« 10/5「氷壁の女」 | トップページ | 10/6「パワー」 »

2008/10/05

10/5「隠し砦の三悪人」

録画してまだ見ていなかった最後の映画『隠し砦の三悪人』を午後から見ました。
51xvssshpfl
娯楽活劇時代劇と言うだけあって重っ苦しいところが無く楽しめました。
三船敏郎の台詞の言い方はいつもより気にならなかった分、雪姫のいつも叫びまくっている話し方にはすごく違和感があったけどね。 あと雪姫の眉毛。 直線であんなに上げた眉ってマンガでもめったに見ないよ!とは言え、お話はよかったです。 やっぱあの二人の貪欲だけどどっか抜けてるあの百姓がよかったよねー ほんとケンカしちゃーくっつき、くっついちゃーまた金のことで揉め、それでも根っからの百姓なのかとにかくがが弱く、強い奴には逆らえず、でもやっぱり金は欲しい、ちょっとでも得したい、ばってんやっぱり最後は憎めないって感じでね。 最後のシーンは仲がいいまま終わったけど、村に帰ってからもそのままなのかは疑問(笑)っていうか村に帰りつく前に既にもめちゃって、結局文無しで村に帰る気がするよ。まぁでも長生きして欲しいね、彼らには。
敵方の侍で最後に「裏切りごめん!」の人もよかったねー
今回は三船敏郎とその侍、藤田進さん?の槍の対決があったけど、うーん、刀ほどは迫力を感じませんでした。そこはちょっと残念。 ただ 三船敏郎が刀を構えて馬に乗って敵を追っかけるシーンは格好よかったー
最近小津安二郎の映画を何本か見て、静かで淡々としてていいなぁと思ったけど、やっぱり黒澤映画は黒澤映画でいいねぇ。 あとは好みの問題だね。
そーそー、あの百姓コンビがC3-POとR2-D2の元になったんだってね。 すごいなぁ、やっぱり世界の黒澤だねぇ。

結局今日はお出かけ無し。 ちょっと早いけどそろそろ晩御飯の準備でもするか。それとも読書しちゃおうか・・

じゃあね

« 10/5「氷壁の女」 | トップページ | 10/6「パワー」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/42692406

この記事へのトラックバック一覧です: 10/5「隠し砦の三悪人」:

« 10/5「氷壁の女」 | トップページ | 10/6「パワー」 »

無料ブログはココログ