« 12/27「夢」 | トップページ | 12/29「ハリー・ポッターと死の秘宝」 »

2008/12/28

12/28「八月の狂詩曲」

BS2で放送されて録画していた『八月の狂詩曲』を見ました。
21coiyddahl
この作品はリチャード・ギアが出てるってことで以前からちょーっと気になっていたものの、内容はほとんど知らずに見たのですが、訴えているものは重かったですね。反核に対しての黒澤監督の思いってのがすごく詰まっている映画でした。 ただ、私がそれについて語るには言葉を知らなさ過ぎて軽くなっちゃいそうなのであえて触れません。 ラスト、「えっ、このシーンで終わるの!」と思ったけど、なんだかそれからずんずんきちゃってます。
ふぅ。

この映画にも伊崎充則くんが出てました。結構重要な役で出てて、嬉しかったです。夏休みにばあちゃんちで過ごす。なんだかとっても懐かしかったな。 私の母方の方は祖母だけだったので、設定だけで言うとこの映画に近いけど、家のすぐそばに住んでいてしょっちゅう泊まりに行ったりしてたので、どちらかというと田舎に泊まりに行くという環境の方では父方の祖父母の家の方が思い出に重なってきます。 祖父母の家も雨戸だったなぁ。でも蚊がいるからあんなに開けっ放しにはしてなかった・・ん?そうだっけ? 網戸はついてなかったよな? ビニールハウスで蕗を作っていたので、障子に紙の代りにビニールを張った奴を寝るときには閉めていたけど、そっかー蚊帳をつっていたから結構開けっぱなしだったんだー 忘れてました。
祖母たちの作る料理、もちろん美味しいのもあったけど、子どもの口には合わない料理も確かにあって、あの子どもたちが料理について意見を言うシーンでは「わかるよー」ってつい思ってしまいましたね。 信次郎くんが屋根にボールを投げて遊んでるシーンでは、「あぁ私はあれをやって、「瓦が傷むからやめなさい」って怒られたなぁむなどと思い出したりして・・・・ いい映画でした。 大人たちが絡んでない頃のばあちゃんと孫たちの生活はなかなかいい感じでしたよ。
そういえばあの「のどがかわいてしかたがありませんでした・・・」の石碑、確か小学校の修学旅行で見たのです。石碑に水を飲ませてやるっていう発想、あの頃はなかったなぁ。 
見てよかったです、この映画も。

じゃあね

« 12/27「夢」 | トップページ | 12/29「ハリー・ポッターと死の秘宝」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/43558969

この記事へのトラックバック一覧です: 12/28「八月の狂詩曲」:

« 12/27「夢」 | トップページ | 12/29「ハリー・ポッターと死の秘宝」 »

無料ブログはココログ