« 3/1「黄昏の岸 暁の天 上・下」 | トップページ | 3/2「東の海神 西の滄海」 »

2009/03/01

3/1「チェンジリング」

映画の日で1000円だったので『チェンジリング』を友達と一緒に見てきました。
332551view010
ジョン・マルコビッチが出ているとは知らず、最後の字幕見て「おぉ誰の役?あの刑事さん?」なんてたわけたこと考えていたけど、警察に対して闘っていたあの牧師さんの役だったんですね。 髪の毛があったからわかんなかった(笑) でも写真で見ると間違いないです!
映画は思っていたとおり重かったです。 最初から最後まで重かった。
実話を基にしてあるというのですが、あのロス警察の堕落ぶり。酷いものです。まだコロンボはいない頃だもんな<(`^´)>
しかし見終わってつい思ってしまったことは、希望にすがって一生を子供を探すことに費やしたこと、コリンズ夫人は幸せだったのかしら? いや、子供がいなくなって幸せなはずはないか。 あのアカデミー賞発表の夜、デビッド(だったっけ?見つかった子供)のお母さんから電話をもらわなければ、新しい恋をみつけウォルターを諦め新たな人生をあゆめたのでは、そしてそっちが彼女にとってはよかったのでは・・・・なんて思ってしまいました。
3人が脱走したって事件はあの犯人むりやり手伝わされていた少年にとっても非日常な出来事になるだろうから、3人とも逃げたのか、それとも残りの二人は捕まえて殺したのかってこと覚えていそうなものなのに。確認とかしなかったのかな?
死刑執行の場面、すごく人が多いなぁと思っていたら執行人たちだけでなく傍観者もいたんだ。あれにはびっくりしました。 まぁ1930年代ってのはそんな感じなのかな?
また、警察官が裁判も何もせずマシンガンで犯人というか容疑者を撃ち殺して行ったり、ちょっと抵抗すると有無をいわず精神病院に閉じ込め、どんなことをしても出れなくしてしまうってのは怖い。 あの精神病院は「カッコーの巣の上で」がかわいく見える感じ。あの病院に勤めている看護師は自分のやってることに何も疑問はわかないんだろうか? めっちゃサド的性格でないと務まらないだろうな・・・ 怖い怖い。
そうそう、見終わって思ったのは、北朝鮮の拉致被害者の家族の人たちもコリンズ夫人の気持ちなんだろうなぁってこと。絶対子供は死んでなんかいない。どこかで探してくれるのを待ってるんだ、って そんな気持ち。
たまらんね。

じゃあね


« 3/1「黄昏の岸 暁の天 上・下」 | トップページ | 3/2「東の海神 西の滄海」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/44212393

この記事へのトラックバック一覧です: 3/1「チェンジリング」:

« 3/1「黄昏の岸 暁の天 上・下」 | トップページ | 3/2「東の海神 西の滄海」 »

無料ブログはココログ