« 3/4「華胥の幽夢 十二国記」 | トップページ | 3/6「イナイxイナイ」 »

2009/03/05

3/5「ηなのに夢のよう」

久しぶりに森ミステリを読みました。
ηなのに夢のよう』(森 博嗣著 講談社)です。
414ivkon5ml__sl500_aa240_
図書館に続きがなくって中断していたGシリーズ、ひょんなことから借りて読むことができました。
すごーく難しい状況の首つり自殺、つまり15メートルもある松の木の枝に首を吊った死体が見つかり、木の根元に「ηなのに夢のよう」と書かれた鉢巻き、あと首つりがあった神社の絵馬にも同じものが書き込まれていたの。その後も池の中の小島の木の枝やなんとラブちゃんちのベランダ、市役所にN大の非常勤講師の控え室でも同じ言葉を残した首つり死体が・・・・
Gシリーズの加部谷や山吹、海月くんの他におなじみの萌絵、犀川先生そしてまぁ豪華なことに紅子に椙田(保呂草)そしてちらっと四季も出てくるし、うーん。しばらく読んでいなかったけど森ワールドがぎゅんぎゅん凝縮していく感じですね。 ただ今回も自殺なのか他殺なのかどーでもいい感じで、ミステリとしては不完全燃焼です。
あ、萌絵がどーも次の巻からは東京に行っちゃいそう。W大の助手になるみたいなの。あ、次の巻ってのは早すぎかな? 最後にちらっと出てきた諏訪野。一緒に東京にも行くみたい。ただ犀川せんせと別れちゃうよ。どーすんのよー
あぁレベルの低い感想じゃなぁ(笑)
bk1の内容説明では「地上12メートルの松の枝に首吊り死体が! 遺されていたのは「ηなのに夢のよう」と書かれたメッセージ。「φ」「θ」「τ」「ε」「λ」と続いてきた一連の事件と、天才・真賀田四季との関連は? Gシリーズ第6弾。」となっていました。
あれ?12メートルじゃったか(笑)

今日は午前中はいい天気だったのにもう今は完全に愚図ついた空模様。 雨だと暗くなるのも早いね~

じゃあね

« 3/4「華胥の幽夢 十二国記」 | トップページ | 3/6「イナイxイナイ」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/44252233

この記事へのトラックバック一覧です: 3/5「ηなのに夢のよう」:

« 3/4「華胥の幽夢 十二国記」 | トップページ | 3/6「イナイxイナイ」 »

無料ブログはココログ