無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/31

10/31「「赤毛のアン」の生活事典」

「赤毛のアン」の生活事典』(テリー神川著 講談社)を読みました。
5183enq9njl
赤毛のアンに出てきた色々なものについての本当に事典です。
場所、家・インテリア、生活、服装・流行、学校・教育、社交・習慣、宗教・政治、植物について色々なものを取り上げて解説してあるの。いやー 今でこそ色々知識も出てきて知ってることが多いのだけど、最初にアンシリーズを読んだ時この本が手元にあったらそりゃーーー便利だったろうなぁと思う本でした。イラストや写真も結構あつたしね。
「赤毛のアン」が出版されて100年の今年、また読み直したいと思わせるには十分の本でした。
マジで次の予定の本を読み終わったら、アンを読み返そうかなぁ?文庫で全巻持っていたはず。
bk1の内容説明は「「赤毛のアン」の魅力は、キャラクターやストーリーばかりでなく、そこに描かれた自然や古き佳き時代の素晴らしさにもある。「アン」の時代の生活・インテリア・植物・服装などの知識を深める事典。 」となっていました。

今日もやっぱり耳の後ろの頭が痛い。病院に行こうかと思ったけど、何科に行けばいいのかわかんなくて、整形?内科?脳神経? 結局悩んだだけで行かずに家に帰ってしまいました。 大丈夫かな?
薬飲むと痛み止まるからいいかー

じゃあね

2008/10/30

10/30「星の時計のリデル」

今、朝の自転車漕ぎで読んでいるのが星の時計のLiddell
』(内田善美)
です。
21q3s79geel2123amc7v6l
先日キンモクセイの香りを嗅いでからとても読みたくなったので読んだのでした。手元に本があるっていいねぇ。
あんなに豪華な本なのに880円? うーん、でも買った頃はすごーーく高価だったのよ、私にとっては。
内田さんの絵は本当に綺麗。 でもこの本は読む字がめっちゃ多いのよね。 ついつい字面を追うと絵をじっくり見れない・・・・
もう一回、今度は台詞を見ず絵だけ読み返そうかなぁ。
しかし本当に本当に綺麗。 いいなぁ なんでもう描かないの?内田さん、カンバーーーーーック!

今日も首の後ろがめっちゃ痛くて朝と夕方薬飲みました。はっきり言って3回、朝昼晩飲まないとダメかもというくらい薬が切れると痛くなる。 明日は治っていてほしいなぁ。

じゃあね


2008/10/29

10/29「時の扉をくぐり」

時の扉をくぐり』(甲田 天著 BL出版)を読みました。
51kbsmx1bnl
江戸時代の浮世絵師、歌川広重が活躍している時代、彼の住み込み弟子である佐吉が主人公。広重の庭にいきなり現れたのがなんとあのフィンセント・ファン・ゴッホ!! まあ彼は死んでいて天国で願ったら広重のところに来られたみたいな設定となっているのですが、そうねーゴッホとかあの時代のヨーロッパの画家たちは日本の浮世絵にめっちゃ感銘を受けてたもんねー。 葛飾北斎までも出てきて本当に最高の絵師たちがそろったねぇ。
ゴッホがどうしても会いたいというので佐吉、そして通訳として又三を連れ、広重がゴッホを案内し北斎が今いるところへ旅するのだけど、その旅の間に景色を見、絵を描き、そしてそれだけでなく佐吉も又三も自分の将来なりたいものを見つけるの。
いやーイラスト的には好みではなかったけど、話自体はとても面白かったよ。 借りてよかった。
bk1の内容説明では「ゴッホが日本に来たら!? 広重のところで見習い絵師をしている佐吉は庭にあらわれた赤毛の男に腰をぬかした。けど、その男の話はもっとたまげるものだった…。佐吉と男は広重に連れられて、北斎を訪ねる旅に出る。 」となっていました。

じゃあね

10/29「プロヴァンスの贈りもの」

先日『エリザベス』がなくて代わりに借りてきた『プロヴァンスの贈りもの
』を見ました。51s9vswtbkl
はっきり言って何のDVDを借りてきたかも忘れてた私。 なんてー奴だい(笑)
主人公はラッセル・クロウ。彼の少年時代を演じているのはチャーリーとチョコレート工場の少年、フレディ・ハイモアくん。監督はリドニー・スコツト。
映画の冒頭シーン、今の世の中にぴったり! 株式てんやわんやのね。 まさかそんなシーンから始まるとは思っていなかったので、ちょっとびっくり。 主人公マックスはロンドンの証券トレーダー。違法すれすれのガンガン手腕で儲けまくっているの。でも少年時代よくしてもらっていたフランスのプロヴァンスに住んでいるヘンリーおじさんが亡くなり、遺産を相続することに。そのためプロヴァンスを訪れるのね。
タイトルからしてラストは見えているけど、こういう話は好きなのよねーー
プロヴァンス地方の自然って本当に綺麗だし、ぼろくなって毎朝サソリが出るような(なんでだろ?)お屋敷だけど、プールもあってテニスコートもあってすごーーくいい感じ。私もあんな暮らしがしたいねぇ。
隠し子が出てきたり、恋したりと思っていた通りの素敵な映画でした。 
借りてよかった。

じゃあね

2008/10/28

10/28「ザナドゥ」

金曜の夜遅く見始めて、途中でつい眠くなり寝てしまった、『ザナドゥ
』残りを今日見ました。
51nagitmmel
BS2であったのを録画していたのですが、タイトルと「ザーナドゥ~ ザ~ナドゥゥゥゥ」という歌とオリビア・ニュートンジョンが出ているという情報以外なにも知らず見たのですが・・・・
いやー あんなコミカルというかファンタジックというか・・・・あんな内容とは思いませんでした。 まぁ1980年の作品、CGとか無い時代だから仕方ないよねーと思って見ましたが、ついつい笑っちゃう特殊効果もあって・・・・
でもアニメとか入れてみたり、色々と工夫していましたねぇ~
衣装がね、懐かしいというか うぅぅっという感じ。 あのジョギングパンツ、パツパツだよー 今じゃありえないでしょ。 ロックな音楽の時のダンスの衣装、髪型とかも どっぴゃーって感じでした。 中に出てきた1945年のシーン、歌に踊りそっちの衣装のほうが映画とかで見慣れた服で、安心して見られました。
で、金曜日見るのを止めるちょっと前、ダニーというおじちゃんと昔の彼女が二人で踊っているシーンがあって、その踊りがとーーーっても素敵だったの! その後若いにーちゃん、主人公かな?ソニーとオリビア・ニュートンジョン演じるキーラと二人で踊っているシーンもあったのですが、それよりやっぱりダニーとの踊りが素敵だったなぁ・・・・と思っていたのですが・・・
いやー 見終わって知ったけどダニー役ってあのジーン・ケリーでしたよ。ダンスシーンが、タップシーンが素敵なわけだ! で、アホな私はやっぱり見終わってから気付いたけど、ダニーの昔の彼女ってオリビアが演じていたじゃないかーーー 私もバカねぇ。ほんとに。 オリビアってもう少し年取ってからの印象が強かったけど、若い頃はなかなか可愛かったじゃん!と最初見てすぐは思ったけど、ずっと見ていたら口元から顎にかけてちょっと年寄り臭いなぁと思ってしまいました。
歌やダンスシーンたっぷりでしたが、見ていて一番印象に残っているのはダニー(ジーン・ケリー)の踊ってるシーンだな。 この作品が遺作になったそうです。
なんとなく予約した作品だったけど、見てよかったですよ、はい。

じゃあね

10/28「ふしぎ列車はとまらない」

図書館の児童書新刊コーナーで見かけたふしぎ列車はとまらない―おばけ美術館3 』(柏葉幸子著 ポプラ社)わ読みました。
03018032
柏葉さんの新刊ということで借りてきたけど、シリーズの3作目でした。しもたー 1巻から借りてくればよかったべーと思っちゃいました。
まひるという小5の女の子が主人公。どういう経緯かいまいちわかんないけど、美術館の館長をしてるの。
その美術館、絵の中の人たちが出てくるの。でもわかるのは、見えるのは子供だけらしい。
今回はボブさんという人が描いた絵から雪が吹き出して美術館からあふれ出て凍り付いてるので大人のほうの館長は美術館にたどり着けないの。(滑るけど理由がわかんないの、氷も雪も見えないから)
で、その吹雪の謎を解こうとがんばるの。
ボブさんの生い立ちがちょっと寂しかったねぇ。ただ最後はハッピー。よかったばい。
すぐ読めるのでチャンスがあれば前の2冊も読んでみたいと思いました。
bk1の内容説明には「小学校5年生のまひるは、おばけ美術館の館長をしている。ある日、絵の中から突然吹雪と列車が飛び出してきて、美術館は大混乱! 題名のない美術品にかくされた過去とは…? 」となっていました。

今日は首が痛いし肩がうずく結構体調的にはきつい一日でした。 ただ精神的には全然OK。
たださー 朝から結構冷えてきたねぇ。 悲しいなぁ。

じゃあね

2008/10/27

10/27「マルグリートの輪舞曲 」

映画に行った時に友達に借りたマルグリートの輪舞曲  クラッシュ・ブレイズ』(茅田砂胡著 中央公論新社)を読みました。
61b58xnqo2l

今回は中篇3本仕立て。
最初の「優しい狼」はリィが主役。パーティで実の姉を侮辱された仕返しをルウに頼んで19歳の女性姿に変身させてもらい、フットボール部の花形スターキアランにする話。 まあそれだけでなく実はその友達のマネージャーが最低な悪いことをしていた罪まで突き止めて解決するっていうおまけつき。
次の「初戀の詩」はヴァンツァーとジャスミンのデートの話。 タイトルからしてもしかしてヴァンツァーが恋したの!とちょっと興奮気味に読み出したら、実際に初恋しているのはマフィアの一人息子。相手はジンジャーでした。18歳って設定だけどどうしても小さなお子ちゃまを想像してしまってそのたび「あ、18歳か。もう青年たい」と思い直していました。 これも単なるデートで終わる訳なく、その青年が誘拐され、それを成り行きでヴァンツァーが救出することになった・・・って話。
そして最後は「怪獣の宴」 その名の通りジャスミンとケリーのデートの話。ジャスミンがマジでドレスアップする気になって、ジャスミンの紹介でいい店紹介してもらい、めーーーいっぱいゴージャスに決めてケリーとデート。ジャスミンのお芝居を見に行ったのね。ただやっぱりもちろんすんなりデートして終わりでなく、ジャスミンが拉致(笑)され、それを助けにケリー、まぁそれにリィとルウも連れ立って大騒ぎ!って話でした。
でー、これらが一同に会すところがジャスミンのお芝居。 リィがキアランと一緒に来たのがジャスミンのお芝居。そしてその後ケリーとヴァンツァーとそして最後はルウといちゃついてこっぴどくキアランを振るの。 ヴァンツァーはジャスミンとのデート中呼び出されてリィの仕返しに参加。ケリーもジャスミンとお芝居に来たついでにリィの仕返しにちらっと参加するのねー
いやー楽しかった。
リィが金色に輝く美女になり、水泳もマラソンもめっちゃすごくて、でも最後は13歳のリィのままロッドで勝負ってのが最高でした。まぁ結果までは語られてなかったけど、語らなくても解るよねーー
とにかくいつ読んでも楽しいわ! ジャスミンが職人の仕事には敬意を払うってのもいいねぇー そうそう、ジャスミンが冷凍睡眠に入っていたのって若さを保つ為だけでなく、ジャスミンと一緒に少しでも生きたかったからなのね! 感動だわー  早く続きが読みたいなーーー
bk1の内容説明では「フットボール部のキアランがデートに誘った金髪美女は? ジンジャーが芝居に誘った「友人」とは? ジャスミンがあっさり誘拐された? ストーリーが絡み合う3話構成でおくる中篇集。クラッシュ・ブレイズシリーズ。」となっていました。


そーそー 昨日のお気に入りだったケーキ「白雪姫」、なんと525円もしてました。 びっくりーーー そりゃぁ美味しいはずばい(笑)

じゃあね

2008/10/26

10/26 バースデー

今日は私の誕生日~
しかし、朝目覚めてがーーーん。 首と肩がバリバリ。このままでは・・・・ そしてニンニク効果でお腹がパンパンで苦しい。 そして結局次に目が覚めた時は頭のてっぺんから痛くてもーー最悪。天気も悪くて結局薬を飲んだにもかかわらずとうとう1日(今も)頭痛が・・・・それでもめげずに出かけました。
12時前からまず宇城バリューへ。 お金を下ろし、ミスドのドーナツが全品100円だったので11個も買って、トマトときゅーりを買って、それからお気に入りのレストランタイガーマンへ行きました。
思い起こせば初めてここへ食事に来たのは1年前の誕生日だったのよね。あの時はディナーだったけど今日はランチ。 時間が遅かったので人はいなくてすいていたけど、残念なことに魚料理が品切れ。 肉料理は冬野菜と鳥肉のクリーム煮でした。 おいしかったーー でもそれ以上にやっぱサラダ! いつも無理言ってドレッシングをタマネギ抜きの奴に変えてもらっているのですが、多分今日は何も言わなくてもサラダからタマネギのスライスも抜いてくれていたようです。 一緒に注文した人のサラダには紫タマネギのスライスがたっぷり入っていたから。 ありがたいしとっても嬉しかったです。 あー、もっと近ければ月2くらいで行くのに(笑)
それから光の森のペスト電気に行ってマッサージチェアーに座ってちょっとばかしコリをほぐしました。 ゆめタウン光の森をちょっとうろうろして、36センチのロングシュークリームを買って、それから木いちごというお菓子屋さんに行きました。 ネットで話題になっているので1度は行かなきゃと思っていたのです。
ホールのデコレーションケーキを買おうかと思っていたのですが、結局色々なケーキを買って帰りました。
Oct_051
おいしかったよーーどれも。 メインで食べた「白雪姫」ってケーキ、バラの形の奴です。外側のホワイトチョコがめっちゃ甘いけどめっちゃミルキーで美味しくてすごーーく気に入りました! ただ店が狭くて、並んでショーウィンドウの前を通りながら注文を言うのですが、全てのケーキをじっくり見ること出来ないうちに注文を聞かれる感じで、そこはちょっとなぁ・・・・と思いました。 あんなに混んでいなければゆっくりじっくりケーキを眺めて吟味することが出来たのにな、と思うとちょっと残念だけど、今日選んだケーキは全て当りだったので良しとしましょう!

本当は『イーグルアイ』を見に行きたかったのですが、体調が悪すぎてパス。うまくいけば11/2に見に行こうと思います。 で、ゲオがレンタル80円ってCMしていたので、「こりゃーー『エリザベス』ば借りらんばーー」と思って頭痛を我慢して行ったのですが・・・・・・・ なんと、置いてなかったのです!! ショックーー
ゴールデンエイジはあったのにね。ずっと探しまくっていたのですがあまりになくてカウンターのお店の人に聞いて調べてもらったら無いって・・・あーあ、です。見たかったのになぁ。

まぁでも頭痛はしたけどそれでもいい一日でした。

じゃあね

2008/10/25

10/25「ブーリン家の姉妹」

今年の誕生祝映画として友達が招待してくれたのが『ブーリン家の姉妹』でした。
330947view004
この映画は一応予備知識をもって見に行ったので、アンがあのエリザベス一世のおかあさんになるってのは知っていたのですが、それでもラストのナレーターの最後の言葉を聞いて、ストップモーションになった画像を見たらじわーっと涙が溢れてきてしまいました。 速攻『エリザベス』を見直したくなったのでした。 今見るとちーーーっとは歴史の流れが分かるかもっ!て。 『エリザベス』を見たときなんでエリザベスの母親について卑下されていたかとかちーーっともなーーんにもわかっていなかったの。でもこの映画を見たら少しは分かりました。
結局あのハワード家の叔父さんが、アンとメアリーのお母さんの弟が悪いのよねーー あいつがいなきゃアンたちの父親は野心は持ちつつも結局は冴えない田舎のお偉いさんで終わっていて、メアリーは裕福な商人の妻でいいお母さんで幸せに暮らしていただろうし、アンだってどこその公爵夫人とかまではなっても、イギリスの運命を変えてしまうような激動の人生は送らなかったろうし、かわいそうな弟もあんな最後を迎えることなくもっと長生きできて、好きな女性と結婚できたろうになぁ。 まぁでもそうなっていたらイギリスは今と全く違った姿だったろうね。 宗教もローマのはカトリック教だったっけ?そのまんまだったろうし、エリザベスが女王にならなかったら世界の海を股にかけて植民地を世界中に作ることも無かったでしょうし・・・
アン役のナタリー・ポートマン、やっぱり好きだなぁ。 メアリー役のスカーレット・ヨハンソンは実はあんまり好きな顔ではないの。でも二人とも焼くによく合っていたと思います。
あと、映画の冒頭でメアリーに洋服を着せるシーンがあったのだけど、胸の部分に当てる服が帯板のように見えて「えー、なんで帯!」と思ってしまいました。 ドレスって柔いものかと思っていたのですが、結構カチカチの生地に仕立ててあるんですね。 苦しそうあんなの着ると。 でもパジャマというかネグリジェは男女ともに生地がふわっとしていて気持ちよさげに見えました。あと、王様の服は袖の部分がに赤毛のアンが見たらよだれを垂らすほどでっかいふくらみがあったのですが、ちっとも女々しくなく、逆に肩幅が強調され、とっても威厳があるように見えました。被っていた帽子の飾りも綺麗だったなー あ、そうそうアンやメアリーの被っていた三日月のような髪飾りもなんとなく好きだったけど、お母さんがやっていた顔の周りを覆うように出来ているあの髪飾りは窮屈そうであまりよく無かったです。女王も似たような髪飾りだったので、既婚の年の行った女性のおしゃれだったのかなぁ?
この映画にはあんまり人が多く出てこなかったので、見ていて???ってなるシーンが少なくて助かりました。 ただ、メアリーが最終的に結婚したス・・・スタンフォード?って男性、いつのまにかそばに居たけど彼はどこのシーンから登場したっけなぁ? いつも最初のご主人と間違えてました。 本当の最初のご主人が映るたびに「あ、そうか、メアリーのご主人ってこんな貧相な面だったよなぁ」と思い直してはいたのですが・・(笑)

とにかく2時間以上の映画だったと思うのですが、ちっとも長く感じず、楽しめました。今年もいい映画を見たぜ!って感じです。

その後恒例のカプリチョーサで食事!
秋のコースみたいなのを頼んだのですが・・・ 美味しかったけどピザとパスタがめっちゃくちゃガーリックが効いていて辛かった。というか 食べた時よりその後! めっちゃ臭いんだよーーー で、食べ過ぎて消化もなかなかせず・・・ ついでだからと夜は王将でギョーザを食べたのだけど、やっぱそのせいもあっていつまでもいつまでもニンニクに苦しめられました。
次回は1月、彼女の誕生日にまた映画と食事の予定だけど、なるべくニンニクが効いてない奴を・・・とリクエストしたいなぁ。

じゃあね

2008/10/24

10/24「海賊黒パンとプリンセスに魔女トロル、2ひきのエイリアンをめぐるぼうけん」

ちょーー長いタイトルの本海賊黒パンと、プリンセスに魔女トロル、2ひきのエイリアンをめぐるぼうけん
』(ガース・ニクス著 主婦の友社)
を昼休みに読みました。
51rlzxbll
ガース・ニクス、あの古王国記の作者なのでちょっと期待して借りたけど、やっぱり対象が幼すぎた。
4つのお話が入っていて、
「海賊黒パン」海賊ネズミにDVDを取られたのでそれを取り戻す為魔法で体を小さくして正義のネズミ海軍とともに戦うの。相手の海賊黒パンにチーズで対抗し無事DVDを取り戻すって話。黒パンって黒パンツのことって思ってた(笑)
「王女と怪獣」リンダという王女が城を抜け出し冒険していたらでっかい怪獣に出逢い、魔女トロルと対決・・・
さぁ、どうなる?
「発明家ビル」赤ちゃんの時バナナの皮にくるまれて棄てられていたビル。孤児院で育ち、8歳になった頃養い親候補として海賊、魔法使いエイリアンとやってくるの。最終的に発明家の実の親が迎えに来てハッピーエンド。
「セリーナと海ヘビ」賢い少女セリーナと子供を食べてしまうと言う巨大な海ヘビの話。実は海ヘビはベジタリアンだったので子供を食べるって言うのは誤解。ペンギンメイドっていうのがいいねー ペンギンに変身してしまうのだけど、幸せになれるのでみんな人間に戻りたがらないの。私もセリーナみたいに年に数週間でいいからなってみたいねぇと思いましただよ。
bk1の内容説明では「世にもおそろしい武器をもつ海賊黒パン、魔女トロルにたたかいをいどむプリンセス、べちょべちょでねばねばのエイリアンたち、謎の海ヘビ…。物語のおもしろさがぎゅっとつまった、4つのすてきな冒険のお話。 」となっていました。

しかし最近の食の問題はどうかねぇ。 やっぱり食べる前にちゃんと自分で臭いをかいで、食べた時の味によっては飲み込まずに食べない、吐き出すってのが大切なのかも。 賞味期限がちーっとばっかり過ぎてても気にする必要はないよね。 あ、でも以前2ヶ月くらい過ぎたインスタントラーメン食べた時はさすがに不味くてあとで気分が悪くなっちゃった(笑) まぁでもそれも自己責任ってことで。 ちなみに今使っているしゃぶしゃぶのゴマだれ、賞味期限は6月なんだよねー まぁあと1回で使い終わるからいいでしょ。
あんまり神経質になってても菌によわーーーーい体になっちゃうよね。 気にしすぎだよね、今の世の中さ。
ただやっぱり産地をだましたり、農薬漬けとか分かっていて体に悪いものを入れられるのはやだねー
それが分かってて尚且つ「ま、いいかー」と自分で納得して食べる分はいいけどね。とにかく騙されるのは嫌だね。

さー、明日はともだちと映画&食事です。
今日は会社の人にちょっと早い誕生プレゼントとしてルージュをもらったのだーー うれしぃぃ

じゃあね

2008/10/23

10/23「魔法!魔法!魔法!」

魔法!魔法!魔法!―ダイアナ・ウィン・ジョーンズ短編集
』(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 徳間書店)
をさっき読み終わりました。
51xwuzrskml
短編集でした。しかし彼女の作品にはどうしてこういやーーーーーな大人が出てくるのだろう! いつもうんざりしちゃうよ。
18のお話が載っていたけど、いやーーな奴が出てこなかったお話っていくつあった?のっけから「ビー伯母さんとのお出かけ」のビー伯母さん、最低! 「アンガス・フリントを追い出したのは、だれ?」のアンガス・フリントも「ぼろ椅子のボス」に出てきたボスも「クジャクがいっぱい」のプラット夫妻にちびネコ姫トゥーランドットに出てきたファーラも 本当に最低な奴ばっかり。
まぁ最後にはそいつらが痛い目にあったり、いなくなるからまだいいんだけどね。
色々と魔法が出てきて楽しめる話はあったけど「これは大好き!」ってまでいく話にはめぐり合わなかったのでした。 残念。佐竹さんのイラストに惹かれ、図書館に入るたびに借りて読んでいるけど、どーも私、ダイアナ・ウィン・ジョーンズと相性悪いのかな? ま、いいけどね。多分また新刊が入ると借りて来るんだろうけどね(笑)
bk1の内容説明では「ファンタジーの女王・ジョーンズの魅力がぎっしりつまった短編集。異能の少女とドラゴン、チョコを食べるステッキ、身長2センチの勇者…。初期の傑作ファンタジーからSF、ファン必読の自伝的エッセーまで18編を収録。」となっていました。

今日は昼からめっちゃ眠くて、欠伸を信じられないほど連続でやってたらなんとまぁ右の耳から顎にかけて痛くなってしまったよ。 情けな~
そして今日も定時帰宅。 いいのかなぁ・・・

じゃあね


2008/10/22

10/22 岩本さんの本

今日本屋から届いた包み、えらい大きかった。 「わー何冊来たんだろう!」とわくわくして包みを開けたらマンガ本の他に予約注文していた岩本隆雄さんの本が上下巻入っていた!
タイトルは『夏休みは、銀河!』帯に「ライトのベルを越えたエンタメ新レーベル 朝日ノベルズ発進!!」と入っている。 そうなんだよねー 朝日ソノラマ、ソノラマ文庫はもうなくなっちゃったんだよねー としばし感慨にふけってしまったよ。
図書館から借りた本が何冊かあるので読み始めるのはそれらを読み終えてから。ああ楽しみ!

じゃあね

2008/10/21

10/21 チリモン

巷で噂のちりめんモンスター
うちの家にもやってきた!
Oct_024

じゃあね

2008/10/20

10/20「マーブル・アーチの風」

マーブル・アーチの風
』(コニー・ウィリス著 早川書房)
を読み終えました。
510gu3pmi2l
久しぶりのSF。たまたま手に取った新刊がSFでした。
短編集です。
しかし、最初の作品、「え?どこがSFなんだ?」って感じでした。
タイトルは「白亜紀後期にて」 まぁタイトルはSFっぽいよね。
でも中身は大学の経営の効率化のため古生物学のクラスが削られていくって話。いつから始終駐車違反のチケット切られてる人とか出てくるのね。うーん、これをSFというのは難しいと思っちゃった。
「ニュースレター」
クリスマスの時期に1年の自分の出来事をカードと共に親戚中に送る習慣を持つ女性が、職場で気になる男性とともに周りの人々がエイリアンに乗っ取られているのに気付きそれを暴こうと・・・全てニュースレターに書かれているフィクションなのかもよーって含みを持たせて終わっててなかなかいいねぇ。
「ひいらぎ飾ろう@クリスマス」
私はこの話が一番好き。未来のクリスマスは自分で飾り付けをせず業者に頼んでデコレートするって設定で、その業者の女性が主人公。わがままな顧客への対応がいい。そして頭が回るところがまた好き。でもメインは実はラブロマンス。 どんなにネット社会になってもやっぱり人の肌のぬくもり、肌触りに香りってのはかなわないよねぇ、きっとさ。
「マーブル・アーチの風」
イギリスの地下鉄を舞台に20年ぶりにイギリスに毎年恒例の大会に参加しにやってきたアメリカ人の夫婦の話。地下鉄の構内で突然の風に襲われ、でもそれを感じたのは主人公のトムだけ。その理由を探し回るの。でもこれがヒューゴ賞の作品とは・・うーん。そこまで気に入ったわけではないなあ。
「インサイダー疑惑」
これはなかなか好き。ビバリーヒルズのセレブ相手に荒稼ぎしている女霊媒師のインチキを暴こうとするインチキ暴きの本の編集者。その助手の女性は元女優。とっても素晴らしい女優だったのに、お金も山のようにあるのにその雑誌屋に勤めるの。 残念なのは実在のジャーナリストH・L・メンケンのことを全く私が知らないこと。うー、残念。
bk1の内容説明では「20年ぶりに思い出のロンドンを訪れた初老の夫婦。衰えを身近に感じる男を、地下鉄に吹く異様な“風”が襲い…。誰にでも訪れる人生のその時を迫真の筆致で描いた表題作など全5篇を収録。」となっていました。

今日はすごく暑かったみたい。みんなクーラーつけて走ってたって。原チャリで行ったけど朝からも寒く無し。もちろん帰りもね。いつまでこの陽気は続く? ずっと続いて欲しいよね~

じゃあね

2008/10/19

10/19 家電げーにん?

予定変更して今日は街中までは行かなかった。変わりに昼はCOCO壱番屋でカレーを食べて、その後コジマとベスト電器をはしごしました。でも欲しいものって解くには無いの。テレビも買ったし、エアコンも買ったし。
で洗濯機を見たり、パソコンを見たり、エスプレッソマシーンを見たり・・・・で、コジマではマッサージチェアーに座り極楽気分を味わいました(笑)
パナソニックの新型機で骨盤コースをしたら効く効く! 同行した人が同じコースをやってもちっとも痛くなかったと言っていたので、私の骨盤はきっと歪みまくりなのね! だから頭痛が治らないのか? そう、今日も頭痛で薬飲んだよ。あ、それで心配になって血圧も測ってみたけど、1度160というびっくりこんのデータが出たけど、それは多分間違い。大体138~134くらいだったのでまぁ気にするほどではなかろうよ。
あと、ブルーレイの美しさにかんどー ただまだ去年ハードの奴を買ったばっかなのでしばらくは我慢っすね。
そのあとゆめタウンのクリスタルモールへ行ってぶーらぶら。お茶したあと「帰ってから映画に行こうか」と言うことになり4時半ごろ帰路に着いたけど、めっちゃ眠くなって帰ってからぐーぐー寝ました。
なので映画にも行かなかったのだ。
来週行けば1000円で見られるので来週映画にいこーーーっと。

じゃあね

2008/10/18

10/18「ビートルジュース」

BS2で放送された『ビートルジュース
』を録画してみました。
51mccmvjc6l
ティム・バートンが監督で、ジーナ・ディヴィスが出るって解説で見てもホラー・コメディとなっていたので録画しようかどうか迷ったのですが(怖いの嫌い)コメディ要素が強いというかホラーをあまり感じずにすんでよかったです。録画してよかったー
ただ、ジーナ・ディヴィスって私にとっては『ロングキス・グッドナイト』のイメージが強かった為、おばさんのイメージだったのに若くてびっくり! ウィノナ・ライダーが少女役でしたが、イメージ的にはゥイナノ・ライダーが若夫婦の奥さん役くらいかと思ってました。まぁ1988年の作品、20年前だから若くてあたりまえですよね。
映像がティム・バートン。チョコレート工場っぽくてよかったなぁ。
まぁ20年前と言うことでCGでなく特撮なんだと思うけど、砂虫とラストのウィノナ・ライダーが中に浮くシーン以外は耐えられました。 その2つはちょっとーーーと思っちゃったけどね。
ストーリーは若い夫婦が丘の上の家出とっても幸せに暮らしていたのに交通事故で死んでしまい、家に新しく越してきた人たちがちっともよくないのでどうにか追い出そう!と画策するもなかなかうまくいかないってお話でした。新しく越してきた家族、とーちゃんはまともかと思っていたけどそーでもなくとにかく継母である芸術家気取りのかーちゃんがもう最低の趣味で、娘は綺麗なんだけどめっちゃ暗い女の子。まぁこの子が若夫婦の幽霊を見て話すことが出来たから物語は進んでいくって所もあったけどね。 ビートルジュースってのは人というか幽霊の名前。エクソシストではなくバイオシストって名乗ってるの。つまり人間を追い出す仕事をしてる? ただこいつは死後の世界でも厄介者だったの。なのに呼び出しちゃってさぁ。
まぁ終わりよければ全てよしよ!
町の風景がとっても綺麗でした。

今日は結局午前中は予定通り掃除洗濯、図書館に買い物。
午後は2時から昼寝して3時に起きて布団を取り込み、また寝て4時半に洗濯物を取り込み・・・・とまぁ非常にのんびりとして有意義(?)な一日でした。
天気が下り坂? あんなに昼間は晴れていたのに夕方は雲が沢山出てきてまして、頭も重くなってやな感じです。
じゃあね

10/17「夜を楽しく」

録画していた映画『夜を楽しく
』を見ました。
51x7ge719nl
1950年代の映画なんですが、主人公の女性もその相手役の男優もうーん・・・好みではないなぁって感じでした。
まず共用回線の電話っていうのがよくわかんない。 同じマンション内とかならまだわかるような気がするけどそうではないってのが最後のほうにわかって余計???
すごい女ったらしの男に切れてた女だけど、声だけしか知らなかったから実際その男に会うところっと騙されて結局は二人とも恋に落ちるって話だったのだけど、いくらなんでも3股かけてたのを知ってて、自分も騙されて笑いものにされていたのに結婚しようなんて思うもんだよ!とあきれてしまいました。
折角いい仕事しているねーちゃんだったのになぁ。
その点、飲んだくれのメイドには逆に好感が持ててしまいました。あのエレベーターのおっちゃんとうまくいくといいなぁ。

じゃあね

2008/10/17

10/17「20世紀少年-本格科学冒険漫画」

映画を見たあとこつこと読み返していた20世紀少年―本格科学冒険漫画
』(浦沢直樹)
を今朝読み終わった。
31rdzg7t9zl
うーん・・・・ 結局フクベエのあとは誰だっけ? なんかもうニックネームがよくわかんなくなってきて、だめねー
マルやドンキー、おっちょにゲロゲーロくらいならすぐわかるけど、サダキヨとか地味な顔になってくると難しいよぉ。 最後のほうはバーチャルな世界と実際の過去と実際の現代がごちゃごゃ。単に私の理解力が低いプラス記憶力が無いせいなんだけど。
まぁ これで映画を見たらもーちっとあらすじがしゃんとしてくるかも。
うーん、こうやってみると伝説の刑事ちょーさんはすごいぜ!

明日から休み。明日は全国花火師大会があるけど、車多いし面倒なので見に行かないでおこうと思ってます。
第1回から最初の頃は欠かさず見ていたのだけど、最近はメジャーになったので私が応援しなくても大丈夫でしょ(笑)

今日は首が痛かったなー
今からラブを塗ろうか、バンテリンにしようか、それともロイヒつぼ膏を貼るか、はたまたシップわ貼るか・・・・どれが一番効くかしらねぇ?

じゃあね

2008/10/16

10/16 feal

結局今日のランチはfealってところにしました。
最初決めていた店の前まで行ったけど急にやめてfealにしたの。先月も最初に決めていたところを急に変更したのよねー 特に意味は無いけど。
fealは前から気になっていたところだったので行けて満足。
まず外にあったメニューがかわいいと!
Oct_019
食べたのはラタトゥユパイセット。
まずサツマイモの温かいスープ。そしてメインのパイとマッシュポテト、サラダがワンプレートで。ドリンクは数種類の中から選べたのですが、グレープフルーツにしました。
Oct_021
量は多くなかったけど、きっとカロリーは高いだろうなぁと思い噛締めていただきました(笑)
おいしかったです。ただ他の人が頼んだ料理についてきたパン、おいしそうだったーーー
今度は週替りランチ頼んでパンを食べたいなぁ。 いつになるかわかんないけど。 事務研の時はなるべく同じところでは食べないようにしよう!って思っているからね。
来月は事務研無いかと思っていたけど、あると言うことなので楽しみ。次はどこでランチしよーかなーー 楽しみ。
あ、でもその前に今度の日曜日にまた街中まで出て行ってランチするかも。 どこに行こうか考えるのは楽しいねぇ。
色々と美味しいものを食べた~い!!と最近特に強く思うのだけど、そのぶん下腹が出てきてしまい困ったものだ。運動も体力維持という第一目標すら達成しているかわからないくらいなので、ダイエットなんてのは期待できんしねーー
今朝も自転車は漕いでLEG MAGICも1分間したけど、JRに乗るために走ったから今夜のサーフボーイはもういいかーなんて考えてるへなちょこだもんね(笑) ま、いいかーー

じゃあね

2008/10/15

10/15 おっと事務研修

今月の事務研、明日なんだけど往けないと思って諦めていたの。
そしたら今日になって行けることになり・・・・ わぉ 明日ランチどこで食べよう?!
って結局はそれかい(笑)
いつも一人で冴えない弁当なので街中でみんなと食べるランチがとーーーっても楽しみなのさ。

今日は一日中いい天気。やっと秋晴れって感じだね。 原チャリで出勤したのだけど、寒そうだったので結構着込みました。 防風としてエプロンまでして行ったの(笑) おかげで寒くなかったし、帰りは着ることなくバイクのシートの下に入れてきた服が2つもあったよ(笑)
でもこれ以上寒くなっていくと難しくなるなぁ、バイク通勤。

じゃあね

2008/10/14

10/14「崖の国物語8 真冬の騎士」

順番は入れ替わってしまったけど崖の国物語 8 真冬の騎士』(ポール・スチュワート クリス・リデル著 ポプラ社)を読んだ。
51psfkaldwl
9巻を先に読んでしまったのは失敗だけど、話そのものには大丈夫でした。
クウィントの話。クウィントが光博士の後ろ盾を得て飛空騎士団に入団して修行を積む話。それにすごく厳しい冬がやってきて浮遊石が冷やされ浮遊力が増して大変なことになりそうになるのをクウィンとラフとフィンとストープそしてマリスが力をあわせサンタフラクスというか崖の国を救うって話だね。
しかしヴィルニクスはただ追放というか「雨の大学」の雨占い師の職を用意されたでしょ?絶対復讐に燃えていらんことするよねー その話が10巻に出てくるのかなぁ?
でもいつもながら話は面白かった。とにかく崖の国って不思議なところよね。 作り上げられていてとても素敵だ。
bk1の内容説明では「この「冬」が続くかぎり、崖の国の未来はない?。若き飛空騎士クウィントをとりまく罠、裏切り、そして陰謀。神聖都市の運命をにぎるのは誰か? いにしえの巻物に記された秘密とは…? 英国異界ファンタジー、第8部。」となっていました。

朝から晴れと言うので雨がやんでまだどんよりの中原チャリで出かけた。家のすぐそばにゴミを出したところシートにぽっぽつと雨。 すぐ引き返して車で出かけたのだけど、その後結構な降りでしたよ。
結局ネットで何度か調べたけど天気予報はウソばかり。 結局4時過ぎてやつと天気がよくなってきました。
全く今年はちっとも秋晴れってのが続かないよ。

じゃあね

2008/10/13

10/13 はなみずきへ

午後、植木の「はなみずき」へ久しぶりにお風呂へ行ってきた。
ここはお湯がぬるいのだけど、何故か上がったあとがぽっかぽっか。温泉効果なんだろうね。
でも記憶していたより湯船が狭かったのが残念。もっと広々としていた気がしたのだけどなぁ・・・・
まぁ部屋によって風呂桶が違うので、広さが違ってもあたりまえなんでしょう。
40分で1200円。
行く前は頭痛がひどかったけど、上がった頃は結構和らいでいました。
でも帰ってからすぐ昼寝しちゃった。
今日ものんびりとした一日でした。
明日からまた仕事だね。
まぁ仕事があってお給料をもらえるってのはめっちゃ幸せなことなんだから がんばろーーーっと!

じゃあね

2008/10/12

10/12「ピエロの赤い鼻」

昨晩BS2で放送された『ピエロの赤い鼻』を録画していて今見ました。
31t6fss0h0l
泣いてしまったので今目がしぱしぱしています。
やっぱり戦争って嫌よね。
戦争が無ければ、教師と帽子屋の二人が急に愛国心に目覚めて重要施設を破壊しに行こうなんて思いつかなかっただろうし、もし彼らが戦士気取りであんなことをしなきゃまじめに働いていたフランス人のおじちゃんはそのまま奥さんと二人まだまだ穏やかな日々を過ごせただろうし、そして戦時中で無ければいきなり撃ち殺されることもなかったろうし・・・ 殴るぐらいでいいじゃん、いきなり撃ち殺さなくても! あの上官は間違いなく戦争の狂気にやられていたんだろうね。
先生が週末になるとピエロになってみんなを笑わす(私はどーしても面白いとは思えなかったけど)ことがとっても嫌でたまらない彼の息子。その息子に何故父親がピエロになるのか、なんで母親はあのおばあちゃんを誘いに行って特等席でピエロのショーを見ているのかを父親の親友が語ってくれる、その物語がこの映画なのよね。
しかし その息子の顔! もー悲しくなるくらい私の好みではないのさ。 まぁ主人公のピエロになる教師も好みの顔じゃないけどさ、それでもあの息子よりはましだーーー おねぇちゃんはいい顔なのにさ。
・・・やっぱりやっぱり戦争ってやっちゃダメなのよね。 とにかくそこに行くの。人間が人間でなくなるのが戦争だよね。 映画の中の二人、先生と帽子屋さ、戦争が終わっても自分らのせいで2人が死んだって言う事実が苦しくないのかなぁ? 戦争だから仕方ないの? たまらないと思うのだけど。ピエロになるくらいではすまないと思うのだけど。 違うのかなぁ・・・・・
あぁ 目が痛い。 泣いた上今度は痒くなって擦りまくったからだろうなぁ。 

昨日ショウガを指がふやけるまですりまくったからでしょう、朝から頭は重い、肩は痛い、背中と首は痛い。辛いなぁ。 で、今日はテレビと読書と昼寝で終わりました。 あ、久しぶりにりんごとサツマイモのヨーグルトプディングを作ったのですが、久しぶりだったので失敗(笑) まぁ食べられるからいいかー

じゃあね

10/12「オールウェイズ」

昨日の晩見たのが『オールウェイズ (ユニバーサル・セレクション2008年第10弾) 【初回生産限定】』です。これもまたBS2で放送されていたのを録画していたの。
51rkuaini2l
この映画はオードリー・ヘップバーンが出ていると言うので以前地上波で放送されたときちらっと見た覚えがあるの。でも多分チラッとだったんだと思う。(それとも全部見たのに記憶がないだけ?)
山火事を消火する飛行機のパイロットとその恋人の話だけど、消火作業中死ぬのが嫌でたまらなかったくせにまた好きになったのはやっぱり消火飛行気乗りなんだなー 複雑だなぁ女心って。
オードリー・ヘップバーンは天使の役。 白いニットのセーターがとてもよく似合っていました。気品あるよなぁ。私もああなりたいよ。無理だけど。
あ、同じ白でもヒロインの着ていたドレス、あれはちょっとショッキングなほどセンス無い気がするんだけど・・・・
あの頃の流行? 白いドレスに下着をつけてないから胸とか丸わかりで、体がごつくてちっとも綺麗に見えなかったです。 ダンスするシーンでくるくる回るところではパンツまで見えそうで本当なら「わぉ!セクシー」と思うところなんだろうけど、色気が全く無い女優さん・・・に私は思えてしまいました。
しかし 日本では大規模な山火事ってあんまり聞かないけど、オーストラリアとかこの映画のようにアメリカとかで起こる山火事って半端無いスケールだよね。だからこういう職業が必要なんだろうね。
しかし折角のラブストーリーだったけど今日の気分ではなかったかな? 残念でした。

これで録画していた映画は全部見終わったけど、また今1本録画しているので、夜ははその映画を見る予定。
昼間は何をしようかなぁ? 今日借りてきた本を読んだり、ごろごろと昼寝して過ごそうか、それとも栗の渋皮煮を使ったお菓子を作ろうか・・・・ あぁでも面倒だし食べたら太るだけだよねー
やっぱごろごろで終わりかな(笑)
いいんだ、こんなだらだらの休みでも。無駄遣いしなくていいからさ。休みはやっぱり好き。

じゃあね

2008/10/11

10/11「フェリーニのローマ」

昨日の晩遅く録画していた『フェリーニのローマ』を見ました。
51b8abhssjl
途中で何度か寝てしまったです。ダメだなぁ、私。
ローマという都市を映画監督のフェリーニが自分の思いでも込めて描いてあったのかな。
監督が憧れのローマにやってきたのは1930年代の後半?いやーなんてエネルギッシュなところ。
あの騒がしい下宿に、凄い喧騒の食事シーン。 うー、私はノーサンキューだーって思いました。 あんなところに住みたくないし、あんな場所でご飯食べたくないよー まぁ好みなんでエネルギッシュなところが好みの人にはたまんないんでしょうね。私はもっと静かなところが・・・・
あと、娼婦の館みたいなところも出てきたけど、うーん、スタイルとか二の次だったのかなぁ? 技やパワー?人情?とにかく「えー そんなんで商売でくっとかい」と見ていてつい思っちゃうおばちゃんだらけでした。
現代(といっても1970年代)のローマを最後は暴走族のような走りのバイクについて巡って行ったけど、観光番組で見る遺跡とは一風変わって なんかそこにあるんだーって感じでよかったです。(とは言え意識がふわふわ切れ掛かっていたけど) 地下鉄の工事現場に現れたフレスコ画もおぉと思いつつ、色がぱーっと消えていくシーンはちょっとショッキングでしたね。
しかし この映画を見るとローマに行きたい!という気持ちがちょっと萎えてしまったです。珍しいかな、こんな感想は。

じゃあね

2008/10/10

10/10「崖の国物語9 大飛空船団の壊滅」

崖の国物語 9大飛空船団の壊滅 』(ポール・スチュワート著クリス・リデル絵 ポプラ社)を読み終わりました。
517qzi9na7l
もう9巻になりました。 1巻は7年まえかー  なので前の話を覚えていないのだよ。
そして読み終わったあと以前の読書メモを調べていてわかったこと。私8巻を読んでいないよ! ネットで見た表紙に全く見覚えがなかったもん。が~んだねぇ。明日借りてこよう!
(しかしお気楽な奴だ あたしって)
9巻はトウィッグのお父さん雲のオオカミことクウィントの話でした。といっても風のジャッカルといわれたお父さんが奥さんとクウィント以外の子供を殺されたタルボット・スミールへの復讐の話ですね。
しかし前の話、後の話をあまり覚えていないのがとても悔しいです。手元に本を置きパラパラめくりながら読めればいいのでしょうが・・・(特に8巻、読んでいなきゃ覚えてるはずもないのよねー 知らないんだから!)
しかしいつ読んでもこの崖の国、よく出来てあがっていますねーー
チスイガシとかシズノキとか浮遊石とか。 ストーン・パイロットとかもよく出来てるよね。 しかしゲイルライダー号の乗組員が一人、また一人と居なくなっていくのがとても哀しかったです。ソウ・ダガースラッシュに乗っ取られなかったことだけが救いかも。
しかしトクゥイントとマリスはなんでトウィッグをウッドトロルのところに棄てなきゃなんなかつたっけ?うー、思い出せない・・・
やっぱりシリーズ物はその時旬で無のもいいけど、ぶっ通して読んだほうがこんな鶏頭には向いているのかも!あと1冊で完結するらしいのでいつか読み返すべきかなぁ。
まずは8巻だろうけど(笑)
bk1の内容説明では「憎き仇敵タルボット・スミールが生きていた! 怒りと復讐心に冷静さを失っていく父・風のジャッカルを前に、クウィントは言いようのない不安を感じていた。スミールの目的はいったい? 英国異界ファンタジー、第9部。 」となっていました。

さー3連休だぞ! といっても何の予定も無し。またテレビ三昧かねぇ。

じゃあね

2008/10/09

10/9 新米

会社から帰って、山まで米を買いに行った。
1俵16000円。去年買った農家が今年はダメだったのでその近くの農家の人に声をかけ、譲ってもらうことに。
おまけでショウガをいっぱいもらっちゃった! 赤飯までもね。 産地直売の店に出す奴みたいで、300円のを2パック。あ、ショウガも600円っていう値札を剥がしていたよ。ありがたいなぁ。近いうちにすりまくって冷凍しておこーーっと。 赤飯は明日の弁当だ。
明日の晩、食べる予定(今日はつい帰りにマックリブとケンタッキー買ってかえっちゃっのよ)。 ここの家の米はどうだろう?美味しいといいなぁ。

じゃあね

2008/10/08

10/8 キンモクセイ

キンモクセイの香りがとてもいい。
月曜日に仕事で自転車に乗って出かけるときに最初に気付いたのですが、昨日・今日と通勤に原チャリを使ったら走っているときにもふんわりとキンモクセイの香りが・・・・・
いいねぇ。 もう少ししたら寒くなってバイクも辛くなるだろうけど、今はまだ大丈夫。体をさらして走っているので季節の香りにも気付くのね。 いいなぁ。
キンモクセイの香りを嗅いだら『星の時計のリデル』を読みたくなりました。

じゃあね

2008/10/07

10/7「ガリレオφ」

先日放送された『ガリレオφ』の録画していてやっと今日見ました。
久しぶりだねぇ。 なかなか面白かったけど最後にまだ一ひねりあるかなぁと思ったのですが・・・・そのまんま犯人でしたねぇ。娘も関係してると思ったよ。
ドラマが毎週あっていた頃はまだ森さんのミステリを読んでいなかったので、犀川せんせも真賀田四季も知らなかったのだけど、彼らを知った後ではガリレオが筆算(?)で問題を解いているのを見ると「ふっ、まだまだ天才度が足りんねぇ」と思っちゃいました(笑)
長澤まさみちゃん、頑張っていたけどうーん、イマイチだったなぁ。 同級生のクサナギだっけ?だーーーれかに似てる、誰だ?誰なんだーーと一人勝手に悩んでいてひらめいた! サンドイッチマンの富沢さんだー あの人がしっかり目覚めた顔って感じ(笑)
12年まえの学生の頃のガリレオ、顔とかは「えーっ」だったけど仕草とか頑張って似せていたねぇ。で、12年前のシーンでチラッと出てきたのがきっと映画の天才数学者なんだろーなー
映画も興味あるけど多分DVDまで待つことでしょう。

じゃあね

2008/10/06

10/6「パワー」

数日前から読んでいたパワー (西のはての年代記 3)』(ル=グウィン著 河出書房新社)を読み終わりました。
51tkgfvdjfl
最後の「西のはての年代記」です。
「ギフト」「ヴォイス」そしてこの「パワー」
くー、「ヴォイス」を全く思い出せず読んだので、最後の最後の最後になるまで主人公が大切にしていた本の作者がギフトの主人公だったと思い出せませんでした。その最後にギフトの主人公、ヴォイスの主人公がそろって出てきたのですが、それに気付くのもライオンが出てきてからしばらくして。 もー本当に情けない記憶力です。
物語はとても面白く読めました。
主人公は奴隷の少年ガヴィア。
奴隷として生きていた少年が、色々な出来事を経て自由な意思を持つひとりの人間に成長していく物語でした。
奴隷と言っても彼がいた館はとてもいいところでひどい労働をさせられることも無く館の子供たちと同じように教育を受けることが出来、行くいくはガヴィアはそこの教室の先生になるはずだったの。ガヴィアにはとても仲のよい愛し合っている姉がいてね、彼女は館の長男の「物」としてやはり大切に育てられていたの。でもやっぱり「奴隷」なので自由は無し。 決められた仕事しか出来ず、女性は男たちの物で子供が生まれるとよその館の奴隷と交換させられたり、売りに出されたりして身内同士が一緒に生きていくと言うのはないの。だからガヴィアとあるのサロはとても特殊だったみたい。彼らは水郷と呼ばれる地域から奴隷狩りにあって幼少の頃連れてこられていたのね。
それからガヴィアは館から逃れ荒地に行き、森へ行って最期にたどり着いたのがオレックのところだったって言うわけ。あー、幸せになれてよかったーーー
奴隷って激しい労働でなくてもやっぱり自由を奪われているってのはよくないよね。 でもその中で生まれて生きていると自由ってものを知らないため他の生き方があるってことすら気付かないんだね。それって本当に怖いことだよ。まだまだこの地球上には奴隷って呼べる人がきっといるんだろうね。 奴隷制度って名前でなくても強い差別意識は十分人の自由を奪う悪しきものなんだよね。やっぱり各々が考えて、ただ命じられるままに生きるだけじゃだめなんだよね。
うーん・・・色々と考えなきゃなぁ。たらたらとただ過ごしていくだけじゃだめなんだよ、ちった考えないと。
bk1の内容説明では「幼い頃にさらわれ、エトラの館で奴隷として育った少年ガヴィアには、不思議な幻を見る力が備わっていた。主人一家に忠誠心を抱いて成長したガヴィアであったが、ある日を境に、すべてが変わっていく?。シリーズ最終巻。」となっていました。
なんとなく地味だけどこのシリーズもよかったな。

じゃあね

2008/10/05

10/5「隠し砦の三悪人」

録画してまだ見ていなかった最後の映画『隠し砦の三悪人』を午後から見ました。
51xvssshpfl
娯楽活劇時代劇と言うだけあって重っ苦しいところが無く楽しめました。
三船敏郎の台詞の言い方はいつもより気にならなかった分、雪姫のいつも叫びまくっている話し方にはすごく違和感があったけどね。 あと雪姫の眉毛。 直線であんなに上げた眉ってマンガでもめったに見ないよ!とは言え、お話はよかったです。 やっぱあの二人の貪欲だけどどっか抜けてるあの百姓がよかったよねー ほんとケンカしちゃーくっつき、くっついちゃーまた金のことで揉め、それでも根っからの百姓なのかとにかくがが弱く、強い奴には逆らえず、でもやっぱり金は欲しい、ちょっとでも得したい、ばってんやっぱり最後は憎めないって感じでね。 最後のシーンは仲がいいまま終わったけど、村に帰ってからもそのままなのかは疑問(笑)っていうか村に帰りつく前に既にもめちゃって、結局文無しで村に帰る気がするよ。まぁでも長生きして欲しいね、彼らには。
敵方の侍で最後に「裏切りごめん!」の人もよかったねー
今回は三船敏郎とその侍、藤田進さん?の槍の対決があったけど、うーん、刀ほどは迫力を感じませんでした。そこはちょっと残念。 ただ 三船敏郎が刀を構えて馬に乗って敵を追っかけるシーンは格好よかったー
最近小津安二郎の映画を何本か見て、静かで淡々としてていいなぁと思ったけど、やっぱり黒澤映画は黒澤映画でいいねぇ。 あとは好みの問題だね。
そーそー、あの百姓コンビがC3-POとR2-D2の元になったんだってね。 すごいなぁ、やっぱり世界の黒澤だねぇ。

結局今日はお出かけ無し。 ちょっと早いけどそろそろ晩御飯の準備でもするか。それとも読書しちゃおうか・・

じゃあね

10/5「氷壁の女」

BS2で放送されて録画していた『氷壁の女』をみました。
ショーン・コネリーが出ている映画。 アルプスに観光に来た初老の夫と若い妻。実は叔父と姪の不倫カップルだったの。 でも「ただの不倫ではない」って男のほうは言っていたけど、何が普通でないの? 普通以上に悪いってこと? 不倫って嫌なのよねー
しかしなんだろう?あの女のほうは何故あんな子供の頃から叔父さんLOVEだったのだろう? ファザコンなの?
いやーなんかその関係がイマイチねぇ。
登山するのに雇ったガイドは若くていい男。 そのガイドと女ができちゃうのか?と思ったけど、意外な結末でした。 まぁ最後も不可解。 「この村に残る」って言っていたけど、そんなに簡単に暮らせるの? ビザとかパスポートとか、不法滞在とか・・・・ どうやって生活する気?言葉は?生活費は?・・・なんてついいつものように映画からかけ離れたところで考えてしまったのでした。
娘が不倫関係をやめた、叔父を諦めたってところが強調されるべきなんだろうに。
なんだか 「ふ~ん」って感じで見終わってしまいました。
でもアルプスには行ってみたい。ただ登山もハイキングも体力的に無理かな?(じゃあ何しに行くの(笑))
時々音が消える、っていうかBGMが流れないシーンとかあるとなんだかとても新鮮に感じでしまいました。そこだけはなんとなく評価できたかな?

今日は隣の保育園、運動会だったと思ったけど(6時に爆竹もなっていた)11時になるのに閑散としてる。中止だったのかー テントは張ったままだし、雨もまだ降ってはいないようなのにね。
しかし 頭がおもーーくなってきたので 雨もそろそろ落ちるのかもね。

昨日は10時前から温泉(山鹿の椛)に行ったの。帰ってきたのは2時(笑) ただ気持ちよかったよ、お風呂。
そいで髪の毛は洗いっぱにしてたので既に昨日の面影は無し(笑) あーあーだよ。

じゃあね

2008/10/04

10/4「スティング」

ポール・ニューマン追悼番組としてBSで放送されていた『スティング』を見ました。
41t18cwybpl
見たのは2回目かな?
それでも記憶力が乏しい私、FBIのくだりに殺し屋の部分は綺麗さっぱり忘れていて楽しむことが出来ました。
うーん、ポール・ニューマンって本当に綺麗なブルーアイだったんだねー
この映画自体は詐欺の話で、「SET UP」「THE HOOK」「THE TALE」「THE WIRE」「SHUT-OUT」「STING」と章立てて話は進んでいきます。 とにかくあの音楽がいいよね。 お金にもマネーをじゃなかった、マネーにもマナーをってつい言っちゃいそうになりながら見てました。
そーそー、ロバート・レッドフォードがブラッド・ピットに似て(逆か~)見えたりして、やっぱいい男って似るのかしら?なんても思いました。
この話の”電信”って詐欺をやってのけた人たちって金儲けの為でなくルーサーのタメニったってのがいいよねーー
ルーサーって慕われていたんだろうなぁ。

さて、まだあと2つは映画が録画されたまま。 今夜はルーキーズにめちゃいけに・・・と録画番組は増えるばかり。大丈夫かなぁ? 容量足りるかなぁ? 心配。

そーそー、予定通り美容室に行ってきました。 パーマ、水パーマってのをかけてしまいました。
今はとってもいい感じ。ただ、自分でセットする段階になると怖い。単に爆発ヘアーになったらどーしよう(笑)

じゃあね

2008/10/03

10/3「光のカケラ」

今日は光のカケラ―ドルフィン・エクスプレス』(竹下文子著 岩崎書店)を読みました。
51t5isrw0fl
これで借りてたドルフィン・エクスプレスシリーズは全て読み終わりました。
今回もサンゴロウが出てきた。なかなか渋い役。
テールは今回も頑張ったよ。ヒナコさんたちにはご迷惑だったかもしれないけど、思いがけずジュエルの祭りをジョナと過ごせてよかったねー これも偶然のなせる業なのかもしれないけど、サンゴロウのおかげ。 ていうかやっぱり頑張っているテールへの三日月の女神様からのプレゼントだったかも。
倉庫係のマーレにあんな秘密があって、あんな正体だったとはびっくり! でもいい人だったのでよかったーーー
子供の頃のギラギラは大人になってちょっと丸くなったり疲れたり、でも周りが見えてきたりするんだね。
テールがジョナと幸せになってくれればいいなぁ。
bk1の内容説明では「三日月島では、もうすぐジュエルの祭。みんなで贈り物をしあうのでドルフィンは大忙し。テールは、今日の最後の荷物を届けにアーケードへ向かうが、そこで思わぬ人に助けられ…。「ドルフィン・エクスプレス」シリーズ第5作。」となっていました。

さー、休みだぞ! でも明日から天気は下り坂?
いよいよもって髪の毛に我慢が出来なくなってきました。 美容室に行こうかなぁ・・・・

じゃあね 

2008/10/02

10/2「波のパラダイス」

今日は波のパラダイスドルフィン・エクスプレス』(竹下文子著 岩崎書店)を読みました。
51ksr8b12pl
続けて読みました。ドルフィン・エクスプレスの第4作目。
今回はテールが受けた荷物がトラブルを起こすところから始まるの。荷物の中身がもれて臭いが充満。 まぁ異臭でもまだアロマオイルだったからよかったけど、でもその臭いが色んな影響を出すのね。
テールは臭いに酔って船を擦っちゃうし、そのせいで船は修理に出し、あぶなく謹慎になっちゃうところ。代わりに若い子のお守りになったの。その子、ミナミは大財閥の息子。それも色々とねあったさ。
臭いが元で記憶が甦るってこと、あるよねーー
今回もその効果が出たみたい。ただそれって作った人のだったけどね。今回もなかなかよかったれけど、でもなんか出来事がちぐはぐした感じがしちゃいました。ちゃんと繋がりはあったけどね。
bk1の内容説明では「アケビ島の荷物のせいで、テールは配達を外され、社会勉強にきた子どもの訓練を受け持つハメになるが…。花の香りが招く淡い恋のファンタジー。「ドルフィン・エクスプレス」シリーズ第4作。 」となっていました。

風邪の調子は大分よくなったけど、でもやっぱりまだのどが変ねー
今日も運動は休み!

じゃあね

2008/10/01

10/1「流れ星レース」

風邪ひいた~ 朝からのどが辛い、辛い!
そんな中、昼休み読んだのはドルフィン・エクスプレス 流れ星レース)』(竹下文子著 岩崎書店)です。
51j5jyxbkql
私、ドルフィン・エクスプレスの1巻と2巻読んだんだろうか?3巻から先を借りてきてしまった。
主人公のテール、とってもいい子だなぁ。でも大人の私にはゴンさんもとってもとっても素敵だと思いました。
ドルフィン・エクスプレスに対抗してカモメ・ネットワークって宅配業者が出てきて宣伝と割引作戦で顧客を奪い取っていくの。なんかこれって今の安売り競争の世の中だね。 ホントはダメなんだよね、安さばっかりを求めちゃ。ゴンさんが言うように、ヨクが頑張っているように仕事にも心がこもってなきゃ。誠実でなきゃ。 安さばかりを追い求める自分に反省しつつ、やっぱ安さに行ってしまうわ。ダメねぇ。
あまりのやり方に宅配レースを呼びかけ、戦うことになったの。そしてそれにテールが出て、・・・・
いいねぇ。この結末。このシリーズ。 サンゴロウもよかったもんな。挿絵もとってもいいです。
bk1の内容説明は「テールは、ドルフィン・エクスプレスの配達員。最近、ライバル会社が得意先に食いこんでいる。ある日、上司に呼び出されたテールは、とんでもない相談を持ちかけられる…。「ドルフィン・エクスプレス」シリーズ第3作。」となっていました。

病院に行って注射打ってきたので明日は大丈夫だろう。

じゃあね

9/30「ニューヨーク8番街の奇跡」

録画していた『ニューヨーク東8番街の奇跡 』を見ました。
51xh7znaivl
前から興味はあったんだ。でもここまでSFって感じとは思わなかったです。 楽しめた~
ニューヨークの商業地再開発をやっている場所で1軒だけ残った古いビル(というか1階がレストランで2階から上がアパートらにってる)に執拗な立ち退き要求を受けるの。嫌がらせいっぱいされてね。 そしたらそこに宇宙の彼方からミニ円盤型の宇宙人がやってきたの。で、彼らが住人を助けるのね。住民との温かい交流がとってもよかったよ。
最初に円盤型生物が出てきたシーンはなんかものすごーくチャチに見えてね。糸で吊ってる?とびびったのですが、それ以外はとってもよかったよ、あの円盤君たちも。
主人公がじいちゃん。そしてボケたばあちゃん。 いいねぇ、ほのぼの。
あんなに物を修理できるのに、自分の子供は修理できないってのはちょっと???だったけどさ。???元ボクサーが治せなかったならそれでもいいんだけどねぇ。
なにはともあれハッピーエンドっていいねぇ。

じゃあね


« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »