« 10/1「流れ星レース」 | トップページ | 10/3「光のカケラ」 »

2008/10/02

10/2「波のパラダイス」

今日は波のパラダイスドルフィン・エクスプレス』(竹下文子著 岩崎書店)を読みました。
51ksr8b12pl
続けて読みました。ドルフィン・エクスプレスの第4作目。
今回はテールが受けた荷物がトラブルを起こすところから始まるの。荷物の中身がもれて臭いが充満。 まぁ異臭でもまだアロマオイルだったからよかったけど、でもその臭いが色んな影響を出すのね。
テールは臭いに酔って船を擦っちゃうし、そのせいで船は修理に出し、あぶなく謹慎になっちゃうところ。代わりに若い子のお守りになったの。その子、ミナミは大財閥の息子。それも色々とねあったさ。
臭いが元で記憶が甦るってこと、あるよねーー
今回もその効果が出たみたい。ただそれって作った人のだったけどね。今回もなかなかよかったれけど、でもなんか出来事がちぐはぐした感じがしちゃいました。ちゃんと繋がりはあったけどね。
bk1の内容説明では「アケビ島の荷物のせいで、テールは配達を外され、社会勉強にきた子どもの訓練を受け持つハメになるが…。花の香りが招く淡い恋のファンタジー。「ドルフィン・エクスプレス」シリーズ第4作。 」となっていました。

風邪の調子は大分よくなったけど、でもやっぱりまだのどが変ねー
今日も運動は休み!

じゃあね

« 10/1「流れ星レース」 | トップページ | 10/3「光のカケラ」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/42662360

この記事へのトラックバック一覧です: 10/2「波のパラダイス」:

« 10/1「流れ星レース」 | トップページ | 10/3「光のカケラ」 »

無料ブログはココログ