« 3/26 目がかゆい | トップページ | 3/28「ダウン・ツ・ヘヴン」 »

2009/03/27

3/27「ナ・バ・テア」

ちょっと時間がかかってしまったがナ・バ・テア』(森 博嗣著 中央公論新社)を読み終わった。
511nfejzh3l__sl500_aa240_
誰が主人公かわからず、途中で名前出てたっけ?とページを遡ってみたりもしたけどわからずに読み進んでいた。カンナミの昔のことかな?とか思いつつね。
結局75ページになって初めて「これ、草薙のことだ!」と解ったのだ。でも女なのに「僕」と呼ばせるとは絶対に確信犯だね。実際にクサナギの字が出てきたのは77ページだった。
草薙の子供の相手はティーチャだったのかー
そして尚且つ出産したのではなく、堕胎した胎児を病院が育てたんだ。キルドレの子供はやっぱりキルドレで生命力が強いんだって。なんだかそんな作られた生命が生殖能力を持っているってことにちょっと驚いちゃうよね。
しかしこれも結構暗い話だった。
とにかく草薙が暗い奴だから・・・しかしエース級の腕を持っていてなぜスカイ・クロラの時は飛行機乗りじゃなかったのかなぁ? まぁそんな話はしっかり出てきてたけどね。そこのところが次に語られればいいけど。
結局死にたくなったのは空に居ず地面に居すぎたからじゃないのかな?
この本にも笹倉が出てきたけど、このシリーズでは彼に一番好感が持てるや。
bk1の内容説明では「地上で生き、大空で戦う人間たち。空でしか笑えない「僕」は、飛ぶために生まれてきた子供…。大人になってしまった男と子供のまま永遠を生きる「僕」が紡ぐ物語。「スカイ・クロラ」シリーズ第2弾。」となっていました。

やっと一週間が終わった。 なんだか疲れる一週間だった(興奮しすぎのせい?)
明日はまた美容室へ行ってきます。この前のパーマがうまくいかなかったからやり直し。今度はは時間たっぷりあるからじっくりかけてもらおうか(笑)

じゃあね

« 3/26 目がかゆい | トップページ | 3/28「ダウン・ツ・ヘヴン」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/44483919

この記事へのトラックバック一覧です: 3/27「ナ・バ・テア」:

« 3/26 目がかゆい | トップページ | 3/28「ダウン・ツ・ヘヴン」 »

無料ブログはココログ