« 3/5「ηなのに夢のよう」 | トップページ | 3/7「キラレxキラレ」 »

2009/03/06

3/6「イナイxイナイ」

今日はイナイ×イナイ』(森 博嗣著 講談社)を読みました。
51clhphwq8l__sl500_aa240_
これはXシリーズと言うそうな。
森さんのミステリ、私にとっては新シリーズです。
登場人物に椙田の名を見つけてちょっと安心。でもほんとにちらっとしか本人は出てきませんでした。最後に萌絵が就職して出てきました。ちらっとね。ということはここは東京なんだ。
Gシリーズは読み終わった後不完全燃焼感が拭えないのですが、このシリーズは探偵事務所に依頼された事件を探偵でもない単に留守番小僧が助手とともに解決していく!みたいなー(笑)
結構すっきりかな?いや やっぱり完全に謎解きされるわけではないかー 今回の舞台になった佐竹家ってこれでもう終わりなのかな?それともまだ後を引きずるのだろうか・・・
最初に登場人物のページに椙田の名前を見て彼が主人公かと思ったけどそうではなくてメインは小川という元社長秘書でつい最近椙田の探偵事務所に入ってきた女性。それとその事務所でボランティアで留守番をやってる芸大生の真鍋。 この子、結構冴えてるのだわ。でも頭の中でぴゃっと閃く天才ではないので椙田にはバカにされてしまってた。、回転が鈍いって! そりゃ四季とか犀川せんせとか紅子ちゃんと比べたらだめだって(笑)
あと2冊、借りてます。早速読みましょうぞ!
bk1の内容説明では「都心の一等地に佇立する広大な佐竹屋敷、美しき双子、数十年来、地下牢に閉じ込められているという行方不明の兄・鎮夫。そして自ら“探偵”を名乗る男。旧家で渦巻く凄惨な事件の香り…。新章開幕、Xシリーズ第1弾。」となっていました。

天気予報では午後から晴れとなっていたのに、雨こそ止んだもののどんより天気。なんかやだなーー
でもま、明日は休みだ。あ、でも親元に行かなきゃなんないかも。 くーかっだりー
そうそう、異動はやっぱりうちの上司には関係なかった。残念だよ、全く。

じゃあね

« 3/5「ηなのに夢のよう」 | トップページ | 3/7「キラレxキラレ」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/44262375

この記事へのトラックバック一覧です: 3/6「イナイxイナイ」:

« 3/5「ηなのに夢のよう」 | トップページ | 3/7「キラレxキラレ」 »

無料ブログはココログ