« 11/24「グレースと公爵」 | トップページ | 11/25「永遠のエルザ」 »

2008/11/25

11/25「うつくしい人生」

録画していたうつくしい人生を昨夜見ました。
この映画もそのすぐ前に見ていたのと同じフランス映画。ただ時代は現代。
うつくしい人生という割に前半の主人公ニコラにはいいことが全くなし。 まず最初にプロポーズして振られるシーンから始まり、牛乳のお金が入らず借金が払えず、その牛乳が売れなかった理由ってのが実は狂牛病で牛は廃棄処分の命令が出ててね。結局お父さんは首をつっちゃうの。そのショックでじいちゃんはボケてしまい、ニコラは実は家を出たいと思っていたのに、それも出来ず・・・お母さんは不倫していたしさーいやはや大変。
でも最後にはおばあちゃんの昔住んでいた山の上の陸の孤島と言われるくらい回りに何も無いような家にみなで(母親以外)移り住み、今まで嫌っていた農業わやり、新しい生活を始めるの。それこそ家はクーラーとか無いだろうけど、景色はめっちゃよくて、自然に溢れてこれぞ美しい!って感じ。
始まるときの字幕(?)に日本人っぽい名前をみつけ、なんだろう?と気になっていたの。役者で日本人は出ていないようだったので、音楽?とか思っていたら撮影が日本人でした。
画面がね、すごーく黄色っぽいの。ずーっと。 北野ブルーって言うけどこの映画は黄色。 青い空が緑に見えるくらい。 うーん、私はあまり好きではなかった。ナチュラルな色を見たかったな。
ニコラが選んだ暮らしはとても憧れるけど、実際に自分がその暮らしをしなさいって言われたら嫌だろうなぁ。文明の利器に慣れすぎているもの。 そう、彼の新しい暮らしはシーラスの山の家の暮らしを思い出させました。
幸せな終わり方でよかったです。

じゃあね

« 11/24「グレースと公爵」 | トップページ | 11/25「永遠のエルザ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/43224049

この記事へのトラックバック一覧です: 11/25「うつくしい人生」:

« 11/24「グレースと公爵」 | トップページ | 11/25「永遠のエルザ」 »

無料ブログはココログ