« 10/13 はなみずきへ | トップページ | 10/15 おっと事務研修 »

2008/10/14

10/14「崖の国物語8 真冬の騎士」

順番は入れ替わってしまったけど崖の国物語 8 真冬の騎士』(ポール・スチュワート クリス・リデル著 ポプラ社)を読んだ。
51psfkaldwl
9巻を先に読んでしまったのは失敗だけど、話そのものには大丈夫でした。
クウィントの話。クウィントが光博士の後ろ盾を得て飛空騎士団に入団して修行を積む話。それにすごく厳しい冬がやってきて浮遊石が冷やされ浮遊力が増して大変なことになりそうになるのをクウィンとラフとフィンとストープそしてマリスが力をあわせサンタフラクスというか崖の国を救うって話だね。
しかしヴィルニクスはただ追放というか「雨の大学」の雨占い師の職を用意されたでしょ?絶対復讐に燃えていらんことするよねー その話が10巻に出てくるのかなぁ?
でもいつもながら話は面白かった。とにかく崖の国って不思議なところよね。 作り上げられていてとても素敵だ。
bk1の内容説明では「この「冬」が続くかぎり、崖の国の未来はない?。若き飛空騎士クウィントをとりまく罠、裏切り、そして陰謀。神聖都市の運命をにぎるのは誰か? いにしえの巻物に記された秘密とは…? 英国異界ファンタジー、第8部。」となっていました。

朝から晴れと言うので雨がやんでまだどんよりの中原チャリで出かけた。家のすぐそばにゴミを出したところシートにぽっぽつと雨。 すぐ引き返して車で出かけたのだけど、その後結構な降りでしたよ。
結局ネットで何度か調べたけど天気予報はウソばかり。 結局4時過ぎてやつと天気がよくなってきました。
全く今年はちっとも秋晴れってのが続かないよ。

じゃあね

« 10/13 はなみずきへ | トップページ | 10/15 おっと事務研修 »

」カテゴリの記事

コメント

国って…なんだろう…?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/42789341

この記事へのトラックバック一覧です: 10/14「崖の国物語8 真冬の騎士」:

« 10/13 はなみずきへ | トップページ | 10/15 おっと事務研修 »

無料ブログはココログ