« 3/11 上海 | トップページ | 3/13行きたいところ »

2009/03/12

3/12「二人の魔法使い」

昨日から今日にかけて二人の魔法使い―光の輪1 』(ニール・ハンコック著 ハヤカワ文庫)を読みました。
022_2
28年も前に買った本を読みなおしました。
4部作の第1巻です。
いつも思うけどなんで力のある年寄りの魔法使いは寡黙な奴が多いんだろう? もう少しいろいろと説明してくれたらいいのにーーーーってこの本を読んでも思っちゃいました。
二人の魔法使いとはグレイファクス・グリムワルドと若い魔法使いのファラゴン・フェアリンゲイのことだと思います。 あ、でも原題はグリムワルド一人の名前だね。どうして?
「時に先立つ世界」ってところで、姉のドリーニが闇を、妹のロリーニが光を支配するよう創造主から命じられたってあるけど、まぁ闇だけを支配しなさいって言われて「はいはい」って聞く奴ぁあんまりいないよね? だからもちろん戦いになります。
光の側を救うために必要なのが小人とクマとカワウソってのがなんとも奇妙な取り合わせですね。
小人のブロコもカワウソもクマも(なぜ動物たちには名前がないんだ?)なかなかくせのある奴らだけど、まぁこれからの活躍を期待しましょう。 カリクス・ステイを渡ってきたものの、光と闇との闘いはこれからって感じです。
古すぎてbk1にもAmazonにも説明が無いよ~(笑)

じゃあね

« 3/11 上海 | トップページ | 3/13行きたいところ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/44324959

この記事へのトラックバック一覧です: 3/12「二人の魔法使い」:

« 3/11 上海 | トップページ | 3/13行きたいところ »

無料ブログはココログ