« 4/22「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 4 迷宮の戦い」 | トップページ | 4/24 天然鯛 »

2009/04/23

4/23「秘密の道をぬけて」

秘密の道をぬけて』(ロニー・ショッター著 あすなろ書房)を読みました。
51qyrrg0b7l__ss500_
なかなかよかった。
南北戦争の10年くらい前のアメリカの話。
南北戦争がなぜ起きたのかなんてあんまり興味はなかったのだけど、奴隷制度がかかわってるんだろうなぁってことはちょっとだけ思っていた。
この本は子供向けの本ではあるけど、10歳のアマンダが逃亡奴隷の人たちを自由の国カナダまで逃がすための秘密組織、「地下鉄道」の「駅長」をしているお父さんを手伝って逃亡奴隷の一家を助ける話です。
しかし本当になんで同じ人間を奴隷として扱えるんだろうね。まぁその人たちにとってはそれが当たり前であり、黒人の人たちは同じ人間とは思っていなかったから出来たんだろうけどさ。
なんだか本当にアメリカの最大の恥ずべきことだよね。
アマンダはちょっとだけ馬鹿やってハンナを危険にさらしたけど、でもちゃんと無事に逃げ伸びることができてよかった。
最後のハンナからの手紙には思わず涙がでちゃったよ。
bk1の内容説明では「自由の国へとつづく「地下鉄道」。10万人もの逃亡奴隷を助けたといわれるこの秘密組織には「駅長」と「車掌」、そして、小さな「駅員」がいた…。逃亡奴隷を助けた一家の物語。」となっていました。


しかし驚いた! 日経の昼のニュースメールでSMAPのくさなぎが逮捕って!
公然わいせつ罪って言うから最初は酔って女を押し倒してすごいことしちゃったのか!と思ったけど、裸で大騒ぎしたってだけだったんで なーんだって感じ。
でもこれからどうなる? 映画にテレビにCMに・・・・困ったねぇ。
私ゃ今から録画していた「ぷっすま!」を見るつもりだけど、この番組も危なくなる?
やだなぁ・・・

じゃあね

« 4/22「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 4 迷宮の戦い」 | トップページ | 4/24 天然鯛 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/44765592

この記事へのトラックバック一覧です: 4/23「秘密の道をぬけて」:

« 4/22「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 4 迷宮の戦い」 | トップページ | 4/24 天然鯛 »

無料ブログはココログ