« 12/18 ガンバすごい! | トップページ | 12/20「地球が静止する日」 »

2008/12/19

12/19「マディガンのファンタジア 上」

マディガンのファンタジア〈上〉未来からのねがい』(マーガレット・マーヒー著 岩波書店)を読み終わりました。
51c87etx0l

マーガレット・マーヒーの名はよく聞くのだけど、では何の本を読んだ?と聞かれると答えに困ってしまう。 何か読んだ本あったっけ?なんで私の中では有名なのだろう?この作家。

表紙・挿絵ともに佐竹美保さんの絵。そのせいか読んでいてもマーヒーではなくダイアナ・ウィン・ジョーンズの作品と勘違いしそう。SFの要素がたっぷりの割りに、SFというのははばかられるって感じで、やっぱりファンタジーになるのかなぁ?

大戦争で壊れてしまった遥か未来の時代が舞台。でもその地にもっと未来からやってきた兄弟と赤ん坊の妹の3人が座長の娘ガーランド・マディガンを巻き込んで色々な冒険が始まるのね。
「マディガンのファンタジア」というのはサーカスみたいだけどそれ以上の喜び、笑い驚きを見せているグループのこと。サーカスでいいと思うけど、当人たちにはなんかこだわりがあって単にサーカスと言われるのを好かないみたいねぇ。
マディガンのファンタジアはソリスという町からの使命でニュートンと言う町からコンバーターを手に入れてこなきゃなんないのだけど、そこに行くまでの道で行く町行く町で騒ぎがおきてねー なんかこれって連載小説か連載マンガみたい。そーだ、萩尾望都だったらいいマンガになりそー
しかし未来のネンノグが探しているタリスマンって何なんだろう?メダリオンに意味があるのか?どーも妹のジュエルが鍵のような気がしてならないのだ。 
最後にコンバーターを手に入れたので、下巻は帰路の物語だね。
bk1の内容説明では「大戦争で世界が壊れた後の時代。笑いと驚きのショウを演じる「マディガンのファンタジア」は、ある重要な使命をおびて旅をしていた。そんななか、謎の人物たちが未来から現れ、座長の娘ガーランドを危険へと巻き込んでいく…。 」となっていました。
下巻も既に読み始めました。

会社ではガイド本を借りたので、プサンについてお勉強(笑) やっぱり焼肉だろなー マッサージもいいよなー アカスリってのもやってみたいなー・・などと。楽しみじゃねぇ。

じゃあね

« 12/18 ガンバすごい! | トップページ | 12/20「地球が静止する日」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/43471557

この記事へのトラックバック一覧です: 12/19「マディガンのファンタジア 上」:

« 12/18 ガンバすごい! | トップページ | 12/20「地球が静止する日」 »

無料ブログはココログ