨日の晩見ました。
51b3do7pn5l__sl500_aa240_
絵は完全にアメリカだねぇ~
ストーリー的にはどうなんだ?エピソード1と2の間?2と3の間?
まぁアナキンがまだいい奴です。
ジャバ様の子供が誘拐されてそれをアナキンとパダワンが助けに行くってストーリー。
ジャバ様に子供がいるってのがなんだか意外。 で、その子をかわいがってるってのもなんか不思議な気がしました。 あの子供、まぁ見た目かわいいと言えなくはないよな。ただ臭いらしいのでやっぱり友達にもなりたくなければベビーシッターもやりたくないねぇ。
ジャバのおじさんだったけ?都会の酒場を仕切ってたやつ、あいつはちゃんと標準語(?)を話せるのになんでジャバ様は通訳のロボットなしでは話せないのかねぇ。なんとなく不思議でした。
まー見ても見なくてもいいような話でしたが、やっぱり見た方がよかったろーねー というくらいの映画でした。

昨日はその後、BShiでやっていたポワロも見ていたけど、途中で「飛び出せ!科学くん」にチャンネルを変えたのでした。(どうせ録画していたから)続き、今日見れるかな?
しかし「飛び出せ!科学くん」はいいねぇ。 ココリコ田中にしょこたんっていう組み合わせがめっちゃいいっす! 番組の内容もたいぎゃなよかです。深海サメ好きと一緒に見ていたので余計楽しめました。来週がもっと楽しみ。あー、大英博物館に行ってみてーーー

今日はとっても暖かいっす。 自転車に乗るのにもコートも手袋も不要でした。車の中は暑かった~

お、イタリアの地震のニュースやってる。カラカラ浴場も被害を受けたらしいけど、旅行は大丈夫だよね?ちょっぴりだけ心配です。

じゃあね

4/7「グレッグのダメ日記 ボクの日記があぶない!」

グレッグのダメ日記―ボクの日記があぶない!』(ジェフ・キニー著 ポプラ社)を読み終わりました。
51sw8kokecl__sl500_aa240_

今回もあっという間に読めちゃった。
グレッグもどーしようもないがきんちょだけど兄ちゃんのロドリックもダメダメだねぇ。
高校生のパーティってよく映画や海外ドラマで出てくるけど、本当にあんなにハメを外すのかねぇ。その後始末ってそりやー大変だろうよ。しかし友達のロウニーもたいした間抜けだよ。ほんと、タイトル通りです(笑)
bk1の内容説明では「今年の夏休みはサイアクだった。数週間前に去年の日記帳を兄ちゃんのロドリックに取られて、散々な目にあったんだ。でもそれだけじゃなくて、他にもやっかいなことだらけで…。読むと元気になる、すごーくダメな少年の日記。 」となっていました。

じゃあね

2009/04/06

4/6「グレッグのダメ日記」

グレッグのダメ日記 グレッグ・へフリーの記録』(ジェフ・キニー著 ポプラ社)を読みました。
51xiygnv2bll__sl500_aa240_
うーん、よくもまぁこんなてーのーながきんちょの日々を綴れたものだと感心しました。
グレッグという少年、本当にこんな子が自分の子だったらとほほだよ。ただにいちゃんの方がもっとトホホ。弟に至ってはいらなーーーい!と思ってしまいました(笑)
すごく大きいフォントで、マンガ入りだったのですいすい読めました。
bk1の内容説明では「ボク、グレッグ。これを書くことにしたわけは、ただひとつ。ボクが将来、金持ちの有名人になったとき、1日中質問に答えるのが面倒だからだ。そういう場合、これを出せば一発で解決するからね…。すごーくダメな少年の日記。 」となっていました。
実は2巻も借りていてむもう読み始めているのだ。

今日はやーーーっと春らしい天気、気温でした。 嬉しいけどなんかバイオリズム的にはとてもダメダメな日でした。
昼休みはドアに顔をぶつけて額にたんこぶまで作ってしまったよ!
たんこぶなんて久しぶりじゃー 小学校の時、軟式テニスのラケットで顔面を強打した時の10分の1くらいの腫れ済んでよかったばい(笑)
その後もへろへろだったから帰りは事故らぬようじゅーーぶん気をつけて帰ってきました。
よかった、無事帰りついて。
あ、でもイタリアで大地震があったようで・・・大丈夫よね? ちと不安。

じゃあね

2009/04/05

4/5 完璧MAP

今、BSフジの完璧MAPっていう番組がお気に入り。
ギリシャやイタリアがあって、DVDに保存しました。昨日の早朝ベトナムがあったようだけど、それは気づくの遅くて録画し損ねてしまい残念。 オーストラリアも見ました。 ストックホルムちかベルリンも録画する予定。
空港から街中まで出るための手段とかがわかり易くてとても便利。というかいつか利用できる日が来ればいいのにって思っています。
でも今度の旅行は完全パック旅行で添乗員さん付きなのでなんの心配もいらないんだよねー
ちょっとつまんない気もするけど、まぁ最初だけんよかろーー
あと1か月だよ。楽しみ~
あ、図書館に行ったので読む本以外にイタリアのガイド本も古いけど借りてきたの。
「青の洞窟」が載ってないのにびっくり! いつからメジャーになったっけ?
今回のメインなんだけどなー私の中では。 天気がいいといいなぁ。
見れなきゃとっても残念。

じゃあね

2009/04/04

4/4 だらだらと

朝は一応7時台に起きたものの嬉しい2度寝で11時まで。
その後洗濯したけど天気は雨なので室内に干しました。
図書館や買い物に行かなきゃなんなかったけど、服を着替えたり化粧するのがおっくうで、明日にまわして一日録りだめていた番組を見てました。
今夜は今からエリンを追っかけ再生して、その後コロンボを追っかけ再生して、そして感謝祭を追っかけ再生してみるつもりです。
目が疲れそうねぇ(笑)

じゃあね

2009/04/03

4/3「スカイ・イクリプス」

スカイ・イクリプス』(森 博嗣著 中央公論新社)を読みました。
51dumusk5il__sl500_aa240_

「スカイ・クロラ」シリーズの短編集です。
うーんと、8つの話が入っていました。
誰の話かわかる奴はとてもいいんだけど、誰のことを書いてあるのかわかんないのは最後までイライラ。
「ジャイロスコープ」まず笹倉メインの話。これはよかった。まだクサナギと出会ったばかりの頃みたい。
「ナイン・ライブス」次がティーチャの話。瑞季を引き取ったばかりの頃の話だね。そっか、瑞季は一応ティーチャが育てたのか。 いや、それとも赤ちゃんの間だけでその後はクサナギの実母が引き取ったのかな? それとも瑞季でないティーチャの子供か?
「ワイニング・ムーン」次が誰の話かわかんない。海に不時着したパイロットと、船に乗っていた副船長の話。副船長は船から飛び降り自殺したみたい。
「スピリノッツ・ファイア」次がいつも言ってた店のマスタの話。それにクサナギがちらっと出てきてる。クサナギの部下は誰だろう?
「ハード・トレイン」そして甲斐の話。まだ肩書きが下っ端で、初めてクサナギに出会った時の話もあった。
「アース・ボーン」マシマやトキノ、サカシロの話だけどフーコも出てくる。
「ドール・グローリィ」そしてカンナミと多分瑞季の話。 カンナミは結局クサナギを殺したあと狂ったの?それともあの時クサナギは死んでなかったのかなぁ?わからん。曖昧だー 曖昧過ぎる!カンナミ=クサナギ?違うよねー
「スカイ・アッシュ」最後の話は「クレィドゥ・ザ・スカイ」の主人公と同じ人なんだろうと思うけど、誰なんだろう?フーコとの話を聞いていると男と思っていたけど実は女で、そしてクサナギだった?
もー最後までわかんなくて、考えるのを諦めちゃった。
もーいいやどうでも。
bk1の内容説明では「空で、海で、地上で…「彼ら」は「スカイ・クロラ」の世界で生き続ける。物語の謎を解く鍵が、ここにある。シリーズ最初で最後の短編集。「ジャイロスコープ」「ナイン・ライブス」など全8編を収録。」となっていました。

さ、明日は久しぶりに図書館から本を借りてこよーーーーっと!

じゃあね

2009/04/02

4/2 風邪?

通勤途中でいきなり頭痛信号。
天気はいいのに何故?と思っていました。
薬を飲むのを我慢していたのですが、なんだか喉もちょっと変?
げっ、これって風邪かも!
そういえば会社でも家でも近くに風邪ひきさんがいたよ。
くーもう今週も終りになるってのに、休みの日に風邪ってやだよねー(笑)
なので帰ってごはん食べた後すぐ薬を飲みました。
でもみ晩御飯食べ終わった頃は頭の重さはちょっととれてたみたい。
今日こそは早く寝て、あ、でも「雨トーーク」ば見らなんよねぇ(笑)

じゃあね

2009/04/01

4/1「クレィドゥ・ザ・スカイ」

クレィドゥ・ザ・スカイ』(森 博嗣著 中央公論新社)を読みました。
51n67bux2b8l__sl500_aa240_
ひとつ聞きたい。この「僕」って誰?
最後まで誰だかわからず、イライラ。
最初はクリタかと思ったの。途中でカンナミ?と思いつつ、まさかクサナギではないよなぁと思いつつの結局は誰でもいいと?キルドレってみんな一緒って言いたかったと?
サガラが死んだって以外はすべて夢か現かよくわからなくていい、みたいな感じだったです。
とにかくこのシリーズを読むと生きてることがどーでもよくなるというか、死が美化されてるというかなんか青少年には危険じゃ?なんて思っちゃった。
あと残すは短編集だけか。
bk1の内容説明では「ただ、もう一度だけ、空へ上がりたい。それだけを願いながら、「僕」は地を這う。翼を失った「永遠の子供」の行く先は…? スカイ・クロラシリーズ、ついに完結。」となっていました。

寒かった!
もう、早く温かくなってほしいよ。
桜は既に葉桜。葉桜は嫌い。見た目がよろしくない。
満開のあと散ってしまって裸になった後葉が出ればいいのになぁ・・・

じゃあね

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »