« 11/14「トンネルⅡ 謎の暗黒世界デイープス 下」 | トップページ | 11/15「赤い風車」 »

2008/11/15

11/14「レッドクリフ」

レイトショーで『レッドクリフ』を見に行ってきました。
今日はネタバレです。
329757view002
いやー 監督がジョン・ウーだったので心配だったのですが・・・
もうめっちゃジョン・ウーしてました。
顔のアップに重なる風景。ベッドシーンに入ってくる炎や雨に濡れた外の様子・・・
折角のアクションシーンをスローモーションを多用する為なんかつまんなーーくなってる・・・
なんだかなぁ・・・
でも突っ込み所満載で見終わった後、一緒に行った人ともう話が盛り上がる、盛り上がる! 映画館に行くまでめっちゃ眠くて映画の途中で寝たらどうしよう・・・と思っていたけど寝なかったってのはすごいじゃん。きっと面白かったのよ、映画。 張飛の戦うシーンではもう笑いをこらえるのが必死でした。なぜ馬に体当たり!(笑)風貌からしてロード・オブ・ザ・リングのギムリを思い出したりなんかして・・・・
でも、でも一番笑ったのは最後の最後!「映画の最後にパートⅡの予告編があります」とかいう字幕が出たので(まぁ出なくても最後まで見るのだけど)ずーっと見てたの。そして予告が流れた後!! 前売り券を買うとこんなんもらえるよー みたいな画面になったとたんもー爆笑! 我慢できず腹をかかえて笑ってしまったです。笑いすぎたのでよく見てないけど、とにかく最初に目に飛び込んできたのが「劉ぴー」「孔ぴー」とかいう文字と(もしかして「ぴー」は「ピー」だったかも)キューピーちゃんみたいな人形に映画の衣装が着せてある写真。 なんなんだよーーーーー 多分ストラップだと思うの。でもよく見えなかった。「○○ピー」っていうネーミングに笑いすぎて!
いやー、楽しめたよ。 こりゃやっぱパート2(ありがたいことに3部作ではなく2部作だった)も映画館で見なくちゃね! ただし1000円の日に行こう。 4/14か5/1が狙い目ね(笑)

映画の中身はね、うーん・・私は三国志を知らないのでストーリーについてはなにもいえないけど、とにかく無駄なシーンが多すぎる気がしたよ。 まぁ「このシーンではこんなこと言いたいんだろうな」「きっとこんなことを表したいんだろうな」ってのは解るけど、わざとらしくてうざい感じでした。子どもの笛のシーン、馬の出産シーン。なんだかねぇ。 そんなもろもろをもっと簡潔にしてたらわざわざパートⅠ、パートⅡに分けることもなかったんじゃないの?とまで思っちゃったよ。周瑜が怪我して、奥さんの小喬が包帯を巻くシーンも、きっとやる人がやれば、撮る人が撮ればめっちゃエロティックなシーンになるんだろうけど、きっとそれを狙っているんだろうけど ちーーーっとも。 ただわざとらしいだけに感じちゃった。なんだかなぁ。
金城武は諸葛孔明ですごーくいい役(沢山出てくる役って意味)してて、中村獅童もなかなか活躍しててびっくり。 特に金城武は寸前の予告編でK-20があって、おちゃらけた役のシーンを見たばっかりだったので役のギャップにほほーと思っちゃいました。
中村獅童の方も中国人に混じっても違和感なし。 というか、出ていた役者さんたち、なんだかピエール滝に似ていたり、菅野美穂か小池栄子かって感じがしたり、あ、星野監督!とか中井喜一だ、堤さんだ・・・とついつい日本の役者さんを思い浮かべちゃった(星野監督は役者じゃないけど)
それから、最初の戦闘シーン、なんで君主の奥さんを最後までほっとくかね? なんで井戸に飛び込む? なんで首も据わってないような赤子を息が出来ず窒息しそうなほど布で巻いてあんな荒々しく扱って生きてる?って「?」の嵐(笑) ただ槍で戦うシーンはね、スローモーションは別としてもこの前見た「隠し砦の三悪人」で見た三船敏郎のシーンより迫力あってよかったと思いました。 短槍ではないんだろうけど、きっとバルサもこんな感じでたたかったんじゃないかしら?なんて想像しながら見ていたのでした。
あと 後半の山場、陸での戦い。 なんだったけ?あの作戦「八卦の陣」?亀の甲羅を模して陣を組む奴ね、あれで正解? 敵を分断し、少数に分けるのはいいとしても、何?あれってわざわざそうした後腕に自身のある武将が一人で十数人を受け持って殺さなんと? 味方は山のようにいるのに。 で、相手が丸く固まったらいきなり味方は殺されまくり。 やられてもやられてもバカみたいに突っ込んでいったかと思うと、なんか紐に金属つけて敵の盾をなぎ倒し。 最初からそーすりゃいいじゃん! バカよのぅ。
陣形が見事だっただけにあんなお粗末な戦い方しかないんかい!と思わず突っ込んじゃいましたよ、ほんと。
あとはえーとねなんだたっけ? そーそー中国語で話しているけど、ちーーーーつとだけ聞き取れたりして嬉しかったです。(聞き取れると言うのはおこがましい。 はいとか、否定の意味とかあそことかの単語がちーっと聞こえただけたい) 通勤のとき流してるラジオ講座、ぼーとして聞いててもちーっとは身についてる?(笑) まぁ10月からのは難しすぎて最近は聞かない日が多いのですが。あ、家に帰ってから思いついたのだけど、字幕ね戸田奈津子ってなってた! あの人、中国語もわかるの? それとも英語版聞いて訳したの? 謎じゃー
ま、こんだけ楽しめたので見に行ってよかったよ。

じゃあね


« 11/14「トンネルⅡ 謎の暗黒世界デイープス 下」 | トップページ | 11/15「赤い風車」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

わ~~ きれいなきらきらのお部屋になりましたね♪

こりさん、大笑いして読んじゃいましたよ!

>折角のアクションシーンをスローモーションを多用する為なんかつまんなーーくなってる・・・

けっきょくこの人、英雄本色シリーズからあまり変化がないんですよね。

ほんとに「ありえね~~」っていうのが満載でしたよね。
ま、それなりに楽しんじゃいましたけど。

確かに前後編に分けるならもっといらないシーンをカットしてすっきりさせたらどうなのさ、っておもいましたね。
2回にわけたら2回分興行成績がでるからかなあ・・・

水上戦のシーンを見のがすわけに行かないから、やっぱりPart2も見ますよねえ・・・

>ロード・オブ・ザ・リングのギムリを思い出したりなんかして・・・・

ギムリもそうでしたが、アルウエン~とかエオメル~とかいちいち反応しちゃいました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/43117546

この記事へのトラックバック一覧です: 11/14「レッドクリフ」:

« 11/14「トンネルⅡ 謎の暗黒世界デイープス 下」 | トップページ | 11/15「赤い風車」 »

無料ブログはココログ