« 2/1「マンマ・ミーア」 | トップページ | 2/2「最高の人生の見つけ方」 »

2009/02/02

2/1「ラベンダーの咲く庭で」

BShで放送され、録画していた『ラヴェンダーの咲く庭で』を見ました。
31xp2q2np3l
ジュディ・デンチとマギー・スミスが出るというので録画予約していたのです。
イギリスの田舎で暮らす老姉妹が主人公。彼女らの家の下の海辺に嵐で遭難して打ち上げられた若い男性を見つけ、彼の世話をするの。最初に登場したときジュディ・デンチの法がお姉さんで、背の高いほうだと思ったら逆でした。 後で調べたら二人は同じ年なんですね。 それも二人とも12月生まれ。
姉のジャネット(だったと思う、名前)は一度結婚して、もしくは許婚がいたけど戦死してしまって今は独身。妹のアーシュラは今までた分ロマンスすらなくずっと独身。 そのアーシュラが孫くらいの年である助けた青年に恋をするの。 見ていてなんだか切なかったよ。 お姉さんに嫉妬したり、村に現れた画家の若いドイツの綺麗な娘に嫉妬したり・・・・でもそういう負の心情だけでなく、お姉さんがカットしてやった青年の髪をそっと拾っている様子なんかピュアな乙女だよー ジュディ・デンチがさ、本当に上手なんだよね。髪の毛とか結構ぼさぼさのままだし、もちろん顔はしわやシミが出ておばあちゃんなんだけど、でも恋する乙女の表情なのね。
青年はポーランド人だったから英語が通じず、かろうじてドイツ語がわかるみたい。お姉さんは少しドイツ語を話せるのでなんとかコミュニケーションをとることが出来たの。彼はヴァイオリンを弾くのがめちゃ上手でアメリカに行って一旗上げようって思ってるところで遭難したみたいね。
最後もね、青年はヴァイオリニストとして成功を約束された未来に踏み出していき、老姉妹は彼を手放すのだけど、切ないねぇ。 でもとっても素敵な話でした。
午前中に見た『マンマ・ミーア!』ははじける様な明るさがあってハッピーな気持ちにさせる映画だったけど、この映画もイギリスらしい上品で切ないけどとてもきらきらしていい映画でした。
あ、でもライラックが咲き乱れている庭のシーンとかあったっけ? 思い出せないなぁ・・・


じゃあね

« 2/1「マンマ・ミーア」 | トップページ | 2/2「最高の人生の見つけ方」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/43926030

この記事へのトラックバック一覧です: 2/1「ラベンダーの咲く庭で」:

« 2/1「マンマ・ミーア」 | トップページ | 2/2「最高の人生の見つけ方」 »

無料ブログはココログ